ハーランド2戦連発のドルトムント、ホッフェンハイムとの上位対決を制す《ブンデスリーガ》

2022.01.23 01:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第20節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。

前節フライブルクとの上位対決をムニエとハーランドのドッペルパックで5発圧勝として首位バイエルンとの6ポイント差を維持した2位ドルトムント(勝ち点40)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のザンクト・パウリ相手に敗れて敗退となってしまった。そのドルトムントは負傷のムニエが欠場となり、右サイドバックにはヴォルフが入った。

4位ホッフェンハイム(勝ち点31)に対し、ハーランド、ロイス、マレンの3トップで臨んだドルトムントは6分に先制する。ベリンガムとのワンツーでボックス左に侵入したマレンがクロスを送り、最後はハーランドが蹴り込んだ。

リードしたドルトムントは23分にピンチ。CKの流れからクリス・リチャーズのヘディングシュートがバーを叩いた。

ハーフタイムにかけても追加点に迫るような好機を作れずにいたドルトムントは追加タイム1分に追いつかれる。ベブの右クロスからクラマリッチにボレーシュートを蹴り込まれた。

1-1で迎えた後半、56分に2枚替えを行ったドルトムントが58分に勝ち越す。マレンのスルーパスに抜け出したロイスがGKとの一対一を制した。

さらに66分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス左で縦に仕掛けたマレンのクロスがラウムのオウンゴールを誘った。

77分にラターにゴールを許して1点差とされたドルトムントだったが、3-2で逃げ切り。3連勝としてバイエルンにプレッシャーをかけている。

関連ニュース
thumb

ドルトムント、アヤックスから逸材左SBを獲得!

ドルトムントは24日、アヤックスからU-18オランダ代表DFプリンス・アニング(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 なお、当面はドイツ3部に所属するドルトムントⅡでプレーし、トップチームデビューを目指すことになる。 ガーナ人の両親の下、オランダで生まれ育ったアニングは、個での打開力と推進力、パワフル且つ正確な左足のキックを特長とする左サイドバック。今シーズンのアヤックスU-18チームでは公式戦23試合に出場していた。 アヤックスサイドはトップチーム昇格を見込んでいたものの、UEFAユースリーグの対戦でのパフォーマンスに感銘を受けたドルトムントが、ここ数カ月の間に家族を含めて熱心な説得にあたった結果、逸材の確保に成功した形だ。 2022.06.25 14:22 Sat
twitterfacebook
thumb

2年の武者修行も実らず…レアルMFヘイニエルがベンフィカ行き? 買取OP付きのレンタルで本人も乗り気

レアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)に関して、ベンフィカが獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。 外国人枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとってもヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。 2年間のレンタル期間が終わったヘイニエルだが、新シーズンもマドリーでプレーすることはないと見られている。その中で獲得に手を挙げたのがベンフィカだった。 代理人であるジュリアーノ・ベルトルッチ氏と交渉を進めているベンフィカ。買い取りオプション付きのレンタル移籍で考えているとのことだ。 まだまだ伸び代のあるヘイニエルは、ベンフィカへの移籍に前向き。父であるマウロ・ブラジリア氏は「とても興奮している」と息子の様子を明かしている。 また、父としてもベンフィカ移籍は好意的に受け止めていると言い、「息子と家族にとって良いことをもたらすだけだ。言葉が通じ、選手をトップリーグへと送り込んでいる国だ。とても興味深いプロジェクトだ」と語った。 2022.06.25 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、アヤックスFWアラー獲得が決定的に! 移籍金は50億円

ドルトムントが、アヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(27)の獲得を決定的なものにしたようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ここまでドイツ代表FWカリム・アデイェミをはじめ、同代表のDFニクラス・ジューレ、DFニコ・シュロッターベック、さらにはトルコ代表MFサリフ・エズジャンを獲得するなど、多くの即戦力候補を手中にしているドルトムント。ここにアヤックスの点取り屋も加わることになるようだ。 生まれ故郷のフランスでキャリアをスタートしたアラーは、ユトレヒトやフランクフルト、ウェストハムを渡り歩き、2021年1月にアヤックスに移籍。その半年でエールディビジ19試合11ゴールという高い得点力を発揮すると、今季もリーグ戦では31試合で21ゴール7アシストの活躍。さらにチャンピオンズリーグでも、グループステージ初戦となったスポルティング戦での4ゴールを皮切りに7試合連続ゴールを記録し、ラウンド16までの8試合で11ゴールを挙げた。 CLのグループステージ全試合で得点した史上2人目として注目を浴びたアラーを、ドルトムントは今夏にマンチェスター・シティに引き抜かれたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜として注目。伝えられるところによると、アヤックスとは移籍金3500万ユーロ(約50億円)でクラブ間合意し、正式発表まで残すはメディカルチェックと事務処理のみという状況のようだ。 2022.06.22 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表DFラウムに複数ビッグクラブが関心

ホッフェンハイムのドイツ代表DFダビド・ラウム(24)に幾つかのビッグクラブが関心を示しているようだ。 今シーズンのホッフェンハイム、ドイツ代表での印象的なパフォーマンスによって今夏のステップアップが有力視されるラウム。 イングランドの著名なジャーナリストであるジョナサン・シュレーガー氏によると、その24歳DFにはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドのマンチェスター勢、トッテナムとドルトムントの4クラブが関心を示しているという。 ブライトンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ獲得を狙うシティを始め、左のサイドバックやウイングバックのポジションの頭数が揃っている前述のクラブは、必ずしもラウム獲得は優先事項ではない。 ただ、爆発的なスピードと高精度の左足、豊富な運動量と攻撃的なサイドバックに求められる多くの要素を兼ね備える伸びしろ十分なドイツ代表DFは、獲得のチャンスがあれば、チャレンジしたいと思わせる実力者だ。 8歳でグロイター・フュルトの下部組織に入団したラウムは、2017年にトップチームデビュー。当初は攻撃センスに優れるサイドアタッカーとして出場を重ねていたが、2018-19シーズンにダミル・ブリッチ監督の下、サイドバックにコンバートされた。 そして、昨夏にステップアップを遂げたホッフェンハイムでは左のサイドバックとウイングバックを主戦場にリーグ戦32試合に出場し、3ゴール13アシストの圧巻のスタッツを記録。 また、U-24ドイツ代表として東京オリンピックにも参戦したラウムは、ハンジ・フリック現体制でフル代表にも招集されており、ここまで9試合に出場するなど、レギュラーの座を掴んでいる。 2022.06.20 14:53 Mon
twitterfacebook
thumb

積極補強のドルトムント、アヤックスのコートジボワール代表FWアラーにオファーか

ドルトムントがアヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(27)の獲得に関心を示しているようだ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 エースのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがマンチェスター・シティへ移籍したことで莫大な資金を手にしたドルトムントは、11季ぶりのリーグ制覇を目指し、今夏の移籍市場で積極的な補強に着手。 すでに後釜としてザルツブルクからドイツ代表FWカリム・アデイェミを確保。さらにバイエルンからドイツ代表DFニクラス・ジューレ、フライブルクからドイツ代表DFニコ・シュロッターベック、ケルンからトルコ代表MFサリフ・エズジャンを獲得するなど、即戦力の補強に成功している。 そして『テレグラフ』によると、ドルトムントは次なるターゲットとしてアラーの獲得に動き始めたようだ。 2021年1月にアヤックスに加入したアラーは、在籍1年半で公式戦65試合に出場し47ゴール16アシストを記録。すでにチームのエースに君臨しており、今季はエールディビジ31試合で21ゴールをマークし得点王に輝いた。また、チャンピオンズリーグでは、史上2人目となるグループステージ6試合連続ゴールを記録していた。 ドルトムントはアラーの移籍金として3300万ユーロ+ボーナスの移籍金を提示したとされており、『テレグラフ』は総額3800万ユーロ程度で交渉が成立すると伝えている。 なお、すでにアヤックスはアラーの後釜を探しており、今冬にザルツブルグからレンタルで加入し7ゴールを記録したU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビーや、今季バイエルンからアンデルレヒトへレンタル移籍していたU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィーに関心を示しているようだ。 2022.06.20 01:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly