オミクロン株対策でも大事なのは「マスク、ワクチン、検査」、週2回の抗原検査実施のJリーグは「クラスターが発生しにくい」

2022.03.07 15:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
JリーグとNPB(日本野球機構)は7日、「第50回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を開催した。

2020年3月3日に第1回の対策連絡会議が開催。JリーグとNPBが手を組んで新型コロナウイルス(COVID-19)という未知のウイルスに立ち向かうと決めたことは、大きな一歩だった。

その後、およそ4カ月にわたる中断期間を経て再開。その後は中断することなくここまで来ている。
ちょうど2年が経過した今回の対策連絡会議は節目の50回目。今回が最後となるJリーグの村井満チェアマンは「1年間が50週とすると、50回、まる2年間歩みを共にしてきました。今日の会議で最後となることを報告しました」と冒頭にコメント。今回の会議では「今後の検査体制について。オミクロン株に対して、感度、頻度のシミュレーションが報告されました」とした。

これまでの感染対策や策定したガイドラインはデルタ株に合わせたものであり、より感染力が強いオミクロン株に対応するため、検査体制などの見直しが必要とされてきた。

Jリーグは2週間に1回のPCR検査を昨シーズンは実施していたが、今シーズンは週に2回の抗原定性検査を行う形に変更。試合日にオンサイト検査を導入するなどしている。

村井チェアマンはこの変更はデルタ株への対応だったとし、オミクロン株への対策としての方針は2週間後に決定するとコメント。ただ、中間報告でも一定程度有効だと分かったと語った。

「1週間に2回の抗原定性検査というのはデルタ株を考えてのもの。オミクロンに数値を置き直したときに足りているかどうかということが考えられています」

「PCR検査と抗原検査を同日に行った検体数103件に対して、どれぐらいの感度だったかの数値が示されました」

「発症日の前後2日の検体を対象にした数値は6割程度でした。PCR検査は感度は高いものの、1日の間に感染拡大してしまうリスクがある。6割の感度と、頻度を週2回することの数値が示されました」

「1週間に1回PCR検査よりも、1週間2回の抗原検査をした方がクラスターが発生しにくいということが示されました。1週間に2回の抗原検査をやることは良いと思います。試合日の当日検査もあるので、今のやり方で良いということです」

「逆を言えば4割は漏れていることもあるわけで、周知徹底していくこと、データの精度を上げることを2週間待ちたいと思います」

デルタ株よりも感染力が高いとされているオミクロン株だが、それでも基本的な対策は変わらない。しっかりとマスクをすること、ワクチンを接種すること、そして検査を行うということが大事になる。

現在は3回目のワクチン接種が進んでいるが、これは感染しにくくなるということではなく、重症化を予防する効果があることが確認されている状況。そうなれば、規制緩和も進んでいくはずだ。

ただ、現在はその抗原検査キットが不足している。専門家チームの三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「抗原定性検査は市場で不足している。ただ、それはそれだけ利用されているということ」と検査の頻度が上がってきているとし、「政府が国産の量産体制を示している」と、時期に市場に出回ることになるだろうとした。

ただ、感度が悪いのが欠点に。一方で、PCR検査は感度が高いものの、「値段が高い、時間がかかるのが欠点」とした。三鴨氏は「感度より頻度」と当初から語っており、検査の回数を増やすことで感染が広がるのを防ぐことは可能だと主張。「マスク、ワクチン、検査を国民の皆さんとやっていくことが重要であり、Jリーグ、プロ野球を満員にすることにつながる」と、観客もこの3つを守ることが大事だとした。

関連ニュース
thumb

重傷から復活期す宮市亮、J1王者の横浜FMと契約更新!

横浜F・マリノスは5日、日本代表FW宮市亮(29)と2023年度の契約を更新したと発表した。横浜FMの公式ツイッターではその旨とともに「来シーズンも共に戦おう」とのメッセージが添えられている。 中京大学附属中京高校から一気にアーセナル入りして欧州のフットボール界に飛び込み、オランダやドイツでもプレーした宮市。2021年7月に横浜FM入りし、Jリーグデビューを果たした。 そして、移籍2年目の今季はチームにも慣れ、Jリーグ初ゴールを決めたりと存在感。今年7月のEAFF E-1 サッカー選手権では代表に復帰したが、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。 チームは最終的に川崎フロンターレからJ1王座を奪還したが、今年8月上旬の手術で全治8カ月見込みと診断され、残りシーズンで全休。今季は公式戦21試合出場で3得点という数字だった。 2022.12.05 16:46 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

「2023シーズンもFC東京で」 今季14発のアダイウトンが来季契約合意!

FC東京は5日、MFアダイウトン(31)と来季契約に合意した旨を発表した。 2015年のジュビロ磐田入りから母国ブラジルを離れ、Jリーグでプレーするアダイウトン。2020年からFC東京に活躍の場を求めた推進力溢れるアタッカーは今季も躍動し、明治安田生命J1リーグでは31試合に出場してチーム最多の12ゴールを決めた。 トータルでも35試合出場で14ゴールと活躍したアダイウトンはクラブの公式ウェブサイトを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京で戦えることをとても嬉しく思っています。すべてのファン・サポーターと喜びを分かち合えるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.05 13:29 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田が鳥栖の大卒ルーキーFW梶谷政仁を期限付きで獲得「雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように」

ブラウブリッツ秋田は5日、サガン鳥栖のFW梶谷政仁(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年2月1日~2024年1月31日となっている。 梶谷は埼玉県出身で、正智深谷高校から国士舘大学を経て、2022年に鳥栖に入団した。 今シーズンは明治安田生命J1リーグでの出番はなかったが、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場した。 秋田は「背後への動き出しと献身的な守備が持ち味のFW」と特徴を紹介している。 梶谷は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「初めまして!サガン鳥栖から期限付き移籍で加入することになりました、梶谷政仁です!雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように、チームのために全力を尽くします!!ファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願いします!」 ◆サガン鳥栖 「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍することになりました。1年間という短い期間でしたが、サガン鳥栖のチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さん、鳥栖の街が大好きになりました!」 「何倍にも成長して必ず戻ってきます。1年間ありがとうございました!いってきます!!」 2022.12.05 13:17 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪退団のパトリックが京都入り! 「私自身の歴史をこのクラブにも残したい」

京都サンガF.C.は5日、ガンバ大阪からFWパトリック(35)の完全移籍加入を発表した。 サンフレッチェ広島に舞台を移す時期もあったが、2014年夏からと2019年夏からとでG大阪のキャリアを紡いだパトリック。G大阪が最終的に明治安田生命で残留を決めた今季もリーグ戦でチーム最多5得点を記録して、公式戦でも34試合出場で10ゴールと奮闘した。 だが、ここ数年にわたって試行錯誤が続くG大阪はシーズン終了後の契約満了を決断。そして、注目された移籍先だが、同じく関西を拠点とし、来季でJ1昇格2年目の京都に決まった。クラブの公式サイトを通じて、挨拶とともに、意気込みを語っている。 「神に感謝します。京都サンガF.C.からいただいたこの機会をとても光栄に思いますし、強化部、監督からの信頼にも感謝します。このクラブのため、私の最良を毎日尽くすことを約束します」 「私にとっても新たなるチャレンジとなります、タイトル争いをしたいとも思いますし、私自身の歴史をこのクラブにも残したいと思います」 「このユニフォームを纏い、サポーターの前に立つことを楽しみにしていますし、いつもスタジアムで我々を支えてくれる彼らのため、ゴールや戦う姿勢を見せ、ピッチで多くの喜びを届けたいと思います」 2022.12.05 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly