ユナイテッド新監督テン・ハグ、シュツットガルトの左SBボルナ・ソサの獲得を要求か

2022.05.10 20:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来季からマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任するエリク・テン・ハグが、シュツットガルトのクロアチア代表DFボルナ・ソサ(24)の獲得を要求しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

母国の名門ディナモ・ザグレブの下部組織出身のソサ。187cmの恵まれた体躯に高精度の左足を兼備する攻撃的なサイドバックは、左サイドバック、ウイングバックを主戦場にクロスやプレースキック、ビルドアップの局面で存在感を放つクロッサータイプのサイドプレーヤーだ。

2018年夏にシュツットガルトに移籍し、1年目と2年目はケガの影響で出場時間は延びなかったが、3年目の昨季はリーグ戦26試合で10アシストを記録。今季もここまで27試合に出場し1ゴール8アシストと、現状16位に沈んでいるチームで気を吐いている。

そんなソサには以前、チェルシー、トッテナム、アーセナルのロンドンの3クラブからの関心が伝えられたが、ここにユナイテッドも加わる模様。ただ、2025年まで契約を残す24歳に、シュツットガルトは2500万ユーロ(約34億3000万円)の値札を貼っているようだ。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがリヨン獲得迫る蘭代表SBマラシアを強襲! フェイエノールトと合意

マンチェスター・ユナイテッドがフェイエノールトからオランダ代表DFタイレル・マラシア(22)の獲得に迫っているようだ。 ここまで退団者のニュースが相次ぎ、補強ゼロのユナイテッド。フランス代表MFポール・ポグバらが抜けた中盤の新戦力として、バルセロナからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得しようとする動きが連日にわたって取り沙汰されているが、水面下で左サイドバックの強化に乗り出している模様だ。 そこで名が浮上したのがフェイエノールトの育成育ちで、2017年にプロデビューのマラシアだ。順調に成長曲線を描く左サイドバックで、2021-22シーズンはさらに出番を増やして公式戦50試合でプレー。身長169cmと小柄だが、生まれ持った身体能力の高さを武器に守備だけでなく、攻撃スキルも優れる。 去就を巡ってはリヨンとの基本移籍金1300万ユーロ(約18億6000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億8000万円)でクラブ間合意が取り沙汰されたが、イギリス『The Athletic』によると、ユナイテッドが割って入り、それを上回るオファーで形勢逆転したという。 ユナイテッドは基本移籍金1500万ユーロ(約21億4000万円)にボーナス200万ユーロをプラスしたオファーを出したようで、フェイエノールトと合意。選手との合意はまだだが、フェイエノールトのテクニカルディレクターを務めるフランク・アーネセン氏もユナイテッドとのクラブ間合意を認めたようだ。 「マンチェスター・ユナイテッドと合意した。我々はタイレル(の決断)を待っているところだ。マラシアがイエスと言えば、マンチェスター・ユナイテッド移籍に迫る」 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドが獲得に近づくF・デ・ヨングとマラシアは代理人が同じとのこと。ここまで補強が進まずにいるユナイテッドだが、エリク・テン・ハグ新監督の同胞2選手を一気に獲得する可能性が出ている。 2022.06.29 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがジダン・イクバルと契約延長、イラク代表MFで今季CLでデビュー

マンチェスター・ユナイテッドは28日、イラク代表MFジダン・イクバル(19)との契約延長を発表した。 契約期間は2025年6月までの3年間とされており、1年間の延長オプションがついている。 パキスタン人の父とイラク人の母の間に生まれたイクバルは、9歳でユナイテッドの下部組織に入団。ユナイテッドプレーした唯一の南アジア人とされている。 順調に昇格を果たしているイクバルは、U-23チームに所属。そんな中、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節のヤング・ボーイズ戦でファーストチームデビューを果たしていた。 すでにイラク代表としても2試合に出場。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でプレーした。 2022.06.28 21:58 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサがソレール移籍でバレンシアと合意か、F・デ・ヨング売却次第加入へ

バルセロナが、スペイン代表MFカルロス・ソレール(25)の移籍についてバレンシアと合意に達したようだ。スペイン『アス』が報じている。 バレンシアの下部組織出身のソレール。2016年12月にトップチームで初出場の機会を得ると、年明けから早くもレギュラーを椅子を奪い、ここまで公式戦223試合35ゴール31アシストの数字を残している。リーグ戦32試合に出場した今季は、シーズン後半から定期的にキャプテンマークを巻くようになり、個人成績も11ゴール5アシストと、2年連続で二桁得点に達した。 今夏はアトレティコ・マドリーやナポリの関心も囁かれた中、『アス』によれば、バルセロナが2000万ユーロ(約28億7000万円)の移籍金でバレンシアと合意に漕ぎ着けた模様。ただし、実際に加入するかどうかは、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの去就次第になるようだ。 ソレールと同い年の同選手は、同胞のエリク・テン・ハグ監督が就任したマンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰されている。最新の情報では、ユナイテッドが6500万ユーロ(約92億8000万円)のオファーを提示したものの、バルセロナはおよそ8500万ユーロ(約121億4000万)を要求。ただ、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると「合意に近づいている」とのことだ。 2022.06.28 15:41 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍説のC・ロナウド、スポルティングCP復帰の選択肢は? SDは否定的見解

スポルティングCPのスポーツディレクター(SD)を務めるウーゴ・ヴィアナ氏がマンチェスター・ユナイテッドでの去就に注目を集めるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに発言した。イギリス『ミラー』が報じている。 昨夏に12年ぶりのユナイテッド復帰を果たし、チームトップの公式戦24ゴールと活躍したC・ロナウド。ただ、チームの成績に目を向けると、タイトル争いどころか、チャンピオンズリーグの出場権すら届かず、C・ロナウド自身の去就も騒がれ始めている。 エリク・テン・ハグ新監督の下でユナイテッドのプレシーズンが始まったものの、先日もチェルシー行きの可能性が取り沙汰されたりと去就で話題が持ちきりのなか、古巣クラブのSDがイギリス『スカイ・スポーツ』でこの話題に言及。今夏復帰を除外した。 「今はまだ無理じゃないかな。でも、わからないものだ。彼なら自分が行きたい場所を決められるが、将来のことはわかりかねる。その件にあまり触れたくないが、彼にはもう1年契約があるし、彼がどうしようと、それはそれで構わない」 また、「ユナイテッドは安定感とクラブ内に良いスピリットを作り出すべきときだ。今の状態を把握できていないが、再建の時間は常にある。無論、クリスティアーノはそのなかでもシーズンで25ゴールを決められる選手だ」と続け、同胞を激励した。 なお、以前に母のドロレス・アヴェイロさんから「『息子よ、私が死ぬ前にスポルティングCPに戻ってくるのが見たい』ともう伝えたわ」と語られるなど、ポルトガル復帰を待望視する声も。本人にキャリアの最後を原点で過ごす選択肢はあるのだろうか。 2022.06.28 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、F・デ・ヨング獲得近し? 総額121億円でバルサと協議中

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、マンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)を巡り、バルセロナと再び接触中のようだ。 エリク・テン・ハグ新監督の下でリスタートのユナイテッド。27日からプレシーズンが始まったなか、今夏に獲得しようと熱を注ぐのがオランダ人指揮官にとって、アヤックス時代の愛弟子であるF・デ・ヨングだ。 クラブ間の移籍金額を巡る隔たりとF・デ・ヨング自身の意向が移籍実現に向けての壁とされつつ、徐々に進展も取り沙汰されるなか、ユナイテッドは27日に新たにコンタクトを取った模様だ。 ユナイテッドが口頭ながら6500万ユーロ(約92億8000万円)で入札後、バルセロナは移籍金として8500〜8600万ユーロ(約121億4000万〜122億8000万円)を求め、依然として取引額で綱引きが続いているようだ。 ただ、ユナイテッドとバルセロナの間にアドオンでその溝を埋める動きがある様子。両者は総額にして8500万ユーロの取引で移籍交渉をまとめようとアドオンに関して協議中で、「合意に近づいている」という。 F・デ・ヨング獲得に注力するあまりに他の補強が滞っている印象のユナイテッドとしてはそろそろバルセロナと合意点を見いだしたいところだが、果たして。 2022.06.28 11:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly