バルセロナが健闘ラージョに史上初のシーズンダブル許す…カンプ・ノウで屈辱の公式戦3連敗に《ラ・リーガ》

2022.04.25 06:14 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第21節延期分、バルセロナvsラージョが24日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのラージョが0-1で勝利した。

前節、レアル・ソシエダとの接戦をオーバメヤンのゴールで勝ち切った2位のバルセロナ(勝ち点63)。14位のラージョ(勝ち点37)との延期分では、公式戦連敗中のカンプ・ノウで3試合ぶりの白星を狙った。

3日前のソシエダ戦からは先発2人を変更。ダニエウ・アウベスとピケに代えてデストとエリック・ガルシアを起用した。ただ、その試合で負傷交代したアラウホ、足を気にしていたジョルディ・アルバは共にスタートからピッチに立った。
デンベレが右サイドでの鋭い仕掛けから高精度のクロスでいきなりチャンスを演出するなど、悪くない入りを見せたバルセロナ。しかし、開始7分にはハーフウェイライン付近の右サイドでイシが斜めに入れたラストパスに反応したアルバロ・ガルシアにボックス内へ抜け出されると、DFデストの寄せである程度シュートコースを限定したものの、ボックス右からニア下へ右足のシュートを流し込まれた。

0-1で敗れた前回対戦同様に前半のうちにビハインドを背負ったホームチームは、すぐさま反撃を開始。13分にはセットプレーの二次攻撃からボックス内でこぼれ球を収めたアラウホが反転シュートを放つが、これはGK正面となった。

以降は完全にボールの主導権を握るが、コンパクト且つ強度も申し分ないラージョの[4-4-2]の守備に苦戦。遅攻ではなかなか崩し切れないが、セカンドボールの拾い合い、球際を制してのカウンターの形からチャンスを創出していく。

25分にはジョルディ・アルバの意表を突く右足のミドルシュートがクロスバーを掠めると、右サイドで個的優位を保つデンベレのドリブル突破を突破口にゴール前のオーバメヤンがフィニッシュに絡んでいく。さらに、42分には左CKの二次攻撃からセカンドボールを拾ったガビが絶妙な右足のコントロールシュートを放つが、これもクロスバーを叩いた。

結局、幾度かあったチャンスをモノにできず、1点ビハインドで試合を折り返したバルセロナ。チャビ監督はデストを下げてハーフタイム明けにラングレを投入し、アラウホを右サイドバックに移した。

早い時間帯の同点ゴールがほしいバルセロナは、引き続きデンベレを軸に、左肩上がりの布陣変更によって高い位置を取れるようになったジョルディ・アルバの左サイドと、ピッチの幅を使った攻めでチャンスを窺う。

しかし、前半同様に強度、集中力を落とさないアウェイチームの守備に対して、決定機まであと一歩という場面が目立つ。これを受け、60分にはフレンキー・デ・ヨング、フェラン・トーレスを諦め、ニコ・ゴンサレス、デパイの投入で攻撃のアプローチに変化を加える。

70分には右サイドの細かい繋ぎからアラウホがグラウンダーで折り返したボールをニアのデンベレがスルー。ゴール前で足元に収めたデパイが右足のシュートに持ち込むが、ここは相手の決死のブロックに遭う。

この決定機直後にバルセロナはエリック・ガルシア、オーバメヤンを下げてアダマ・トラオレと切り札のルーク・デ・ヨングを投入。右にトラオレ、左にデンベレとドリブラーがウイングバックに入る攻撃的な[3-4-3]に変更。

力業でゴールをこじ開けにかかるホームチームは80分、ペナルティアーク付近からデパイがブレ気味の強烈なミドルシュートでGKディミトリエフスキを強襲。相手が[5-4-1]と守備を固めてきた中、トラオレの個人技で打開を図るが、トラオレやジョルディ・アルバの際どいシュートはことごとく相手守護神のビッグセーブに阻まれる。

その後、ピッチ内での治療の影響などで11分が加えられたアディショナルタイムにはアラウホを前線に残し、よりリスクを取る。相手のカウンターからのピンチはパテ・シスのシュートが左ポストを叩いて事なきを得るが、ほぼラストプレーで得たFKの流れからデンベレが放った決定的なボレーシュートはDFカテナの見事なゴールカバーに阻まれ万事休す。

ラージョに史上初のシーズンダブルを許したバルセロナは、ルイ・ファン・ハール時代の1997-98、1998-99シーズン以来となるカンプ・ノウでの公式戦3連敗という屈辱を味わうことになった。


関連ニュース
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

F・デ・ヨングが今夏の移籍話をシャットアウト 「僕はW杯中」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)が自身に長らくつきまとうマンチェスター・ユナイテッド行きの話を拒んだ。イギリス『メトロ』が報じた。 バルセロナの苦しい財政事情の煽りを受けて、クラブの売却対象に上がったF・デ・ヨング。アヤックス時代の恩師であり、今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の根強い誘いが取り沙汰されるなどしたが、最終的に本人の望み通り、バルセロナ残留で決した。 そうして迎えた今季のバルセロナでチャビ・エルナンデス監督の下で重用され、改めて存在感を示すが、メディアの前にひとたび姿を現せば、オランダ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに臨む今を含め、今夏去就の振り返りを求める質問がいまだ続いている。 決勝トーナメント進出、さらに首位通過がかかったカタール代表とのグループA最終戦を29日に控えるなかでもそうした質問が飛んだようだが、F・デ・ヨングは「僕はW杯のトーナメントを戦っているんだ。クラブフットボールの話をするつもりはない」と口を閉ざしたという。 なお、つい先日も母国メディアで今夏の移籍騒動を振り返っており、チャビ・エルナンデス監督に非がなく、あくまで上層部が企てたことだと述べ、クラブでの充実ぶりを強調している。 2022.11.29 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

チャビ監督、18歳ガビ&20歳ペドリを称賛 「時代を背負える」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中の愛弟子2人を称賛した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 現役引退と指導者キャリアのスタートをカタールのアル・サッドで迎えたという縁があり、カタールW杯の親善大使を務めるチャビ監督。27日にドーハで行われたイベントでは、自らが率いるバルセロナのスペイン代表若手2選手、MFガビとMFペドリを称賛した。 「ガビはリーダーだ。どこでプレーしても、その高いクオリティを発揮するだろう。本当に並外れた選手と言える。ペドリは驚くべき技術の持ち主だ。彼ら2人はバルサと代表に違いをもたらす存在。時代を背負う能力を兼ね備えている」 また、カタールW杯のスペイン代表はガビとペドリに加え、フェラン・トーレスやアレハンドロ・バルデらバルセロナから多くの選手がメンバー入り。同国が初優勝した2010年の南アフリカW杯もバルセロナの選手が多かったが、当時と違って現在は前途有望な若手選手が多いチームだと指摘した。 「確かにバルサ選手の数だけを見ると、私たちの時代を思い起こさせるね。だが、必ずしも一致はしない。あの時のスペインは非常に経験豊富なグループだったが、現在はセルヒオ・ブスケツとジョルディ・アルバ、コケを除けば、若くて大胆な選手が多い」 2022.11.29 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサは今季終了後のブスケッツ退団を引き止めず?アメリカ行きは既定路線か

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)は、今季終了後の退団が既定路線となっている模様だ。 バルセロナのカンテラーノとして2008-09シーズンにトップチームデビューして以降、クラブの黄金期を中盤の底から支えてきたブスケッツ。これまで公式戦通算698試合に出場し、30ものタイトル獲得に貢献してきた。 34歳の今や主将としてもチームを引っ張るが、クラブとの契約は今季まで。退団説が取り沙汰されている中で、有力な新天地はアメリカのインテル・マイアミであるとも伝えられている。 スペイン『マルカ』によると、ブスケッツはバルセロナを今季限りで退団し、既報通りインテル・マイアミへと加わる可能性が高い模様。チャビ・エルナンデス監督は同選手にもう1シーズン共に戦うように説得を試みたが、日に日に増す自身の責任とプレーへの批判から、これを拒否したようだ。 『マルカ』はまた、バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマテュー・アレマニ氏らフロントが、高額の年俸を受け取っていたブスケツの退団を財政難で苦しむクラブを救うものだと考えているとも。これ以上の引き留めを行うことはないのかもしれない。 2022.11.28 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグを知る選手も2人!ドイツ戦のスタンドにスペイン代表黄金期メンバーが集結「まさにレジェンド」

スペイン代表のレジェンドが集結した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表と同じグループEに入っているスペイン。27日には第2節でドイツ代表と対戦し、1-1の引き分けで終えた。 2010年の南アフリカW杯以来の優勝を目指すスペインだが、ドイツ戦のスタンドには当時「無敵艦隊」とも呼ばれた優勝メンバーのアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)、カルロス・プジョール氏、、ダビド・ビジャ氏の姿があった。 南アフリカ大会のベストイレブンに当たるドリームチームにも選ばれていた3人の集結ショットにはファンも感激。「バルサのレジェンドでもある」、「まさにレジェンド」、「この写真はアツいな」といった声のほか、日本のファンから「2人Jリーグ経験者なのヤバい」といった驚きの声が上がっている。当時のスペインにはサガン鳥栖でプレーしたフェルナンド・トーレス氏もいた。 世代交代を図り若い戦力が台頭しているスペインはどのような戦いを見せてくれるのか。12月1日には日本と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】スペイン代表の黄金期メンバーが集結!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Barcelona(@fcbarcelona)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.28 14:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly