前妻の姪であるフッキの妻がマタニティフォトを公開、キスショットも惜しげなく披露

2022.01.26 21:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロに所属するブラジル代表FWフッキとその妻であるカミラさんがそれぞれのインスタグラムを更新。マタニティフォトを公開している。

Jリーグでのプレー経験もあるフッキは、2019年7月に12年間連れ添った前妻のイランさんと離婚。その数カ月後には、イランさんの姪であるカミラさんと交際をスタートさせると、2020年3月には結婚し、周囲を驚かせた。

カミラさんの叔母であるイランさんとの間には3人の子供がいるフッキだが、2021年9月には新妻カミラさんが妊娠を発表。その性別が女の子で、ザヤと名付けることを報告していた。

そして、2人はSNSを更新し、カミラさんの大きくなったお腹や、そこにキスするフッキ、一緒に飼っているワンちゃんとのスリーショットや、口づけをかわす写真など、幸せ溢れる7枚の写真を投稿した。

カミラさんとの交際が発覚した際には波紋を呼んだフッキだが、投稿には多くのファンから祝福の声が贈られている。

2021シーズンは65試合の出場で34得点と衰え知らずの活躍を披露し、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの得点王と最優秀選手にも輝いたフッキ。活躍にはプライベートの充実も大きな影響を与えているのかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

プレミアリーグがチェルシーの売却を承認、6770億円で残すは政府の許可のみ…リミットは5月31日

プレミアリーグは、チェルシーの売却に関して承認を与えたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ウクライナへのロシアによる軍事侵攻が始まり3カ月が経過。今なお、その紛争は続いている。 その影響もあり、ウラジーミル・プーチン大統領と近しい中にあったロマン・アブラモビッチ氏がオーナーを務めるチェルシーがピンチに。資産が凍結され、クラブが収益を得ることができなくなってしまった。 アブラモビッチ氏は、資産凍結前にクラブの売却意思を示し、イギリス政府やプレミアリーグもアブラモビッチ氏が収益を得ない形が確立されれば売却を認めるとしていた。 そんな中、MLBのロサンゼルス・ドジャースやNBAのロサンゼルス・レイカーズの共同オーナーを務めるトッド・ベーリー氏らが率いるコンソーシアムが、クラブを買収する条件で合意。チェルシーも正式に売却先決定を発表していた。 しかし、アブラモビッチ氏に収益がいく可能性があるとして認められず。調査が入っていたが、無事に承認されたようだ。 プレミアリーグは、42億5000万ポンド(約6770億円)にもなる売却を承認。オーナーのテストに合格したとし、残すは政府がライセンスを発行するかどうかに委ねられるという。 チェルシーの運営ライセンスは、政府に特別に認められたものとなっており、その期限は5月31日。それまでに取引が成立すると見られているが、失敗した場合はクラブが消滅する可能性も指摘されている。 2022.05.25 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「これは報いだ」女性侵入者への強烈タックルに賛否集まる「あまりにも激しい」「ここまでする必要ない」

ピッチ侵入者へのタックルの是非が問われている。 22日、MLS(メジャーリーグ・サッカー)第14節、ナッシュビルvsアトランタ・ユナイテッドの一戦が行われ、2-2のドローに終わった。そして試合結果以上に注目を集めているのが、ファンのピッチ侵入だ。 強烈な雨と雷の影響でキックオフが遅れたこの試合。ピッチに誰もいないタイミングで、1人の若い女性ファンがフェンスを乗り越え侵入した。 数人の警備員に追われながら逃げる女性ファンだったが、別方向からくる警備員に横からタックルを食らい、そのまま地面へと倒れ込んだ。 かなりの衝撃だったようにも見え、女性はぐったりとした様子。それまで女性の逃走劇をハイテンションで伝えていた実況も、一転して心配していた。 この試合で解説を務めていた元アメリカ代表MFのスチュアート・ホールデン氏が自身のツイッターでこの場面の動画を投稿すると、ファンからは「ピッチへの侵入には反対だけど、ここまでする必要はないと思う」、「彼女はあまりにも激しくタックルされている」、「彼は警備員の仕事を全うしただけ」、「ピッチ侵入者への報いだ」と様々な反響が集まっている。 当然、ピッチに侵入したことが問題の発端ではあるが、ピッチに誰もおらず危険性が低かったため、警備員の対応については賛否が分かれている。 <span class="paragraph-title">【動画】アメリカで物議を醸した女性侵入者への強烈タックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Update from Nashville rain delay… female pitch invader tackled by security <a href="https://t.co/CoweOkNcsy">pic.twitter.com/CoweOkNcsy</a></p>&mdash; Stu Holden (@stuholden) <a href="https://twitter.com/stuholden/status/1528196064704176128?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.25 12:17 Wed
twitterfacebook
thumb

オーナー自らPKキッカーを変えろと現場介入するも失敗…クラブは降格、直後に解散が決まる

ブルガリアで1つのクラブが解散することとなった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 衝撃の展開を迎えたのは、ブルガリア1部のツァルスコ・セロ・ソフィアだ。レギュラーシーズンを最下位で終えると、2部との入れ替えプレーオフを戦っていたクラブは22日にロコモティフ・ソフィアとの最終節を迎える。 1-1で迎えた後半アディショナルタイムにツァルスコはPKを獲得。千載一遇のチャンスを迎えると、本来のPKキッカーではないユスファ・ヤッファがボールを譲らず、PKキッカーのマーティン・カブダンスキーを差し置いてペナルティスポットにボールをセットした。 するとその直後、スタンドで観戦していたストイン・マノロフオーナーがピッチに侵入。周囲の制止を振り切り、カブダンスキーにPKを蹴るようヤッファに指示した。 いざこざの末にヤッファは自らピッチを去りひと段落。ようやくカブダンスキーのPKとなるが、このプレッシャーのかかる場面でのキックは相手GKにキャッチされてしまう。 試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、勝ち点3を逃したツァルスコは2部降格が決定。仮にPKが成功し勝利していれば降格を免れていた。 想像もつかない展開で今シーズンの戦いを終えたツァルスコだが、試合直後にはその戦いが永久に終わることも発表されることとなった。マノロフオーナーが声明を発表し、クラブの廃止を宣言するとともに、PKを失敗したカブダンスキーを庇っている。 「クラブはリーグで3年間良い成績を収めた。だが、そろそろクラブを廃止し、来シーズンからプロサッカーに参加しないと言うべきだろう。BFUグループが適切と考える場所を確保するために、今これを発表する」 「ブルガリアのサッカーにお金を投資することは、それを失う最も簡単な方法だ。発展のための土壌がない。神経もお金も無駄になる。しかし、1部での時間や、それ以前に2部リーグに所属していた頃にも、十分に良い瞬間があったことは認めなければならない。選手、コーチ、スタッフ全員に感謝したい」 「マーティン・カブダンスキーはチームに多くのものを与えてくれたし、彼はそのPKを蹴るにふさわしい選手だった」 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチまで降りたオーナーが選手を押しのけ、PKは失敗…ブルガリアで起こった衝撃展開の一部始終</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">FIN DEL TSARSKO SELO con un gran escándalo.<br><br>El club jugó su último partido y dejará de existir.<br><br>En el último penalti Yaffa quiso marcar él, aunque a él no le tocaba. Entonces salió el presidente, Stoyle Manolov, y lo echó de la cancha. <a href="https://t.co/drUqk1P6kc">pic.twitter.com/drUqk1P6kc</a></p>&mdash; Fútbol Búlgaro (@futbolbulgaro) <a href="https://twitter.com/futbolbulgaro/status/1528351747848261634?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.25 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスが優勝&第1子誕生のWおめでた!インフルエンサーの恋人との間に長女が生まれる

マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)に第1子が誕生した。 ジェズスは2021年7月からライアーニ・リマさん(21)と交際をスタート。そして24日、第1子となる娘のヘレナちゃんが誕生したことを自身のインスタグラムで報告し、「僕たちの人生の最高の日」と綴った。 シティは22日に行われたプレミアリーグ最終節のアストン・ビラ戦に勝利しリーグ2連覇を達成。ジェズスは翌日に行われた優勝パレードを家庭の事情で欠席していた。 今シーズンは公式戦41試合の出場で13得点12アシストの数字を記録したジェズス。契約を2023年夏まで残しているが、アーセナル行きの噂で注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【写真】ガブリエウ・ジェズスと恋人リマさんの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd4P9nXIryd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd4P9nXIryd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd4P9nXIryd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">RAIANE LIMA(@raianelima8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.25 11:51 Wed
twitterfacebook
thumb

「マンチェスター・ユナイテッドはゴミだ」英『BBC』が放送事故、生放送中のテロップミスに「技術的な問題」と陳謝

イギリス『BBC』が放送事故を受けてマンチェスター・ユナイテッドに謝罪した。 今シーズンのプレミアリーグも終了。マンチェスター・シティが最終節で、5分間に3ゴールを決める劇的な逆転勝利を収め、連覇を達成した。 そのシティのライバルであるユナイテッドは、オーレ・グンナー・スールシャール監督の下でスタート。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも電撃復帰するなどし、ファン・サポーターは大いに沸いたが、終わってみれば6位とトップ6での最下位に。シーズン途中でラルフ・ラングニック監督に交代したものの、事態は好転しなかった。 ファンが業を煮やす中、新シーズンはエリク・テン・ハグ監督が就任することが決まっており、再起を誓っているが、その反動といえるのか、思わぬ事態が国営放送を巻き込むこととなってしまった。 24日、『BBC』はニュースの番組内でテニスの全仏オープンを取り扱っていた。試合の様子が放送される中、画面下部にはティッカー(短い文章でのお知らせ)が流れていたが、そこに不適切な文言が表示されてしまったのだ。 そこに表示された文言は、「Manchester United Are Rubbish」。意味は「マンチェスター・ユナイテッドはゴミだ」というものだ。なお、他の文言は「Weather rain everywhere(どこも雨模様です)」という一般的なものだった。 わずかなスペースの文言だったが、当然気が付いた人間はおり、SNSで大きな話題に。さらに公共放送がやったことということもあり、騒動となった。 この事態を知った番組プレゼンターは状況を説明し謝罪した。 「少し前ですが、画面下に流れるティッカーで、マンチェスター・ユナイテッドについてコメントするものがあり、かなり変わっていたことに気が付いた方もいらっしゃるかもしれません。マンチェスター・ユナイテッドのファンが気分を害さないことを願っています」 「裏で、誰かがティッカーの使い方、文字を入れる訓練をしており、適当なことを書いていたら、あのコメントが表示されたということです」 「あのテキストを見て気分を害された方、マンチェスター・ユナイテッドのファンに謝罪します」 「ただ、間違いであり、画面に表示されることを意図したものではありませんでした。そのことを説明した方が良いと思いました」 なお、『BBC』は公式声明で「テストティッカーでトレーニング中に技術的な欠陥がありました」とし、「放送中に生じたいかなる不快感も謝罪します」と表示されたテキストについて謝罪した。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃の放送事故…公共放送で「ゴミだ」とテロップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="99X00TKFQiE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 11:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly