J3から再出発の愛媛が瀬戸内海と雲をイメージした新ユニフォームを発表!背中には愛媛県が

2022.01.20 19:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは20日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。

愛媛は昨季の明治安田生命J2リーグにおいて開幕から苦戦が続き、7勝14分け21敗の勝ち点35で21位でシーズンを終え、今季はJ3でから再出発。8年ぶりに復帰した石丸清隆監督のもと、1年でのJ2復帰を目指す。

その愛媛のユニフォームデザインには、クラブエンブレムにも取り入れられている「瀬戸内海」の海を全体のベースイメージに、瀬戸内海の波の上に浮かぶ白い雲を表現。その雲を抜けるように昇り、高みを目指していく決意を表している。

肩から袖先に向かうラインは、少しずつ糸を紡ぐように太くなり、愛媛FCを通じて、人と人とが繋がり、その関係が強い絆になるよう願いが込められている。

背面には愛媛県の影が描かれており、愛媛県全域20市町をホームタウンとし、愛媛県民の皆様とより繋がりを深め、共に厳しいリーグ戦を戦い抜く志を込めたデザインになっている。

フィールドプレーヤーの1stユニフォームは、チームカラーであるオレンジを全体に使い、柄は濃淡とホワイトで描かれる。2ndユニフォームには、愛媛県の花である「みかんの花」と同じホワイト、ゴールキーパーは昨シーズンに引き続きグリーンとイエローをそれぞれ採用している。



1 2

関連ニュース
thumb

愛媛FCが天皇杯予選決勝を辞退、FC今治が出場…トップチーム内で新型コロナ感染者多数

愛媛FCは6日、8日に行われる予定だった天皇杯予選決勝を辞退することを発表した。 愛媛では2日に選手1名、5日に選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けていた中、6日にも選手2人が陽性判定を受けていた。 それぞれ選手たちには症状もあり、療養している中、クラブとして出場を辞退することを決定したという。 愛媛は声明で「トップチーム内で新型コロナウイルス感染者が多数確認された事をうけて、運営に関わる関係者、両クラブ選手、スタッフの安全を第一に考え、感染拡大を阻止する事を選び、結果、弊クラブは同大会を辞退する事にいたしましたのでお知らせいたします」と説明した。 また、「天皇杯出場チーム決定期限が5月8日のため代替試合の開催ができませんので、両チーム確認のうえ、FC今治が愛媛県代表として天皇杯へ出場することとなります」とし、決勝の相手であるFC今治が愛媛県代表として天皇杯に出場することが決まったとした。 2022.05.06 13:34 Fri
twitterfacebook
thumb

愛媛2選手が新型コロナ陽性…濃厚接触者はなし

愛媛FCは5日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス感染を報告した。 2選手は4日朝に発熱などの症状があり、即日にPCR検査を受検。両名とも陽性判定が下され、現在は保健所の指導のもとで療養している。 また、本件における濃厚接触者はなし。4日時点で、その他のスタッフ・選手は同日のPCR検査で全員の陰性を確認しているという。 2022.05.05 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

チーム内の新型コロナ感染者多数でJ3の八戸vs相模原、鳥取vs愛媛の2試合が中止に

Jリーグは3日、明治安田生命J3リーグの2試合の中止を発表した。 今回中止が決定したのは、4日に行われる明治安田J3第8節のヴァンラーレ八戸vsSC相模原、5日に行われるガイナーレ鳥取vs愛媛FCの2試合となる。 Jリーグの発表によると、八戸vs相模原の一戦は、相模原のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が複数発生。エントリー可能な選手数が規定の人数を下回るため、試合が中止となった。 相模原では、陽性者に加え、隔離措置を取った選手、ケガなどで離脱している選手を除いた場合に13名に満たないこととなった。 また、鳥取vs愛媛の一戦は、鳥取のチーム内で新型コロナウイルスの陽性者が複数名発生。管轄の保健所から選手やスタッフの複数名が濃厚接触者の指定を受け、エントリー人数を満たせなくなったとのことだ。 なお、代替え日はいずれの試合も未定となっている。 2022.05.03 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛選手1名が新型コロナ陽性…現在は療養

愛媛FCは2日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は4月30日夜に体調の違和感を覚え、2日朝に発熱し、即日にPCR検査を受検。陽性判定を受け、現在は保健所の指導下で療養している。 また、クラブ関係者に濃厚接触者と認定された選手・スタッフはいないという。 2022.05.02 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛のMF岩井柊弥が右ヒザの手術で全治9カ月…開幕前のトレーニング中に負傷

愛媛FCは15日、MF岩井柊弥の負傷を発表した。 クラブの発表によると、岩井は2月25日のトレーニング中に負傷していたとのことだ。 検査の結果、右ヒザ前十字じん帯損傷、内側側副じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷。4月9日に手術を受けたとのことだ。 なお、全治は9カ月となっており今シーズン中の復帰は叶わなくなった。 岩井は愛媛の下部組織育ちで、2019年にトップチーム昇格。2021シーズンは明治安田生命J2リーグで19試合に出場していた。 2022.04.15 12:34 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly