後半ATにベルフワインが圧巻の2発! 不屈スパーズがレスターに劇的過ぎる逆転勝利!《プレミアリーグ》

2022.01.20 06:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第17節、レスター・シティvsトッテナムが19日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが2-3で逆転勝利した。

共にコロナ禍の影響で4試合未消化の10位レスター(勝ち点25)と、6位トッテナム(勝ち点33)による、第17節の延期分。

コンテ新体制移行後、リーグ戦8試合無敗を継続するトッテナムは、先週末に開催予定だったアーセナルとのノースロンドン・ダービーが物議醸す対戦相手の開催延期要請が認められ、急遽延期となっていた。

直近の公式戦から1週間ぶりとなったこの一戦では、ソン・フンミン、ダイアー、ロメロを除くベストメンバーが揃い、中盤を厚くした[3-5-2]の布陣を採用した。

レスターが本職中盤のチョードリーを3バックの右に配置したことでミラーゲームの形となったこの試合。立ち上がりから主導権争いがしばらく続いた中、アウェイのトッテナムが先に決定機を作り出す。

9分、ボックス左で足元にボールを受けたケインが強靭なフィジカルを生かして強引に仕掛け、前向きな状態から左足のシュートを放つ。これがGKシュマイケルが反応できない右隅へ向かうが、DFトーマスの決死のゴールカバーに阻まれる。

最初の決定機をモノにできなかったトッテナムだが、以降は球際の勝負、切り替えの精度で相手を上回り、完全に押し込む形まで持っていく。18分にはウィンクスの左CKをゴール前で競り勝ったケインが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。以降もルーカス・モウラの強烈なシュート、ダビンソン・サンチェスのヘディングシュートでゴールに迫るなど、レスター守備陣を攻め立てる。

一方、立ち上がり以降、防戦一方の展開が続いたレスターだったが、ファーストチャンスをモノにして先制に成功する。24分、左サイドのスペースへ飛び出したデューズバリー=ホールが斜めに入れたボールをルックマンとダカがボックス内で細かくパス交換。この際にDFレギロンの足に当たったボールがゴール左のダカの足元にこぼれると、これを冷静に蹴り込んだ。

試合の主導権を握りながらも先にゴールを奪われたトッテナムは、失点後数分はバタつく場面が見受けられたが、時間の経過と共に失点前と同様のリズムを取り戻す。その中で36分にはスキップからの絶妙なスルーパスの流れから飛び出したGKシュマイケルが短く弾いたボールをボックス内のホイビュルクが回収。無人のゴールへすかさず右足で蹴り込みに行くが、これはオルブライトンの見事なゴールカバーに阻まれる。

それでも、攻勢を続けるアウェイチームは38分、“レスターキラー”がようやく本領を発揮する。中盤でのボール奪取からホイビュルクが背後のスペースに出したパスに追いついたケインがボックス内でDFソユンクを内へのドリブルでかわし、左足のシュートをゴール左隅へ突き刺した。

前半の内に追いついたトッテナムは畳みかける攻めを見せ、41分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインが1点目と近い形からゴールに迫るが、ここはシュートを大きくふかしてしまい、逆転まで持っていくことはできなかった。

迎えた後半、トッテナムは攻撃面で存在感を欠いたエメルソン・ロイヤルを下げてドハーティをハーフタイム明けに投入する。この交代で右サイドの攻撃も活性化し始めると、前半同様に押し込む展開を作り出す。

その流れの中でケインやレギロン、タンガンガと幾度も際どいシュートを放っていくが、集中したレスターの守備をこじ開け切れない。

試合展開に変化はなしも1-1の膠着状態が続く中、両チームのベンチが動く。74分、押し切りたいトッテナムはウィンクスを下げてロ・チェルソ、運動量を上げつつカウンターの脅威を強めたいレスターはジャスティンに続き、バーンズをピッチへ送り出した。

すると、この交代策が試合を動かす。76分、相手陣内右のハーフスペースで縦パスを受けたマディソンがバーンズとのコンビネーションでゴール右へ抜け出すと、すかさず右足のシュート。これがDFタンガンガにディフレクトすると、右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。

前半の流れを踏襲するかのように再び勝ち越しを許したトッテナムは、この直後にレギロンを下げてベルフワインを投入。[4-2-3-1]の攻撃的な布陣で同点、逆転を目指す。だが、攻め疲れに加え、レスターのプレー強度が上がったことで、なかなか決定機まで持ち込むことができず。時間だけが過ぎていく。

1-2のスコアのまま後半アディショナルタイムに突入し、コンテ体制のリーグ戦初黒星濃厚と見られた中、不屈のスパーズが驚異の勝負強さを発揮する。

まずは95分、ホイビュルクからの絶妙な浮き球のフィードに反応したドハーティが斜めのランニングでゴール前に侵入。胸トラップからのシュートはならずも、こぼれ球にいち早く反応したベルフワインが右足のシュートを突き刺し、同点に追いつく。

さらに、直後の相手のキックオフの流れでホイビュルクが自陣中央でインターセプトし、前線のケインへ縦パスを繋ぐと、ケインから相手のハイラインの背後を狙うベルフワインへ絶妙なスルーパスが通る。ここで冷静に右への持ち出しでGKシュマイケルをかわしたベルフワインのシュートが左ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らし、トッテナムが土壇場で試合を引っくり返した。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、ベルフワインの2ゴールで劇的過ぎる勝利を飾ったトッテナムがリーグ戦連勝で5位に浮上。週末のチェルシーとのダービーへ大きな弾みを付けた。


関連ニュース
thumb

トッテナム、18歳FWスカーレットと2026年まで契約延長

トッテナムは25日、U-19イングランド代表FWデーン・スカーレット(18)との契約を2026年まで延長したことを発表した。 幼少期からトッテナムのアカデミーに在籍するスカーレットは、2020年11月26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦でトップチームデビュー。16歳8カ月と2日でのデビューは、クラブ最年少記録となった。 昨年3月にはプロ契約を締結し、今季は7試合に出場。得点こそ挙げられなかったものの、シーズン後半戦は多くの試合でベンチ入りし、経験を積んだ。 卓越した身体能力に加え、確かな決定力を併せ持つ新星ストライカーは、今夏開催のU-19欧州選手権に臨むU-19イングランド代表にも選出。来季は同じくアカデミー出身のU-17イングランド代表MFアルフィー・ディヴァイン(17)や、アイルランド代表FWトロイ・パロット(20)と共に更なる成長が期待される。 2022.05.25 18:08 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムが支配株主からの増資を発表、約240億円の資金調達で大型補強を決行か

トッテナムは24日、支配株主と最大1億5000万ポンド(約240億円)の増資で合意したと発表した。 今季のプレミアリーグでトップ4フィニッシュを果たしたトッテナム。昨年11月に就任したアントニオ・コンテ監督に導かれ、3シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 そうした中、クラブは株式の85.6%を所有していた『ENICグループ』による増資が合意に至ったと発表。最大1億5000万ポンドの資本金が新たに追加され、所有率も87.5%まで増加する可能性がある。 イギリスの投資会社である同グループは2001年にトッテナムの所有権を獲得。当時代表取締役を務めていたダニエル・レヴィ氏は、クラブの会長に就任した。 その後、トレーニングセンターであるホットスパー・ウェイの開設や、2019年から使用されているトッテナム・ホットスパー・スタジアムといった、主にインフラ面の投資を実行。買収当時は中位が定位置だったクラブは、“ビッグ6”に数えられるまでの成長を見せている。 レヴィ氏は今回の増資を受けて、クラブ公式サイトでコメント。「ENICからの追加資金により、重要な時期にクラブへのさらなる投資が可能になる」と、この資金調達による新たなチーム強化を示唆している。 2022.05.25 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

初のPL得点王に輝いたソン・フンミンをネビル氏も絶賛 「私にとってのシーズン最優秀選手」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏がトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとアントニオ・コンテ監督を称えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは22日に行われたプレミアリーグ最終節のノリッジ・シティ戦で5-0の大勝を飾っており、これによりリーグ4位が確定。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得することに成功している。 また、この試合で2ゴールを挙げたソン・フンミンは、これで今季23ゴール目を記録。PKによる得点がないなかでリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと並ぶ得点ランキングトップに立ち、自身初のプレミアリーグ得点王を獲得した。 今季は去就問題に揺れ序盤調子を落としていたFWハリー・ケインに代わり、エースとしての役割を果たした韓国代表FWに対しては、ネビル氏も手放しに絶賛。自身の選ぶシーズン最優秀選手だと語った。 「私にとってのシーズン最優秀選手はソンだ。ケビン・デ・ブライネを選ぶのは簡単であり、モハメド・サラーも最優秀選手になれただろう。それに、他にも名前を挙げるべき選手はいたと思う」 「それでも、ソンはトッテナムでやってきたことで、周りから尊敬されるようになった。世界のどのトップクラブに選ばれてもおかしくないだろう。彼はとても価値ある選手だと思うよ」 「彼は特別な選手だ。ハリー・ケインの影に隠れてしまうこともあるが、彼もトッテナムもアントニオ・コンテも良くやったよ」 また、ネビル氏は昨年11月にチームに就任すると、卓越した手腕でトップ4の目標を達成したコンテ監督も称賛。自身の古巣であるユナイテッドの監督には推薦できなかったものの、偉大な指揮官であることは間違いないと語った。 「10日前のノースロンドン・ダービーを経て、その後たとえアーセナルがニューカッスルに勝っていたとしても、コンテはあの晩に経験したことのために残留していただろうと思っている。この瞬間のヨーロッパで、あの競争要素、あの雰囲気はどこで手に入れられる?」 「コンテはトッテナムで素晴らしい仕事をした。マンチェスター・ユナイテッドの屈服とアーセナルの下降に助けられたが、良い仕事をしたと思うし、常にその意欲があった。私は彼がユナイテッドに相応しい監督ではないとはっきり言ったが、自分の応援するクラブに相応しくなくても、偉大な監督であることに変わりはない」 「(トーマス・)トゥヘルやコンテ、(ユルゲン・)クロップ、(ジョゼップ)グアルディオラは獣のようであり、常にトロフィーを獲得している。彼らはタッチラインに立ち、その存在感とオーラで人を食ってしまいそうなほどだね」 2022.05.24 12:37 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトでEL優勝コスティッチは30歳目前でも今が旬、トッテナムに続いてユーベも獲得を狙う?

フランクフルトのヨーロッパリーグ(EL)優勝に大きく貢献したセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)。今年11月には30歳を迎えるコスティッチだが、選手としてはまさに今が旬。そんな彼にユベントスも関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 母国セルビアからオランダを経由し、ドイツへとやって来たのが2014年8月。シュツットガルトやハンブルガーSVを経て、2019-20シーズンからは、日本代表MF鎌田大地や元日本代表MF長谷部誠とともにフランクフルトでプレーしている。 今シーズンのブンデスリーガでは31試合4得点9アシストを記録したコスティッチだが、なんと言ってもELでの躍進は見逃せない。先日行われた決勝戦でもチームの同点弾をアシストするなど、クラブにとって前身のUEFAカップ時代以来42年振りとなるEL優勝の立役者となった。 そんなコスティッチに対し、ここ最近ではトッテナム移籍が盛んに報じられてきたが、『カルチョ・メルカート』によると、今シーズンのセリエAで4位に沈んだユベントスも獲得を目論んでいるとのことだ。 すでに、コスティッチと同様に左サイドを主戦場とするインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)や、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)の獲得が濃厚とされているユベントス。しかし、現有戦力であるイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(24)の離脱がもうしばらくかかる見込みであることから、今夏の移籍市場においてサイドアタッカーを少なくとも2枚確保したい考えとのことで、選択肢の1つとしてコスティッチに白羽の矢が立った模様だ。 今やヨーロッパ屈指のクロッサーとして評価されるコスティッチ。ユーベやトッテナムと同様に、フランクフルトも来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しているわけだが、果たして、30歳を目前にして更なるステップアップとなるのだろうか。移籍市場の動向に注目だ。 2022.05.24 12:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンのアジア人初得点王をコンテ監督がアシスト?ズバリ采配もチームメイトたちの手助けを強調

トッテナムが、チーム一丸となって韓国代表FWソン・フンミンの得点王をアシストした。 今季終盤はアーセナルと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を懸けた4位争いを展開したトッテナム。22日に行われた最終節では引き分け以上でトップ4フィニッシュが決まる中、ノリッジ・シティとのアウェイ戦に臨んだ。 キックオフ前の時点で21ゴールを挙げ、22ゴールでトップに立つエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を射程圏内に入れていたソン・フンミンも先発した。 トッテナムは16分にMFデヤン・クルゼフスキが先制点を決めると、32分にはFWハリー・ケインが追加点を奪うものの、ソン・フンミンは決定機を仕留められない。 それでも、64分にクルゼフスキが3点目を奪い勝利をほぼ確実のものとすると、アントニオ・コンテ監督が動く。左利きのクルゼフスキを下げて右利きのFWルーカス・モウラを投入した。 すると70分、ペナルティアーク付近でケインからの足元へのグラウンダーパスをルーカスが絶妙なフリックでゴール前に流すと、これに反応したソン・フンミンがゴール右下隅へシュートを流し込み、得点ランキングトップタイの22ゴール目を記録する。 さらに75分には、FKの場面でキッカーのルーカスが入れたクロスのこぼれを回収したソン・フンミンがボックス手前から右足を振り抜き、圧巻のシュートで今季23ゴール目を奪った。 この結果、ソン・フンミンは、ウォルバーハンプトン戦で1ゴールを決めたリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーとともに23ゴールで初のゴールデンブーツを受賞。アジア人選手として史上初のゴールデンブーツ受賞の偉業を達成した。 采配をズバリ的中させ、得点王をアシストしたコンテ監督は試合後、ソン・フンミンとチームメイトを称賛している。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 「まずチャンピオンズリーグの出場権を獲得する必要があり、その上でソニーが得点王になる手助けができるのならとても嬉しいことだ。そして彼は2点決め、もっと決められたはずだ」 「でも同時に、ソニーのためにチームがしてくれた大きな努力も強調したい。ソニーを得点王にしたいというチームメイトの意志や思いが伝わってきた」 「それはドレッシングルームに素晴らしい雰囲気があるということ。選手たちが良い選手であるだけでなく、本当に良い人間でもあるということだ」 「チャンピオンズリーグ出場権獲得とゴールデンブーツ獲得という2つの目標を今日達成できたのはよかったと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】采配的中!ソン・フンミンがルーカス・モウラのアシストからゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hJIBTK3j1Q4";var video_start = 474;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 19:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly