スパーズ加入のクルゼフスキが喜びの声「夢が叶った」

2022.02.01 14:37 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスからトッテナムに移籍したスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(21)が、クラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。

冬の移籍市場最終日となった1月31日、1年半のレンタル移籍でトッテナムに加入したクルゼフスキ。ユベントスの発表によると、トッテナムはレンタル料として1000万ユーロ(約13億円)を支払い、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得や出場試合数など設定された各種条件を達成した場合、3500万ユーロ(約45億2000万円)での買い取り義務が生じる契約となった。

これまでユベントスの他にはアタランタやパルマなど、イタリアのクラブでプレーしてきた同選手にとって、プレミアリーグは初めての舞台。だが、子供の頃から憧れがあったようだ。新天地での意気込みとともに、スパーズ加入の喜びを語っている。

「とても気分がいいよ。ここに来られて本当に幸せだ。スパーズがチャンスを与えてくれて凄くありがたいよ」

「15歳の頃からプレミアリーグは気になってたんだ。スウェーデンで見る機会があったからね。当時から世界一のリーグで、今でもそう思っている。別の世界のようだよ」

「『いつ行けるんだろう』と常に考えていた。そしてその時が来たんだ。迷わず決断したよ」

「チームにエネルギーを与えられたらと思う。フットボールが大好きなんだ。だって世界一だろう。攻撃でも守備でもどっちだっていい。試合に勝つために、ゴールやアシストをするために、僕はなんでもやりたい」

「家族や友達とフットボールで遊んでいた5歳の頃からそうだった。僕の全てなんだ。大切なのは楽しんでプレーすること。そうすれば良いプレーができるようになるからね」

「僕は常に前に出続け、より多くのゴールを決めたい。2-0や3-0で勝っているからといって守りに入るようなタイプじゃないんだ。プレーを楽しみ、ゴールを決めたい。新鮮な気持ちで、新しいクラブ、新しいスタジアムに来られて本当に嬉しいよ」

「ファンの皆に会ったり、クラブ全体のことやチームの選手たちのことを知ったりするのが待ちきれない。興奮しているよ。ここに来られて本当に幸せだ。夢が叶ったよ」

関連ニュース
thumb

世界で指折りのGKオブラク、トッテナムがロリス後継者として獲得か

トッテナムが新守護神候補としてアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク(29)の獲得を狙っているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ラ・リーガ屈指の守護神として高い評価を得ており、世界でも指折りのGKであるオブラク。2014年7月に加入したアトレティコでは正守護神として活躍し、これまで公式戦360試合に出場し177試合でクリーンシートを達成している。 ラ・リーガやヨーロッパリーグでのタイトル獲得にも貢献しているオブラクだが、これまでも様々な移籍の噂が浮上。そん中、トッテナムが獲得に動いていると報じられている。 トッテナムはフランス代表GKウーゴ・ロリス(35)が正守護神を務めており、フランス代表ではキャプテンも務めている。トッテナムで10年目を迎えているが、2024年に契約が満了を迎え、そのタイミングで退団すると考えられている。 その後継者としてオブラクを主要なターゲットにしているトッテナムは、来夏の移籍について打診をしているという。 オブラクとアトレティコの契約は2028年までという長期契約中。ただ、アトレティコは移籍について交渉の場に立つ準備はあるようだ。 かつては1億700万ポンド(約167億円)とも言われた契約解除条項だが、現在はかなり値下がりしているとのこと。そこで獲得に動き出すようだ。 オブラクにはマンチェスター・ユナイテッドも、GKダビド・デ・ヘアへの疑問符がついていることから興味を持っているとされており、獲得レースがスタートする可能性もあるようだ。 2022.09.29 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

画期的!NFLが開催されるトッテナムの本拠地がアメフト仕様に様変わり

トッテナム・ホットスパースタジアムがアメリカンフットボールのスタジアムへと変貌を遂げた。 2019年4月初旬にクラブの新たな本拠地として正式に運営が開始されたトッテナム・ホットスパースタジアム。10月2日には、サッカーではなくNFLのミネソタ・バイキングスvsニューオーリンズ・セインツの一戦が行われる。 この一戦に先立ち、NFLのイギリス版公式ツイッターが、トッテナム・ホットスパースタジアムの様子を公開。サッカーのピッチからアメフト仕様のピッチに変わるまでの一日始終を披露している。 スタジアムでは、まずピッチの端を地下に収納。さらにフィールドも3つに分かれており、それぞれが地下に収納されると、その下からアメフト用の芝が出現。そしてゴールポストを設置し、ラインなどを描けば新たなスタジアムが出来上がる。 トッテナム・ホットスパースタジアムでは、これまでにもNFLの試合など様々なイベントが行われてきたが、改めてその画期的な仕組みに注目が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】サッカースタジアムがアメフト仕様に変わるまで</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/SpursStadium?ref_src=twsrc%5Etfw">@SpursStadium</a> in football mode is a thing of beauty!<a href="https://twitter.com/hashtag/NFLUK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NFLUK</a> <a href="https://t.co/cncdN34faY">pic.twitter.com/cncdN34faY</a></p>&mdash; NFL UK (@NFLUK) <a href="https://twitter.com/NFLUK/status/1574043042171916289?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ストライカー不在のバイエルン、ケインを引き続き注視

バイエルンがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)を引き続き注視しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同メディアでは7月にも来夏のバイエルンのトップターゲットとして、今季終了後にトッテナムとの契約が切れるケインの動向を追っていると報じていた。 バイエルンでは今季、FWロベルト・レヴァンドフスキのバルセロナ移籍によって決定力不足が課題に。シーズン開幕当初はリバプールから加入のFWサディオ・マネが穴を埋められるかに思われたが、レヴァンドフスキ不在の影響が徐々に出始め、ブンデスリーガではここ4試合3分け1敗と勝利から見放されている。 2022.09.26 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズで覚醒のクルゼフスキ、ユーベ時代は「努力してもうまくいかなかった」

トッテナムのスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキが、ユベントス在籍時を振り返った。イタリア『tuttomercatoweb』が伝えている。 パルマで頭角を現し、2019-20シーズンのセリエA最優秀若手選手に輝いたクルゼフスキ。2020年夏にはユベントスへとステップアップを果たしたが、大きな活躍を残すことはできなかった。 しかし、昨冬にトッテナムへのレンタルが決まると、アントニオ・コンテ監督のもとで覚醒。半年で公式戦20試合に出場し、5ゴール8アシストと好スタッツを記録した。 攻撃に欠かせない選手として、今季も開幕からここまで全9試合でピッチに立っているクルゼフスキ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、ユベントスでは大きく苦しんだと明かしつつも、現在の環境には満足していると話した。 「僕の気持ちとしては、常に自分のベストを尽くすためにピッチに立っていた。しかし、ユーベではいつもと同じように努力してもうまくいかなかったんだ」 「たしかにユベントスではいろいろな事情があってあまり良い気分ではなかったよ。うまくいっていないことがわかると、同じ環境で状況を好転させるのは難しい。だから、イタリアを離れるという選択は、あの状況ではベストな選択だったんだ」 「コンテの指導? トッテナムでは、主にジムでのトレーニングのおかげで、短期間で身体が変わった。毎日一生懸命に取り組むことで、イタリアにいた時よりも良い選手になったと思う。ロンドンでのトレーニング方法はとても気に入っているし、それは監督のおかげだ」 2022.09.26 18:08 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly