3戦2発、横浜FMのアンデルソン・ロペスがゴールを振り返る「日々練習している形」

2022.05.02 12:58 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペスが、全北現代モータース(韓国)戦を振り返った。1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループH第6節の全北現代vs横浜FMの一戦。グループステージの突破はすでに決まっている横浜FMだったが、首位通過を目指しての直接対決となった。

試合は立ち上がりの4分に相手のパスカットからアンデルソン・ロペスが決めて先制。しかし11分に浮き球のパスに抜け出したキム・ボギョンがダイレクトで決めて、1-1。その後は互いに牽制しながら引き分けに終わった。

この結果、横浜FMが首位通過、全北現代が2位通過を果たしている。

この試合で先制ゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれたアンデルソン・ロペスは「過密日程で外国籍枠に限りがある中、監督はベストな選手たちを選んだと思う。選手は毎試合出たい気持ちはあるけど、僕たちはチームとして凄く良い準備ができてベトナムに入った。全ての試合を振り返っても、良かったと感じている」とコメント。出た試合で結果を残せたことを喜んだ。

この試合でもゴールを決めたが「僕たちがプレスをかけてうまく点を取れた。このプレスというのは、日々練習している形。それがうまく点に結びついて凄く良かったし、チーム全体が凄く良い仕事をした」と、鍛錬の賜物であると振り返った。

横浜FMはラウンド16ではグループJを首位通過したヴィッセル神戸と対戦することが決定している。

1 2

関連ニュース
thumb

「マリノスの未来を切り拓く」2シーズン前の悔しさ胸に横浜FM・喜田拓也が意気込む「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではない」

横浜F・マリノスのキャプテンを務めるMF喜田拓也が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。 現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。 その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。 喜田は神戸戦に向けて、「タフなグループステージを勝ち抜いて、明日から決勝トーナメントということで、ここから先はマリノスの歴史上は突破したことがない、見たことがない景色になるところではあるので、必ず自分たちの力でマリノスの未来を切り拓いていきたいですし、その力があるチームだと信じているので、自分たちがやってきたことを信じて、思い切ってぶつかっていくだけだと思います。マリノスファミリーの力を結集して、思い切ってぶつかっていきたいと思います」と、これまで通りのやり方で向かっていくと虚ちょうした。 横浜FMとしてはACLの最高位はラウンド16。この先に勝ち進んだことは今までない。 喜田は「クラブとして突破したことがないところまで来たので、切り拓くのは自分たち次第だと思います」と語り、「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではないので、チーム全員でやってきたことを信じて出し切りたいですし、何よりも今いる仲間と1試合でも多く戦いたいので、そのためには勝ち進まなければいけないです」と、しっかりと勝ちたいと意気込んだ。 また「あとは変に着飾る必要もないと思います。このチーム、この仲間を心の底から信じているので、自分たちが今までやってきたこと、仲間を信じて思い切ってぶつかるだけなので、結果や相手に囚われず、自分たちのことに集中して、堂々とピッチに立てればと思います」と、自分たちの良さをしっかりと出すことだけだとした。 その喜田は2020年のACLにも参加。カタールでの集中開催となった中、ラウンド16で水原三星ブルーウィングス(韓国)の前に敗れっていた。 当時も見たことのない景色を見ると口にしていた中で、悔しい思いをしたが、1年半が経過して再びチャンスが巡ってきた形となる。 「2020年のベスト16で敗退したあの日の光景だったり、景色というのは忘れたことはないです。強烈な悔しさを経て、本当に悔しい気持ちでチーム自体はいっぱいでしたが、それでも前を向いてみんなで手を取り合って進んできて、自分たちの手で切符を掴み取って、そして今年グループステージを勝ち抜いて、この場に立つということは、自分たちの手で掴み取ったと自信を持ってピッチに立つべきです」 「勝利という意味ではピッチに立つ、立たないは関係なくみんなの力が必要だということは、ACLに限らず、ずっと言ってきたことなので、それが自分たちの色で、大切にしてきたことです」 「ACLだからと変わることはないですし、ここから先は見たことがない景色ですけど、僕たち自身がやることは変わらないので、とにかくやることは、お互いを信じて堂々とピッチに立つ。やるべきことをやって結果を出すというのは、どの大会でも変わらないので、チームを信じて貫き通して、必ず結果を出したいと思います」 キャプテンとして再びチャレンジすることが叶った喜田。2シーズン前の悔しさを払拭し、未来を切り拓けるか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2022.08.17 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「全員を使いたい」横浜FMのマスカット監督、ACLの外国人枠3名のチョイスは「バランスが取れる選択肢を持つ」

横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。 現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。 その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。 マスカット監督にとっては横浜FMでは初の決勝トーナメントの指揮。メルボルン・ビクトリー時代にもラウンド16は1度しか経験がなく、その時は全北現代に敗れていた。 改めてラウンド16に向けては「数カ月前にすごく良いグループステージの経験を経て、ここに戻って来れたことを凄く嬉しく思う。決勝トーナメントがスタートする中で、今度からは勝ち抜きになる。自分たちは自信を持ってここにきているし、皆さんには、マリノスというクラブ、サッカーをピッチ上で表現するのを見せたい」とコメント。今シーズン見せているサッカーを表現していきたいとした。 11月にカタール・ワールドカップがあること、そしてACLの日程の関係もあり、今シーズンも過密日程を過ごしてきた横浜FM。ただ、先週末の湘南ベルマーレ戦は、台風8号の影響で中止となり、久々に試合間が空いたこととなる。 調整面については「準備はもちろん湘南戦に向けてやっていたが、中止になったことについて言うことはない。クラブとしてファン・サポーター、関わる皆さんが危険に晒されないこと、安全が第一だ」と中止された試合について言及し、「練習のスケジュールを少し変えながら、良い準備をすることに集中し、次の試合への準備が上手くできたと思う」と、調整は問題ないとした。 また、今夏獲得したFWヤン・マテウスはプレーしないままACLへ。「来てくれて本当に嬉しい。ヨーロッパはプレシーズン中と言うこともあり、彼が日本に来たことでコンディション面もそうだが、日本の暑さという部分で、大変な経験をしていると思う」と、チームに加わったことを喜んでいた。その中で、「異国の地で、文化も言葉も人も違うなか、よくやってくれている。1日も早くアダプトしてくれることを信じているし、来てくれたことに感謝している」と語り、環境に慣れていってもらいたいとした。 神戸には実力者が多く揃い、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも前日練習に参加していた。「向こうにはイニエスタだけではないというところは自分もよくわかっている」と、警戒すべきはイニエスタだけではないとコメント。「彼1人がどうこうというチームではない。他にも良い選手が多く、個の力を持っている選手が多いチームだと思っている」と語り、「明日どうなるか、誰が出てくるかはわからないが、相手がどうこうと言うよりも、自分たちが何をしたいか。どういうサッカーをしていくかに集中していきたいと思うし、それを大事にしていて、そこにフォーカスしたい」と、自分たちに矢印を向けて戦っていくとした。 ACLでは外国人枠の関係で3選手しか起用ができない。現在ブラジル人が6名所属する中、3名はメンバー外になることが確定。試合ごとに選べるとはいえ、チームとしてのプランをリーグ戦とは変える必要がある。 「3人という外国人枠というのは初めてのことではないが、慣れているわけでもない」 「常に選手を選ぶというのは簡単な作業ではない。一番大事にしているのは、チームとしてバランスが取れる選択肢を持つこと。全員を使いたいと思いがあるが、可能ではないこともわかっている。全員を必要としていて、選手たちが良いスピリットを持って、常日頃、練習や試合をやってくれている」 「選ばれなかった選手、ピッチに立てなかった選手は良い気分ではないことは十分承知しているが、彼らも出ている選手のために日々努力し、次の試合では自分にチャンスが来ると思って練習に打ち込んでくれていると思う。そういうところで、全員を信じているし、全員が必要だと思う」 マスカット監督は誰をチョイスしてメンバーを組むのか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2022.08.17 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ACLラウンド16に臨む神戸、リーグでは苦戦もDF大崎玲央は自信「自分たちにもクオリティはある」

ヴィッセル神戸のDF大崎玲央が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16に向けた記者会見で勝利への自信を示した。 今年の4月から5月にかけて行われたACLグループステージを首位通過し、ノックアウトステージ進出を果たした神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では、同じ日本勢の横浜F・マリノスと対戦する。 大崎にとっては2020年に出場したACLでベスト4進出を果たして以来、これが2度目の国際舞台に。会見では「非常に楽しみですし、自分たちがどこまでやれるかの証明になると思います。まずは明日勝って、次に進んでいきたいですね」と意気込みを示した。 準決勝までは一発勝負となる今大会、大崎は普段のリーグ戦との違いについて認めつつ、「一発勝負ではありますが、だからといって消極的になるのではなく、積極的に仕掛けていかないと。自分たちはボール持っているときとそうでないときで、戦い方がはっきりしています。明日の試合では、できる限り自分たちが主導権を握りたいです」と語り、チームがこれまで取り組んできたアグレッシブな姿勢は維持したい考えを明かした。 現在明治安田生命J1リーグで首位に立つ横浜FMとは対照的に、神戸は16位に低迷。劣勢が予想されるが「これはACLなので、リーグ戦の順位は関係ありません」と強調しており、「もちろん、相手はクオリティがありボールの保持も上手いチームです。ただ、自分たちにもクオリティはあると思っています。守りに入り過ぎず、攻守に攻撃的な姿勢を見せたいですね」と、リーグ戦とは違った姿を見せられるはずだと述べた。 今年3月のリーグ戦で横浜FMに0-2のスコアで敗れた際は、三浦淳寛氏が指揮をとっていた神戸。あれから数度の監督交代を経て現在は吉田孝行監督がチームを率いているが、大崎は「チームとしてここまでやってきて、監督が変わればもちろんスタイルは変わります。ただ、それでも最終的にプレーするのは選手なので。明日の試合はこれまでやってきたものを示せるチャンスですから、勝って次に進みたいです」と述べ、あくまでプレーするのは選手であり、今季成長してきた姿を見せたいと気合いを示している。 2022.08.17 14:39 Wed
twitterfacebook
thumb

自身初のACLに挑む神戸の吉田孝行監督、横浜FMとの同国対決にも「恐れずアグレッシブにいきたい」

ヴィッセル神戸の吉田孝行監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16への意気込みを語った。 明治安田生命J1リーグでは16位に低迷しているものの、ACLはグループステージ4試合負けなしでノックアウトステージに進出した神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では横浜F・マリノスと対戦する。 今年6月にクラブの指揮官に就任した吉田監督にとっては初の国際舞台。「ACLという素晴らしい舞台で、Jリーグトップレベルの横浜FMと対戦できるのは嬉しいし、楽しみにしています。我々としては勝って次に進みたいですね」と期待感を示した。 対戦相手の横浜FMは、リーグで低迷する神戸とは対照的に現在2位に5ポイント差をつけて首位に立つなど、好調を維持している。それでも、「リーグ戦とは違う雰囲気だと思います」と強調しつつ、「自分自身、この舞台を経験したことがないので明日にならないとわからない部分はあります。ただ、こうしたトーナメントでは勢いや立ち上がりの集中力、セットプレーがキーになるかなと。攻守にアグレッシブにいく姿勢が大事です。それはリーグだから、ACLだから、一発勝負だからではなく、そうした姿勢をチームとして出していくことが今後の戦いにつながります。恐れず、攻守にアグレッシブにいきたいですね」と、強敵相手にも一貫した戦い方で臨むことを強調した。 今シーズンはMFアンドレス・イニエスタ、FW大迫勇也、FW武藤嘉紀と、中心選手の相次ぐ負傷に苦しんできた神戸。しかし、現在は3人とも復帰を果たしており、吉田監督も「万全かと言われれば、痛みはあるかと思います。ただ、大迫と武藤は先週末のリーグ戦に出ており、アンドレスも昨日から合流しているので問題はありません」と明かし、明日の試合での起用に向けて太鼓判を押した。 会見では、先月チームに加入したFWステファン・ムゴシャの状態について問われる場面も。吉田監督は「彼が加わることで新たなオプションができました。長身なので、ターゲット役だったりポストプレーだったりで、良い変化を加えてくれているなと。日本に徐々に慣れてきて、試合を重ねるごとにコンディションも上がってきているので、状態は良くなってきています」と述べ、今後出場機会は増えていくことを示唆している。 2022.08.17 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly