「引退すべき」の厳しい声も…44歳ブッフォンが大失態!バックパスから目を切って失点直結のミスキック

2022.04.26 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルマの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンのプレーについて、厳しい声が向けられている。17歳の1995年にパルマでセリエAデビューを果たしたブッフォンは、2001年夏に当時のGK史上最高額となる移籍金でユベントスに移籍。2018-19シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)時代を除けば、実に19年間にわたってプレーした。

2021年夏にユベントスとの契約が満了となり、セリエBのパルマに復帰したブッフォンは、キャプテンを務めながらリーグ戦25試合に出場している。

負傷でおよそ1カ月半にわたってベンチ外が続いていたブッフォンだったが、25日に行われたセリエB第36節のペルージャ戦で8試合ぶりに先発出場。しかし、復帰初戦は厳しいものとなった。

開始早々の5分にいきなりPKを決められ先制を許すと、直後の8分だった。MFヤイデン・オーステルヴォルデがブッフォンにバックパス。相手からのプレッシャーはなく、余裕がある状況だったが、パスの瞬間にボールから目を切ったブッフォンの左足はボールにミートせず、ゴール前へと転がる。これを相手FWマルコ・オリヴィエリに奪われ、そのまま無人のゴールに沈められてしまった。

結局、序盤に2点のリードを許したパルマは、1点を返すものの1-2で敗戦。黒星の要因にもなったブッフォンには、「信じられないミスだ」、「引退すべきだ」、「これはいただけない」といった声が。久々の先発ということで、試合勘の欠如もあったとは思われるが、失点に直結するミスなだけに多くの批判が集まっている。

なお、ブッフォンは2月にパルマとの契約を2024年まで延長。契約通りとなれば、46歳までプレーすることになる。

1 2

関連ニュース
thumb

レッチェがパルマDFペッツェッラをレンタルで獲得、昨季はアタランタで29試合に出場

レッチェは26日、パルマからDFジュゼッペ・ペッツェッラ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ナポリ生まれのペッツェッラは、パレルモの下部組織出身。2017年7月にウディネーゼへと移籍すると、ジェノア、パルマへのレンタル移籍を経て、2020年9月にパルマへと完全移籍する。 左サイドバックを主戦場としており、2021-22シーズンはアタランタへとレンタル移籍。セリエAで21試合3アシスト、チャンピオンズリーグで3試合、ヨーロッパリーグで4試合プレーしていた。 また世代別のイタリア代表を経験。2017年のU-20ワールドカップのメンバーとしてチームの3位に貢献していた。 2022.08.26 23:50 Fri
twitterfacebook
thumb

エンポリがパルマからMFグラッシを獲得! 昨季セリエA30試合出場もカリアリが降格…

エンポリは17日、パルマからイタリア人MFアルベルト・グラッシ(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。今回の契約には特定の条件を満たした場合、買い取り義務が発生する条項が盛り込まれている。 イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのプリマヴェーラ育ちであるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルMF。2014年11月に行われたローマ戦でセリエAデビューを飾り、2016年にはナポリへステップアップ。しかし、その新天地ではポジションを掴めず、SPALやパルマへのレンタル移籍を経験した後、2020年にパルマへ完全移籍した。 その後、パルマの降格に伴い、昨シーズンはカリアリへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。個人としてはセリエA30試合に出場するなど主力として活躍したが、クラブのセリエB降格に伴い、完全移籍は実現せず。 そして、今シーズンはエンポリへレンタル移籍することになり、個人としてはセリエA残留となった。 2022.08.18 22:36 Thu
twitterfacebook
thumb

パルマMFシプリアンがシオンへ買取OP付きレンタル移籍…昨季はニースとナントでプレー

スイスのシオンは10日、パルマからフランス人MFウィラン・シプリアン(27)がレンタル移籍で加入したことを発表した。 買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で、背番号は「10」をつける。 シプリアンは、RCランス、ニースでプレーした後、2020年10月にパルマに加入。昨シーズンはニースとナントへ半年間ずつレンタル移籍していた。 パルマでは公式戦15試合に出場。2021-22シーズンはリーグ・アンで24試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 リーグ・アン通算では151試合で25ゴール15アシスト。世代別のフランス代表もU-16からU-21まで経験していた。 2022.08.11 08:10 Thu
twitterfacebook
thumb

日本人が目指すべきCB像、“希少なバロンドーラー“ファビオ・カンナバーロ

サッカー界においてなかなか評価がされないのが守備的な選手。勝利に貢献する派手なゴールを決める攻撃的な選手はわかりやすい活躍の指標が存在するが、なかなかディフェンダーは評価が得にくい。 もちろん、これまでのサッカー界で高く評価されたディフェンダーは多々いるが、世界年間最優秀選手に贈られる「バロンドール」では3人のみが受賞。元西ドイツ代表DFのフランツ・ベッケンバウアー氏と、元東ドイツ代表DFマティアス・ザマー氏、そして元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏の3人しかいない。 DFとして最後に受賞したのが2006年のカンナバーロ氏だが、ベッケンバウアー氏やザマー氏はリベロのポジションを務めており、中盤でのプレー機会も多かった選手たち。一方で、カンナバーロ氏は、純粋にセンターバックを務めており、DFとして最初の受賞者と言っても良い存在だ。 イタリア代表のキャプテンとしてドイツ・ワールドカップ(W杯)を優勝した功績が認められたカンナバーロ氏。現役時代のキャリアで多くのタイトルを獲得しているが、縁がなかったのがチャンピオンズリーグ(CL)だ。 <span class="paragraph-title">◆記録よりも記憶に残るプレーヤー</span> 現役時代はナポリでキャリアをスタートさせたカンナバーロだが、クラブの財政難により放出。パルマへと移籍する。 このパルマでは、GKジャンルイジ・ブッフォンやDFリリアン・テュラムらと強固な守備陣を形成。“ミラクル・パルマ“とも呼ばれ、カンナバーロも2度のコッパ・イタリア優勝や、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)での優勝を経験した。 中田英寿ともチームメイトとしてプレーした中、セリエAのスクデット獲得には至らずに2002年8月にインテルへと移籍。しかし、インテルでは監督との確執もあり出番が減り、2004年8月にユベントスへと完全移籍する。 すると、パルマ時代の同僚であったブッフォンとテュラムと再びチームメイトに。2004-05シーズンに見事スクデットを獲得する。しかし、このスクデットは2006年に発覚したカルチョ・スキャンダルといわれた一連の八百長事件の影響で剥奪に。結果、カンナバーロはスクデットも獲得していないこととなった。 チームはセリエBに降格処分となり、カンナバーロはレアル・マドリーへと完全移籍。そこでも本領を発揮すると、難しい中で行われたドイツW杯で優勝。前述のバロンドールも受賞することとなると、FIFA年間最優秀選手賞も受賞した。 マドリーではラ・リーガ連覇を果たすなどしたが、再びユベントスに復帰。その後は、アジアでプレーし引退した。 ビッグクラブに在籍を続けていたカンナバーロだったが、実はタイトル獲得数は多くない。クラブキャリアではわずか7個。そこにW杯が加わり8つと、イメージよりは少ないのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">◆縁がないチャンピオンズリーグ優勝</span> そのカンナバーロだが、ことCLとなるとより縁遠くなる。インテル移籍後は毎シーズン出場はしていたが、チームとしての成績は良くなく、最高がベスト4止まりだった。 今でこそ、マドリーやユベントスはタイトルを多く獲得し、マドリーは近年CLを何度も制しているが、ちょうど“銀河系“を形成していたカンナバーロが在籍していた時代は過渡期。2000年から2010年まではラ・リーガも4度の優勝に留まっており、CLも2001-02シーズンを最後に11年間獲れなかった。 最もビッグイヤーに近づいたのは、インテル在籍時の2002-03シーズン。準決勝に駒を進めると、決勝進出を懸けた相手はライバルのミラン。2試合とも引き分けに終わったが、アウェイゴール差で僅かに敗れて敗退した。 その後は、ユベントス時代に2度ベスト8、マドリー時代に2度ベスト16まで勝ち上がっているが、それ以上は進めず。ビッグイヤーを掲げていないどころか、決勝の舞台にすら立ったことがなく、最も意外な選手の1人と言っても良い。 <span class="paragraph-title">◆タイトルは少なくとも才能は抜群</span> 目に見えたタイトルというものにはあまり恵まれていないキャリアのカンナバーロ。そのため、ワールドカップの優勝とバロンドール受賞が輝いて見える。 ただ、ピッチ上で見せるパフォーマンスの評価、そして持ち合わせた才能は世界屈指と言われている。 なんといっても、センターバックとしては身長175cmと小柄。体格に勝るヨーロッパではもちろんのこと、日本で考えても175cmのセンターバックはあまりいないタイプだ。 しかし、持って生まれた強靭な肉体が身長のハンデを埋めることに。まず一対一の守備力が抜きん出ており、相手との競り合いに負けないほか、身長を補う高いジャンプ力を武器としていた。 どんなストライカー相手でも、空中でも地上でも抜かせないという守備力は一級品だが、カンナバーロの真骨頂は守備をする前のパフォーマンスだ。 最も優れているとされたのがポジショニング。相手との競り合いに負けないフィジカルも素晴らしいが、相手よりも優位なポジションを先読みして取ることで、そもそも勝負の前に勝っているのだ。 一対一の勝負もさることながら、簡単にボールを奪い切る能力は抜きん出ている。 そしてもう1つが抜きん出た統率力。センターバックとして周りの選手にコーチングして相手を追い込んだり、優位なポジションを取ったりすることができる。これは、「カテナチオ」と言われるイタリアの堅い守備には欠かせず、ドイツW杯を制した際にもこの点は非常に評価された。チームのパフォーマンスを引っ張り上げる彼の力は、タイトルの数に関係なく、最後まで高く評価され続けた。 日本人と変わらない体格で世界と渡り合ったカンナバーロ。お手本とすべき選手の1人とも言えるだろう。 <div id=“cws_ad”><hr>イタリア代表で活躍し、“カテナチオ“戦術の中心としても活躍したファビオ・カンナバーロが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>現役時代に魅せたプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href=“https://ryan.onelink.me/C7cD/awagt0va” target=“_blank”><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sega20220713.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】相手を封殺!カンナバーロの闘志溢れるユベントス時代のディフェンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsdGt2Y1FHSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div id=“cws_ad”><hr>イタリア代表で活躍し、“カテナチオ“戦術の中心としても活躍したファビオ・カンナバーロが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>現役時代に魅せたプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href=“https://ryan.onelink.me/C7cD/awagt0va” target=“_blank”><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sega20220713.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> 2022.07.13 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマ退団のクツカが13年半ぶりに母国復帰! リーグ4連覇中の強豪スロバン・ブラチスラバに加入

スロバキアのスロバン・ブラチスラバは23日、パルマを退団したスロバキア代表MFユライ・クツカ(35)をフリーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 母国のポドブレゾヴァーでプロデビューしたクツカは、ルジョムベロクやスパルタ・プラハ、ジェノア、ミラン、トラブゾンスポルでのプレーを経て、2019年にパルマに加入。 パルマでは豊富な運動量と中盤でのユーティリティ性を武器に加入初年度から活躍すると、在籍2年半で公式戦74試合に出場し17ゴール8アシストを記録。しかし、クラブがセリエB(イタリア2部)へ降格したことで、昨夏にワトフォードへレンタル移籍。 今季は自身初となるプレミアリーグで26試合に出場し1ゴールを1アシストをマークしたが、チームは残留争いをする中、19位で降格が決定。クツカはパルマに続き2年連続で降格を味わっていた。 クツカの加わるスロバン・ブラチスラバはスロバキアの強豪クラブで、国内リーグ16度の優勝に加え、国内カップ戦を17度制覇。今季もフォルトゥナ・リーガ(スロバキア1部)を制しリーグ戦4連覇を達成した。 2022.06.24 01:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly