準々決勝でまさかのCL敗退となったバイエルン…ナーゲルスマン監督も落胆「1stレグがキーになった」

2022.04.13 10:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。

バイエルンはホームで12日に行われたCL準々決勝2ndレグで、ビジャレアルと対戦した。

1stレグではアウェイで0-1でまさかの敗戦となったチームは、この日もボールを握りながらチャンスを作れない時間帯が続きゴールレスで後半へ。52分にFWロベルト・レヴァンドフスキのゴールでようやく先制したものの、その後はなかなか追加点を奪えずにいると、88分に痛恨の失点を許し1-1のドローに終わった。

この結果、合計スコア1-2となりバイエルンのCL準々決勝敗退が決定。試合後ナーゲルスマン監督も失望を隠さず、この試合のパフォーマンス自体には満足しているとしつつ、1stレグでの低調さが大きかったと嘆いた。

「1stレグがキーになった。あそこで我々は良いプレーができず、(今日は)同点に追いつかれた」

「ただ、今日の試合でチームはうまく機能したと思う。戦術的な面だけでなく、インテンシティの面でも、ここ数カ月で最高の試合の1つだった」

「前半には、ジャマル(・ミュージアラ)に素晴らしいチャンスがあった。そして後半は、トーマス(・ミュラー)のゴールで2-0にできたと思う。あれは100%のチャンスであり、滅多にないものだった。(この結果は)とても厳しいものになる」

関連ニュース
thumb

不振のバイエルン、カーン会長はナーゲルスマン信頼の姿勢崩さず「クラブは彼を信じている」

稀に見る低調ぶりで非難の矢面に立たされているバイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督だが、オリバー・カーン会長からは信頼の言葉が贈られている。 昨シーズンからバイエルンを指揮し、史上2番目の若さでブンデスリーガ優勝を果たしたナーゲルスマン監督。だが、11連覇を目指す今季は、第4節のボルシアMG戦で躓くと、以降4試合で白星なし。第7節のアウグスブルク戦では初黒星を喫した。 一方で、チャンピオンズリーグになると好調で、初戦のインテル戦や、続くバルセロナ戦、そして4日に行われたプルゼニ戦も快勝を収め、開幕3連勝。次戦はドルトムントとのデア・クラシカーだが、カーン会長はビッグマッチを前に、解任が噂されていた35歳指揮官への変わらぬ信頼を示した。 「我々はユリアン・ナーゲルスマンを監督として完全に信頼しているよ」 「困難な時期であることは明らかだが、ユリアンは物凄いスピードで成長を続けているし、乗り越える素質もある。クラブは彼を信じているよ」 2022.10.05 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデスに続いてCLでも快勝! 2戦連発のマネ「僕らは代表ウィーク明けから立ち直った」

バイエルンのセネガル代表FWサディオ・マネがコメントした。 バイエルンは4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でビクトリア・プルゼニをホームに迎え撃ち、5-0で一蹴。これでグループステージ3連勝とし、インテルとバルセロナを抑えて首位の座をがっちりとキープした。 代表ウィーク前までブンデスリーガで4試合勝利なしが続いたりで風当たりが強まったが、CLに舞台を移しても直近のリーグ戦に続く快勝劇を演じて仕切り直すバイエルン。新加入のマネもチームの立ち直りを感じているようだ。 公式戦2戦連発となる1得点に1アシストの活躍でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたビクトリア・プルゼニ戦後、『UEFA.com』で振り返っている。 「チームは素晴らしい試合をやったし、かなりのチャンスを作った。勝利に値する。ここ数週間は難しい時期で、リアクションを示すのが大事だった。でも、代表ウィークが明けてから、うまくリアクションできている。この調子でシーズンの終わりまでいけたらと思う」 「正直に言っても、僕らは良いスタートが切れたよ。最初から最後まで多くのチャンスを作れたしね。5つのゴールを決めたわけだから、率直に言っても、今夜の勝利にふさわしいはずだ」 「(プレーエリアは)左ウィングやストライカーとしてプレーしてきた僕からしたら、別に新しいことじゃない。チームのためにいつだってベストを尽くそうとしているし、力になれる限り、日々頑張るつもりだ」 「(3連勝の歩みは)すごく、すごく良い出だしだと思う。もちろん、まだ3試合もあるし、ベストを尽くし、プロフェッショナルに徹して、目標の全勝を目指す。簡単じゃないのはわかっているけど、全力を尽くす」 2022.10.05 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

3連勝で首位がっちりのナーゲルスマン監督、5発快勝ゲームに「正しいスタートは大きな違いを生む」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が試合を振り返った。 バイエルンは4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でビクトリア・プルゼニをホームに迎え撃ち、5-0で勝利。代表ウィーク前までブンデスリーガで4試合勝利なしが続いたりでナーゲルスマン監督に対する風当たりも強まったが、CLに舞台を移しても直近のリーグ戦に続く快勝劇を演じた。 これで3連勝とし、インテルとバルセロナも同居するグループで首位の座をがっちりと守るナーゲルスマン監督も詰めるべき部分がまだあるとしつつ、一定の手応えを感じる試合だったようだ。『UEFA』がコメントを伝えている。 「まだ引き締めるべき部分がいくつかあるが、試合に対するアプローチとはというもの。最初の20分ですぐに試合を決められたのは我々にとって非常に重要で、それから先は我々のコントロール下だった」 「本命として挑む試合なら、最初の20分が基準を定める上で鍵になってくる。積極的なスタートは成功を保証するものというわけではないが、正しい形で始められれば、大きな違いを作り出せるものだ」 2022.10.05 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

5発圧勝バイエルンが貫禄の3連勝《CL》

バイエルンは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でビクトリア・プルゼニをホームに迎え、5-0で圧勝した。 インテル、バルセロナ相手に連勝スタートとしたバイエルンは、キミッヒとミュラーがコロナ陽性で欠場。前線はトップにニャブリ、2列目に右からサネ、ミュージアラ、マネと並べた。 2連敗スタートのプルゼニに対し、バイエルンが立ち上がりから押し込むと7分に先制する。サネがドリブルでDFを剥がしてペナルティアーク左から左足を一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。 さらに13分、ロングカウンターから追加点。GKノイアーのシュートストップを起点に攻撃を開始し、ゴレツカのラストパスを受けたニャブリがシュートを決めきった。 止まらないバイエルンは21分、スローインを受けたマネが中央突破からシュートをねじ込み3点目。続く36分にはミュージアラが4点目を決めかに思われたが、VARの末にマネがオフサイドを取られ、圧倒した前半を3-0で終えた。 それでも迎えた後半、開始5分にバイエルンに正真正銘の4点目。マネのフィードを受けたサネがシュートを決めきった。 その後、サネをお役御免としたバイエルンは59分に後半から投入のチュポ=モティングが5点目を決めると、終盤にかけては週末のドルトムント戦を見据えて流し気味にプレー。 余裕を持った戦いぶりで貫禄の3連勝スタートとした。 2022.10.05 03:37 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー①】バイエルン追うインテルとバルサが激突

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が4日と5日に開催される。ここでは第3節1日目となるグループA~Dの戦いを展望していく。 ◆3連勝目指すナポリがアヤックスと対戦~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループAでは前節、ナポリがレンジャーズを下して2連勝スタート、リバプールがアヤックスに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、ナポリが3連勝を懸けてアヤックスと敵地で対戦する。 ナポリは前節、10人となったレンジャーズ相手に後半の3発で勝利。PKを失敗してひやりとするシーンもあったが、しっかりと勝ち切った。セリエAでも好調を維持し、首位をキープ。飛ぶ鳥を落とす勢いのMFクワラツヘリアの活躍に引き続き注目が集まる中、アヤックスとの連戦を乗り切ってグループステージ突破への足がかりとしたい。 対するアヤックスは前節、敵地でのリバプール戦を惜敗。終盤まで1-1で粘ったが、押し切られてしまった。アンフィールドで善戦できた自信をナポリ戦にぶつけたい。 DFマティプの決勝弾でアヤックスを撃破したリバプールは、レンジャーズとのホーム戦に臨む。まだまだ不安定な戦いが続き、直近のブライトン戦では3失点。乗り切れないシーズン序盤となっているが、レンジャーズとの連戦で復調のキッカケを掴めるか。 【グループA】 ▽10/4(火) 《28:00》 リバプール vs レンジャーズ アヤックス vs ナポリ ◆2連勝スタートのブルージュがアトレティコと対戦~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループBでは最弱と思われたクラブ・ブルージュが2連勝と意外な展開に。本命のアトレティコがレバークーゼンに敗れて混戦模様となっている。 ブルージュは前節、敵地でポルトに4発快勝。2連勝スタートとし、悲願のグループステージ突破へ最高のスタートを切った。そのブルージュはグループの本命であるアトレティコと連戦。真価が問われるが、ここを乗り切ってラウンド16への扉をこじ開けたい。 対するアトレティコは代表ウィーク前、レバークーゼン戦に続きマドリード・ダービーを落としたこともあって、直近のセビージャ戦ではシステム変更を施した。これまでMFヴィツェルを5バックの中央に据えていたが、4バックとしてヴィツェルを本来の中盤アンカーに据えた。その結果、セビージャ戦では快勝。ブルージュ戦でも4バックで挑むかに注目だ。 ブルージュにホームで痛い惨敗を喫したポルトは、アトレティコ相手に大きな勝利を手にしたレバークーゼンと対戦。混戦のグループとなりそうなだけにここは両陣営勝ちにいきたい一戦となる。 【グループB】 ▽10/4(火) 《28:00》 ポルト vs レバークーゼン クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー ◆バイエルン追うインテルとバルサが激突~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 死のグループでは前節、白星スタートを切ったバイエルンとバルセロナが激突。FWレヴァンドフスキの古巣対決が注目されたが、バイエルンが元エースFWをシャットアウトし、2連勝スタートとした。迎える第3節、バイエルンを追うインテルとバルセロナが激突する。 インテルは前節、グループ最弱のビクトリア・プルゼニに2-0と快勝。10人となった相手をしっかりと下して1勝1敗スタートとした。セリエAでは内容こそ悪くないものの、直近のローマ戦も落として早くも4敗を喫し、波に乗り切れない状況が続く。チームの心臓であるMFブロゾビッチを負傷で欠く中、2位通過を争うバルセロナを叩いて流れを変えられるか。 一方、昨季のリベンジを果たすべくバイエルンに挑戦したバルセロナは、幾つか決定機も生み出し善戦したものの結果的には敗戦に終わった。そして代表ウィークでは守備陣にケガ人が出てしまい、苦しい台所事情に。ラ・リーガで早くも9ゴールを挙げる活躍を見せているレヴァンドフスキの活躍で不安な守備陣をカバーしたい。 インテル、バルセロナ相手に連勝スタートと流石の強さを見せ付けるバイエルンは、グループ最弱のプルゼニとの連戦。ブンデスリーガでは直近のレバークーゼン戦で5試合ぶりの勝利を飾って悪い流れを断ち切った中、この連戦で一気にグループステージ突破を決めてしまいたいところだ。 【グループC】 ▽10/4(火) 《25:45》 バイエルン vs ビクトリア・プルゼニ 《28:00》 インテル vs バルセロナ ◆鎌田&長谷部がスパーズと激突~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループDでは前節、スポルティングがトッテナムを撃破して連勝スタート、フランクフルトがマルセイユに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、フランクフルトがトッテナムと対戦する。 マルセイユ戦ではDF長谷部を3バックの中央に据え、見事1-0のシャットアウト勝利を手にしたフランクフルト。粘り強い戦いぶりで嬉しいCL初勝利とした中、ブンデスリーガでも長谷部が3バックの中央を任されて連勝中と、ベテランがチーム状況を好転させた。トッテナム戦でもいぶし銀の長谷部の活躍に注目だ。 対するトッテナムはスポルティングに後半追加タイム被弾で惜敗。どちらに転んでもおかしくない試合を競り負けてしまった。そして直近のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは完敗。悪い流れに陥りそうなところだが、グループの主導権を握るためにもここは負けられない一戦となる。 MF守田がレギュラーとして存在感を示すスポルティングは2連敗スタートのマルセイユと対戦。しっかりと叩いて3連勝スタートとしたい。 【グループD】 ▽10/4(火) 《25:45》 マルセイユ vs スポルティング 《28:00》 フランクフルト vs トッテナム 2022.10.04 18:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly