富山退団のMF花井聖がJFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍

2022.01.19 17:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は19日、MF花井聖(32)がJFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍することを発表した。

花井は下部組織時代から過ごす名古屋グランパスでプロデビュー後、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州を転々。2019年から富山に活躍の場を移した。

その初年度から主力としてプレーするなかで、2年目から背番号「10」に変更。だが、3年目は出番を減らして、明治安田生命J3リーグ15試合1得点、天皇杯2試合出場にとどまっていた。

花井はクラブを通じてコメントしている。

「カターレ富山から加入することになりました花井聖です。地元のチームでプレーする機会を与えてくれたクラブに感謝しています」

「自分自身のプレーでたくさん恩返し出来るように1年間頑張りたいと思います。少しでも多くの方にスタジアムに足を運んでもらえるように全力でプレーします。スタジアムで会いましょう」


関連ニュース
thumb

三浦知良はベンチ外も鈴鹿が快勝、ニッパツで横浜FMとの2回戦へ《天皇杯》

22日、第102回天皇杯1回戦の15試合が各地で行われた。 元日本代表FW三浦知良を擁する三重県代表・鈴鹿ポイントゲッターズは、兵庫県代表・Cento Cuore HARIMAと対戦。三浦はベンチ外となったが、鈴鹿はゴールレスで迎えた56分に先制点を挙げる。 右サイドから菊島卓が柔らかいクロスを上げると、栗田マークアジェイがヘディングシュート。GKが弾いたボールを三宅海斗が蹴り込んだ。その3分後には菊島のクロスが末政翔大のオウンゴールを誘発し、一気にリードを広げると、70分には途中出場の北野純也がダメ押しのゴールを奪って勝負あり。3-0の快勝した鈴鹿は2回戦で横浜F・マリノスと対戦する。 アマチュアの雄、Honda FCは奈良県代表・奈良クラブと相まみえた。28分にはショートカウンターからあわやの場面を招いたが、GK楠本祐規の好セーブで難を逃れると、3分後には高い位置でのボール奪取から川浪龍平らが決定機を迎えた。 岡﨑優希も個人技からチャンスを作るが、90分間得点が生まれず、試合は延長戦に突入。好機はありながらネットを揺らせずにいたが、PK戦も見え始めた122分にようやくゴールをこじ開ける。 波状攻撃からの岩切拳心の一撃はクロスバーに嫌われるも、こぼれ球を拾って右サイドから折り返すと、鈴木理久が頭で落として最後は岡﨑がプッシュ。これが決勝点となり、Honda FCが劇的な勝利を手にしている。 ヴァンラーレ八戸はプライフーズスタジアムで新潟県代表の新潟医療福祉大学と顔を合わせた。17分に先制を許すと、選手交代を含めて攻勢を強めたものの、ゴールを奪えず。最後まで1点が遠く、初戦で姿を消すこととなった。 また、J3勢同士の一戦となったカターレ富山と藤枝MYFCの一戦は、17分に吉平翼が挙げたゴールが決勝点となり、富山が辛勝。鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州は、中原秀人のゴールなどで鹿児島が3-1と北九州を退けている。 茨城県代表・筑波大学vs千葉県代表・ブリオベッカ浦安は1回戦唯一のPK戦での決着となった。1-1で90分を終えると、延長戦でも互いに1点ずつを奪い合い、PK戦へ突入。先行の筑波大が4人連続で成功したのに対し、浦安は4人目の西袋裕太が失敗。筑波大の5人目、庄司夢ノ介が成功させて勝負を決め、次のステージへ駒を進めた。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) 0-1 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC 3-1 ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 0-1 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) 1-2 FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) 0-1 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) 0-1 Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) 3-0 Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) 0-3 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) 0-2 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 0-4 ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) 1-0 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) 1-2 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 1-0 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) 2-2(PK:5-3) ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) 3-2 FC徳島(徳島県代表) ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) 2022.05.22 17:08 Sun
twitterfacebook
thumb

スタジアム、花火、編笠! 富山の夏限定ユニフォームが発表!

カターレ富山は20日、「2022シーズン Summer Limited Uniform」のデザインを発表した。 夏限定の特別ユニフォームのデザインは、「県民クラブ」を目指すカターレ富山らしさを演出するため、カターレ富山とサポーターにとって象徴的な場所である「県総スタジアム」と鎮魂の花火が織りなす美しい夏の夜空がベースとなっている。 花火の下半分には富山の夏の風物詩「おわら風の盆」の編笠(あみがさ)をモチーフに「カターレがある富山の夏」を表現。今回、使用したスタジアム、花火そして編笠の模様は極力簡略化し、シンプルな直線と曲線で構成したことによりスポーツウェアらしさを損なわず、選手はもちろんサポーターの皆さまにも愛着を持って着ていただけるデザインを心がけたという。 バックのXラインはカターレ富山のユニフォームの象徴として共通で入れておりますが、ナイトゲームが多くなるSummer Limited Uniformのオリジナリティとして、背中の「ONE TOYAMA」ロゴから上のXラインに重ねる形でリフレクタープリントを施し、ラインの一部が照明に反射して光るというギミックを追加している。 さらに、ボディのデザインに関してもイージームーブを採用した2022シーズン オーセンティックユニフォームのデザインを踏襲し、選手、サポーターに暑い夏を戦い抜いてもらえるよう、襟ぐりの形状をクルーネックからVネックにマイナーチェンジして首元を少しでも涼しくする工夫を施している。 カラーリングは、2021シーズンの「Summer Limited Uniform同」様、フィールドプレイヤーをネイビー、ゴールキーパーをターコイズブルーでの配色に。ただし、フィールドプレイヤー分のみ、今年度からオーセンティックユニフォームにも用いているボルドーをポイントカラーとして用いている。 また、スポンサーロゴについては、各スポンサー様のご理解をいただき、2021シーズンの「Summer Limited Uniform」から継続してゴールドを入れている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】富山の夏限定ユニフォームのデザイン&お披露目会の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="odJnC5o-yiQ";var video_start = 583;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022Summer limited Uniform<br><br><a href="https://t.co/QrDmeSkIgg">https://t.co/QrDmeSkIgg</a> <a href="https://t.co/G1dMW4Jezh">pic.twitter.com/G1dMW4Jezh</a></p>&mdash; カターレ富山 (@katallertoyama) <a href="https://twitter.com/katallertoyama/status/1527610438040530945?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.21 21:23 Sat
twitterfacebook
thumb

富山で4人目の感染者、選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

カターレ富山は16日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 これはクラブにとって選手で4人目の陽性者に。15日に当該選手は発熱を訴え、簡易抗原検査を実施したところ陽性反応となり、医療機関でPCR検査を受けた。 16日に検査結果が陽性となったとのこと。濃厚接触者はクラブ内にはいないという。 クラブは、当該選手以外に簡易抗原検査を実施し全員が陰性に。その後、PCR検査も実施したところ、全員が陰性となった。 2022.05.16 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝の鹿児島が勝ち点17で首位に並ぶ! 宮崎は岡田がハットトリック【明治安田J3第8節】

明治安田生命J3リーグ第8節の2試合が5日に各地で行われた。 勝てば首位と勝ち点で並ぶ4位の鹿児島ユナイテッドFCはホームで10位のカターレ富山と対戦。10分に中原が抜け出してネットを揺らした場面こそオフサイドの判定が下されたものの、その後も鹿児島の攻撃が続き、36分にボックス内で圓道が放ったシュートのこぼれ球を有田が流し込んで先制する。さらに、42分にはカウンターから右サイドの渡邉がクロスを上げ、ファーサイドでフリーの米澤がゴール。追加点を奪って、試合を折り返す。 後半に入っても、鹿児島の攻撃の手が緩めず、56分に右サイドからの渡邉のクロスをゴール前の有田がワンタッチで落とし、最後は走り込んだ中原がネットに突き刺して3点目。その後も幾度となくゴールに迫ると、87分に中原のパスを受けた途中出場の山本が今季初ゴールを決めた。90分にロングボールをボックス内で受けた川西にループシュートを決められ、1点を返されたものの、鹿児島が4-1で勝利。富山の連勝が「2」でストップした一方、鹿児島は2試合ぶりの勝ち点3で3位に浮上した。 ここまで4試合負けなしで9位につけるテゲバジャーロ宮崎は仲田監督が体調不良で療養となり、いまだ白星のない最下位Y.S.C.C.横浜とアウェイで対戦。11分に右サイドの崩しからボックス右の徳永がクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ岡田が合わせて先制する。その宮崎が主導権を握って試合を折り返すと、後半開始早々の46分に先制弾を挙げた岡田がボックス左角からゴール右にシュートを放って、この日2点目を奪う。 後半も先手を取って勢いのついた宮崎は55分、ボックス内右をドリブルで深く入った薗田がマイナスのクロスを上げると、ゴール前でフリーの岡田が流し込んでハットトリックを達成。続く57分には岡田の3点目をお膳立てした薗田が試合を決定づける4点目を奪う。その後、YS横浜が一矢報おうとカウンターからチャンスをうかがうも、ゴールを割れず、宮崎が4-0で勝利。6連敗のYS横浜が開幕から7戦勝ちなしとなった一方、2試合ぶり白星の宮崎は7位に浮上した。 なお、ヴァンラーレ八戸vsSC相模原およびガイナーレ鳥取vs愛媛FCはそれぞれ相模原と愛媛で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、選手不足に陥った影響で延期未定が決まっている。 ◆第8節 ▽5/5 Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 テゲバジャーロ宮崎</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 4</span>-1 カターレ富山 ▽5/4 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 4</span>-3 FC岐阜 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC今治</span> 松本山雅FC 0-0 ギラヴァンツ北九州 福島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 いわきFC</span> ▽中止 ヴァンラーレ八戸 vs SC相模原 ガイナーレ鳥取 vs 愛媛FC 2022.05.05 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

富山が2選手の新型コロナ陽性を公表…5日の鹿児島戦は開催

カターレ富山は3日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手2名は医療機関のPCR検査でともに陽性判定に。2名ともチームから隔離され、定められた療養期間を経て、自主PCR検査で陰性を確認してからの合流となる。 チームは新たな陽性者を想定して、2日の練習を中止。全選手・チームスタッフを対象にしたPCR検査で全員の陰性が確認され、本件における濃厚接触者もいないという。 なお、Jリーグに対してはガイドラインに従って報告され、5日に敵地で行われる明治安田生命J3リーグ第8節の鹿児島ユナイテッドFC戦も予定どおり開催される。 2022.05.03 14:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly