【J1開幕直前ガイド|ガンバ大阪】“カタノサッカー”で見失う“ガンバらしさ”の取り戻しと復権を期す

2022.02.18 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、いよいよ2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

Jリーグ全試合を配信する「DAZN」とパートナーメディアで構成する「DAZN Jリーグ推進委員会」の一員である超ワールドサッカー編集部が開幕特集企画としてガンバ大阪を担当。戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

ガンバ大阪
2021シーズン成績:13位(12勝8分け18敗)

◆戦力分析
なんといっても大きなポイントは指揮官の交代だろう。今季から率いるのはクラブOBであり、かつてコーチとしても従事した片野坂知宏監督。前指揮の大分トリニータで確かな戦術を築き、しっかりと実績も残して、今のJリーグでも指折りの日本人監督として評判を高める存在であり、“ガンバらしさ”を取り戻そうとするシーズンが続くチームにとっても、その手腕による再建が期待される。

システム、そして戦い方を含め、土台固めのシーズンになるなか、注目された戦力補強はピンポイントなものに。派手な立ち回りとはならなかったが、目玉のMF齊藤未月や現役韓国代表のDFクォン・ギョンウォンをはじめとする新戦力で、MF井手口陽介やDFキム・ヨングォンといった主力の流出をカバーする意味合いが強い今オフとなった。

そのほか、攻守のバランスに秀でた万能型MFのMFダワンや、ビルドアップでも定評のあるDF福岡将太や、昨シーズンの途中からプレーしたファジアーノ岡山で再ブレイクを遂げたMF石毛秀樹を獲得。さらに、特別指定選手時代の昨季から確かな攻撃センスを披露したFW山見大登や、ユースからMF中村仁郎とFW坂本一彩の有望株も加わった。

どの選手も明確なキャラクターの持ち主で、今オフに他クラブからの興味が取り沙汰されながら残留したFW宇佐美貴史やDF三浦弦太ら既存の主力と合わさって、近年の上位勢にも負けないぐらいの選手層に。いまだ来日できておらず、Jリーグ初挑戦のクォン・ギョンウォンとダワンがハマれば、さらなるチーム力アップも見込める陣容だ。

◆目標
過去に数々のタイトルを手にしたチームだけに、そこに対するチャレンジを望むファンも多いはずだが、片野坂監督は「勝ち点60、3位以内」という目標を設定している。昨季は一昨年の2位フィニッシュもあっての1年だったが、13位と低迷。最後は底力を見せつけて残留したが、1年を通じて下位が定位置とらしくない戦いが続いた。

シーズン序盤の新型コロナウイルス集団感染による活動停止で足並みを乱され、その後にACLを含む21連戦の超過密日程も強いられた昨季は攻守のバランスも崩れて、38試合で33得点49失点。とにかくこなすしかなくなった背景もあるが、戦いの土台がぼんやりし過ぎた部分が多く、ピッチで狙いが表現される試合があまりにも少なかった。

そのため、片野坂監督はチームとして戦う上での大枠を定めるという部分がまずミッションとなる。チームは元々、タレント揃いの集団。そこに組織力が加われば、ここ数シーズンにわたって見失う“ガンバらしさ“の再確立にも近づくだろう。意思疎通を重んじる人情派でもある片野坂監督の下、胸部中央に輝く新エンブレムとともに未来に進む。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
MF齊藤未月(23)

今シーズンの注目選手としては、新加入のMF齊藤未月をピックアップする。

湘南ベルマーレの下部組織で育った齊藤は2種登録された2015年にトップチームデビュー。2016年には2種登録されたが、5月に17歳でプロ契約を結んだ。

その後は主軸として湘南でプレーした一方で、世代別代表でキャプテンを務めるなど将来が期待されていた。2020年には海を渡りロシアのルビン・カザンへ移籍。しかし、キャリア初の重傷を負うなど苦しみ、今年から新天地にG大阪を選んだ。

セルティックに移籍した井手口に似た中盤で、ハードワークでき、攻撃にも顔を出せるボランチの齊藤だが、ケガで東京五輪出場を逃したが、日本代表に入る期待を寄せられている。

久々に戻ったJリーグでしっかりと力を示し、再び世界へ羽ばたけるか。ビッグクラブでの齊藤のパフォーマンスに期待だ。

◆注目ポイント
注目は大分時代にも片野坂監督の名をもじった“カタノサッカー”がG大阪でどのような形で進化を遂げ、披露されるのかだ。GKからの丁寧なビルドアップと相手のプレスを引き込んでからの擬似カウンター。大分ではチームの規模や選手の能力など、制限される部分も多かったが、G大阪という戦力が整ったチームでどう結果を残せるかが興味深いところだ。

今季から副主将を務める宇佐美も「去年とはまったく違うサッカーになっていく」と自信をのぞかせ、キャンプ後に新型コロナウイルスの影響で一時活動休止もあったが、浸透度具合も「順調」と話す。3バックの布陣だったり、まだベールに包まれる部分が多いが、指揮官の手腕と選手の能力がしっかりと融合すれば、“ガンバらしさ”とともに、現実的な目標として定める3位以内も見えてくる。

【開幕戦情報】
2022明治安田生命J1リーグ開幕戦
ガンバ大阪 vs鹿島アントラーズ
(パナソニック スタジアム 吹田)

2022年2月19日(土)
14時キックオフ
DAZNにて独占ライブ配信

関連ニュース
thumb

「涙が出そうになった」G大阪FW宇佐美がアキレス腱断裂から完全復活!7カ月ぶりのプレーに「やっぱり俺たちの宝」

ガンバ大阪の至宝が復活を遂げた。 FW宇佐美貴史は3月6日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の川崎フロンターレ戦で負傷交代。右アキレス腱断裂の重傷を負った。 この間チームは低迷し、前・片野坂知宏監督も解任。どっぷりと残留争いに浸かり、明るい話題の乏しい中で、宇佐美は1日の第31節柏レイソルで光明をもたらした。 復帰戦はいきなりの先発出場。キャプテンマークを巻いておよそ7カ月ぶりのピッチに立つと、局面で効果的に顔を出し、持ち前の高いキープ力を生かしてボールを握る時間を増やすなど、随所で違いを見せる。パトリックとの交代となる73分まで精力的なプレーを見せた。 G大阪は5日に改めて柏戦での宇佐美のプレー集と、試合後に挨拶へ向かう姿を公開。ファンからも「やっぱり俺たちの宝」、「涙が出そうになった」、「お帰りなさい!」、「宇佐美の力で1部残留できる!」と、感涙のコメントが寄せられている。 現在は勝ち点「30」の17位と降格圏に沈むG大阪だが、12位・ヴィッセル神戸までは4ポイント差と、順位表は混戦模様。残り3試合、宇佐美の復活は残留へ向けて大きな力となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アキレス腱断裂から復活を遂げた宇佐美のプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">柏戦では右アキレス腱断裂の大怪我を乗り越え復帰<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E8%B2%B4%E5%8F%B2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宇佐美貴史</a> 選手のプレー集をどうぞ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガンバ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GAMBAOSAKA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GAMBAOSAKA</a> <a href="https://t.co/8XrNhvMk7I">pic.twitter.com/8XrNhvMk7I</a></p>&mdash; ガンバ大阪オフィシャル (@GAMBA_OFFICIAL) <a href="https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL/status/1577493780847947776?ref_src=twsrc%5Etfw">October 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】試合後にサポーターへ挨拶に向かう宇佐美</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">柏戦で大怪我を乗り越え復帰を果たした <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E8%B2%B4%E5%8F%B2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宇佐美貴史</a> 選手に場内のファン・サポーターから大きな拍手が送られました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガンバ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GAMBAOSAKA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GAMBAOSAKA</a> <a href="https://t.co/EcAmdphEQ7">pic.twitter.com/EcAmdphEQ7</a></p>&mdash; ガンバ大阪オフィシャル (@GAMBA_OFFICIAL) <a href="https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL/status/1577539078567837696?ref_src=twsrc%5Etfw">October 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.05 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「独断場やん」Jリーグ今週のTOP5セーブは3つをG大阪GK東口順昭が独占する異例の事態に!「すごすぎる」

Jリーグは4日、今週のTOP5セーブを発表した。1日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節の8試合が対象となっている。 毎週の恒例となっているTOP5セーブの発表だが、今回は異例の事態に。5つのうち3つが1人の選手によって生まれている。 まず5位に選ばれたのは名古屋グランパスのGKランゲラックの横っ飛びセーブ。チームが0-4で敗れた中、80分にMF水沼宏太のシュートを意地で止めた。 2位にはサンフレッチェ広島のGK大迫敬介。75分に見せたFWブライアン・リンセンの至近距離からのシュートとこぼれ球を押し込んだヘディングを止めた連続セーブが選ばれている。 そして、4位、3位、1位に選ばれたのはガンバ大阪GK東口順昭だ。67分にFWドウグラスのヘディングを体で止めた好守が4位。12分にもあったドウグラスのドンピシャヘッドを超反応で止めたセーブが3位に選ばれた。 1位に選ばれたのは22分のプレー。MFマテウス・サヴィオの右足ミドルとFW細谷真大のシュートを連続で止めた場面で、いずれも枠内シュートだった。 後半アディショナルタイムのFW武藤雄樹のシュートにも好反応を見せチームを救った東口。ファンからも「えぐい」、「すごすぎる」、「間違いなく日本でナンバーワンのキーパーやと思う」、「独断場やん」と驚きと称賛が相次いでいる。 <span class="paragraph-title">【動画】東口がビッグセーブ連発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>Jリーグ今週のTOP5セーブ<br>初の同GK3セーブがランクイン!! <br>\<br><br>多くのナイスセーブが生まれた明治安田生命J1リーグ<br>10月1日の試合の中からランキング<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグベストセーブ</a> <a href="https://t.co/BAQNTQ0Rc3">pic.twitter.com/BAQNTQ0Rc3</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1577252198009884672?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.05 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

11月来日の長谷部誠が『シュート!』とコラボ! 来日を記念して書き下ろしの特別漫画『長谷部誠物語』の制作が決定

11月に来日するフランクフルト。スカパーJSAT株式会社は、11月に行われる「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by のスカパーJSAT」の開催を記念し、伝説のサッカー漫画『シュート!』とコラボすることを発表した。 今回のコラボでは、『シュート!』掛川高校の伝説のプレイヤー・久保嘉晴とフランクフルトの長谷部誠が一対一で勝負するシーンをジャパンツアー全体KVとして制作。また、今回対戦する浦和レッズ戦、ガンバ大阪戦の盛り上げとして、久保嘉晴がそれぞれのクラブのユニフォームを着用した特別verも制作。当ビジュアルはジャパンツアー特設HPほか、当日の試合会場にて展示を予定している。 さらに日本凱旋となるフランクフルト所属・長谷部誠のサッカー人生にフォーカスした、大島司先生書き下ろしの特別漫画『長谷部誠物語〜Never change & Keep glowing〜』の制作が決定。無料配信することが決定した。配信日、配信媒体に関しては詳細決定次第発表される。 今回の件を受け、長谷部と大島先生がコメントしている。 ◆長谷部誠(フランクフルト) 「子どもの頃に漫画が擦り切れるほど繰り返し読んでいた作品で自分を描いていただけるという事を大変光栄に思います。『トシ、サッカー好きか?』のフレーズをチームメイトと言い合いながらサッカーをしていた子ども時代を昨日のように思い出します。完成をとてもとても楽しみにしています!多くの方々に読んでいただけると嬉しいです!」 ◆大島司先生 「みなさん、こんにちは。大島司です。久保嘉晴は中学時代、ドイツ・フランクフルトのジュニアユースでプレーしてました。そのご縁で、今回の企画が進みました。ドイツで15年にもわたりトップで活躍を続けられている長谷部誠選手の物語を描けることは、運命的なものを感じます。絶賛執筆を進めておりますので楽しみにお待ちください」 「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT」では、フランクフルトは11月16日(水)に埼玉アムスタジアム2002で浦和レッズと、11月19日(土)にパナソニック スタジアム吹田でガンバ大阪と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷部が久保嘉晴とコラボした『長谷部誠物語』のポスター!浦和&G大阪バージョンも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.05 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

静学の10番、高橋隆大が“古巣”G大阪入りへ! 「少しでも早くプロの舞台で活躍」

ガンバ大阪は4日、静岡学園高校からMF高橋隆大(17)との仮契約締結および、2023シーズン加入内定を発表した。 高橋は元々、G大阪のJrユースでプレー。ユースに上がらず、静岡学園高校に進学し、静岡県屈指の名門校で背番号「10」を背負う。 サイズこそ156cmだが、ドリブルセンスが抜群で、世代別代表も経験。満を持して古巣のG大阪でプロ入りを果たすこととなった。 今月30日に18歳の誕生日を迎える高橋はクラブを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語った。 「2023シーズンからガンバ大阪に加入することになりました高橋隆大です。ガンバ大阪と言う大好きなクラブでプロサッカー選手を始めることができることを嬉しく思います。自分の特徴であるドリブルからのチャンスメイクを武器に、少しでも早くプロの舞台で活躍できるように頑張ります 「自分を育てて下さったたくさんの方への感謝を忘れずに、身長が小さくてもやれると言うところを見せます。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】ガンバ大阪に加入が内定した高橋隆大</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">静岡学園高校 高橋 隆大選手 2023シーズン新加入選手として仮契約のお知らせ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガンバ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GAMBAOSAKA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GAMBAOSAKA</a> <a href="https://t.co/deKhLzNlMx">https://t.co/deKhLzNlMx</a></p>&mdash; ガンバ大阪オフィシャル (@GAMBA_OFFICIAL) <a href="https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL/status/1577116297019928576?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪が宇佐美復活も勝ち点1で17位のまま 柏は東口崩せずで7戦勝ちなし【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節の1試合が1日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪vs柏レイソルは0-0のドローに終わった。 残留争いで崖っぷちに立たされる17位のG大阪と、ここ6試合で勝ちなしと上位の背中が遠くなる6位の柏。G大阪は大ケガから復活したエースの宇佐美が約7カ月ぶりのメンバー入りながらキャプテンマークを巻いて即先発した一方で、柏は直近5試合で3得点のドウグラスが引き続きスタートから出場した。 序盤から互いに攻めの姿勢を打ち出した一戦。声出し応援の適応試合とあって、その声援も背に受けたG大阪は一挙手一投足に注目が集まる宇佐美の組み立て関与から、3分にレアンドロ・ペレイラが右足フィニッシュで相手GKを強襲するなど、攻撃の姿勢を打ち出す。 だが、柏も迫力ある攻撃を展開していき、12分に左サイドの三丸が左足でクロスを送ると、ゴール前のドウグラスがドンピシャヘッド。続く22分には右サイド起点の攻撃からマテウス・サヴィオ、細谷が立て続けに枠内シュートを放つが、いずれもGK東口の好守に遭う。 徐々に我慢の時間も強いられ、守護神の踏ん張りが目立ち出すG大阪だが、宇佐美が久々の公式戦に感じさせないプレーぶりで反発力に。中央突破を図った27分にレアンドロ・ペレイラの落としから右足フィニッシュで相手ゴールに迫ったりと攻撃陣をリードする。 一進一退の攻防が続いての44分には左CKのチャンスからその宇佐美がキッカーとしても見せ場。インスイングのクロスをゴール前に送ると、ファーサイドの食野が左足でネットを揺らしていったが、VARのサポートで胸トラップ時のハンドが取られ、幻ゴールとなる。 前半のうちに先制とはならなかったG大阪だが、後半も中盤からボールを引きだ出す役割で印象的な宇佐美を中心に攻めを形作り、52分にバイタルエリア中央でFKのチャンス。惜しくもゴール右外だったが、キッカーの宇佐美が壁の右側を通しての直接FKでも魅せる。 さらに66分に食野の左サイド攻略から、大外を駆け上がってボールを引き出した山本が左足でクロスを送ると、レアンドロ・ペレイラがヘッド。対する柏は67分にボックス左の三丸が上げた左足クロスにドウグラスが頭で合わせるが、ここもGK東口の好守に遭う。 このこう着状態を打開しようと、両チームのベンチも活発化。G大阪が疲れの色が濃い宇佐美、食野、山本悠樹を下げてパトリック、福田、今夏加入後初出場の山本理仁を立て続けに投入すると、柏もドウグラス、マテウス・サヴィオに代えて武藤、戸嶋を送り込む。 その後もG大阪が小野瀬と鈴木を送り出し、柏も加藤と小屋松を投入して、勝負をかけるが、スコアに動きなし。そのなか、後半アディショナルタイム1分に柏に好機が巡るが、武藤がボックス中央での巧みなキープから放った右足シュートもGK東口に処理される。 宇佐美が違いを示し、東口も要所で躍動したG大阪だが、4試合ぶりの勝利とならず、勝ち点「30」で17位のまま。柏は2戦連続ドローで7試合勝ちなしとなり、得失点差でFC東京に抜かれ、7位に後退している。 ガンバ大阪 0-0 柏レイソル 2022.10.01 18:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly