多くの主力を欠くセビージャがセルタ相手に2点差追いつく意地のドロー!《ラ・リーガ》

2022.01.23 05:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第22節、セビージャvsセルタが22日にサンチェス・ピスフアンで行われ、2-2のドローに終わった。

首位レアル・マドリーを4ポイント差で追う2位のセビージャ(勝ち点45)が、12位のセルタ(勝ち点26)を相手に2戦ぶりの白星を目指した一戦。前節のバレンシア戦を1-1のドローで終え、連勝がストップしたアンダルシアの雄。今節では新型コロナウイルス感染によってロペテギ監督が引き続き不在となった中、この試合では負傷明けのGKドミトロビッチが復帰すると共に、ヘスス・コロナが加入後初スタメンを飾った。

立ち上がりからハイプレスを仕掛けるアウェイチームのアグレッシブな姿勢に手を焼くセビージャだが、要所で相手のプレスをかいくぐりながら、コロナとオカンポスの両ウイングを起点に局面の打開を図る。

互いに中盤での潰し合いが目立つ中、30分を過ぎて互いに決定機を作り合う。まずは36分、オカンポスが左サイドからのカットインで強烈なシュートを枠に飛ばすと、GKが弾いたボールをアクーニャがシュートもDFアラウホのゴールカバーに遭う。さらに、この撥ね返りをボックス右のコロナがシュートするが、今度は枠を外れた。

すると、直後の37分にはセルタのカウンターが発動。相手陣内を持ち上がったブライス・メンデスからのラストパスを受けたサンティ・ミナがボックス右で放ったシュートをGKドミトロビッチが何とか弾くと、このこぼれ球をセルビが強烈な右足のシュートでドミトロビッチの股間を抜きゴールネットを揺らした。

さらに、畳みかけるアウェイチームは40分、オカンポスのマイナスの落としをカットしたブライス・メンデスからの縦パスをペナルティアーク付近で受けたイアゴ・アスパスが冷静にDFを外して得意の左足のシュートを古巣のゴールへ突き刺した。

リーグ最高の堅守が崩壊し、まさかの2点ビハインドで試合を折り返したセビージャはハーフタイムに3枚替えを敢行。フェルナンド、ラキティッチ、ラファ・ミルを下げてパプ・ゴメス、イバン・ロメロ、オリベル・トーレスを投入。この交代でアクーニャを3バックの左、オカンポスを左ウイングバックに置く[3-4-2-1]の攻撃的な布陣にシフトした。

その後、さらに各選手の立ち位置を変えながら攻め手を見いだそうとするセビージャは、後半半ば過ぎに鮮やかな連続得点を見せる。

まずは71分、ボックス手前右でパスを受けたパプ・ゴメスが鋭いカットインから左足を一閃。ゴール前の相手DFにわずかにディフレクトしたボールがゴール左隅の完璧なコースに決まった。さらに、直後の74分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスを相手DFが触ったこぼれに反応したボックス中央のオリベル・トーレスが放ったシュートがゴール左下隅に決まり、見事な連続得点で試合を振り出しに戻した。

サンチェス・ピスフアンがこの同点劇に沸きに沸く中で畳みかけるホームチームは、81分に絶好の逆転機が訪れる。再び左サイドのアクーニャが入れたクロスに対して、大外から相手サイドバックの前に飛び込んだオリベル・トーレスがダイビングヘッドで合わせるが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

残り時間を考えれば、まだまだゴールチャンスはあったセビージャだったが、以降は選手交代で全体の運動量を取り戻したセルタに粘り強く守り切られた。

この結果、2戦連続ドローと首位マドリーを追う状況で厳しい勝ち点逸となったものの、指揮官を含め多くの主力を欠く中での2点ビハインドを追いつく気概を見せたセビージャは、有力なタイトルコンテンダーとして底力を証明している。


関連ニュース
thumb

ロペテギ監督退任説浮上のセビージャ、モンチSDが否定「彼以外の道はあり得ない」

フレン・ロペテギ監督(55)の退任が囁かれているセビージャだが、スポーツ・ディレクターのモンチ氏が反論している。 2019年6月に就任し、ヨーロッパリーグ(EL)優勝や2シーズン連続でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に導いてきたロペテギ監督。昨年1月に2024年まで契約を延長した中、今シーズンは本拠地サンチェス・ピスフアンでのファイナル進出が期待されたELでの早期敗退はあったものの、直近のアトレティコ・マドリー戦をドローで終えたことで3シーズン連続でのトップ4フィニッシュを確定させるなど、安定した手腕を発揮している。 だが、今シーズンの後半戦に関しては5勝11分け2敗と勝ち切れない試合が目立っており、攻撃面での精度、アイデア不足によるスペクタクルさを欠く試合内容を含め、ホームサポーターからブーイングや批判を浴びることも少なくなかった。 そういった中、ロペテギ監督とクラブ幹部らは、ここ最近の話し合いにおいて、今シーズン限りで関係を解消するという結論に至ったと、スペイン方面から報じられた。また、昨シーズン限りでグラナダの指揮官を退任したディエゴ・マルティネス氏(41)が後任最有力候補と、具体的な名前も飛び出した。 しかし、モンチSDはそれらの報道を全否定。ロペテギ監督への信頼と感謝のコメントをスペイン『Deportes Cope Sevilla』が伝えた。 「ロペテギ監督以外の道はありえない。彼は多くのものをもたらし、我々も感謝している。彼とは有効な契約を結んでいるよ」 また、ホセ・カストロ会長も、3シーズン連続でチャンピオンズリーグ出場権を獲得したスペイン人指揮官に対する信頼を口にしており、来季以降の続投を示唆している。 2022.05.18 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団決定のFWスアレス、インテルが獲得に名乗り

今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団することが明らかになったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)に関して、インテルが獲得に動き出したようだ。 スアレスは2020年9月にバルセロナからアトレティコへと完全移籍。2シーズンを過ごした。 これまでアトレティコでは、公式戦82試合で34ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し11ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で7試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから退団の噂があったスアレスだが、ホーム最終節を前にクラブが公式に退団を発表。今夏にフリーで移籍することとなった。 スペイン『Fichajes』によると、攻撃陣を強化したいインテルは、今夏の移籍市場でスアレスの情報を集めているという。 シモーネ・インザーギ監督も経験豊富なストライカーをフリーで迎えることはプラスと考えており、歓迎しているとされている。 一方で、アストン・ビラ、セビージャ、そしてインテル・マイアミなど、多くのクラブがスアレスに興味を持っているとされ、獲得レースは簡単にはいかないとも見られている。 2022.05.16 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督、退団のスアレスに「強い感謝の気持ち」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が退団選手に感謝を述べた。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコ・マドリーは15日、ラ・リーガ第37節でセビージャと対戦。29分に左CKのチャンスからDFホセ・ヒメネスがヘディングシュートを決めて先制するも、85分に追いつかれ、1-1のまま終了を迎えた。 また、ホーム最終戦となったこの試合のハーフタイムには去就不透明となっていたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの退団が正式にアナウンス。バルセロナから加入し、昨年のリーグ制覇に大きく貢献したストライカーはすでにヒューストン・ダイナモへの今夏移籍が決まっていたメキシコ代表MFエクトル・エレーラとともに試合終了後のセレモニーで別れの挨拶を行った。 シメオネ監督も試合後、クラブの功労者である両選手について言及。スアレスに向けてはアトレティコでプレーした歴戦のストライカーの名前を挙げながら、その功績を讃えた。 「エクトルは思うようなプレーができなかったにもかかわらず、常にリスペクトの気持ちを忘れずに、向上心を持ち続けてきた」 「スアレスについても、感謝している。彼は試合に出続けるため、自分の競争力を示すためにここへやってきた。そして、彼は我々を助け、我々も彼を助けた。彼の力強さや、決定的なプレーがリーグ優勝をもたらしたのだ」 「今シーズンは思うように出番を得られなかったが、チームのトップスコアラーであり続けている。非凡なプレイヤー、そしてそれ以上に彼という人物に向けて強い感謝の気持ちを持っているし、成功を祈っている。自分が特別だと勘違いしている選手は多いが、彼は正真正銘のクラックだ」 「過去に我々は年齢がネックとなっていた(ダビド・)ビジャを獲得した。彼は素晴らしいシーズンを送って、ああいったタイプの選手が持つリーダーシップを我々に与えてくれた。だから、我々はチャンピオンになれたのだと思う」 「そして、同じくバルセロナからルイスがやってきて、チャンピオンになった。(ジエゴ・)コスタがそうであったように、力強いストライカーは、チームを勝利に導くことができる」 2022.05.16 11:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督が今季限りでセビージャ退任へ…

セビージャとフレン・ロペテギ監督(55)が今シーズン限りで袂を分かつことになるようだ。ラ・リーガに精通するスペインジャーナリストのホセ・マヌエル・ガルシア氏が報じている。 2019年6月に就任し、ヨーロッパリーグ(EL)優勝や2シーズン連続でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に導いてきたロペテギ監督。昨年1月に2024年まで契約を延長した中、今シーズンは本拠地サンチェス・ピスフアンでのファイナル進出が期待されたELでの早期敗退はあったものの、直近のアトレティコ・マドリー戦をドローで終えたことで3シーズン連続でのトップ4フィニッシュを確定させるなど、安定した手腕を発揮している。 しかし、今シーズンの後半戦に関しては5勝11分け2敗と勝ち切れない試合が目立っており、攻撃面での精度、アイデア不足によるスペクタクルさを欠く試合内容を含め、ホームサポーターからブーイングや批判を浴びることも少なくない。 そういった中、ロペテギ監督とスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏らはここ最近の話し合いにおいて、今シーズン限りで関係を解消するという結論に至った模様。 そして、あくまで円満な別れ望む両者はクラブが今季の4位以内を確定させた後、正式に退任を発表する予定だという。 また、スペイン『マルカ』によると、後任人事に関しては昨シーズン限りでグラナダの指揮官を退任したディエゴ・マルティネス氏(41)が最有力候補だという。 就任1年目でグラナダをプリメーラ昇格に導き、2019-20シーズンにはクラブに史上初のEL出場権をもたらしたマルティネス氏は、現在指導者としての見聞を広めるために英語の勉強やプレミアリーグを頻繁に観戦するなど、1年の休養期間に入っていた。 そして、来シーズンから現場に復帰する意向を持っているという。 セビージャとの関係では過去にモンチ氏がリザーブチームであるセビージャ・アトレティコの指揮官に任命した他、ウナイ・エメリ監督が率いた時代にトップチームのアシスタントコーチも経験しており、指揮官としての将来性を含め適任と言えるかもしれない。 なお、同氏に関してはバレンシアやエスパニョールも関心を示しているようだ。 2022.05.16 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがアトレティコに追いつきCL出場権獲得《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが15日に行われ、1-1で引き分けた。 前節、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した3位アトレティコ(勝ち点67)と、引き分け以上でCL出場権獲得となる4位セビージャ(勝ち点66)の上位対決。 試合は6分、敵陣高い位置でボールを奪った流れからスアレスが決定的なシュートに持ち込んだアトレティコは、続く8分にはFKからヘイニウドが際どいヘディングシュートを放った。 ホームチームが良い入りを見せた中、徐々に押し込む展開を増やしていったセビージャは24分、エン=ネシリがボックス内に侵入して決定的なシュートを浴びせる。 しかし31分、アトレティコがセットプレーから先制した。カラスコの左CKからヒメネスのヘディングシュートが決まった。先制後はアトレティコが試合をコントロール。前半を1点リードして終えた。 迎えた後半、ヘスス・ナバスとコロナを投入したセビージャだったが、アトレティコが引き続き主導権を握っていく。 56分にはラファ・ミルを投入したものの、やはりアトレティコがペースを握ると68分にはデ・パウルのミドルシュートでゴールに迫った。 攻めあぐねるセビージャは80分、CKの流れからエン=ネシリのヘディングシュートはわずかに枠を捉えきれず。このまま逃げ切られるかと思われたが、85分に追いついた。CKの流れからオリベル・トーレスの右クロスをエン=ネシリが今度はヘディングシュートを決めきった。 このまま1-1でタイムアップ。引き分けに持ち込んだセビージャが最終節を前にCL出場権を獲得している。 2022.05.16 04:31 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly