日本はスペイン&ドイツと同居、初戦はドイツ戦《カタールW杯》

2022.04.02 02:26 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1日、カタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が行われた。

7大会連続7度目の出場を決めた日本代表はグループEに入り、スペイン代表、ドイツ代表の両強豪国と同居。もう1カ国はコスタリカvsニュージーランドの勝者となっている。なお、日本の初戦はドイツ、3戦目にスペインとなった。

前回王者フランス代表はグループDに入り、デンマーク代表、チュニジア代表、ニュージーランドvsコスタリカの勝者と、比較的恵まれたグループとなった。
開催国カタール代表はオランダ代表、セネガル代表、エクアドル代表と対戦。FIFAランキング1位のブラジル代表は前回W杯で同居したセルビア代表、スイス代表と同居のグループGに入った。

組み合わせは以下の通り。

◆グループA
カタール(初出場)
エクアドル(2大会ぶり4回目)
セネガル(2大会連続3回目)
オランダ(2大会ぶり11回目)

◆グループB
イングランド(7大会連続16回目)
イラン(3大会連続6回目)
アメリカ(2大会ぶり11度目)
※ウェールズ vs スコットランド/ウクライナ

◆グループC
アルゼンチン(13大会連続18回目)
サウジアラビア(2大会連続6回目)
メキシコ(8大会連続17度目)
ポーランド(2大会連続9回目)

◆グループD
フランス(7大会連続16回目)
※UAE/オーストラリア vs ペルー
デンマーク(2大会連続6回目)
チュニジア(2大会連続6回目)

◆グループE
スペイン(12大会連続16回目)
※ニュージーランド vs コスタリカ
ドイツ(18大会連続20回目)
日本(7大会連続7回目)

◆グループF
ベルギー(3大会連続14回目)
カナダ(9大会ぶり2回目)
モロッコ(2大会連続6回目)
クロアチア(3大会連続6回目)

◆グループG
ブラジル(22大会連続22回目)
セルビア(2大会連続13回目)
スイス(5大会連続12回目)
カメルーン(2大会ぶり8回目)

◆グループH
ポルトガル(6大会連続8回目)
ガーナ(2大会ぶり4回目)
ウルグアイ(4大会連続14回目)
韓国(10大会連続11回目)

※出場国未定

関連ニュース
thumb

最後のW杯に臨んだスアレス「4歳の息子は…」

ナシオナルのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがカタール・ワールドカップ(W杯)敗退を受けてコメントした。 ウルグアイは2日、グループH最終節でガーナ代表と対戦。スアレスが2点に絡む活躍を見せて2-0で勝利したが、韓国代表との総得点差により敗退となった。 35歳のスアレスにとって今大会が最後のW杯になる可能性が高く、ベンチで涙を流して敗退の瞬間を迎えたスアレスは以下のようにコメントした。 「4度目のW杯に出場できたことは幸運だった。試合前に考えていたのはまだW杯で勝った姿を見せられていない4歳の息子に勝利を届けることだった。勝つことはできたが、息子は悲しい記憶として今日の試合を思い出すことになるだろう。父親として選手としてそれは非常に辛いが、受け入れるしかない」 一方でFWダルウィン・ヌニェスのプレーでPKが与えられなかったことについては憤慨しており「言い訳にはならないが、今大会は信じられないことが起こっている。あれは明らかにPKだった。エディンも言っていたよ。ウルグアイはもっと権力を持たないといけないようだね。FIFAはウルグアイを常に敵対している印象だ」とコメントした。 2022.12.03 07:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「これがフットボールを愛する理由」、ソン・フンミンが劇的突破に感極まる

韓国代表のエースFWソン・フンミンが劇的な決勝トーナメント進出に感極まった。 韓国は2日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループH最終節のポルトガル代表戦を2-1の逆転で制した。これにより、ガーナ代表、ウルグアイ代表を退けて逆転での2位通過を決めた。 すでに突破を決めている首位ポルトガルは大幅にターンオーバーを敢行したものの、地力の差によって守勢を強いられた韓国。 それでも、DFキム・ヨングォンのセットプレーからのゴールによって同点に追いついて試合を折り返すと、後半終了間際の91分にはソン・フンミンの見事なドリブルの運びからのスルーパスに反応した途中出場のFWファン・ヒチャンのゴールで逆転に成功。優勝候補相手の会心の勝利で2010年大会以来の決勝トーナメント進出を決めた。 試合終了直後にはフェイスガードを脱ぎ捨て人目はばからずに涙を流し、やや遅れてタイムアップを迎えたガーナvsウルグアイの結果を確認した際には再び感情を爆発させたソン・フンミン。 同試合後のインタビューでも溢れる感情を隠すことなく率直な思いを語った。 「信じられない試合だったよ。僕らは負けるに値するものではなかったし、ポイントを獲得するに値したと思っているよ。とても困難な状況で冷静さを失わずにプレーする必要があったけど、僕らは最後にやり遂げた」 「とても誇りに思うし、とても幸せだよ。僕らがフットボールを愛しているのは、こういった感情のためなんだ。フットボールは、小さなチームが大きなチームに勝つことができる素晴らしいスポーツだ。僕らと同じように日本も素晴らしいことを達成した」 また、大会前に負った左眼窩底骨折の影響でこのグループステージでは本来のパフォーマンスを見せられなかったことを自覚するエースは、自身を支えてくれたチームメイトを称賛。さらに、ラウンド16で対戦が決定した優勝候補ブラジル代表戦に向けた意気込みも語っている。 「仲間を誇りに思うよ。僕は喜びで泣いているんだ。僕らはこの瞬間を長い間待っていて、それを信じていた。自分のベストを尽くすことができなかったときもあったけど、義務を果たせなかったときにカバーしてくれたチームメイトに感謝しているよ」 「ラウンド16に到達することが僕らの目標だったけど、今ではより高い目標があり、それを達成するためにベストを尽くすよ。特に、今、フットボールでは何が起こるか誰にも分からないからね。ブラジルを倒すチャンスもあると思うし、ベストを尽くすよ」 2022.12.03 06:45 Sat
twitterfacebook
thumb

テオが2日の一部練習を回避…ポーランド戦控えるフランスに懸念材料

フランス代表DFテオ・エルナンデスはポーランド代表戦に向けてコンディションの問題を抱えているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループDの戦いを2勝1敗の首位で終えたフランスは、4日に行われるラウンド16でグループCを2位通過したポーランドと対戦する。 そのベスト8進出を懸けた一戦に向けて調整を進めるフランスだが、2日に行われたトレーニングセッションでは左足首に打撲を負ったテオが予防措置のため一部メニューを回避したようだ。 現状ではポーランド戦に間に合う見込みだが、DFリュカ・エルナンデスが離脱した中で唯一の左サイドバックを本職とするミランDFの状態はディディエ・デシャン監督にとって気がかりなところだ。 仮に、テオが間に合わない場合はチュニジア代表戦で左サイドバックとしてW杯デビューを飾ったMFエドアルド・カマヴィンガが代役を担うことになる。 そのチュニジア戦では試合序盤こそ初挑戦のポジションでバタついたカマヴィンガだが、時間を経るごとに大きくパフォーマンスを改善しており、サイドにあまり強力なタレントがいないポーランド相手では十分にテオの代役を担えるはずだ。 2022.12.03 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

カタールW杯ラウンド16進出チーム決定! 大健闘アジア勢が欧州勢に次ぐ3カ国

2日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ全日程が終了。決勝トーナメント進出の16チームが出揃った。 11月20日から12月2日までの13日間で行われた白熱のグループステージは、3連勝を記録したチームがひとつもない混戦となった。 グループAではホスト国のカタールが大会史上初の3戦全敗での敗退となった中、善戦のエクアドルとの三つ巴の争いを制したオランダとセネガルが順当に突破を決めた。 英語圏の3カ国が同居したグループBは、優勝候補イングランドと今大会屈指の若きスカッドを擁するアメリカが、ウェールズとイランを退けた。 グループCでは公式戦36戦無敗で大会に臨んだ優勝候補アルゼンチンがサウジアラビアとの初戦に敗れる特大のアップセットが起こったが、以降を連勝で飾った南米王者が首位通過、メキシコを僅差で退けたポーランドが2位通過を決めた。 ディフェンディングチャンピオンのフランスが入ったグループDは、2大会連続で前回王者がグループステージ敗退の屈辱を味わった中、ディディエ・デシャンのチームが順当に首位通過。残り1枠は今大会のサプライズ候補と見られていたデンマーク、曲者チュニジアを破ったオーストラリアが下馬評を覆す勝ち上がりに。 グループEでは優勝候補スペイン、ドイツの突破が有力視されていた中、不屈の日本代表が2度の劇的な逆転勝利によって“必然”の金星2つを積み重ねて見事に首位通過。2大会連続のグループステージ敗退となったドイツを尻目に、スペインは日本に次ぐ2位通過を決めた。 前回大会準優勝のクロアチア、同3位のベルギーが同居したグループFではその2つの強豪を押しのけてモロッコが圧巻の首位通過。また、最終節の直接対決で逃げ切ったクロアチアがベルギーを蹴落として2位での突破を決めている。 グループGでは優勝候補筆頭のブラジルが2連勝で早々に突破を決めたものの、主力を温存した最終戦ではカメルーン相手にW杯グループリーグで継続していた無敗記録を「17」でストップされた。それでも、2戦目で破ったスイスを僅差で退けて首位通過を果たしている。 各大陸の強豪が同居したグループHは優勝候補のポルトガルが2連勝で早々に突破を決めた中、残り1枠を巡る争いでは下馬評で最も低い評価となっていた韓国代表がポルトガルとの最終節での劇的な逆転勝利によってウルグアイ、ガーナを僅差で退けて2位通過を決めた。 大陸別ではヨーロッパが出場13カ国中8カ国が勝ち上がり、大健闘のアジアが3カ国、続いて優勝候補2カ国が勝ち抜いた南米とアフリカ、北中米はアメリカが唯一の突破チームとなった。 なお、ラウンド16進出チーム一覧および決勝トーナメント日程は以下の通り。 ◆ラウンド16進出チーム 【グループA】 1.オランダ代表 2.セネガル代表 【グループB】 1.イングランド代表 2.アメリカ代表 【グループC】 1.アルゼンチン代表 2.ポーランド代表 【グループD】 1.フランス代表 2.オーストラリア代表 【グループE】 1.日本代表 2.スペイン代表 【グループF】 1.モロッコ代表 2.クロアチア代表 【グループG】 1.ブラジル代表 2.スイス代表 【グループH】 1.ポルトガル代表 2.韓国代表 ★決勝トーナメント日程 ◆ラウンド16 ▽12/3(土) 《24:00》 オランダ代表 vs アメリカ代表 [Match 49] 《28:00》 アルゼンチン代表 vs オーストラリア代表 [Match 50] ▽12/4(日) 《24:00》 フランス代表 vs ポーランド代表 [Match 52] 《28:00》 イングランド代表 vs セネガル代表 [Match 51] ▽12/5(月) 《24:00》 日本代表 vs クロアチア代表 [Match 53] 《28:00》 vs 韓国代表 [Match 54] ▽12/6(火) 《24:00》 モロッコ代表 vs スペイン代表 [Match 55] 《28:00》 ポルトガル代表 vs [Match 56] ◆準々決勝 ▽12/9(金) 《24:00》 [Match 53]の勝者 vs [Match 54]の勝者 [Match 58] 《28:00》 [Match 49]の勝者 vs [Match 50]の勝者 [Match 57] ▽12/10(土) 《24:00》 [Match 55]の勝者 vs [Match 56]の勝者 [Match 60] 《28:00》 [Match 51]の勝者 vs [Match 52]の勝者 [Match 59] ◆準決勝 ▽12/13(火) 《28:00》 [Match 57]の勝者 vs [Match 58]の勝者 [Match 61] ▽12/14(水) 《28:00》 [Match 59]の勝者 vs [Match 60]の勝者 [Match 62] ◆3位決定戦 ▽12/17(土) 《24:00》 [Match 61]の敗者 vs [Match 62]の敗者 ◆決勝 ▽12/18(日) 《24:00》 [Match 61]の勝者 vs [Match 62]の勝者 2022.12.03 06:18 Sat
twitterfacebook
thumb

主力温存ブラジルが土壇場被弾でカメルーンに金星献上…首位通過決定でR16では韓国と対戦《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループG最終節、カメルーン代表vsブラジル代表が2日に行われ、カメルーンが1-0で勝利した。 カメルーンは前節、セルビア代表との壮絶な打ち合いを3-3のドローで終えて前大会以前から続くW杯連敗をストップ。逆転突破へ勝利必須で臨んだ3位チームは、先発4人を変更。センターバックをカステレットとエンクルからウーとエボスに入れ替えたほか、ホングラとトコ・エカンビに代えてアブバカル、エンガマルを起用した。 一方、セルビア、スイス代表に競り勝って連勝のブラジルは、エースのネイマールら負傷者に悩まされながらもグループリーグ突破を決定。引き分け以上で首位通過を決められるこの最終戦ではミリトンとフレッジを除く先発9人を変更。GKにエデルソン、バックラインにダニエウ・アウベスやブレーメル、中盤から前線ではロドリゴを除きファビーニョやマルティネッリ、ガブリエウ・ジェズスとプレミアリーグで活躍する選手が並んだ。 勝ち点3が必要なカメルーンだが、ブラジルの強力な攻撃を警戒してか、序盤から後ろ重心の慎重な戦いを見せる。これに対して、大きくメンバーを入れ替えたものの、安定した後方からの繋ぎとアントニー、マルティネッリの両ウイングの個人技が機能するブラジルは攻勢を仕掛けていく。 14分にはボックス手前のフレッジが浮き球で入れたパスをゴール前にフリーで飛び込んだマルティネッリが頭で合わすが、これはGKエパシの好守に遭う。以降は決定機まで持ち込めないものの、アタッキングサードで多彩な仕掛けを見せるチッチのチームは相手守備陣にじわじわとダメージを与えるような攻撃を継続する。 カメルーンの粘りもあって0-0のまま迎えた前半アディショナルタイムには互いに見せ場が訪れる。まずはボックス中央で積極的にドリブルを仕掛けたマルティネッリが右への持ち出しから強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKのファインセーブに阻まれる。 一方、幾度かカウンターを仕掛けたものの、決定機はおろかフィニッシュまで遠いカメルーンだったが、ボックス左で仕掛けたエンガマルのクロスがファーでドフリーのエンベウモに渡る。だが、ピッチに強く叩きつけたヘディングシュートはGKエデルソンに驚異的な反応ではじき出されてファーストシュートでの先制点奪取には至らず。 結局、均衡が保たれたまま折り返した試合は互いにメンバー交代なしでリスタート。後半立ち上がりはアブバカルの際どいシュートなどでカメルーンが良い入りを見せるが、ブラジルも時間の経過と共に押し返す。 後半も危なげなく試合を進めるブラジルだが、再び負傷者を出してしまう。競り合いの際の着地で足を痛めたテレスがプレー続行不可能となり、マルキーニョスを55分にスクランブル投入。さらに、このタイミングでフレッジ、ロドリゴも下げてギマランイス、エヴェルトン・リベイロをピッチに送り込む。この交代直後にはジェズスとマルティネッリのアーセナルコンビで最初の決定機を作り出すが、ボックス内での右足シュートは相手GKの好守に阻まれる。 以降は互いに積極的に交代カードを切って試合の流れに変化を加えていく中、ブラジルが攻勢を強めていく。だが、最後の局面で身体を張る相手の守備に手を焼き、ゴールまであと一歩という場面が目立つ。 すると、引き分け濃厚と思われた後半終盤にカメルーンが試合を通して狙っていた形の攻撃を完遂させる。92分、右サイドのスペースで縦にボールを運んだエンゴムが速いタイミングで完璧なクロスを供給すると、うまくセンターバック2枚の間に入り込んだアブバカルがこれまた完璧なヘディングシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 この劇的ゴールに興奮したアブバカルがユニフォームを脱いで2枚目の警告を受けて退場となったが、ブラジルの猛攻を凌ぎ切ったカメルーンが優勝候補相手にジャイアントキリングを達成した。 なお、グループリーグ唯一の3連勝を逃すと共にW杯グループリーグでの無敗記録が「17」でストップしたブラジルだが、2位スイスの追撃を僅差で振り切ってノルマである首位通過を決定。5日に行われるラウンド16ではグループH2位の韓国代表との対戦が決まった。 カメルーン代表 1-0 ブラジル代表 【カメルーン】 アブバカル(後47) 2022.12.03 06:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly