「毎日幸せです」イニエスタが“母の日”に妻であり母のアンナさんを祝う「ずっと愛してます!」

2022.05.03 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが、母の日を祝った。ケガの影響で、先日まで行われていたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のタイ遠征にはしていなかったイニエスタ。チームは無事にグループステージを首位通過し、帰国の途についた。

ラウンド16では横浜F・マリノスとの日本勢対決となる神戸。そこまでの間には、最下位に沈んでいる明治安田生命J1リーグの戦いが待っており、ACLの戦いの勢いをつなげたいところだ。

そんな中、イニエスタは自身のインスタグラムを更新。5月1日はスペインでの“母の日”ということもあり、自身の子供たちの母である妻のアンナ・オルティスさんへの感謝を綴った。

「ママ、母の日おめでとう!一緒に学んで、一緒に成長できて、毎日幸せです。ずっと愛してます!」

投稿した写真は、ノエビアスタジアム神戸での一枚。アンナさんの他、長女バレリアさん、長男パオロ・アンドレアくん、次女シエナちゃん、そして次男ロメオくんの4人の子供たちも勢揃い。子供たちは神戸のユニフォームを全員着用している親子ショットだった。

日本でも幸せに暮らすイニエスタファミリー。妻であり母であるアンナさんの存在は大きいそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ACLラウンド16に臨む神戸、リーグでは苦戦もDF大崎玲央は自信「自分たちにもクオリティはある」

ヴィッセル神戸のDF大崎玲央が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16に向けた記者会見で勝利への自信を示した。 今年の4月から5月にかけて行われたACLグループステージを首位通過し、ノックアウトステージ進出を果たした神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では、同じ日本勢の横浜F・マリノスと対戦する。 大崎にとっては2020年に出場したACLでベスト4進出を果たして以来、これが2度目の国際舞台に。会見では「非常に楽しみですし、自分たちがどこまでやれるかの証明になると思います。まずは明日勝って、次に進んでいきたいですね」と意気込みを示した。 準決勝までは一発勝負となる今大会、大崎は普段のリーグ戦との違いについて認めつつ、「一発勝負ではありますが、だからといって消極的になるのではなく、積極的に仕掛けていかないと。自分たちはボール持っているときとそうでないときで、戦い方がはっきりしています。明日の試合では、できる限り自分たちが主導権を握りたいです」と語り、チームがこれまで取り組んできたアグレッシブな姿勢は維持したい考えを明かした。 現在明治安田生命J1リーグで首位に立つ横浜FMとは対照的に、神戸は16位に低迷。劣勢が予想されるが「これはACLなので、リーグ戦の順位は関係ありません」と強調しており、「もちろん、相手はクオリティがありボールの保持も上手いチームです。ただ、自分たちにもクオリティはあると思っています。守りに入り過ぎず、攻守に攻撃的な姿勢を見せたいですね」と、リーグ戦とは違った姿を見せられるはずだと述べた。 今年3月のリーグ戦で横浜FMに0-2のスコアで敗れた際は、三浦淳寛氏が指揮をとっていた神戸。あれから数度の監督交代を経て現在は吉田孝行監督がチームを率いているが、大崎は「チームとしてここまでやってきて、監督が変わればもちろんスタイルは変わります。ただ、それでも最終的にプレーするのは選手なので。明日の試合はこれまでやってきたものを示せるチャンスですから、勝って次に進みたいです」と述べ、あくまでプレーするのは選手であり、今季成長してきた姿を見せたいと気合いを示している。 2022.08.17 14:39 Wed
twitterfacebook
thumb

自身初のACLに挑む神戸の吉田孝行監督、横浜FMとの同国対決にも「恐れずアグレッシブにいきたい」

ヴィッセル神戸の吉田孝行監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16への意気込みを語った。 明治安田生命J1リーグでは16位に低迷しているものの、ACLはグループステージ4試合負けなしでノックアウトステージに進出した神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では横浜F・マリノスと対戦する。 今年6月にクラブの指揮官に就任した吉田監督にとっては初の国際舞台。「ACLという素晴らしい舞台で、Jリーグトップレベルの横浜FMと対戦できるのは嬉しいし、楽しみにしています。我々としては勝って次に進みたいですね」と期待感を示した。 対戦相手の横浜FMは、リーグで低迷する神戸とは対照的に現在2位に5ポイント差をつけて首位に立つなど、好調を維持している。それでも、「リーグ戦とは違う雰囲気だと思います」と強調しつつ、「自分自身、この舞台を経験したことがないので明日にならないとわからない部分はあります。ただ、こうしたトーナメントでは勢いや立ち上がりの集中力、セットプレーがキーになるかなと。攻守にアグレッシブにいく姿勢が大事です。それはリーグだから、ACLだから、一発勝負だからではなく、そうした姿勢をチームとして出していくことが今後の戦いにつながります。恐れず、攻守にアグレッシブにいきたいですね」と、強敵相手にも一貫した戦い方で臨むことを強調した。 今シーズンはMFアンドレス・イニエスタ、FW大迫勇也、FW武藤嘉紀と、中心選手の相次ぐ負傷に苦しんできた神戸。しかし、現在は3人とも復帰を果たしており、吉田監督も「万全かと言われれば、痛みはあるかと思います。ただ、大迫と武藤は先週末のリーグ戦に出ており、アンドレスも昨日から合流しているので問題はありません」と明かし、明日の試合での起用に向けて太鼓判を押した。 会見では、先月チームに加入したFWステファン・ムゴシャの状態について問われる場面も。吉田監督は「彼が加わることで新たなオプションができました。長身なので、ターゲット役だったりポストプレーだったりで、良い変化を加えてくれているなと。日本に徐々に慣れてきて、試合を重ねるごとにコンディションも上がってきているので、状態は良くなってきています」と述べ、今後出場機会は増えていくことを示唆している。 2022.08.17 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「女性サポーターにも人気なイケメン選手」をJリーグが紹介!ピックアップされたのは…?

Jリーグの公式ツイッターが16日、「今日は女子大生の日 そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼」と綴り、選手たちの写真を紹介した。 現在は8月21日が「女子大生の日」として登録されているが、2020年までは一般的に8月16日が「女子大生の日」と認識されていた。 Jリーグはそこで、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、汰木康也(ヴィッセル神戸)、キャスパー・ユンカー(浦和レッズ)をピックアップ。特徴の違う4人のイケメンショットを並べている。 さらに、「皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか?」とし、4人以外の選手も募集。この投稿には各チームのファンから思い思いの選手の名が挙げられている。 「この人たちは本当にかっこいい」、「もちろんレイソルの上島くん」、「山岸祐也選手」、「圧倒的ユンカーだな!」、「志知くんがいない!?」、「大宮アルディージャにはイケメン沢山いますよ!」、「あれ、谷くんは?」など様々だ。 アスリートらしい引き締まった体と精悍な顔つきの持ち主が多いJリーガー。彼らがピッチの上でさらに輝く姿に期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「女性サポーターにも人気なイケメン選手」たちのイケてるショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子大生の日</a> <br>\<br><br>そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼ <br><br>皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか? <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグあいさつ</a> <a href="https://t.co/sfFgEtjb1R">pic.twitter.com/sfFgEtjb1R</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1559317548130152448?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「これ見てた」大久保嘉人の息子がTVニュースに登場、街頭インタビューに応じる姿は貫禄十分「誰かに似てると思ったら!」

元日本代表FW大久保嘉人氏の次男、緑二くんが街頭インタビューに応じていたようだ。 Uターンラッシュを迎えたJR博多駅で、著名人の子供だと気付かれないままインタビューを受けた緑二くん。目線が泳ぐこともなく、インタビュアーの方をしっかり見て、はっきりとした口調とで堂々と取材に応じている。 大久保氏は14日に自身のツイッターで放送のキャプチャを投稿。「一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる〜」と綴った。 「このニュース見てたー」という視聴者も多くいたようだが、「誰かに似てると思ったら!」、「見たのに、緑二くんだって気づかなかった…」との声も。「どこかで見た気がすると思って、これでスッキリした」と、大久保氏の投稿により、もやもやが解消されたファンもいたようだ。 緑二くんは、メディアに対応する父親を間近で見ていた影響か、取材に対してしっかりした受け答えを見せた。「インタビュー受け慣れている感じですね!」と、感嘆の声が上がっているが、もしかしたらテレビクルーも雰囲気を感じて声をかけたのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】テレビの街頭インタビューに応じる大久保嘉人の次男、緑二くん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる<a href="https://twitter.com/hashtag/yoshito13?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yoshito13</a> <a href="https://t.co/O8JwPTaFv5">pic.twitter.com/O8JwPTaFv5</a></p>&mdash; 大久保嘉人 (@Okubonbon13) <a href="https://twitter.com/Okubonbon13/status/1558748452615426048?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

汰木康也がチームを救う2ゴール! 札幌に完勝の神戸が残留に望みつなぐ【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節の北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸が13日に札幌ドームで行われ、アウェイの神戸が2-0で勝利した。 前節は湘南ベルマーレに5-1の大勝で、6試合ぶりの白星を掴んだ11位の札幌。累積警告による出場停止が明けた菅もスタメンに復帰した中で、今シーズン初の連勝を狙う。対する神戸は前節、セレッソ大阪に3-0の完敗を喫し、再び最下位に転落。残留に向けて負けられない一戦では、7試合ぶりの先発となった前川がゴールマウスを守る。 両チームがけん制し合う展開の中、最初にチャンスを掴んだのはホームの札幌。アタッキングサードでのパス交換からボックス手前の中央の宮澤がボックス内に浮き球のパスを供給すると、これに反応した小柏が頭でゴール前に落とし、興梠が右足で合わせる。だが、惜しくもゴール右に逸れた。 一方の神戸も20分にサイド攻撃からゴールに迫る。ボックス手前中央で大迫が縦パスを受け、左に展開。ボックス左に走り込んだ酒井がクロスを上げ、ゴール前の汰木が右足アウトサイドで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。 この攻撃から流れを掴んだアウェイチームは28分、敵陣中央の大崎が前線を狙った縦パスを供給。これは相手に触れられてコースが変わるが、こぼれ球をボックス手前中央で拾った汰木が左足を振り抜くと、ゴール右隅に決まった。 先制点を奪った神戸はさらに勢いを強める。前半アディショナルタイムにボックス手前中央で獲得したFKの場面で、大迫のシュートは壁に阻まれるも、こぼれ球を拾った汰木がボックス手前中央から右足を一閃。これが相手DFに当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。 2点差を追う札幌は前半終了まで大きなチャンスを作れず。それでも試合を折り返して59分、敵陣左サイド浅い位置でボールを持った高嶺がサイドチェンジを試みると、これをボックス手前右で受けたルーカス・フェルナンデスが右足のシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の左に外れた。 終盤に入る前にまずは1点を返したいホームチームは64分に荒野、69分にガブリエル・シャビエルを投入。攻撃陣の活性化を狙う。 後半に入って攻撃面で大きなチャンスを作れていない神戸だが、守備陣は奮闘。相手の鋭いカウンター攻撃に、素早い戻りで対応し、シュートを打たせない。 札幌は87分、敵陣中央で獲得したFKの場面でキッカーは福森。ふわりとした素晴らしいボールをゴール前に入れ、岡村がヘディングで合わせたが、これは枠の左に逸れた。 その後も相手に決定機を作らせなかった神戸が4試合ぶりの勝利。残留に向けて大きな3ポイントを手にし、暫定ながら16位まで順位を上げた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 汰木康也(前28、前45+4) 2022.08.13 16:33 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly