スペイン代表、負傷のディエゴ・ジョレンテに代わり、バレンシアDFギジャモンを招集

2022.03.20 14:09 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインサッカー協会(RFEF)は19日、代表メンバーの入れ替えを発表した。

3月のインターナショナルマッチウィークで国際親善試合として26日にアルバニア代表、29日にアイスランド代表と対戦するスペイン代表は、18日に23名のメンバーを発表した。ユーロ2020以降、ケガで招集見送りが続いていたバルセロナMFペドリの復帰や、ブレントフォードGKダビド・ラヤの初招集がトピックとなった。

その中でリーズ・ユナイテッドDFディエゴ・ジョレンテは、追加招集となった11月の活動に続いてメンバー入りしていたが、18日に行われたプレミアリーグ第30節のウォルバーハンプトン戦で負傷。残念ながら招集を辞退することになった。
代わりに選ばれたのがバレンシアDFウーゴ・ギジャモン。同クラブのカンテラ出身の22歳で、2020年2月に行われたラ・リーガのソシエダ戦でトップチームデビューした。本職はセンターバックだが、今季は守備的MFにコンバートされており、ここまで公式戦30試合のうち、22試合がボランチでの起用となっている。

スペイン代表では2021年6月のリトアニア代表との国際親善試合でデビュー。4-0で勝利した中で、ギジャモンは開始3分にチームの先制点をマークしていた。


関連ニュース
thumb

運命の日本vsスペインは2日朝4時キックオフ、話題の本田圭佑が「ABEMA」で3戦連続解説! イニエスタもゲスト解説で登場

カタール・ワールドカップ(W杯)の全64試合を無料放送する「ABEMA(アベマ)」は30日、1日に行われるスペイン代表戦の解説者を発表。3試合続けて、本田圭佑が務めることが決定した。 3大会連続のW杯出場、3大会連続のゴールを達成している本田は、初戦のドイツ代表戦、第2戦のコスタリカ代表戦でも解説と務め、本音と的確な指摘の解説が大きな話題となっていた。 「ABEMA FIFA ワールドカップ 2022 プロジェクト」のGMも務めていることもあり、「ABEMA」では分析番組も放送されている中、3試合目も本田の解説を聞けることとなった。 また、スペイン戦ということもあり、ヴィッセル神戸でプレーし、日本とスペインを良く知る元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタもゲスト解説として登場。また、ピッチ解説は、イニエスタと同僚で、本田とは4年前のロシアW杯でチームメイトだった槙野智章が担当する。 日本代表vsスペイン代表は1日の28時(2日の朝4時)と、今大会で最も遅い時間のキックオフに。コスタリカ代表vsドイツ代表も同時刻に行われ、日本のグループステージ突破が懸かる大一番となる。 日本は勝てば無条件でグループステージ突破が決定。負ければ、その時点で敗退に。引き分けた場合はコスタリカvsドイツが引き分けか、ドイツが勝利した場合でも得失点差、総得点で上回れれば2位での通過となる。 2022.11.30 18:42 Wed
twitterfacebook
thumb

アスレティック新SD、ウナイ・シモンら主力選手の慰留に自信「最優先事項だ」

アスレティック・ビルバオの新たなスポーツ・ディレクター(SD)に就任したミケル・ゴンザレス氏が、主力選手らの慰留に自信をのぞかせた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 アスレティックはラ・リーガの中堅クラブながら、複数のスペイン代表選手が在籍。同国代表の正GKウナイ・シモン(25)とFWニコ・ウィリアムズ(20)は、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも選出されている。 両選手は揃ってビッグクラブからの関心が高く、近い将来のステップアップは濃厚とも。だが、ゴンザレス新SDは29日の就任セレモニーで、2人を含めた主力選手らの引き留めはクラブの最優先事項と明言している。 「優れたタレントの維持は最優先事項。クラブはこれまでも力を入れてきた。ニコとイニャキはこの街とクラブに根ざした存在で、今後何年もここで過ごすだろう。若いサンセトも将来のプロジェクトを語る上で必要不可欠だ」 ニコと兄のガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムズ(28)、U-21スペイン代表MFウイハン・サンセト(22)をクラブの根幹と位置付けるゴンザレスSD。一方、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されるシモンについても同様の姿勢を崩していない。 「彼は現時点でワールドクラスのGK。アスレティックのみならず、W杯でも力を発揮しているね。レベルの高い選手がビッグクラブに注目されるのは当然のこと。彼とは長い契約を結んでいて、我々は非常に落ち着いている」 2022.11.30 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がスペイン戦の“第2のスタメン案”を発表!「3-5-2でハメにいくのもありやと思えてきた」

本田圭佑が日本代表のスターティングメンバー案を提示している。 カタール・ワールドカップ(W杯)を放送している「ABEMA」のFIFAワールドカップゼネラルマネージャに就任している本田。ここまでのドイツ代表戦とコスタリカ代表戦の解説も務め、感情剥き出しのコメントや的確な解説で好評を博していた。 本田は自身も解説を務めるスペイン代表戦について、コスタリカ戦直後に「vs スペイン戦願望スタメン」と自身のツイッターで投稿。[3-4-3]のシステムを採用する希望を明かしていた。 その中、29日にも再びツイッターを更新。「スペイン戦は3-5-2でハメにいくのもありやと思えてきた」として新たなスタメン案を公開している。 [3-4-3]のシステムで自身の希望を明かした。 GKは権田修一(清水エスパルス)、3バックはドイツ戦の後半に見せた板倉滉(ボルシアMG)、吉田麻也(シャルケ)、冨安健洋(アーセナル)の3人。ボランチは欠場が濃厚視されている遠藤航(シュツットガルト)を外し、守田英正(スポルティングCP)と田中碧(デュッセルドルフ)のコンビだ。 右ウイングバックに伊東純也(スタッド・ランス)、左ウイングバックに三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)と攻撃的な配置。トップ下には久保建英(レアル・ソシエダ)を置き、2トップに浅野拓磨(ボーフム)と前田大然(セルティック)を並べている。 コスタリカ戦では4バックでスタートしてきた相手を圧倒したスペイン。本田も「4バックだと守れるイメージがしないし、攻めれない。5バックでいって、状況によって強気にマンツーになる可変(3バックになる)が少しでも可能性を高めるベストやと思う」と綴っており、やはり3バックで臨むべきだと考えているようだ。 <span class="paragraph-title">【フォーメーション】本田圭佑の考えるスペイン戦願望スタメン(3-5-2ver)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">もしスペイン戦を3-5-2でいくなら<br><br> 浅野 前田<br> 久保<br>三笘 守田 田中 伊東<br> 冨安 吉田 板倉<br> 権田</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1597578208828084229?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【フォーメーション】本田圭佑の考えるスペイン戦願望プラン(3-4-3ver)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">vs スペイン戦願望スタメン<br><br> 三笘 浅野 久保<br><br>長友 守田 遠藤 伊東<br> <br> 冨安 吉田 板倉<br><br> 権田<br><br>途中出場<br>45: 浅野→前田<br>60: 久保→堂安、三笘→相馬<br>75: 守田→鎌田<br>85: 冨安→谷口</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1596892315854852096?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「2月ぐらいにはっきりさせたい」 ブスケッツが去就に発言

スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)が今季限りでのバルセロナ退団説に言及した。 バルセロナの育成育ちで、2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下でトップチームデビューして以降、中盤の要として地位を築くブスケッツ。34歳となった今季も優秀な若手が台頭するなかでいぶし銀の存在感を放つ。 今やバルセロナの主将としても頼れる存在だが、今季が契約最終年。その契約もあと半年を切ろうとしており、去就が騒がしくなるなか、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ行きが有力な線として浮上している。 ただ、何も決め事はないようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦するなか、『El Larguero』で来季のプレー先を問われ、「いや、まだだ。夏もそうだし、サラゴサでのスイス戦の会見でも言ったけど、まだ決めていない」と話した。 「色々と言われているのは把握しているけど、僕はいつだって同じような話をしてきた。サインしていない。様子を見ながら、2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」 また、今回のカタール大会が自身の代表キャリアにおける最後のW杯になる可能性については「まだ決めていないけど、どちらかというと、イエスに近い」と返して、こう続けている。 「もういい齢だけど、監督の信頼があって、良い感覚もある。とはいえ、最後に近づいているとは思う。でも、このW杯を楽しみたいし、今すぐ、あるいは大会後に決めるつもりはない」 2022.11.30 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦に向けスペインがトレーニングも1人不在、チームの中心18歳MFガビが欠席

スペイン代表に新たな問題が生じているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)でグループEに入り、2試合を終えて首位に立っているスペイン。12月1日には第3戦で日本代表と対戦する。 スペインはまだグループの突破が決まっておらず、日本に敗れれば敗退の可能性すらある状況。最後の試合に向けて調整を始めている。 そのスペインだが、キャプテンであるMFセルヒオ・ブスケッツがイエローカードの問題を抱えており、日本戦で仮にイエローカードをもらうとラウンド16に進んだ場合は欠場が決定してしまう。 日本戦に向け、32度の炎天下でもトレーニングを行ったスペイン代表だが、25人の選手しか参加せず。バルセロナのMFガビがトレーニングを欠席したのだ。 その理由は、27日のドイツ代表戦で打撲があり、予防措置として休んだとのこと。日本戦には間に合う見込みだが、大事を取ったということのようだ。 ここまで2試合に先発し、ドイツ戦では交代後にチームが失点。18歳ながらもすでに中心選手としてプレーしている欠かせない存在だ。 ルイス・エンリケ監督は、ガビ、ペドリ、ブスケッツとバルセロナの3人で中盤を構成しているが、ブスケッツのカード、そしてガビの状態次第ではプランBを考えなくてはいけない。 代役にはコケやロドリが考えられるが、果たしてどうなるのか。日本にとってもガビ、ブスケッツの出場可否は気になるところだ。 2022.11.29 21:33 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly