CL控えるチェルシー&マドリーに懸念…フランスのコロナ対策変更でワクチン未接種選手はCLアウェイ戦欠場か

2022.01.20 22:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)、リールと対戦するレアル・マドリー、チェルシーの一部選手がラウンド16のアウェイゲームでプレーできない可能性が出てきている。『ESPN』が伝えている。

フランス政府はオミクロン株の猛威を受け、新型コロナウイルス感染対策に関して、同国のレストランや観光地、航空機や長距離鉄道などを利用する場合に提示を義務付けている「衛生パス」を「ワクチンパス」に移行することを国会で承認。

さらに、フランスのスポーツ大臣、ロクサナ・マラシネアヌ氏は先週、ワクチン接種義務が「すべての観客、アスリート、フランス人または外国人の専門家」に適用されると主張し、これまで幾つかの分野で認められていた特例を撤廃することを明言した。

これにより、これまでPCR検査などによる陰性証明で入国、試合でのプレーが可能だった選手に関しても、完全なワクチン接種が完了していない場合、同国でプレーすることが不可能となった。

これを受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は『ESPN』の取材に対して、各国のコロナ規制に関する同連盟の姿勢を以下のように説明している。

「UEFAは、2月にUEFAのクラブ大会が再開される前に、ヨーロッパ中の関連する利害関係者と連絡を取り合っています」

「各国で試合が行われる特定の条件は、その国の管轄当局の決定に従うものとします」

「各チームは原則として、試合が行われる国で適用される規則を遵守する必要がありますが、ノックアウトフェーズに適用されるコロナウイルスによる特別な規則を含む特定の競技付属書(現在精緻化中)は、この点に関してさらなるガイダンスを提供する可能性があります」

なお、UEFAのガイドラインによれば、ノックアウトラウンドにおいて双方の試合で中立地開催の可能性を残しているが、その中立地開催を行う場合はホームクラブは適切な代替会場を提案する必要があり、昨シーズンのチーム自体の入国が認められないなど、特殊なケースを除き、その案を採用する可能性は低い模様だ。

なお、現時点でレアル・マドリー、チェルシーのクラブ内でのワクチン接種の詳細は不明だが、ヨーロッパの5大リーグにおいて最もワクチン接種が遅れているプレミアリーグに属するチェルシーに関しては数選手がワクチン未接種と見られており、現時点ではリールとのアウェイゲームに帯同できない可能性があるようだ。

現在、UEFAとフランス当局は規制緩和などの話し合いを行っているよだが、スポーツ界では先日のテニス全豪オープンにおけるノバク・ジョコビッチの一件によって話し合いは難航を極める見込みだ。

関連ニュース
thumb

チェルシーがフレンキー・デ・ヨングを狙う! 2人のスペイン人DFが鍵か

チェルシーが、バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)の獲得を狙っているようだ。スペイン人ジャーナリストのセルヒオ・サントス氏が報じている。 今夏の移籍市場ではしばらくマンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰されてきたフレンキー・デ・ヨング。バルセロナとしては戦力外ではないものの、深刻な財政難を緩和させるため、市場に出さざるを得ない状況と言われていた。 しかし、ここ最近では、ジョアン・ラポルタ会長が「売りたくないし、売るつもりもない」と憶測を否定。資金を捻出しなければならない状況ではあるが、オランダ代表MFについては非売品という見方を示した。 そんな中、新たにデ・ヨング獲得に名乗りをあげたのがチェルシーだ。今夏の獲得候補としてスポルティングCPのポルトガル代表MFマテウス・ヌネス(23)の噂が上がるなど、中盤の補強を目指していると目されるチェルシー。 ユナイテッドが獲得に漕ぎ着けなかった今、チェルシーも難しい交渉を強いられそうだが、両クラブ間ではスペイン代表のDFセサル・アスピリクエタとDFマルコス・アロンソの移籍交渉が進行中。この2人を交渉材料にすれば、あるいはチャンスがあるかもしれない。 2022.07.07 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、デ・リフト獲得は困難か…選手側が交渉をストップ

去就が注目されるユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトだが、チェルシーとの交渉をストップさせたようだ。 チェルシーとバイエルンが熾烈なデッドヒートを繰り広げるデ・リフト争奪戦。当初は出足の早かったチェルシーが獲得に近づいていたが、現状では猛烈な追い上げを見せたバイエルンがポールポジションに立っている。 すでに個人間合意が報じられており、クラブ間の交渉を詰めるのみとなっているが、バイエルンが提示したフランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーは門前払いされた模様。現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めるユベントスは、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのことだった。 ここでチェルシーにも再びチャンスが訪れるかに思われたが、ドイツ人ジャーナリストのクリスチャン・フォーク氏によると、ミラノでハサン・サリハミジッチ氏とフェデリコ・チェルビーニ氏の両クラブのディレクターによる会合が行われ、バイエルン行きを望んでいるオランダ代表DFの意向を汲み、また、同クラブが移籍金を上げることを見越してチェルシーとの交渉を一旦中止するという決断を下したようだ。 なお、同氏によれば、バイエルンは今後7000万から7500万ユーロにボーナスを加えた新オファーを提示する見込みとのこと。ユベントス側と多少の溝はあるものの、移籍が成立する可能性はあるという。 2022.07.07 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

胸スポンサー『Three』継続のチェルシーが新ユニを発表!クラブの愛称を変えた人物への敬意を表したデザインに

チェルシーは7日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 引き続きナイキがサプライヤーを務めているユニフォームは、テッド・ドレイク氏へのオマージュを込めたデザインになっている。 現役時代は主にアーセナルで活躍したドレイク氏だが、1952年にチェルシーの監督に就任すると、1954-55シーズンにクラブ史上初のトップリーグ優勝に導く。さらに、クラブの愛称を「ベンショナーズ(退役軍人の意)」から「ブルーズ」に変えた人物でもある。 例年通り青を基調とした新ユニフォームのシャツの襟のボタンにも「the Blues」の文字があしらわれている。また、白地の襟にはクラブのエンブレムでもあるライオンがターコイズブルーで描かれている。 また、胸スポンサーについては、イギリスの通信会社『Three』が継続。今年2月に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、ロマン・アブラモビッチ前オーナーの資産がイギリス政府に凍結された際にはスポンサー契約を一時停止することを求めていたが、クラブの売却が決定したため、その関係は続いている。 そして、ショーツは青、ソックスは白をベースにしたデザインになっている。 <span class="paragraph-title">【写真】『Three』のロゴが入ったチェルシーの新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfs_67sNsgg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfs_67sNsgg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfs_67sNsgg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chelsea FC(@chelseafc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.07 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ウインガーを探すニューカッスル、チェルシーのハドソン=オドイにも注目か

ニューカッスルが、チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(21)に注目しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ここまでサウジアラビア資本の豊富な資金を元手に、オランダ代表DFスヴェン・ボトマン、イングランド人DFマット・ターゲット、イングランド代表GKニック・ポープを獲得しているニューカッスル。守備から固める方針で、着実に戦力増加を進めている。 そろそろ前線の選手も欲しいところだが、獲得に動いていたエバートンのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)は、相手側が売却を固辞したことで交渉は打ち切り。そして、以前にチェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)への関心が伝えられたマグパイズは、ハドソン=オドイにも興味を示しているようだ。 多くの有望株を輩出するチェルシーアカデミーの中でも最高傑作の一人に数えられるオドイ。10代の頃からトップチームで出場しており、通算では126試合を数えるが、昨季はアキレス腱の負傷もあり、全体で28試合の出場に留まった。 さらに、来季に向けてはイングランド代表FWラヒーム・スターリングの加入が濃厚となっており、出場時間の減少が見込まれている。そのため、オファーがあれば前向きに検討すると『サン』は予想。なお、『transfermarkt』による市場価値は、ゴードン獲得に用意していた4000万ユーロより4割ほど安価となっている。 ニューカッスルはまた、レバークーゼンのフランス代表FWムサ・ディアビ(23)にも注目しているが、こちらは7000万ユーロという移籍金に二の足を踏んでいる模様だ 2022.07.07 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがスターリングと個人間合意! 週給は現スカッド最高の30万ポンドか

チェルシーとマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング(27)が個人間合意に達したようだ。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場でチェルシーが力を入れて獲得に動いていたスターリング。シティ側としても契約が1年を切ることに加え、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドなど前線に複数の選手が加わることから、前向きに交渉に取り組んでいる。 そして、チェルシーはクラブ間合意に先駆けて個人間合意に達した模様。伝えられるところでは、提示した週給は現スカッドで最高額となる30万ポンド。また、27歳はトーマス・トゥヘル監督との話し合いで、プロジェクトや野心に感銘を受けたとのことで、バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、パリ・サンジェルマンといった錚々たるクラブとの争奪戦を制するに至ったようだ。 残す問題はクラブ間合意だが、こちらも近くまとまると予想されている。これまでの情報によれば、チェルシーは推定4500万ポンド(約73億5000万円)の移籍金を準備しているとのことだ。 2022.07.07 13:26 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly