「練習着似合う?」神戸DF槙野智章の馴染みっぷりに武藤嘉紀もツッコミ「3年前からいた雰囲気でてるんよ」

2022.01.28 12:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章がインスタグラムに練習後の1枚を投稿。早速の馴染みっぷりに同僚も驚いた。

10年過ごした浦和レッズを離れ、今シーズンから神戸へと加入した槙野。和歌山でのキャンプに参加している中、自身のSNSに初めて神戸の選手たちとの写真を投稿した。

記念すべき1枚目は、練習後のグラウンドでFW武藤嘉紀とDF酒井高徳と3人でリラックスしている姿。ストレッチしている酒井の横で、武藤が槙野のお尻を枕に寝転がり、槙野は満面の笑みでカメラに目線を送っている。

「皆さん元気ですか?さぁ、こっから上げていきまっしょい‼練習着似合う⁇^ ^」とファンに呼びかけた槙野だが、ファンからは「めんばーつよ」、「似合いすぎでしょ」、「待ってました」、「馴染みすぎ~」といったコメントが。さらに武藤からも「3年前からいた雰囲気でてるんよ」と爆笑の絵文字を添えてのツッコミが飛んでいた。

DFトーマス・フェルマーレンが現役引退したなか、センターバックとしての活躍に期待が寄せられている槙野。そのスタートは順調にいっているようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

神戸DF槙野智章が愛車ナンバープレートの盗難被害を告白「返して下さい」

ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章が盗難被害を明かした。 槙野は19日に自身のツイッターを更新。前後のナンバープレートが外された愛車のテスラの写真をアップした。 槙野は「ナンバープレート盗まれました。返して下さい。売りに出さないで下さい」と呼びかけている。 まさかの盗難被害に浦和レッズで同僚だった元日本代表MF関口訓充(南葛SC/関東1部)は思わず「それはオモロイ!笑自分でとったん??笑」と反応しているが、槙野は「自分で取るかー!笑」と返しており、本気で困っているようだ。 また、サンフレッチェ広島時代から長年一緒にプレーしてきたGK西川周作(浦和レッズ)は「早急に探しときます。とんでもない事起きたね」と心配。槙野は「しゅーちゃんの守備力でキャッチしてくれ^ ^」と依頼。さらに、浦和のOBでもある水内猛氏も「マジ?しかも前後しっかり」と心配すると、「埼玉にあったら教えて下さい。笑」と槙野は捜索依頼をしていた。 ナンバープレートの盗難被害は増加傾向にあるとされており、警視庁は「盗難防止ネジ」の取り付けを推奨しているほど。偽造ナンバーや盗難車に取り付けて犯罪に使用する他、海外では装飾品として使われることもあるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ナンバープレートが外され車体がむき出しになってしまった槙野のテスラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ナンバープレート盗まれました。<br>返して下さい。<br>売りに出さないで下さい。 <a href="https://t.co/falj5yVUR9">pic.twitter.com/falj5yVUR9</a></p>&mdash; 槙野智章 (@tonji5) <a href="https://twitter.com/tonji5/status/1527131015155572736?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

互いに譲らなかった試合、ラストプレーで谷口彰悟がヘッド! 川崎Fが勝利し首位浮上!【明治安田J1第11節】

18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレがノエビアスタジアム神戸で行われ、0-1で川崎Fが勝利を収めた。 前節はサガン鳥栖を相手に今シーズンのリーグ戦で初勝利を挙げた神戸と、勝利すれば首位に浮上できる川崎Fの一戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っていた両チームによる延期試合となった。 ホームの神戸は鳥栖戦から1名を変更。槙野智章がはずれ、菊池流帆が入った。今シーズンのリーグ戦2勝目を目指し、王者に挑む。 対する川崎Fは前節のアビスパ福岡戦と同じメンバーで臨むことに。GKチョン・ソンリョンはJ1で通算200試合出場を達成した。 最初にチャンスを作ったのは川崎F。8分、左からの佐々木のクロスに対してレアンドロ・ダミアンが右足アウトサイドで合わせるもシュートはクロスバーに嫌われる。 互いに攻め合う展開となると、21分には神戸がチャンス。佐々木の横パスを汰木がカット。最後は右サイドを上がってきた郷家がボックス際からシュートもGKチョン・ソンリョンがセーブ。このCKからのクロスを菊池が合わせると、DFに当たったボールがゴールに向かったが、これは外れた。 川崎Fは27分に決定機。左サイドからのマイナスのクロスを脇坂がシュート。しかしこれはブロックされることに。そこからのカウンターで武藤が粘りを見せると、最後はイニエスタからのスルーパスが汰木に通りそうになったが、わずかに通らない。 神戸は36分にもチャンス。イニエスタが運び出すと、相手にプレスをかけられながらもボックス手前でシュート。際どいシュートだったが、わずかに枠を超えていった。 徐々に川崎Fがボールを握る時間が長くなっていく中で、イニエスタが時間を作って神戸はゲームコントロール。互いに譲らない展開が続いていくが、ゴールは生まれないまま前半を終える。 後半だったが立ち上がりに神戸がチャンス。前にアバウトに送ったボールを橘田がヘッド。これが最終ライン裏への絶妙なパスになってしまうと、汰木が反応。独走するがコントロールを誤り、苦しい体勢でのシュートとなり、枠を捉えられない。 後半に入ってからは神戸が前からプレスをかけていき、川崎Fにビルドアップを上手くさせず。運ばれ出すと、引いてブロックを作る戦いを見せる。 57分にはシンプルな攻撃で神戸がチャンス。左サイドへの大きな展開から酒井が素早くクロス、これに反応した武藤が合わせにいくが、谷口がなんとかクリアしてことなきを得る。 リズムを変えたい川崎Fは63分にレアンドロ・ダミアンと遠野を下げて、知念慶とジョアン・シミッチを投入する。すると65分、川崎Fがカウンターを仕掛けると、最後はマルシーニョがボックス内で右足シュート。しかし、これはGK前川がキャッチする。 神戸の集中した守備の前に、川崎Fはボールを繋いで時間を掛けて攻め込んでいく。 神戸はイニエスタと郷家を下げて、井上潮音、小田裕太郎を投入。川崎Fはマルシーニョと脇坂を下げて、宮城天と小林悠を投入していく。 イニエスタが下がったことで時間を作れなくなった神戸。一方で川崎Fはボールを保持しながら、ジリジリと神戸ゴールに迫っていく。 それでもゴールが生まれない中、後半アディショナルタイムにドラマが。右CKを獲得した川崎Fは、小塚のクロスに谷口がニアに飛び込みヘッド。これが決まり、川崎Fが土壇場で先制。その直後に試合は終了し、0-1で川崎Fが勝利し、首位に浮上した。 ヴィッセル神戸 0-1 川崎フロンターレ 【川崎F】 谷口彰悟(後45+2) 2022.05.18 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:神戸vs川崎F】掴みたい2勝目、勝てば首位の川崎Fは4連勝なるか

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月18日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(17位/7pt) vs 川崎フロンターレ(2位/26pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ついに掴んだ1勝を繋げられるか【ヴィッセル神戸】 前節はサガン鳥栖をホームに迎えての一戦。リーグ戦で勝利がない神戸だったが、この日はついに攻撃陣が躍動。アンドレス・イニエスタのゴールを皮切りに、4-0で勝利を収めた。 最下位に沈んでいたチームだったが、この勝利によって最下位を脱出。ここから巻き返しを図っていきたいところだ。 イニエスタ、武藤嘉紀、大迫勇也と役者が揃い踏みした点もプラスに働くと考えて良い。ただ、この1勝で終わっては意味がないところだ。 今節の相手は首位浮上を目指す川崎F。鳥栖戦の勝利がまぐれではなかったことを示さなければいけない。連戦が行われる中で、どのようなパフォーマンスを見せられるか。チーム力も問われる一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、槙野智章、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆勝てば首位、しっかりと掴めるか【川崎フロンターレ】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えた一戦で、2-0と勝利。ACLによる中断後に連勝を飾った。 失意の敗退は記憶には残るものの、チームの足枷となることはもうなさそうだ。そして目の前には首位という大きな目標が手の届くところにある。 内容も充実した2試合を終え、勝てば首位という状況。ここでしっかりと勝利を掴めるかどうかは、今シーズンの優勝戦線を占うといっても良いだろう。 2試合連続クリーンシート中ということもあり、守備陣に自信も。ただ、神戸の攻撃陣は強力であり、隙を見せれば一気に突かれてしまう可能性も高い。まずは先制を目指し、鹿k理と戦いたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.05.18 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「行ってらっしゃいお祭り男!!!」槙野智章の試合前ルーティンが反響も…相手GKには「うるさくてゴメン」と謝罪?

ヴィッセル神戸の試合直前の様子が反響を呼んでいる。 神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第13節でサガン鳥栖をホームに迎え4-0で勝利。開幕から11試合勝利がなく苦境に立たされていた中、待望の今季リーグ戦初白星を手にした。 システムを変更した神戸だったが、DF槙野智章もセンターバックとして先発。試合前には並々ならぬ気合を入れていたようだ。 試合直前の槙野は、チームメイトたちとハイタッチ。大きな声を出しながら気合を入れる。そしてMF佐々木大樹とも手を合わせると、「ワッショイ」の掛け声とともにお尻同士をぶつけ合い。さらに佐々木は「行ってらっしゃーいお祭り男―――」の絶叫で槙野を見送った。 これには神戸の選手たちだけでなく、近くにいた鳥栖のGK朴一圭も思わず笑いをこぼし、目が合った槙野と笑顔でグータッチを交わしていた。 槙野は「試合に向かう時に、出ていない選手からパワーもらいます。槙野、佐々木のやり取りをご覧あれ」とインスタグラムに投稿。朴一圭も「最高でした」と爆笑の絵文字を添えて反応すると、「うるさくてゴメンよ」と冗談交じりに謝罪していた。 一方、盛り上げに一役買った佐々木も自身のツイッターを更新。「リュウホくんやリョウくんにもやってる試合前ルーティン槙くんも欲しがっててやっとできた」と経緯を明かし、「思ったよりええなー笑毎試合盛り上げて楽しませてくれるそれが槙野智章。これからも目が離せない」と自賛している。 <span class="paragraph-title">【動画】「行ってらっしゃーいお祭り男―――」大盛り上がりの試合前ルーティン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CdmjbhZjYoX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CdmjbhZjYoX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CdmjbhZjYoX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VISSEL KOBE | ヴィッセル神戸(@visselkobe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「感情大爆発」ゴールで初勝利に貢献の神戸FW武藤「嬉しすぎて我を忘れてしまいました」

ヴィッセル神戸の日本代表FW武藤嘉紀がサガン鳥栖戦を振り返った。 神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第13節でサガン鳥栖をホームに迎え4-0で勝利。開幕から11試合勝利がなく苦境に立たされていた中、待望の今季初白星を手にした。 最前線で先発した武藤は、2-0とリードで迎えた64分、DF酒井高徳がボックス左でボールを受けたタイミングで、巧みな動き直し。ボックス中央でフリーになると、倒れ込みながら見事なボレーを沈めてみせた。 左ヒザの負傷による離脱もあった武藤にとっては、およそ3カ月ぶりとなるリーグ戦での一発。ゴール直後には雄叫びを上げたが、一夜明けた15日に自身のインスタグラムを更新。 「感情大爆発 ゴール後、嬉しすぎて久しぶりに我を忘れてしまいました。本当に素晴らしいサポート応援ありがとうございました」と振り返った。 鳥栖戦では、武藤に加えてFW大迫勇也やMFアンドレス・イニエスタといった主力選手がしっかり活躍した神戸。ここからの巻き返しに期待がかかる中、18日には第14節で川崎フロンターレをホームに迎える。 <span class="paragraph-title">【写真】ゴール直後に我を忘れて感情を爆発させる武藤嘉紀</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdkue8GJN2u/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdkue8GJN2u/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdkue8GJN2u/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">武藤嘉紀/Yoshinori Muto(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 12:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly