鹿児島の選手1名が新型コロナウイルス陽性、選手3名が濃厚接触者に

2022.02.28 20:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは28日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は特に症状もなかった中、27日の抗原検査で陽性反応。2度目の抗原検査も陽性となり、午後から隔離措置がとられた。

28日にも体調の変化はなかったが、PCR検査を受けた結果、陽性判定となった。

トップチームのスタッフや選手ら関係者46名は28日にPCR検査を実施。全員が陰性となったとのことだ。

なお、選手3名が濃厚接触者となったが、PCR検査の結果は陰性に。チームは3月2日から4名を除いてトレーニングを再開するとのことだ。

関連ニュース
thumb

鹿児島の選手1名、スタッフ1名が新型コロナ陽性‥両名ともに発熱

鹿児島ユナイテッドFCは12日、トップチームの選手1名、スタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定となったことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は10日のトレーニング後に39.2℃の発熱。抗原検査では陰性となった。翌11日は37.2℃の発熱があり自宅待機。抗原検査では陰性となったがPCR検査を受けた。12日は抗原検査、そして前日のPCR検査でも陽性となっていた。 また、スタッフは11日のトレーニング参加後、夜にノドに痛みがあったとのこと。12日に37.5℃の発熱があり、ノド痛も継続。抗原検査で陽性となり、医療機関で陽性診断となった。 なお、チーム内には濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.08.12 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島が東京VからFW端戸仁を期限付き移籍で獲得!

鹿児島ユナイテッドFCは11日、東京ヴェルディからFW端戸仁(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定。移籍期間は8月13日より、2023年1月31日までとなる。 端戸は横浜F・マリノスのユース出身で、2009年1月にトップチーム昇格。その後はギラヴァンツ北九州や湘南ベルマーレを経て、2019年2月に東京Vへ期限付き移籍。その翌年に完全移籍へと切り替わった。 昨シーズンは後半戦に負傷離脱するまで明治安田生命J2リーグで29試合に出場し、5得点を記録。しかし、今シーズンも序盤戦から負傷に悩まされた影響もあり、リーグ戦5試合の出場にとどまっていた。 自身初のJ3リーグ参戦となる32歳のレフティは、両クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「はじめまして、端戸仁です。この大事な昇格争いのなかオファーをいただき感謝しています。目指すところはただ一つだと思うので、そこに向けて色々な角度からチームの力になれればと思います」 「鹿児島県はまだ個人的に一度も足を踏み入れたことがないので是非色々教えてください! よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「3年半お世話になりました。ヴェルディに来てから半分以上は怪我で時間を過ごしたと思います。それでも試合に出ているときは一生懸命チームのために戦ったつもりですが、思うような結果を残せず申し訳なく思っています。チームを離れますが、ヴェルディの昇格を願っています。ありがとうございました」 2022.08.11 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島の選手1名が新型コロナ陽性‥スタッフ1名が濃厚接触疑い者に

鹿児島ユナイテッドFCは10日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は8日に痰と咳があったものの抗原検査で陰性に。9日には痰と咳に加えてノド痛と頭痛があったものの、抗原検査では陰性だった。 しかし、10日に37.5℃の発熱もあり、その他の症状も続いた中、抗原検査で陽性となった。 なお、保健所に相談したところ、陽性確定となったという。 また、スタッフ1名が濃厚接触疑い者となり、自主隔離しているという。 2022.08.10 20:31 Wed
twitterfacebook
thumb

J2昇格目指す鹿児島が栃木DF小野寺健也を期限付きで獲得「優勝に貢献できるよう」

鹿児島ユナイテッドFCは10日、栃木SCのDF小野寺健也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。背番号は「2」をつける。 小野寺は日大藤沢高校、明治大学を経て2020年にモンテディオ山形へと入団。2021年に栃木へ期限付き移籍すると、今シーズンから完全移籍していた。 栃木では2シーズンで明治安田生命J2リーグ通算28試合に出場し1得点、天皇杯で5試合に出場。今シーズンはリーグ戦で5試合、天皇杯で3試合の出場に終わっていた。 小野寺はクラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「この度、栃木SCから期限付き移籍してきました小野寺健也です。鹿児島ユナイテッドFCの一員としてプレーできることを嬉しく思います」 「チームのJ3優勝に貢献できるよう、全身全霊を尽くして戦います。ファン・サポーターの方々と最後に笑顔で終われるように頑張りますので、皆さん共に戦いましょう!よろしくお願いします!」 ◆栃木SC 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに期限付き移籍することになりました。今シーズン納得のいくパフォーマンス、結果を出してチームの力になることができず、このようなタイミングでチームを去る決断をしたこと、申し訳ありません」 「移籍の挨拶をする際、チームメイトの顔を見るだけで様々な感情が湧き、これまでの出来事が思い出されました。そんなチームメイトを裏切らない為にも、とにかく結果で示せるよう頑張ってきます」 「ファン・サポーターの方々には私の力不足でプレーしてる姿をなかなか見せることができず、本当申し訳なく思っています。自分らしく鹿児島でも戦ってきますので、栃木からは遠くなりますが引き続き応援していただけたら嬉しいです。本当にありがとうございました!行ってきます!」 2022.08.10 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島に鹿屋体育大MF山口卓己が加入内定 慣れ親しむ地でのプロ入りに「大変嬉しく思っています」

鹿児島ユナイテッドFCは5日、鹿屋体育大学に在学するMF山口卓己(22)の2023シーズン加入内定を発表した。 山口は長崎県生まれで、大分高校の出身。身長166cmと小柄だが、攻守に活躍が期待でき、今年3月にデンソーカップチャレンジサッカーの九州選抜としてプレーした。 慣れ親しむ地でのプロ入り内定を受け、クラブを通じて喜びの思いと共に意気込みを語っている。 「この度、2023シーズン鹿児島ユナイテッドFCに加入することが内定しました鹿屋体育大学の山口卓己です。小学校6年間、大学4年間を過ごした『鹿児島』で、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手というキャリアをスタートできることを大変嬉しく思っています」 「この結果は何不自由なくサッカーに向き合える環境を整えてくれた両親、そして沢山の方々の支えのおかげだと思います。そのような支えてくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れず鹿児島ユナイテッドFCの勝利に貢献できるよう、全力を尽くします。宜しくお願い致します」 なお、JFA・リーグ特別指定選手にも承認され、今季からプレー可能に。背番号「27」をつける。 2022.08.05 13:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly