U23アジアカップの組み合わせ決定! 日本は前回王者サウジアラビア、UAE、タジキスタンと同居《AFC U23アジアカップ》

2022.02.17 19:25 Thu
©︎JFA
アジアサッカー連盟(AFC)は17日、今年ウズベキスタンで行われるU-23アジアカップの組み合わせ抽選を行った。

日本は、10月に国内で行われた予選を突破し5大会連続5度目の出場権を獲得。2020年に行われた前回大会の準優勝国であるサウジアラビア、UAE、そしてタジキスタンとグループDで同居した。
また、前回大会優勝の韓国は、グループCに入り、タイ、ベトナム、マレーシアと同居している。

前回大会ベスト4で開催国のウズベキスタンはグループAでイラン、カタール、トルクメニスタンと同居。前回大会3位のオーストラリアは、ヨルダン、イラク、クウェートとグループBで同居した。

今回が5度目の開催となるU-23アジアカップ。日本は、2016年に優勝。2度目の優勝を目指して戦う。
大会は、6月1日から19日にウズベキスタンで開催される。

◆組み合わせ結果

【グループA】
ウズベキスタン(5大会連続5回目)
イラン(2大会連続4回目)
カタール(4大会連続4回目)
トルクメニスタン(初出場)

【グループB】
オーストラリア(5大会連続5回目)
ヨルダン(5大会連続5回目)
イラク(5大会連続5回目)
クウェート( 5大会ぶり2回目)

【グループC】
韓国(5大会連続5回目)
タイ(3大会連続4回目)
ベトナム(4大会連続4回目)
マレーシア(2大会ぶり2回目)

【グループD】
サウジアラビア(5大会連続5回目)
UAE(2大会連続4回目)
日本(5大会連続5回目)
タジキスタン(初出場)
関連ニュース

U-23日本代表MF鈴木唯人がブレンビーで鮮烈ゴール!ボール奪取から即座の一振りにGK動けず

ブレンビーIFのU-23日本代表MF鈴木唯人が強烈な一撃を叩き込んだ。 国内リーグがウインターブレイク中のブレンビーは、現在ポルトガルのアルガルヴェ地方で行われている国際親善トーナメント「The Atlantic Cup2024」に参加中。 鈴木は3日のレアル・ソルトレイク(アメリカ)との一戦に先発出場し、35分にネットを揺らした。 15分に最終ラインのミスから先制を許したブレンビーだったが、相手の自陣深くでのビルドアップを連動してはめ込むと、ペナルティアーク内のパスに対して鈴木が猛チェイス。これが相手のミスを誘発してボックス内へボールが流れると、鈴木が即座にダイレクトで右足を振り抜き、同点ゴールを挙げた。 ブレンビーはこの6分後にニコライ・ヴァリーズが逆転ゴールを奪取。2-1で勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人が決めた見事な一振り</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b6L_ycashHM";var video_start = 66;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.04 15:10 Sun

ハーツ小田裕太郎が終盤に劇的弾!振り向きざまの見事な反転シュートで逆転勝利もたらす

ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)のU-23日本代表FW小田裕太郎が劇的な決勝点マークし、チームを逆転勝利へ導いた。 23日、スコティッシュ・プレミアシップ第12節延期分のハーツvsダンディーFCがタインカッスル・スタジアムで行われ、ホームのハーツが3-2で勝利を収めた。 前半で2点のビハインドから57分に1点を返したハーツは、73分に小田を投入。直後にデクスター・レンビキサのヘディングで追い付き迎えた86分、背番号「11」が起用に応える。 アラン・フォレストの横パスをボックス内で相手を背負いながら収めた小田は、守備陣が囲みに来る中で、振り向きざまに左足を一閃。限られたシュートコースから値千金の一撃を沈めた。 小田にとっては、昨年9月16日の第5節アバディーン戦以来となる、リーグ戦17試合ぶりとなる今季3点目。同試合では先発し、先制点を挙げていたが、ハムストリングに違和感を覚え、前半で途中交代。復帰後は途中出場が中心となっていたが、重要な局面で結果を残した。 スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)の公式YouTubeでは、ハイライトのタイトルに「小田祐太郎選手がゴール」と日本語が使用された。「裕」の漢字が異なってはいるが、印象的なゴールであったことは間違いない。 <span class="paragraph-title">【動画】小田裕太郎が終盤に劇的逆転弾!振り向きざまの見事な反転シュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7qNjJR2aMO0";var video_start = 272;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.24 17:50 Wed

福田師王がボルシアMGのファーストチームに昇格! セカンドチームで13試合5ゴールの活躍、板倉滉と共闘へ

ボルシアMGは16日、U-22日本代表FW福田師王(19)がファーストチームに昇格することを発表した。 2023年1月に神村学園高等部からボルシアMGのU-19チームに加入した福田。今シーズンはセカンドチームへと昇格し、レギオナルリーガ(ドイツ4部)でプレー。13試合で5ゴールを記録している。 着実に成長を見せ、結果を残している福田は、ファーストチームのフレンドリーマッチなどにも登場。度々ゴールを決めており、今年に入ってもウィンターブレイク中のゴー・アヘッド・イーグルスとの親善試合で日本代表DF板倉滉と共にピッチに立ち、ゴールを記録していた。 そのプレーはファーストチームを指揮するジェラルド・セオアネ監督の目にも留まっており、若手ストライカーを引き上げる可能性があることを示唆していた中、16日にクラブが公式X(旧ツイッター)で発表した。 <span class="paragraph-title">【動画】福田師王は今年に入っての親善試合で技ありのポジション取りからゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">114&#39; Tooor durch Shio <a href="https://twitter.com/hashtag/Fukuda?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"> <a href="https://twitter.com/hashtag/DieFohlen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DieFohlen</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BMGGAE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BMGGAE</a> 3:2 <a href="https://t.co/K5nmQihaAT">pic.twitter.com/K5nmQihaAT</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1743639473072521545?ref_src=twsrc%5Etfw">January 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.16 22:25 Tue

パリ五輪行きを目指すU-23日本代表、3月にマリとウクライナと国内で対戦! 大岩剛監督「目の前の一戦一戦で勝負にこだわる」

日本サッカー協会(JFA)は15日、U-23日本代表が3月に行う2試合の対戦相手が決定したことを発表した。 すでに3月22日に京都のサンガスタジアム by KYOCERA、25日に福岡の北九州スタジアムで試合が行われることは発表されていた中で対戦相手も決定。22日はU-23マリ代表、25日はU-23ウクライナ代表と対戦することが決定した。 U-23マリ代表戦は、3月22日(金)の19時20分キックオフ。日本テレビ系にて全国生中継。サンガスタジアム by KYOCERAでは、2021年7月14日にMS&AD カップ 2021でなでしこジャパンがオーストラリア女子代表と対戦して以来、2度目の日本代表の試合となる。 U-23ウクライナ代表戦は、3月25日(月)の19時15分キックオフ。TBS系列にて全国生中継される。なお、ウクライナはすでにパリ・オリンピックの出場権を獲得している競合だ。 大岩剛監督は、最終予選前の大事な2試合に向けてコメントしている。 「いよいよオリンピックイヤーを迎え、改めて身が引き締まる思いです。我々の最初のターゲットは、4月から5月に開催されるAFC U23アジアカップカタール2024を勝ち抜き、パリオリンピック2024の出場権を獲得することです」 「そのため、大会直前の3月の活動で、京都でのU-23マリ代表戦に続き、欧州予選を突破したU-23ウクライナ代表と北九州で対戦できるこの2連戦は、非常に重要な試合になります。強豪国との対戦をリクエストしていた中、今回の試合が開催されることに、多くの関係者の皆さまへ御礼申し上げます」 「また、対戦相手のウクライナは国内が戦禍で大変な状況ですが、今回来日し対戦できることを感謝しています。我々のチームがこれまで積み上げてきたものを確認しながら、目の前の一戦一戦で勝負にこだわり、良い状態でアジア最終予選に向かうことができるよう、引き続き準備を進めていきます」 2024.01.15 16:15 Mon

2024年度の日程で五輪OA枠は海外組を招集/六川亨の日本サッカーの歩み

JFA(日本サッカー協会)は18日、2024年度の全カテゴリーの代表チームのスケジュールを発表した。 まずサムライブルーは元旦の1月1日に国立競技場でタイ代表と対戦。試合後には12日から始まるアジアカップのエントリーメンバーを発表し、カタールへと乗り込む。そして3月にはW杯アジア2次予選の北朝鮮とホームで21日に対戦し、26日にはアウェーでの試合が控えている。 その後の6月と9、10、11月のIW(インターナショナルウインドウ=代表活動期間)はいずれもW杯アジア2次予選と最終予選で埋まっている。 気になる3月の北朝鮮との2試合だが、2月にはなでしこジャパンがパリ五輪アジア最終予選で一足先に対戦する。こちらは2月24日がアウェーで、28日がホームとなっている。男女ともにアウェーは北朝鮮での試合を想定して準備しているものの、「AFCには年内に(開催地を)決めて欲しいとリクエストしている」(佐々木則夫・女子委員長)という。 北朝鮮とは、国内では1985年と1989年のW杯予選で旧国立競技場で対戦したが、その後の2005年と2011年のW杯予選は埼玉スタジアムで開催している(E-1選手権はのぞく)。ホームでの試合ではあるが、北朝鮮とは国交がないだけに「JFAだけで決められない。政府と調整中」(山本昌邦ナショナルチームダイレクター)という難しさもある。 24年度の活動について森保一監督は「元日から試合ができるのは幸せなこと。アジアカップ、最終予選と続いていくが、1試合1試合、勝利を全力でつかみ取りたいと思っている。アジアカップで勝つ、2次予選を突破する、最終予選で勝つことに変わりはない」と抱負を述べた。 ちなみにタイ代表の監督は元鹿島監督の石井忠正が今年11月から務めていて、U-23日本代表の大岩剛監督とは鹿島時代に監督とコーチという間柄だった。そして代表チームの監督同士が日本人対決となるのは今回が初めてだ。2012年のW杯最終予選でイラクと対戦した時(1-0)に、イラクの監督はジーコだったというケースはある。 続いてU-23日本代表は3月22日に京都サンガスタジアムで、すでに五輪の出場権を獲得しているU-23マリ代表と、25日には北九州スタジアムで国際親善試合を行うことが決まっている(対戦相手は未定)。 その後、4月15日からはカタールで開催されるAFC U-23アジアカップでパリ五輪の出場権を賭けて韓国、中国、UAEらと争う。グループリーグは2位までが8チームによる決勝トーナメントに進み、3位までが五輪の出場権を獲得。4位はCAF予選4位のギニアとのプレーオフに進むことになっている。 五輪の出場権を獲得したら、6月3日から16日まで海外遠征を予定しており、ここで大岩監督はOA枠として海外組の選手の招集を考えている。6月は、サムライブルーも6日にミャンマー戦(アウェー)、11日にシリア戦(ホーム)が控えているが、森保監督も「代表ファミリーとして、また指導者として、できる限り協力したい」と全面バックアップする予定だ。ちなみにアジアカップのトレーニングパートナーはU-18世代から招集する。 なお、来年度の日程ですでにW杯出場が決まっているのはビーチサッカー日本代表で(ブラインドサッカー男子はパリ・パラリンピック出場が決定)、2月15日から25日までドバイで開催される。「現在FIFAランクは5位」(オズ監督)で、前回ロシア大会は準優勝だっただけに、初優勝へ期待が高まるところだ。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2023.12.19 14:00 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly