4発快勝の鹿児島が勝ち点17で首位に並ぶ! 宮崎は岡田がハットトリック【明治安田J3第8節】

2022.05.05 15:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第8節の2試合が5日に各地で行われた。

勝てば首位と勝ち点で並ぶ4位の鹿児島ユナイテッドFCはホームで10位のカターレ富山と対戦。10分に中原が抜け出してネットを揺らした場面こそオフサイドの判定が下されたものの、その後も鹿児島の攻撃が続き、36分にボックス内で圓道が放ったシュートのこぼれ球を有田が流し込んで先制する。さらに、42分にはカウンターから右サイドの渡邉がクロスを上げ、ファーサイドでフリーの米澤がゴール。追加点を奪って、試合を折り返す。

後半に入っても、鹿児島の攻撃の手が緩めず、56分に右サイドからの渡邉のクロスをゴール前の有田がワンタッチで落とし、最後は走り込んだ中原がネットに突き刺して3点目。その後も幾度となくゴールに迫ると、87分に中原のパスを受けた途中出場の山本が今季初ゴールを決めた。90分にロングボールをボックス内で受けた川西にループシュートを決められ、1点を返されたものの、鹿児島が4-1で勝利。富山の連勝が「2」でストップした一方、鹿児島は2試合ぶりの勝ち点3で3位に浮上した。

ここまで4試合負けなしで9位につけるテゲバジャーロ宮崎は仲田監督が体調不良で療養となり、いまだ白星のない最下位Y.S.C.C.横浜とアウェイで対戦。11分に右サイドの崩しからボックス右の徳永がクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ岡田が合わせて先制する。その宮崎が主導権を握って試合を折り返すと、後半開始早々の46分に先制弾を挙げた岡田がボックス左角からゴール右にシュートを放って、この日2点目を奪う。

後半も先手を取って勢いのついた宮崎は55分、ボックス内右をドリブルで深く入った薗田がマイナスのクロスを上げると、ゴール前でフリーの岡田が流し込んでハットトリックを達成。続く57分には岡田の3点目をお膳立てした薗田が試合を決定づける4点目を奪う。その後、YS横浜が一矢報おうとカウンターからチャンスをうかがうも、ゴールを割れず、宮崎が4-0で勝利。6連敗のYS横浜が開幕から7戦勝ちなしとなった一方、2試合ぶり白星の宮崎は7位に浮上した。

なお、ヴァンラーレ八戸vsSC相模原およびガイナーレ鳥取vs愛媛FCはそれぞれ相模原と愛媛で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、選手不足に陥った影響で延期未定が決まっている。

◆第8節
▽5/5
Y.S.C.C.横浜 0-4 テゲバジャーロ宮崎
鹿児島ユナイテッドFC 4-1 カターレ富山

▽5/4
アスルクラロ沼津 1-0 AC長野パルセイロFC
藤枝MYFC 4-3 FC岐阜
カマタマーレ讃岐 0-1 FC今治
松本山雅FC 0-0 ギラヴァンツ北九州
福島ユナイテッドFC 0-1 いわきFC

▽中止
ヴァンラーレ八戸 vs SC相模原
ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FC

関連ニュース
thumb

Jリーグが『桃鉄』とコラボ! クラブオリジナル列車のゲットやオリジナルグッズも登場

Jリーグは7日、『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~(以下、桃鉄)』とのコラボレーションキャンペーンの開催を発表した。 30年以上にわたり幅広い年代に楽しまれている国民的ボードゲームの『桃鉄』。最新作は累計販売本数 350 万本を超えるヒットとなっている。 Jリーグは、家族で遊びながら全国のホームタウンを巡ることができる『桃鉄』とのコラボレーションによって、これまでにない J リーグの楽しみ方を届けるという。 コラボレーションの期間中は、ゲーム内に、JリーグJ1・J2・J3全 58 クラブのホームタウンが目的地として登場するほか、ゲーム内の各モードにも、サッカー要素が加わるとのこと。また、Jリーグの試合が開催されるスタジアムに掲出されるポスターに、 『桃鉄』の最新アップデートが反映されたNintendo Switch™をタッチすることで、クラブオリジナルデザインの列車がゲットできる「スタジアムに行こう!桃鉄で!」キャンペーンを、全国で実施する。 このコラボレーションは、近日配信開始予定の無料アップデートを実施することでお楽しみ頂けます。また、オリジナルグッズの発売やスタジアムでの『桃鉄』コラボイベントなどを予定しているクラブもあるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】Jクラブ仕様のオリジナル列車やオリジナグッズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.07.07 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグの「声出し応援」検証試合に2試合が追加決定、合計18試合に

Jリーグは7日、「声出し応援エリア/声出し応援席」の実施試合に関して、2試合が追加決定したことを発表した。 政府の基本的対処方針に基づき6月上旬より運営検証を行っているJリーグ。7月30日から8月14日までの期間で開催する公式試合を対象にした【STEP3】では、スタジアムの収容率50%の人数を上限に、声出し応援エリアを拡大しても感染対策と両立した運営ができるかを確認する。 6日に行われたJ1の3試合で【STEP2】が終了。更なる緩和を行い【STEP3】が行われる。 これまで16試合が決定していた中、8月6日に行われる東京ヴェルディvsV・ファーレン長崎、8月7日に行われるロアッソ熊本vs栃木SCの2試合が追加された。 今後も、申請を受け付けており、決定次第順次公表されるとのことだ。 ◆【STEP3】として実証検証が行われる試合 7月30日(土) 明治安田生命J2リーグ第29節 モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア [NDソフトスタジアム山形] 栃木SC vs 徳島ヴォルティス [カンセキスタジアムとちぎ] 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ [ケーズデンキスタジアム水戸] 大分トリニータ vs 東京ヴェルディ [昭和電工ドーム大分] 8月3日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ第1戦 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] 8月6日(土) 明治安田生命J1リーグ第24節 アビスパ福岡 vs ガンバ大阪 [ベスト電器スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 レノファ山口FC vs モンテディオ山形 [維新みらいふスタジアム] 東京ヴェルディ vs V・ファーレン長崎 [味の素スタジアム] 8月7日(日) 明治安田生命J1リーグ第24節 FC東京 vs 清水エスパルス [味の素スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック [ソユースタジアム] ロアッソ熊本 vs 栃木SC [えがお健康スタジアム] 8月10日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] 8月13日(土) 明治安田生命J2リーグ第31節 水戸ホーリーホックvs.東京ヴェルディ [ケーズデンキスタジアム水戸] 明治安田生命J3リーグ第20節 ヴァンラーレ八戸 vs いわきFC [プライフーズスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 FC東京 vs セレッソ大阪 [味の素スタジアム] 8月14日(日) 明治安田生命J2リーグ第31節 栃木SC vs アルビレックス新潟 [カンセキスタジアムとちぎ] 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 [県立カシマサッカースタジアム] 2022.07.07 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「W杯のボール懐かしい」Jリーグ歴代公式試合球を総チェック「一番印象に残っているのはどれ?」

Jリーグ公式ツイッターの投稿が賑わっているようだ。 1993年5月15日に開幕し、今年で30周年を迎えたJリーグ。選手やクラブのみならず、用具も歴史を積み重ねている。 ボールももちろんその1つ。5月21日からは新たにカタール・ワールドカップ(W杯)の公式試合球でもある「アル・リフラ(AL RIHLA)」が使用されている。 Jリーグは5日にツイッターでこれまでの歴代公式試合球の画像を投稿。「みなさんが一番印象に残っている公式球はどれですか?リプライか引用RTで教えてください」と促した。 これには「1番使ったのは93-94!」、「2002年かな。サッカーを好きになったきっかけを作ってくれた日韓W杯」、「W杯の2014ボール懐かしい」、「2015年のコネクト大好き、めちゃくちゃブレるから」、「親に買ってもらったのは初代」、「ブラズーカか、テレスターかな!」など、さまざまな年代の声が集まった。 初期は白黒だったデザインも次第に鮮やかなカラーリングとなり、貼り合わせ方も変化。「五角形と六角形のオーソドックスなボールデザインを過去のものにした衝撃」とのコメントも届いており、多くのサッカーファンの思い出心をくすぐっている。 <span class="paragraph-title">【写真】Jリーグの歴代公式試合球を一気にチェック!印象に残っているのはどれ?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>歴代公式試合球を一気にチェック<br>\<br><br>Jリーグでは、5月21日より新しい公式試合球として『AL RIHLA(アル・リフラ)』を使用しています<br>そこで1994年の開幕からの公式球をまとめてみました‼️<br><br>みなさんが一番印象に残っている公式球はどれですか<br>リプライか引用RTで教えてください <a href="https://t.co/6ZiDvruuif">pic.twitter.com/6ZiDvruuif</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1544290001642352641?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.07 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が「声出し応援」に持論、浦和ファン、Jリーグ、政府に一言

本田圭佑が、Jリーグでの「声出し応援」の問題に関して持論を展開した。 Jリーグは5日、臨時実行委員会を開催。その後のブリーフィングで、声出し応援の違反に対する処分に言及した。 Jリーグでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が始まった2020年からリーグの中断や無観客試合、入場制限など、さまざまな感染対策をしながら運営している。 現在は、入場制限に関しては規制がなくなっている一方で、サッカーの醍醐味でもある「声出し応援」は禁止されている状況だ。 ただ、6月から試験的に「声出し応援」を認め、感染拡大に影響があるかどうかなどのチェックを実施。ステップを踏んで、検証していき、最終的には元の観戦スタイルに戻す試みをしている。 そんな中、2日に行われたガンバ大阪vs浦和レッズの試合で、浦和のサポーターがチャントやブーイングなどの声出し行為を行っていた。 以前から浦和のサポーターには違反行為が散見され、他のクラブの多くのサポーターがガイドラインを遵守している中で、非難を浴びる状況に。そして、5日に浦和が初めて声明を発表。謝罪するとともに、処分や対策を発表していた。 これを受けて、Jリーグも最大2000万円の罰金処分の可能性があることを発表。また、繰り返して違反が起きれば、勝ち点剥奪や無観客試合の実施などがあることを示唆している。 そんな中、本田は自身のツイッターを通じてこの件について言及。日本政府がルールを変える必要があるとしながら、浦和への思い、Jリーグへの想いを綴った。 「声出し応援の件でそれぞれの登場人物に対して思うこと。 浦和ファン: 気持ちは分かる。けどバランスが大事よ Jリーグ: 対応が難しいよね。想いは一緒なはずやから 政府: 馬鹿げたルールはすぐに変えて。遅い。システム変えなあかん 批判してる第三者: ルールはルールという考え方に終止符を打って」 また、ルールを守って主張することが必要としながらも、その考え方だけに固執するのは良くないともした。 「ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います」 <span class="paragraph-title">【SNS】本田が声出し応援について言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います。</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1544459836909563905?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

松本GKゴ・ドンミンが2月に期限付き移籍した慶南FCへ完全移籍

松本山雅FCは5日、韓国人GKゴ・ドンミン(23)がKリーグ2(韓国2部)の慶南FCへ完全移籍することを発表した。 2月に期限付き移籍が発表されていたゴ・ドンミンは、慶南で6試合に出場。今年一杯の期限付き移籍だったが、早期に完全移籍に切り替わった。 ゴ・ドンミンはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、慶南FCに完全移籍することになりました。松本山雅FCの選手やスタッフ、ファン・サポーターの皆様に心から感謝いたします」 「5年間、皆さんの温かい応援のおかげで成長することができました。第2の故郷のように皆さんと一緒に過ごせたと思います」 「これからもっと良い選手に成長できるようにがんばります。そして、どこにいても、いつまでも松本山雅FCを応援しています。本当にありがとうございました」 ゴ・ドンミンは、韓国の大倫高校から2017年に松本へと入団。2020シーズンはヴァンラーレ八戸へ期限付き移籍し、明治安田生命J3リーグで19試合に出場。しかし、松本ではこれまで一度も試合に出場したことはなかった。 2022.07.05 17:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly