遠藤&伊藤先発のシュツットガルト、フライブルクにシャットアウト負けで5戦ゴールなし…《ブンデスリーガ》

2022.01.23 01:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは22日、ブンデスリーガ第20節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、DF伊藤洋輝は86分までプレーしている。

前節ライプツィヒにシャットアウト負けし、4戦ゴールなく降格圏の17位に沈んだシュツットガルト(勝ち点18)は、遠藤と伊藤が引き続きスタメンとなった。

6位フライブルク(勝ち点30)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチで、伊藤が左センターバックでスタート。

フライブルクにボールを持たれる展開となった中、シュツットガルトは34分にPKを獲得しかける。ボックス左で仕掛けたティビディがキューブラーに倒されたかに思われたが、VARの末にノーファウルの判定が下った。

すると直後に失点する。ホーラーの落としをペナルティアーク中央のホフラーにミドルシュートを決められた。

1点ビハインドで迎えた後半、シュツットガルトは57分にFKからカライジッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフレッケンにセーブされる。

すると72分にリードを広げられる。浮き球のルーズボール処理をアントンと伊藤が見合ったところをシャーデにかっさらわれてそのままゴールを許した。

このまま0-2でシュツットガルトは敗戦。5戦ゴールなしとなった。


関連ニュース
thumb

「やり過ぎ感あるけど笑」遠藤航に子供たちが贈った“センスあり過ぎな落書き”が早くもグッズ化!

子供たちのセンス溢れる“落書き”が公式にグッズ化された。 日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝が所属するシュツットガルトは14日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦。前節終了時点で2部との入れ替え戦出場圏内の16位だったシュツットガルトにとって負けられない一戦を迎えた。 試合は1-1で迎えた後半アディショナルタイム、左CKを伊藤がヘディングでフリックし、ファーサイドで遠藤がダイビングヘッド。劇的な決勝弾で勝利を収めたシュツットガルトは、ヘルタ・ベルリンが敗れたことで15位に浮上し、降格を免れた。 主将としてチームを牽引し、残留を掴むゴールを奪った遠藤だが、試合から一夜明けて自身のツイッターを更新。「昨日家に帰ったら近所の子供達が僕の家の前に書いてくれてました(^^)」と、道路にチョークで描かれたものの写真を投稿していた。 そこには「LEGENDO」という文字。クラブを奇跡の残留に導いた遠藤に対し、レジェンド「Legend」と、遠藤「Endo」をかけて、「LEG」を赤字、「ENDO」を白字で書くサプライズが贈られていた。 センス溢れる“落書き”は現地や日本のファンの間でも大きな話題となったが、シュツットガルトは早速動き、クラブの公式ストアで購入が可能に。ユニフォームに「LEGENDO」とマーキングできるようになっている。なお、背番号は遠藤が着用する「3」だ。 これには遠藤本人も「やり過ぎ感あるけど、買えます笑」と驚いている。 <span class="paragraph-title">【写真】グッズ化のきっかけとなった子供たちのセンス溢れる“落書き”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Guten Morgen <a href="https://t.co/Hx8abxLZBr">pic.twitter.com/Hx8abxLZBr</a></p>&mdash; 遠藤 航 (Wataru Endo) (@wataru0209) <a href="https://twitter.com/wataru0209/status/1525730459392651265?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 12:02 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル保有のマヴロパノスが完全移籍へ! ブンデス残留のシュツットガルトに買取義務発生

ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(24)がシュツットガルトに完全移籍を果たすようだ。 マヴロパノスは2018年1月からアーセナルが保有するセンターバックだが、出番に恵まれず、2020年1月のニュルンベルク入りからドイツが主戦場に。同年7月からはシュツットガルト入りした。 シュツットガルトとのローン契約を延長した今季もブンデスリーガ31試合に出場。チームは先週末のリーグ最終節まで降格危機に瀕したが、日本代表MF遠藤航の劇的弾で制して1部残留を決めた。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、シュツットガルトの1部残留決定でマヴロパノスの契約に付く買り取り義務が発動。額は270万ポンド(約4億2000万円)前後だという。 なお、マブロパノスは近々、シュツットガルトと将来について話し合う見通しとのことだ。 2022.05.16 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「センスあり過ぎ」チームを降格の危機から救った遠藤航、自宅前には近所の子供たちからの“ほっこり”サプライズ

チームを救ったキャプテンのプレーは、子供たちの心も動かしてしまったようだ。 14日、ブンデスリーガ最終節が行われ、シュツットガルトはケルンと対戦。1-1で迎えた後半アディショナルタイムに、日本代表MF遠藤航が起死回生の勝ち越しゴールを決めて勝利を収めた。 勝ち点差「3」で残留争いをしていたシュツットガルト。残留圏のヘルタ・ベルリンは、ドルトムントと対戦しリードしていたが、終盤に2失点し2-1で敗戦。シュツットガルトは、遠藤のゴールで勝利を収めると、勝ち点でヘルタ・ベルリンと並び、得失点差で抜いて残留圏でシーズンを終えた。 CKからのクロスをDF伊藤洋輝がヘディングでフリックし、ファーサイドで遠藤がダイビングヘッドという劇的すぎる展開に、スタンドのファンもピッチに降りて祝うなど大騒ぎとなった。 2年連続のデュエルキングにも輝き、キャプテンとしてチームを牽引した遠藤のゴールで残留を掴んだシュツットガルト。その遠藤は一夜明けて自身のツイッターを更新。近所の子供たちからのサプライズを受けたという。 遠藤は1枚の写真を投稿。「昨日家に帰ったら近所の子供達が僕の家の前に書いてくれてました(^^)」と、道路にチョークで描かれたものの写真を投稿した。 そこには「LEGENDO」という文字。クラブを奇跡の残留に導いた遠藤に対し、レジェンド「Legend」と、遠藤「Endo」をかけて、「LEG」を赤字、「ENDO」を白字で書くサプライズを見せた。 自分たちが愛するチームを救ってくれたキャプテンに対する子供達なりの敬意の表れ。見事な活躍へのご褒美は、身近にもあったようだ。 これにはファンも「感動したぁ」、「この子供めちゃくちゃセンス良いな」、「粋だねぇ」、「センスあり過ぎ」、「語呂合わせが上手」と、子供たちの計らいに反応していた。 <span class="paragraph-title">【写真】チームを降格の危機から救った遠藤航に近所の子供からのほっこりサプライズ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Guten Morgen <a href="https://t.co/Hx8abxLZBr">pic.twitter.com/Hx8abxLZBr</a></p>&mdash; 遠藤 航 (Wataru Endo) (@wataru0209) <a href="https://twitter.com/wataru0209/status/1525730459392651265?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.15 22:34 Sun
twitterfacebook
thumb

448回で2年連続の“デュエルキング”になった遠藤航「終わり良ければすべて良し」と残留を喜ぶ

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、偉大な記録を達成し、残留を喜んだ。 14日、ブンデスリーガ最終節が一斉開催で行われた。 シュツットガルトは、最終節の段階で16位とプレーオフ圏内に。15位のヘルタ・ベルリンとは勝ち点差「3」となっており、勝利しか残留決定の道はなかった。 そのシュツットガルトはケルンとホームで対戦。遠藤、そしてDF伊藤洋輝はともに先発フル出場を果たすと、1-1のまま試合は終盤を迎えた。 ヘルタ・ベルリンがドルトムントに逆転負けをした中、1点を取れば残留が確定するシュツットガルト。しかし、後半アディショナルタイムに入ってしまい、難しいと思われたが、CKのクロスを伊藤がフリック。これを遠藤がダイビングヘッドで決めて2-1と勝ち越し、見事に残留を決めた。 試合後、遠藤はロッカールームでの集合写真を投稿し、残留を祝った。 「終わり良ければすべて良し」 「今シーズンも素晴らしいサポートありがとうございました!」 「僕たちにとって本当にタフなシーズンでしたが、僕たちはブンデスリーガに残ります」 また、全日程が終わった中で、遠藤はデュエル勝利数を「448」とし、リーグ1位に。“デュエルキング”という名で大きく話題を呼んだ昨シーズンに続いて、2年連続でリーグ1位のデュエル勝利数を記録した。 なお、昨シーズンは476回を記録しており、いかに昨シーズンの数字が優れていたかが分かる。 <span class="paragraph-title">【写真】ロッカールームで残留を祝うシュツットガルトの面々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdjJq3kIcM0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdjJq3kIcM0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdjJq3kIcM0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">遠藤 航 (Wataru Endo)(@endowataru)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.15 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

「ワタルが決めてくれて良かった」土壇場で残留掴んだシュツットガルト指揮官が感激「言葉では言い表せない」

シュツットガルトのペッレグリノ・マタラッツォ監督が、土壇場での残留決定を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、ブンデスリーガ最終節が一斉開催で行われた。 シュツットガルトは、最終節の段階で16位とプレーオフ圏内に勝たなければ残留への道が開けないという状況の中、12分にササ・カライジッチのゴールで先制したものの、14分にアントニー・モデストのゴールでケルンに追いつかれる展開となる。 残留を争うヘルタ・ベルリンはアウェイでドルトムントに逆転負け。シュツットガルトは勝てば残留が決まる状況のんかあ、試合は1-1のまま後半アディショナルタイムに入った。 引き分けで終わるかと思われた中、アディショナルタイム2分、左CKからのクロスをニアに走り込んだ伊藤洋輝がフリック。すると、これに遠藤航がダイビングヘッドで合わせてまさかのゴール。ホームのスタンドも大盛り上がり、マタラッツォ監督も走り出して喜ぶなどし、そのまま2-1で勝利。日本人コンビの活躍でシュツットガルトが逆転残留を決めた。 土壇場での逆転残留にマタラッツォ監督も歓喜。チームとしてなんとしても残留するという気概を感じたとし、決勝ゴールを決めたキャプテンの遠藤を称えた。 「もっと上位に食い込むべきだった。そして、ウィンターブレイクからの立ち上がりがあまり良くなかった」 「ただ、どんな犠牲を払ってでも、試合に勝ちたいというチームの意志が明らかになった」 「2-1となったのは、常に自分たちを信じ、それを守ってきた人たちへのご褒美だった。シュツットガルトのファミリー全員にとって素晴らしい日 だ」 「勝利の瞬間は、言葉では言い表せない。それは純粋な感情だった」 「ワタルがゴールを決めてくれて良かった。チーム全体が喜んでいる」 「我々はシーズンを通して何度も何度も立ち上がる力があることを示し、今日それを達成した」 <span class="paragraph-title">【動画】監督も称賛した、遠藤航がチームを救った奇跡のダイビングヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2Z7dbykCNLU";var video_start = 24;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 13:04 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly