「これ以上のお手本はいない」リバプールで成長中のゴードンがエースのサラーを絶賛

2022.01.20 17:15 Thu
Getty Images
リバプールのU-18イングランド代表FWカイデ・ゴードンが、トップチームでプレーする喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
ゴードンは2021年2月にチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティからリバプールへ加入。期待の若手として注目を集浴びると、昨年9月に行われたEFLカップ(カラバオカップ)でトップチームデビューを果たした。
さらに、9日に行われたFAカップ3回戦のシュルーズベリー・タウン戦でも先発出場したゴードンは初ゴールを挙げる活躍を披露。16日に行われたプレミアリーグ第22節のブレントフォード戦では途中出場からプレミアデビューも果たした。

クラブ公式のインタビューに応じたゴードンは、1週間でキャリアが大きく前進したことに喜びを爆発させた。家族全員が喜んでくれたと明かしつつ、チャンスを与えてくれるユルゲン・クロップ監督への感謝も語っている。

「この1週間ほどはクレイジーだったね。すべてがこんなに早くやってくるとは思っていなかったから、本当に楽しかった」
「(シュルーズベリー戦後は)家族皆が喜んでくれて、本当に楽しかった。母も兄弟も叔父も、皆が試合を見に来ていたから本当に誇らしかったよ。たくさんの人からメッセージも貰ったんだ。(古巣の)ダービーの人たちも『よくやった』、『ここまで来たな』と言ってくれた。そして家族全員が、僕をどれほど誇りに思っているかを伝えてくれたよ」

「(プレミアデビューは)僕にとって本当に大きな瞬間だったと思う。僕にとって最初のプレミアリーグの試合は10分間だったから、自分に何ができるかを示したかった」

「クロップは『よくやった』と言ってくれたと思う。ノリッジ戦後、彼がまたチャンスをくれたことに感謝しているよ。僕を大いに助けてくれた。彼は僕にプレーして、何ができるか示す機会を与えてくれたんだ。彼は僕に能力があると思っており、それがただ幸せさ」

また、ゴードンはチームのエースであるエジプト代表FWモハメド・サラーから多くを学んでいるとコメント。お手本とするのに、これ以上はないと貴重な経験を喜んだ。

「モー(モハメド・サラー)は僕と同じポジションでプレーしており、彼が何をしているかを見ることは大いに役立った。彼は現在世界最高の選手であり、そんな選手のプレーを見るのは本当に役に立つ。それはきっと、僕が彼のレベルに達する手助けになると思う」

「彼はジムで多くの仕事をしており、それについても僕を助けてくれる。僕は彼といくつか話し合いの場も持ったんだ。それは間違いなく、僕の力になるだろうね。これ以上のお手本はいないよ。モーはすべてを正しく行っている」

PR
関連ニュース

最終盤の頭脳プレーにクロップ監督もご満悦!攻守に躍動の遠藤航が高評価 「躍進に大きな影響」「観衆に愛された」

リバプールの日本代表MF遠藤航が高い評価を受けている。 21日、プレミアリーグ第26節でリバプールはホームにルートン・タウンを迎えた。 マンチェスター・シティ、アーセナルと昨季優勝争いをした2チームを抑えて首位に立っているリバプール。後方から猛然と追いかけられている中、残留争い中のルートンを迎えた。 遠藤はアンカーとして先発出場。今冬ルートンに加入した橋岡大樹はメンバー外となり日本人対決は実現しなかったが、遠藤は自身の役割を全う。守備面はもちろんのこと、攻撃面でもチャンスにつながるパスを出すなど活躍した。 特に31分には絶妙な浮き球のパスをボックス内に送るも、ルイス・ディアスが上手く合わせられず。再三チャンスメイクを見せていた。 その遠藤には、イギリス『リバプール・エコー』が8点(10点満点)と高評価。 「ディアスの隙を突いてプレーし、何度もセカンドボールを拾った。後半のリバプールの躍進に大きな影響を与えた」 また、イギリス『デイリー・メール』は7点(10点満点)の評価をつけている。 「ソリッドだった。常にポゼッションを奪い返し、アンフィールドの観衆に愛されていた」 さらに、リバプール専門メディアのイギリス『This is Anfield』も7点(10点満点)の評価。 「ボールをしっかりと扱い、前半には美しい浮き球のパスを一本決め、ルイス・ディアスに多くの得点チャンスの1つを与えた」 「ルートンが中央を突破した時の守備は、全体的にはかなり良かったが、彼にとっての問題はそれを頻繁に相手が行わなかったこと。ほとんどが斜めか彼のサイドにパスを出したことだった。変わらずに自身の役割を果たした」 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の痺れる浮き球パスでルイス・ディアスに決定機!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 112;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航のそつのない頭脳プレーにクロップ監督も満面の笑みで拍手を送る</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 354;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 13:05 Thu

「決めてほしかった」「せめて枠に入れて」遠藤航にアシストのチャンスも…ガクポのシュートミスに思わず頭を抱える、遠藤には称賛「めちゃくちゃ良いプレー」

リバプールの日本代表MF遠藤航が見せた好プレーが話題だ。 21日、プレミアリーグ第26節でルートン・タウンをアンフィールドに迎えたリバプール。遠藤はアジアカップから戻って3試合連続の先発出場を果たし、[4-3-3]のアンカーでフル出場した。 リーグ3連勝を狙った一戦となる中、リバプールは12分に思わぬ先制ゴールを許してしまうものの、後半の56分と58分にヴィルヒル・ファン・ダイクとコーディ・ガクポの連続ゴールで逆転に成功。71分にはルイス・ディアスのゴールでさらに突き放す。 それからもゴールへの意識を失わない中、81分に遠藤が決定機を演出する。 相手陣内でボールホルダーにプレッシャーをかけた遠藤が見事なボール奪取。ショートカウンターを発動すると、中央へ走り込んだガクポへとスルーパスを通す。だが、ガクポのシュートは上手く巻ききれず枠を大きく外れてしまった。 簡単ではなかったもののせめてゴールの枠には飛ばしたかったシュート。真後ろで見ていた遠藤も思わず頭を抱えたプレーには、ファンからも「決めてほしかった」、「せめて枠に入れてほしい」、「ガクポ決めてくれたらアシストついたのに」と多くの意見が寄せられた。 一方で、遠藤の一連のプレーには「めちゃくちゃ良いプレー」、「遠藤のボール奪取はナイスだった」、「実質アシストやな」と称賛が寄せられていた。 遠藤にアシストはつかなかったものの、90分にはハーヴェイ・エリオットのゴールも生まれたリバプール。リーグ3連勝を飾り、今週末に控えるチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝に弾みをつけている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航にアシストのチャンスも…ガクポがシュートミス(4:43~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 283;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 12:35 Thu

タイトル戦に弾みのプレミア3連勝にクロップ「ファンタスティックな夜」

手負いのリバプールだが、プレミアリーグ3連勝を達成した。 リバプールは21日のプレミアリーグ第26節でルートン・タウンをホームに迎え撃ち、4-1で勝利、12分に先制を許したが、ヴィルヒル・ファン・ダイク、コーディ・ガクポ、ルイス・ディアス、ハーヴェイ・エリオットによる4発で逆転勝ちした。 イギリス『BBC』によると、リバプールのユルゲン・クロップ監督はこう振り返っている。 「素晴らしい試合だった。前半も多くで私好みだったが、選手や観衆がそうではなかったね。最初はうまくいき、相手に慣れる必要があったなかで、先にゴールを許してしまったよ。ファイナルサードまではすべて順調だったが、そこから慌ただしかった」 「選手たちに『トップゲームなのだから、決定的なシーンでもっと冷静にならないと』と言ったら、花火が上がり、素晴らしいゴールが生まれた。ファンタスティックな夜だ。本当に良かったよ」 この勝利で弾みをつけ、25日にチェルシーとのカラバオカップ決勝を迎えるリバプールだが、離脱中のケガ人がどれだけ戻ってくるかが注目どころに。指揮官もまだわからないと語り、気を引き締めた。 「何もわからない。見てみないといけないが、試合前にも言ったとおり、11人の選手がいる限り、決勝に挑むつもりだ」 「優勝の本命? それは絶対にないね。我々が彼らと対戦してから、彼らも大きく改善され、トリッキーな戦いになるだろう。今夜は特別だった」 2024.02.22 11:55 Thu

「イニエスタみたいなプレー」「さらに上手くなってる」遠藤航の絶妙ループパスにファンも絶賛「こんなこともできんのか」

リバプールの日本代表MF遠藤航がまたも躍動した。 21日、プレミアリーグ第26節でルートン・タウンをアンフィールドに迎えたリバプール。遠藤はアジアカップから戻って3試合連続の先発出場を果たし、[4-3-3]のアンカーでフル出場した。 守備面では気の利いたポジショニングとセカンドボールの回収でいつも通りの安定感を発揮すると、この日は攻撃面でも存在感を発揮した。 31分、相手陣内中央でボールを受けた遠藤は相手のプレスを交わして前進。ゴール前に走り込むルイス・ディアスへ、ピンポイントで通る見事な浮き球のパスを通した。コロンビア代表FWのシュートは枠に飛ばなかったものの、アンフィールドの観客も沸いたプレーだった。 遠藤のプレーには、ファンも「イニエスタみたいなプレー」、「激うま」、「こんなこともできんのか」、「上手すぎる」、「さらに上手くなってる」と称賛を寄せている。 80分にはコーディ・ガクポの決定機も演出した遠藤。アシストが付くことはなかったが、チームに欠かせない存在となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航がイニエスタを彷彿とさせる絶妙プレー!(1:52)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 112;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 11:15 Thu

後半4発で鮮やか逆転の首位リバプールがPL3連勝でEFL杯決勝へ! 遠藤航フル出場も橋岡大樹はベンチ外【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、リバプールvsルートン・タウンが21日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航はフル出場、ルートンのDF橋岡大樹はベンチ外となった。 前節、ブレントフォードに4-1の快勝を収めて首位キープに成功したリバプール。今週末に今シーズン初タイトルを懸けたチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝を控えるなか、第26節の前倒し開催で降格圏の18位ルートンをホームで迎え撃った。 クロップ監督はリーグ3連勝を狙った一戦で前節から先発5人を変更。負傷離脱のジョタ、カーティス・ジョーンズに加え、コンディションに不安を抱えるヌニェスに代えてガクポ、エリオット、グラフェンベルフを起用。また、ロバートソンとコナテをベンチに置いてジョー・ゴメス、クアンサーを起用し、サラーは大事を取ってかベンチ外となった。 立ち上がりからエンジン全開のリバプールは開始5分、エリオットのスルーパスに反応したルイス・ディアスがボックス内でいきなり決定的なシュートを放つなど攻勢を仕掛けていく。 以降も圧倒的なボール保持で押し込みつつ、ボールを失った際には素早いトランジションで二次攻撃、三次攻撃を狙う。10分にはセットプレーの流れからゴール前のガクポがバイシクルシュートを放つが、これはGKカミンスキの正面を突く。 立ち上がりの攻防を見れば、ホームチームの先制点は時間の問題かに思われたが、先にゴールを奪ったのはまさかのアウェイチームだった。12分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボックス内でウッドロウが身体を張って前向きで走り込んできたタヒス・チョンに落とすと、ゴール左からすかさずシュート。これはGKケレハーが何とかはじき出したものの、ファーに流れたボールをドフリーのオグベネが頭で流し込んだ。 あっさりとした守備対応から早々に失点したリバプールはすぐさま反撃を開始。だが、先制点によって勢いづくルートンの強度の高い守備に苦戦し、効果的なボールの前進には至らず。それでも、エリオットとディアスの連携から要所で相手守備を崩していく。 早い時間帯に同点ゴールを奪えなかったものの、前半半ばを過ぎた辺りから攻撃にリズムが出てきたリバプール。31分には遠藤が見事なプレス回避からゴール前に走り込むディアスへ浮き球のパスを通すが、コロンビア代表FWはダイレクトシュートを枠に飛ばせない。 その後は幾度かターンオーバーの状況を活かしてディアスがボックス内への侵入を試みたが、相手のソリッドな守備対応を前にフィニッシュまで持ち込めず。また、全体的にアタッキングサードでの判断、精度の問題によって崩し切れない場面が目立つ、フラストレーションが溜まる状況のままハーフタイムを迎えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールは、大きくアプローチを変えることなく焦れずに攻め続ける。そして、立ち上がりからディアス、ガクポと良い形でのフィニッシュを見せると、そのまま押し切った。 56分、右CKの場面でキッカーのマク・アリスターが右足アウトスウィングの正確なボールをボックス中央に入れると、マークを完全に振り切ったファン・ダイクが強烈なヘディングシュートをゴール左隅に突き刺す。 さらに、直後の58分には相手陣内右サイドでのスローインをボックス右で受けたマク・アリスターがダイレクトクロス。これをニアで競り勝ったガクポがヘディングで合わせ、瞬く間に試合を引っくり返した。 まさに畳みかける攻めで一気に試合を引っくり返したホームチームは、その勢いのまま3点目を目指す。だが、再びの右CKでファン・ダイクに訪れた決定機はGKカミンスキの好守に阻まれた。 その後、ややルートンに押し返されたものの、主導権は渡さない試合巧者は相手のミスを突いて突き放す。71分、ルートンの自陣でのスローインの流れから中央へ中途半端に入れたボールに途中出場のロバートソンが反応。ダイレクトでボックス左に走り込むディアスに繋ぐと、ここまで最後のところで苦しんでいた背番号7が落ち着き払ったフィニッシュで左足シュートをニアへ突き刺した。 これで勝負を決めたリバプールは、週末のチェルシー戦を睨み主力を下げながら試合をクローズに入る。それでも、前がかりなルートンの戦い方を利用し、遠藤が見事なボール奪取からのスルーパスでガクポの決定機を演出するなどゴールへの意識は失わず。 すると、後半最終盤の90分には直前に投入された17歳FWダンズも絡んだショートカウンターから最後はボックス中央でルーズボールに反応したエリオットがリバプールでの通算100試合出場を自ら祝うメモリアルゴールで後半のゴールショーを締めくくった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、多くの主力を欠きながらも鮮やかな逆転勝利でリーグ3連勝を決めたリバプールは首位キープに成功すると共に、EFLカップ決勝へ大きな弾みを付けた。 2024.02.22 06:29 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly