トライアウトで脊椎損傷の重傷を負った元千葉GK相澤ピーターコアミがJFLのラインメール青森へ完全移籍

2022.03.17 12:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
JFLのラインメール青森は16日、GK相澤ピーターコアミ(21)が完全移籍で加入することを発表した。日本文理高校を卒業後、2019年に千葉へ入団した相澤ピーターコアミ。入団初年度に左ヒザ軟骨損傷で手術を受けて長期離脱を強いられるなど、ケガに苦しみ、プロ3年目の今季も出番がなかった。

昨年12月4日に契約満了が発表されており、所属先を見つけるべく12月9日に「2021JPFAトライアウト」に参加。しかし、その中でプレー中に選手と接触。ヒザが激突し、救急車で搬送される事態に陥っていた。
中心性脊髄損傷と診断され、上肢を支配する神経線維が集まっている脊髄の中心部を損傷したことで、下肢に比べて上肢に重い症状が残る可能性があるとされていたが、体を動かすまでに回復していることが報告されていた。

その相澤はJFLで活躍することに。クラブを通じてコメントしている。

「はじめまして!相澤ピーターコアミです。まずはシーズンが始まったにも関わらず練習に参加させていただき、オファーを下さった柴田監督、湯田GKコーチをはじめとする強化部の方々、そして快く受け入れて下さったチームの皆さんに感謝します。ファミリーとして全力で戦い、怪我なくJ3昇格に貢献します」

「そして、チームが決まるまで練習環境を整えて下さったジェフユナイテッド千葉には本当に感謝しています。必ず結果で恩返しします。今年こそは怪我なく飛躍の年に!応援宜しくお願いします!」

また、古巣の千葉を通じてコメント。改めて感謝の意を表した。

「サポーターの皆様お久しぶりです。去年の怪我から3ヶ月が経ちましたが、元気に復帰し、ラインメール青森に所属することができました」

「チームは変わってしまいましたが、ここジェフユナイテッド市原•千葉は僕のプロでの初めてのクラブで物凄く思い入れがあるクラブです。そのチームで心配ばかりをかけ、チームに貢献する姿を見せられなかったのは心残りですが、必ず今のチームで結果を残し、ジェフ出身の選手としてここから飛躍していき、必ず日本を代表する選手になって帰ってきます。拙い文章で長くなりましたが本当にお世話になりました!」

「新天地でも頑張ります!ありがとうございました!最後に、リーグ戦は東京開催の試合もあるので見にきていただけると幸いです(笑)是非宜しくお願いします!」

関連ニュース
thumb

Jリーグ百年構想クラブから青森、女川、高知の3クラブが脱退…Jリーグ入会は引き続き目指すことに

Jリーグは31日、理事会を開催し、3クラブがJリーグ百年構想クラブからの脱退を発表した。 今回脱退となったのは、ラインメール青森、コバルトーレ女川、高知ユナイテッドSCの3クラブとなる。 理由は、2022年12月の制度改定により、Jリーグ入会要件からJリーグ百年構想クラブであることが要件から外れたことにより、これまで必須であった百年構想クラブでなくともJ3ライセンスの取得に支障がない状況となったためとされている。 これまでJリーグに参入するためには、JFLでの成績の他に、Jリーグ百年構想クラブである必要があったが、今後はその必要がなくなった。 なお、3クラブともにJリーグ入会をこれまで同様に目指すとのこと。ホームタウンの自治体やスポンサーからの支援、ファン・サポーターの声援を受け活動していく。 2023.01.31 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

相模原退団のFW船山貴之がJFLのラインメール青森に完全移籍「J3昇格する事だけを考える」

SC相模原は27日、FW船山貴之(35)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 船山は柏レイソルの下部組織出身で、流通経済大学から2010年に栃木SCに入団。2011年8月に松本山雅FCに期限付き移籍。2012年に完全移籍した。 2015年に川崎フロンターレへと移籍すると、2016年からジェフユナイテッド市原・千葉でプレー。2022年から相模原に活躍の場を移すとJ3で31試合に出場し4得点を記録していた。 船山は青森を通じてコメントしている。 「初めまして、船山貴之です。ラインメール青森がJ3昇格する事だけを考え、柴田監督のもと、より強いラインメールにする為に自分の全ての力を発揮します。皆さん応援宜しくお願いします」 2023.01.27 12:08 Fri
twitterfacebook
thumb

山形退団のFW木戸皓貴がラインメール青森へ完全移籍「人生かけて戦います」

モンテディオ山形は23日、FW木戸皓貴(27)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 木戸は熊本県出身で、東福岡高校、明治大学へと進学。2018年にアビスパ福岡へと入団した。 福岡では3シーズンを過ごし、J2通算67試合5得点、天皇杯で4試合1得点を記録。2021年から山形でプレーしていた。 山形では2シーズン在籍し、J2で38試合1得点、天皇杯で2試合に出場。シーズン終了をもって退団が決まっていた。 木戸は青森を通じてコメントしている。 「この度、モンテディオ山形から移籍しました、木戸皓貴です。J3昇格を成し遂げる為に、人生かけて戦います。1年間熱い応援、後押し、宜しくお願いします」 2023.01.23 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

八戸退団のMF丸岡悟がJFLのラインメール青森へ加入決定「J3昇格に向けて精進していきたいと思います!」

ヴァンラーレ八戸は11日、契約満了となっていたMF丸岡悟(25)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 セレッソ大阪の下部組織出身である丸岡は、近畿大学を経て2020年に八戸へ入団。初年度からポジションを掴むと、明治安田生命J3リーグで29試合に出場して1ゴールを記録した。 2021シーズンもリーグ戦18試合に出場して2得点の成績を残したが、2022シーズンは出場機会が激減。開幕からベンチ入りできない時期が続き、リーグ戦わずか13分のみの出場にとどまっていた。 丸岡はクラブを通じてコメントしている。 「丸岡悟です。この度、ラインメール青森FCに加入させていただくことになりました。強い覚悟を持ち、チームのJ3昇格に向けて精進していきたいと思います!共に戦いましょう!!」 2023.01.11 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸退団のMF平田海斗、2シーズン過ごしたJFLの青森に加入「Jへ行けるよう全力を尽くします」

水戸ホーリーホックは11日、MF平田海斗(21)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 平田は水戸のユース出身で、2019年9月に2種登録。2020年にトップチーム昇格を果たした。 プロ1年目にJ2で2試合に出場するも、2021年は出番がなく、2021年8月に青森へ育成型期限付き移籍。2022シーズンも青森でプレーした。 青森では1年目の2021シーズンはJFLで7試合に出場したが、2022シーズンは2試合で1得点に終わり、どちらも契約満了となっていたが、完全移籍となった。 平田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も青森でプレーすることになりました。サッカーができることに感謝し、Jへ行けるよう全力を尽くします」 2023.01.11 11:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly