バルセロナ、序盤オーバ弾を守り抜きソシエダ撃破! ブスケッツは通算出場数でイニエスタ超え《ラ・リーガ》

2022.04.22 06:37 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第33節、レアル・ソシエダvsバルセロナが21日にアノエタで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。

6位のレアル・ソシエダ(勝ち点55)と、2位のバルセロナ(勝ち点60)によるトップ4フィニッシュを懸けた直接対決。

ヨーロッパリーグ(EL)でフランクフルト相手にまさかの準々決勝敗退となったバルセロナは、バウンスバックを図ったカディス戦でも振るわないパフォーマンスで0-1の敗戦。カンプ・ノウでの公式戦連敗と共に、昨年12月のベティス戦以来となるリーグ16戦ぶりの黒星を喫した。

その公式戦からのバウンスバックを図る難所アノエタでの一戦では、カディス戦から先発4人を変更。デスト、エリック・ガルシア、ラングレに代えてピケ、アラウホ、ダニエウ・アウベスの主力3選手を復帰させ、最前線をデパイからオーバメヤンに変更した。

なお、この試合でクラブ通算675試合出場達成のブスケッツは、アンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)を抜き、リオネル・メッシ(現パリ・サンジェルマン)、現指揮官チャビ・エルナンデスに次ぐクラブ歴代3位の出場数となった。

立ち上がりからホームチームのハイプレスに手を焼くバルセロナだったが、ファーストチャンスをゴールに結びつける。11分、左サイドでの崩しからジョルディ・アルバが入れた折り返しを、ボックス右で受けたデンベレが左足に持ち替えてシュートも左ポストを叩く。

この跳ね返りを回収したガビがゴール右のフェラン・トーレスに浮き球のパスを繋ぐと、胸トラップした背番号19は相手守備を引き付けて冷静にファーでフリーのオーバメヤンにロブパス。これをガボン代表FWが冷静に押し込んだ。

幸先よく先制に成功したバルセロナだが、すぐさま反撃に出たソシエダにボールの主導権を握られて押し込まれる時間帯が続く。流れの中では決定機まで持ち込ませないものの、セルロートをターゲットにしたクロスやセットプレーから際どいシーンを作られる。

前半半ばから終盤にかけてもプレスが嵌らず、繋ぎの場面でも細かいミスが目立つアウェイチーム。40分付近にはフェラン・トーレス、オーバメヤンとボックス付近で良い形でシュートまで持ち込むが、いずれも枠を捉え切れず。

逆に、43分には相手2トップの連携からボックス付近までボールを運ばれてセルロートの完璧なラストパスに反応したイサクにボックス右へフリーで抜け出されるが、ここはGKテア・シュテーゲンのポジショニングの妙もあってか、イサクがシュートを大きく枠の左へ外した。
互いに選手交代なしで臨んだ後半、先に決定機を作ったのはホームチーム。47分、左サイド深くでヤヌザイが入れたクロスがDFダニエウ・アウベスにディフレクトしてファーサイドへ流れる。これにセルロートが反応したが、利き足とは逆の右足では難しいハーフバウンドにうまく合わせ切れなかった。

開始直後のピンチは何とか凌いだが直後にアクシデント発生。右ヒザを痛めたアラウホがプレー続行不可能となり、エリック・ガルシアをスクランブル投入。さらに、66分にはダニエウ・アウベスも接触プレーで痛み、デストの投入を余儀なくされた。

すると、試合はここから完全にホームチームのペースに。前半同様にボールの主導権を握りバルセロナを押し込むと、その良い距離感での攻めがボールを失った際のカウンタープレスに繋がり、即時奪回での波状攻撃を続けていく。だが、幾つかの決定機を相手守護神テア・シュテーゲンの好守に阻まれる。

後半半ばを過ぎると、ソシエダにも攻め疲れが出始めて試合は膠着状態に。何とかカウンターで追加点を奪いたいバルセロナは、徐々にデンベレやオーバメヤンが背後へ抜け出す形を作るも、守勢が続いたことで攻撃に厚みを出せず。

互いに交代を使い切って迎えた最終盤はアディショナルタイムが10分追加されたこともあり、緊迫感溢れる攻防となる。しかし、相手陣内で時計を進めつつ、ソシエダのパワープレーを何とか凌ぎ切ったバルセロナが、公式戦5試合ぶりのクリーンシートで試合をクローズ。

難敵とのアウェイゲームを泥臭く勝ち切ったチャビ率いるチームは、連敗をストップすると共にトップ4フィニッシュに向けて大きな勝ち点3を手にした。


関連ニュース
thumb

今夏も去就揺れるB・シウバ、シティと関係良好も「何が起こるかわからない」

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)がバルセロナ行きの憶測取り巻く将来に「何が起こるかはまったくわからない」と発言した。 2017年5月にモナコから加わって以来、豊富な運動量と確かな攻撃センスで存在感を放つB・シウバ。今季も信頼変わらずの技巧派MFだが、昨夏にはプライベートな事情から移籍が取り沙汰され、今夏はバルセロナの関心が浮上している。 そうしてリバプールとのコミュニティ・シールドから今季の戦いがスタートしたなか、大手スポーツブランド『アディダス』のスパイク発表会にて、アメリカ『ESPN』のインタビューで注目を集める去就に口を開いた。 「僕はここで満足していると言い続けているけど、何が起こるかはまったくわからない。正直なところ、これからだ。僕とクラブの関係は誠実そのもの。僕の望みをクラブは把握している」 「残留となっても、すごく幸せで、このクラブのことを常にリスペクトしているから、全力を尽くす。そうじゃなくても、フットボールはそういうものだし、何が起こるのか見守るだけだよ」 2022.08.11 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ニコ・ゴンサレス、出場機会を求めてバレンシアにレンタルへ

バルセロナのスペイン人MFニコ・ゴンサレス(20)がバレンシア移籍に迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨季のラ・リーガ開幕戦のソシエダ戦でトップチームデビューを果たしたニコ。プロ1年目にして公式戦39試合に出場し、上々のデビューシーズンを過ごした。 ところが、新シーズンに向けては中盤にコートジボワール代表MFフランク・ケシエが加入したことから、20歳の出場機会は大幅に減少すると予想されている。そして、それに伴い移籍の噂も挙がっている状況だ。 国内複数のクラブが獲得に興味を持っていた中、新天地はバレンシアになる模様。新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾたっての希望で、出場機会を保証することを条件に獲得に漕ぎつけたようだ。 なお、別の情報では、ニコはバルセロナと契約を1年延長したうえで、バレンシアに1年間レンタルするようだ。 2022.08.10 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

問題未解決のバルサ、それでもベルナルド・シウバ獲得目指す…移籍金は70〜80億円程度

財政難に苦しみ、サラリーキャップに抵触して今夏獲得した選手を登録できていない状態のバルセロナだが、さらに選手を補強するつもりのようだ。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得も間近に迫っている状況だ。 そんなバルセロナは、獲得した5選手に加え、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレも選手登録できておらず、さまざまな手を尽くして資金繰りに奔走している。 株式の売却や選手へのサラリーカットの要請を出したりしている一方で、選手の売却はしたくないスタンスのバルセロナ。その状況でありながら、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を実現させようとしているようだ。 スペイン『Fichajes』によれば、マルコス・アロンソの獲得についても迫っている中、ベルナルド・シウバ獲得に対して5000〜6000万ユーロ(約69億〜82億7000万円)を支払う予定でいるという。 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルナルド・シウバに対しての愛情を公言しており、チームに残って欲しいという希望を語っているものの、選手がチームを去りたいと考えるなら止められないともコメント。移籍を止めることはしないというスタンスだ。 ただ、前述の通り、バルセロナには資金がない状況。何も解決していない中で、新たな選手の確保は難しいとされており、少なくともオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは売却しなければいけないという見方が強い。 クラブは禁断の「第4の手」を発動させ、さらに1億ユーロ(約138億円)を手にする予定のようだが、それでもサラリーキャップを遵守できることになるかは不明。まだまだこの問題は解決しなそうだ。 2022.08.10 13:18 Wed
twitterfacebook
thumb

快足デンベレよりも速かったのは?バルセロナイレブンのダッシュ動画が反響!「足の回転が速い」

バルセロナの選手たちが自慢の快足を見せている。 9日、『ESPN』の公式SNSがバルセロナのウォーミングアップの動画を公開。バルセロナはプレシーズンマッチの試合前、選手たちにピッチの半分を走るダッシュを課しており、その様子を撮影したものだ。 足上げをしていた選手たちは合図と同時に加速開始。すると、1番手で駆け抜けたのはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだった。隣には快足で知られるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが並走しており、かなりのスピードを誇ることが分かる。 また、反対側では抜群の身体能力を誇るウルグアイ代表DFロナルド・アラウホも2人に劣らない圧巻のスピードを見せている。 この様子には、ファンも「デ・ヨング速い!」、「デンベレは分かるがデ・ヨングもここまで速いのか」と驚き。「100m走ならアラウホが速そうだ」、「デンベレは本気を出してない」、「デ・ヨングは足の回転が速いな」など様々な声が寄せられている。 すでにすべてのプレシーズンマッチを終えているバルセロナ。いよいよ13日にはラージョとのラ・リーガ開幕節を迎える。 <span class="paragraph-title">【動画】デンベレはまだ本気じゃない?バルセロナイレブンの全力ダッシュ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ブスケッツがバルサのオファー拒否? 給与後ろ倒しのウルトラCも実らずか

バルセロナがキャプテンのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)に新契約締結のオファーを出したが、拒否されたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 財政難に苦しむバルセロナは、今夏は資金がないにも関わらずに大型補強を敢行した。 しかし、獲得した選手たちは現時点でラ・リーガの選手登録が完了していない状況。クラブがサラリーキャップに抵触しており、登録が認められないという状況だ。 そんな中、バルセロナは今シーズン限りで契約が満了を迎えるブスケッツに対して、1年間の契約延長をオファーしているとのことだ。 これはサラリーキャップ抵触に対応する策と見られており、キャプテンに対して契約を延長し、給与を来年に後ろ倒しさせたい考えがあるとされている。 しかし、この手の操作はラ・リーガが認めないと見られており、ブスケッツの代理人も実現は不可能だろうと見ているとのこと。また、ブスケッツは今シーズン終了後にメジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も噂されている状況であり、クラブと契約を延長する可能性は低いとされている。 選手登録に向けて株式を売却するなど、様々な手を尽くしているバルセロナ。選手登録できなければ補強も全て無意味になるわけだが、解決策は見つかるだろうか。 2022.08.10 11:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly