【J1補強分析|京都サンガF.C.】いざJ1へ!ベースを維持しながら手厚い補強で戦力は充実!【評価:S】

2022.02.19 13:46 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎フロンターレの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。
そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:S》(評価:S〜E)

【IN】
GK松原修平(29)←ザスパクサツ群馬/完全移籍
GK上福元直人(32)←徳島ヴォルティス/完全移籍
GKマイケル・ウッド(23)←アルメレ・シティ(オランダ)/完全移籍
DF井上黎生人(24)←ファジアーノ岡山/完全移籍
DFメンデス(26)←ヴァンフォーレ甲府/完全移籍
DFアピアタウィア久(23)←ベガルタ仙台/完全移籍
DF荻原拓也(22)←浦和レッズ/期限付き移籍延長
DF白井康介(27)←北海道コンサドーレ札幌/期限付き移籍→完全移籍
MF金子大毅(23)←浦和レッズ/期限付き移籍
FW山﨑凌吾(29)←名古屋グランパス/完全移籍
FW豊川雄太(27)←セレッソ大阪/完全移籍
FW大前元紀(32)←ザスパクサツ群馬/完全移籍
FWマルティノス(30)←モンテディオ山形/完全移籍
FW田中和樹(22)←法政大学./新加入

【OUT】
GK清水圭介(33)→セレッソ大阪/完全移籍
GK福島春樹(28)→浦和レッズ/期限付き移籍終了
DFヨルディ・バイス(33)→ファジアーノ岡山/完全移籍
DF黒木恭平(32)→未定
DF森脇良太(35)→愛媛FC/完全移籍
DF冨田康平(25)→FC今治/完全移籍
MF庄司悦大(32)→FC岐阜/完全移籍
MF曽根田穣(27)→水戸ホーリーホック/完全移籍
MF中野克哉(25)→FC琉球/完全移籍
MF上月壮一郎(21)→未定
MF中川寛斗(27)→大分トリニータ/完全移籍
MF中川風希(26)→FC今治/完全移籍
MF谷内田哲平(20)→栃木SC/期限付き移籍延長
FW李忠成(36)→アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)/完全移籍
FW野田隆之介(33)→FC琉球/完全移籍

12年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた京都。J2リーグでは強かなサッカー、そして曺貴裁監督が標榜するアグレッシブなサッカーを武器に2位でフィニッシュした。

久々のJ1の舞台に向けて、チームは大きく刷新。人員整理を行い、J1で戦えるだけの戦力をしっかりと補強した。

補強で目につくのが各ポジションに多くの選手を獲得したこと。GKを3人も補強するのは異例とも言える。GK松原修平(←ザスパクサツ群馬)、GK上福元直人(←徳島ヴォルティス)、GKマイケル・ウッド(←アルメレ・シティ)と獲得。上福元は徳島でせい守護神であり、ウッドは東京五輪にも出場した有望選手。実力者が揃った。

また最終ラインもCBでチームを支えたヨルディ・バイスを手放したが、DFメンデス(←ヴァンフォーレ甲府)、DFアピアタウィア久(←ベガルタ仙台)を補強。チームとしてベースを保ちつつ、上積みをしている。

さらに驚きは前線だ。FWピーター・ウタカを擁しながら、FW山﨑凌吾(←名古屋グランパス)、FW豊川雄太(←セレッソ大阪)、FW大前元紀(←ザスパクサツ群馬)、FWマルティノス(←モンテディオ山形)とJリーグで実績のある選手を獲得。さらに湘南ベルマーレ時代の教え子であるMF金子大毅も浦和レッズから獲得するなど、抜け目ない補強を行った。


関連ニュース
thumb

J1残留決めた京都、来季ユニフォームは鳳凰のシルエットを大胆配置し2トーンカラーに

京都サンガF.C.は23日、2023シーズンのユニフォームデザインが決定したことを発表した。 ロアッソ熊本とのJ1参入プレーオフ決定戦により、辛くもJ1残留を決めた京都。曺貴裁監督の続投も発表され、就任3年目でスタイルの深化を狙う。 さらなる躍進を目指す来季のユニフォームはPUMAのグローバルコンセプト『CELEBRATING THE ROOTS』に基づき、クラブのエンブレムからインスピレーションを得たデザインとなった。 エンブレムで使用されている鳳凰が胸元に大きく大胆に配置され、色味は京都の街並を思わせる2トーンカラーで構成。ホームは濃淡のパープル、アウェイは白とグレーを採用した。 GK用の1stユニフォームは水色、2ndユニフォームが緑を基調としている。 販売等に関する詳細については未定。決定次第告知されるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】鳳凰のシルエットを大胆配置、京都の2023年用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ<br><br>詳細はこちら<br><a href="https://t.co/D4OuEqNhAw">https://t.co/D4OuEqNhAw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%ACFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンガ</a> <a href="https://t.co/pWMOgzwp36">pic.twitter.com/pWMOgzwp36</a></p>&mdash; 京都サンガF.C. (@sangafc) <a href="https://twitter.com/sangafc/status/1595266695366836224?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.23 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、今季加入の大前元紀と契約満了 「来年もJ1の舞台で京都らしく頑張って」

京都サンガF.C.は19日、FW大前元紀(32)の契約満了を発表した。 流通経済大学付属柏高校から清水エスパルスでプロ入り後、ドイツ挑戦も経験した大前。清水でJリーグ復帰してから、大宮アルディージャ、ザスパクサツ群馬を経て、今季からJ1昇格の京都入りした。 トータルで公式戦21試合に出場して、大半が途中からだったが、5ゴールを記録。チームはロアッソ熊本とのプレーオフを経て、J1残留を決めたが、自身は加入1年でチームを退団することが決まった。 大前はクラブを通じて、まずチームのJ1残留を祝福。その上で自身の退団を報告し、1年間の声援に感謝した。 「まずはJ1残留おめでとうございます。来年もJ1の舞台で京都らしく頑張ってください。今シーズンをもって退団することになりました。あまり力にはなれませんでしたがサポートしていただきありがとうございました。1年間と短い時間でしたが応援してくださりありがとうございました」 2022.11.19 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

PO行きもJ1残留の京都が曺貴裁監督の続投を発表「来シーズンもともに戦ってください」

京都サンガF.C.は19日、曺貴裁監督(53)の続投を発表した。 湘南ベルマーレで長らく指揮を執った曺貴裁は、2021年から京都の監督に就任。1年目でチームを12年ぶりのJ1昇格に導いていた。 久々のJ1の舞台となった今シーズンは、スタイルを貫きながら戦い続けたものの、後半戦で勝ち点が伸び悩み、16位でフィニッシュ。J1参入プレーオフに回ったが、ロアッソ熊本相手に1-1のドローとなり、J1残留を掴んでいた。 曺貴裁監督はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンも監督として京都サンガF.C.の指揮をとることが決まりとても喜ばしい気持ちです。昨シーズンはJ1の厳しい試合やプレーの老獪さに戸惑いながらも選手たちは大きく成長してくれました」 「最後のプレーオフの戦いを乗り越えたことを良い意味で自信とし、来シーズンはさらに飛躍できるよう選手・スタッフ・クラブと一丸となってあの素晴らしいサンガスタジアム by KYOCERAを感動空間にしていきたいと思います」 「京都の街の魅力にサッカーが本当に浸透するように、これからも努力を続けたいと思います。来シーズンもともに戦ってください」 2022.11.19 09:27 Sat
twitterfacebook
thumb

J1残留の京都、FW武富孝介との契約満了を発表「J1の舞台でさらに活躍することを願っています」

京都サンガF.C.は18日、FW武富孝介(32)との契約満了を発表した。 武富は埼玉県出身で、柏レイソルの下部組織から2009年にトップチームに昇格。2011年から2年間はロアッソ熊本へ、2013年から2年間は湘南ベルマーレに期限付き移籍。その後3年間は柏でプレーした。 2018年に浦和レッズに完全移籍するも、2019年からは湘南に再び期限付き移籍。2021年から京都でプレーしていた。 湘南時代も共に仕事をした曺貴裁監督の下でプレーし、2021シーズンは明治安田生命J2リーグで10試合1得点に終わったが、今シーズンは明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点を記録していた。 チームがJ1残留を掴んだ中で退団となる武富はクラブを通じてコメントしている。 「京都サンガF.C.に関わる皆さん、J1残留おめでとうございます。今シーズンをもって退団することになりました。みなさんと共に戦ったこの2年間、良い時も、良くない時もありましたが、サポートしていただきありがとうございました」 「京都サンガF.C.を離れますが、来年もJ1の舞台でさらに活躍することを願っています。自分は必要としてくれるクラブで、そのチームのために全力で戦い、まだまだ頑張っていきたいと思います!2年間本当にありがとうございました!」 2022.11.18 11:08 Fri
twitterfacebook
thumb

「女神様のおかげです」「おゆいはんも最高」元AKB48・横山由依さんも京都の残留をユニフォーム姿で祝福

タレントの横山由依さんが、地元のクラブである京都サンガF.C.の残留を喜んだ。 元AKB48で2代目のグループ総監督を務めた横山さんは、京都府の出身。10月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節の京都サンガF.C.vsセレッソ大阪にも来場し、キックオフ前のイベントやコイントスの場にも主審たちと並んで参加していた。 京都は13日、サンガスタジアム by KYOCERAでロアッソ熊本とのJ1参入プレーオフ決定戦を戦い、1-1の引き分けに。レギュレーションにより、辛うじてJ1残留を決めた。 試合後には横山さんもツイッターを更新。京都のユニフォームを着用し、タオルマフラーを掲げる姿とともに祝福の言葉を残している。 「J1残留おめでとうございます。またサンガスタジアムに観戦に行きます!!」 再来場にも意気込む元総監督には、ファンからも「来シーズンは序盤から女神降臨で応援しましょ」、「来年もまた来てください」、「女神様のおかげです」、「おゆいはんも最高ですわ」とのコメントが寄せられている。 1年を通じてスタイルを貫いた京都。来季は一層の奮起が期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】ユニフォーム姿でタオマフ掲げ、元AKB48横山由依さんが地元クラブの残留を祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">J1残留おめでとうございます☺️<br>またサンガスタジアムに観戦に行きます!!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a> <a href="https://t.co/LeafWOuRit">pic.twitter.com/LeafWOuRit</a></p>&mdash; 横山由依 (@Yui_yoko1208) <a href="https://twitter.com/Yui_yoko1208/status/1591675264287010817?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.13 21:43 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly