【J1補強分析|ガンバ大阪】思い通りにいかずも穴埋め完了、エース残留、知将招へい【評価:C】

2022.02.18 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、いよいよ2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎フロンターレの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。
そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:C》(評価:S〜E)

【IN】
GK加藤大智(24)←愛媛FC/期限付き移籍→完全移籍
DFクォン・ギョンウォン(30)←城南FC(韓国)/完全移籍
DF福岡将太(26)←徳島ヴォルティス/完全移籍
MF石毛秀樹(27)←清水エスパルス/完全移籍
MFダワン(25)←サンタ・リタ(ブラジル)/期限付き移籍
MF齊藤未月(23)←湘南ベルマーレ/期限付き移籍
MF中村仁郎(18)←ガンバ大阪ユース/昇格
FW坂本一彩(18)←ガンバ大阪ユース/昇格
FW山見大登(22)←関西学院大学/新加入

【OUT】
GK林瑞輝(25)→未定
GK谷晃生(21)→湘南ベルマーレ/期限付き移籍延長
DFキム・ヨングォン(31)→蔚山現代(韓国)/完全移籍
DF菅沼駿哉(31)→FC町田ゼルビア/完全移籍
MF小野裕二(29)→サガン鳥栖/完全移籍
MF井手口陽介(25)→セルティック(スコットランド)/完全移籍
MF矢島慎也(28)→大宮アルディージャ/完全移籍
MF芝本蓮(22)→藤枝MYFC/期限付き移籍
MF遠藤保仁(42)→ジュビロ磐田/期限付き移籍→完全移籍
FWチアゴ・アウベス(29)→ファジアーノ岡山/完全移籍
FW白井陽斗(22)→ファジアーノ岡山/完全移籍
FW塚元大(20)→ツエーゲン金沢/期限付き移籍
FW唐山翔自(19)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍

片野坂知宏監督の下、新エンブレムとともに新時代を迎えるにあたっての補強がなされた今オフだが、一部報道で第一候補たちの獲得に至らなかったとされるネガティブなものもあった。そのため、思い通りな補強とはならなかったとみられるが、退団した主力の穴埋めが期待できる選手は射止めたと言って良い。

MF井手口陽介とDFキム・ヨングォンの代役としてはボール奪取に秀でたMF齊藤未月や、現役韓国代表のDFクォン・ギョンウォン、攻守にバランスの良い中盤のMFダワン、ビルドアップも売りのDF福岡将太を獲得。退団したMF矢島慎也とDF菅沼駿哉に代わる選手という意味でも、しっかりカバーしたといえるだろう。

そのほか、天才肌のMF石毛秀樹を引き入れ、育成からも新たな才能として注目されるMF中村仁郎も昇格。特別指定選手の昨年から鮮烈な活躍ぶりが光ったFW山見大登も今季から正式入団した。戦力値としては現状維持という感があるが、新外国籍選手を含め、ハマり具合でさらにチーム力が高まりそうな陣容だ。

そして、何よりも他クラブからの関心が噂立ったエースのFW宇佐美貴史とDFリーダーであるDF三浦弦太の残留は大きく、6年間の大分トリニータ時代に確かな手腕を発揮した片野坂監督の招へいに関しても、昨季まで戦う上での土台が不明確なチーム状況だった点を鑑みれば、補強にカウントしても良いだろう。

全体的な補強はこじんまりしたものだったかもしれないが、現有戦力の顔ぶれはタレントが揃う。長い目で見る必要もあるが、決して大きくない経営規模の大分で導き手としての手腕を遺憾なく発揮した片野坂監督がどれだけ早くタレント集団に戦術を浸透させるかも選手の能力を引き出すという部分で注目要素になる。

関連ニュース
thumb

昌子源が5年ぶりに鹿島に復帰! 3年過ごしたG大阪に「僕の財産であり、誇り」

鹿島アントラーズは8日、元日本代表DF昌子源(29)がガンバ大阪から完全移籍加入することを発表した。 2011年に鹿島でプロデビューし、J1や天皇杯、リーグカップ、さらにはACL優勝など多くのタイトル獲得に貢献した昌子。2019年1月にはACL優勝を置き土産にフランスのトゥールーズへ移籍し、海外挑戦に至った。 しかし、結果を残すことができずに1年後に帰国。新天地に選んだのはジュニアユース時代を過ごしたG大阪だった。ただ、この頃のチームは低迷期を迎えており、昌子もケガの影響もあり、なかなかうだつが上がらないキャリアに。 そしてこの度、5年ぶりの鹿島復帰へ。同クラブの公式サイトでは「ただいま!」の一言に留めた一方で、G大阪に向けては大きな感謝を述べている。 「3年間ありがとうございました。1年目は怪我のリハビリから始まり、2、3年目は残留争いに巻き込まれる難しいシーズンが続きました。ですが、どんな時も自分の100%で取り組み、常にガンバの勝利のためだけに全力を注いだことに嘘はありません。ファン・サポーターの皆さんと一緒に戦えたのも僕の財産であり、誇りです」 「コロナ禍で皆さんと触れ合える機会はほとんどなかったですが、共にガンバのために戦う仲間である皆さんのことをいつも心強く感じていました。試合が終わってスタジアム場内を一周する時に、決まって皆さんに出来るだけ近い場所を歩いたのは、その感謝を伝えるためでした。今シーズンは苦しい戦いが多く、たくさんの勝利を共に喜び合う機会は少なかったですが、皆さんの『声』のもとで手にした、ホーム最終戦・ジュビロ磐田戦での勝利も、リーグ最終戦・鹿島アントラーズ戦での歓喜も最高に嬉しかったです」 「次は、対戦相手としてこのスタジアムに戻ってきます。ガンバの前に、皆さんの前に立ちはだかります。3年間ともに戦った選手、コーチングスタッフ、クラブスタッフをはじめ、ファン・サポーターの皆さんに心から感謝しています。ありがとうございました」 2022.12.08 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、躍進熊本のアタッカー杉山直宏を獲得! 今季J2全試合出場で9ゴール

ガンバ大阪は7日、ロアッソ熊本からMF杉山直宏(24)の完全移籍加入を発表した。 杉山はアビスパ福岡U-15の出身で、大津高校から順天堂大学に進学。2021年に熊本入りし、プロ入り後は左利きのアタッカーとして、初年度から明治安田生命J3リーグで28試合に出場して5ゴールを決めた。 迎えた今季は熊本が4位でJ1参入プレーオフに進み、昇格まであと一歩に迫ったなかで、自身もより存在感を高める1年に。J2リーグ全42試合出場で9ゴールのほか、プレーオフでも3試合1得点の数字を残した。 G大阪は今オフのここまで主力の退団者が目立つなか、大卒2年目の若きアタッカーを射止めた格好に。杉山はクラブの公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、ロアッソ熊本から加入することになりました、杉山直宏です。ガンバ大阪という素晴らしいクラブの一員になれたことをとても嬉しく思います。一つでも多くのタイトルをとるために、自分の持っている全ての力を尽くして闘います! よろしくお願いします!」 一方で、熊本の公式サイトを通じては「この度、ガンバ大阪に移籍することになりました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉を綴った。 「2年間という短い期間ではありましたが、ロアッソ熊本という素晴らしいチームでプレー出来たことをとても嬉しく思います。大木さんをはじめ、スタッフ、チームメイトには本当に感謝しかありません」 「熊本のファン・サポーターの温かさ、試合の時の声援の力強さ、頼もしさはこれからも忘れることはありません。ロアッソ熊本の一員になれて本当に最高でした! ロアッソ熊本でプレーした選手として恥じないプレーをこれからもしていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪退団のパトリックが京都入り! 「私自身の歴史をこのクラブにも残したい」

京都サンガF.C.は5日、ガンバ大阪からFWパトリック(35)の完全移籍加入を発表した。 サンフレッチェ広島に舞台を移す時期もあったが、2014年夏からと2019年夏からとでG大阪のキャリアを紡いだパトリック。G大阪が最終的に明治安田生命で残留を決めた今季もリーグ戦でチーム最多5得点を記録して、公式戦でも34試合出場で10ゴールと奮闘した。 だが、ここ数年にわたって試行錯誤が続くG大阪はシーズン終了後の契約満了を決断。そして、注目された移籍先だが、同じく関西を拠点とし、来季でJ1昇格2年目の京都に決まった。クラブの公式サイトを通じて、挨拶とともに、意気込みを語っている。 「神に感謝します。京都サンガF.C.からいただいたこの機会をとても光栄に思いますし、強化部、監督からの信頼にも感謝します。このクラブのため、私の最良を毎日尽くすことを約束します」 「私にとっても新たなるチャレンジとなります、タイトル争いをしたいとも思いますし、私自身の歴史をこのクラブにも残したいと思います」 「このユニフォームを纏い、サポーターの前に立つことを楽しみにしていますし、いつもスタジアムで我々を支えてくれる彼らのため、ゴールや戦う姿勢を見せ、ピッチで多くの喜びを届けたいと思います」 2022.12.05 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、G大阪MF小野瀬が完全移籍加入 山口監督との共闘再び

湘南ベルマーレは25日、ガンバ大阪からMF小野瀬康介(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCの育成組織出身の小野瀬は2011年に2種登録選手としてJ2デビュー。翌年から正式にトップチームへと昇格した。 2017年にレノファ山口へ加入すると、2年目はさらに調子を上げて前半戦だけで二桁ゴールをマーク。夏にガンバ大阪へと引き抜かれ、自身初となるJ1への挑戦権を手にしていた。 当時のG大阪には現:湘南指揮官の山口智監督もコーチとして在籍。また、2019年には横浜FC時代の恩師、浮嶋敏氏が指揮する湘南を相手にゴールを奪うなど、不思議な縁もある。 小野瀬は湘南への加入に際し、クラブへ意気込みや師との再会を喜ぶコメントを充てている。 「湘南ベルマーレに加入することになりました、小野瀬康介です。ガンバ大阪時代もお世話になった山口智監督のもと、湘南のために全力で戦います。新しい環境でプレーすることに非常にワクワクしていますし、ファン、サポーターの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!」 <span class="paragraph-title">【動画】2019年に小野瀬が湘南相手に奪ったゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uDvXIC6ZQ2k";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、新監督に徳島指揮官ポヤトスを招へい! 残留導きし松田浩監督は退任

ガンバ大阪は23日、松田浩監督(62)が今季限りで退任する旨とともに、ダニエル・ポヤトス氏(44)の指揮官就任を発表した。 片野坂知宏前監督のもとで今季に入ったG大阪だが、宇佐美貴史と東口順昭をはじめとする主力に故障者も相次いで低迷を極め、8月に監督交代を決行。そのバトンを受けたのが8月からコーチ陣に入閣したばかりの松田監督だったが、J1リーグの残る10試合を4勝3分け3敗、そのうちの7試合が無失点という堅守によって切り抜け、15位で残留に導いた。 シーズン終了後に行われたフランフルト戦とのフレンドリーマッチでは1点ビハインドから見事な逆転劇を演じてみせた松田監督。クラブを通じて別れの挨拶をした。 「このたび、トップチーム監督の職を退任することになりました。約3ヶ月半でしたが、ガンバ大阪で思いきり仕事ができたことはまたひとつ自分自身の大きな学びとなりました。サポーターの皆さん、選手・スタッフ、関わってくださり応援してくださった多くの方々に心よりお礼申し上げます。お世話になりました。これから先もガンバ大阪が益々強く、大きなクラブに発展していきますことを心から祈っております。ありがとうございました」 一方、来季から新たにG大阪を率いるダニエル・ポヤトス氏は2021年から徳島ヴォルティスの指揮を執るスペイン人指導者。ポジショナルプレーが戦術の軸で、今季は23引き分けと勝ち切れない試合が多く、J2リーグ8位で終戦したが、最終節の黒星まで19戦無敗で追い上げるなど、負け数も最少の6敗だった。 そのダニエル・ポヤトス新監督はヘッドコーチに就任するマルセル・サンツ氏(40)とのG大阪入りを受け、「私のプロサッカー監督人生において新たな大きなチャレンジが始まることを嬉しく思います。今日というこの日は私の心に刻まれます」と決意を語った。 「ガンバ大阪が私に大きな信頼を寄せてくれた事に感謝します。このクラブの監督を任せられた事を誇りに思っています。私は大きな希望と責任感を持ってこのチャレンジを引き受けました。このクラブの新しい時代を築き上げ、居るべき場所へと導きます。ファン・サポーターの皆さんにこのクラブを誇りに思ってもらえるようなサッカーを毎試合繰り広げるため、選手・スタッフと力を合わせ、全力で仕事に打ち込み戦っていきます」 一方の徳島を通じては「ヴォルティスファミリーの皆さんへ」と題して、「今、私は期待と同時に悲しみも感じており、この複雑な気持ちを説明するのは難しいですが、できるだけ心からの率直な思いをお伝えしたいと思います」と感謝の気持ちを綴った。 「今年も本当に困難が多いシーズンでしたが、チームの目標を達成するために最後まで戦い抜きました。そしてシーズン後に自分の思いを整理し、様々なことを考慮した結果、私は徳島ヴォルティスを離れる決心をしました。クラブの発展のために日々全力で仕事に励んできたフロントスタッフ、強化部、テクニカルスタッフ、そして選手たちには感謝しかありません」 「この2年間、チームをより良くするために私は持っている全ての力と多大なる努力を注いできました。どれだけ難しい時でもファン・サポーターの皆さんが常に止まない愛を注ぎ、支え続けてくれた事に心から救われました。今後の人生において、あなたたちは私の心に残り続けます」 「徳島ヴォルティスは私を人として、そして監督として成長させてくれた場所であり、いつも私と私の家族は故郷にいるような思いを感じることができました。監督としてのキャリアを歩む上で、これ以上ない素晴らしい時間でした。今後も一人のファンとして徳島ヴォルティスを応援し続けていきます。本当に2年間ありがとうございました」 2022.11.23 15:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly