元ブラジル代表GKラファエウがクルゼイロへフリーで移籍

2022.01.19 01:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表GKラファエウ・カブラル(31)が、母国のクルゼイロにフリートランスファーで加入した。

2003年に母国の名門サントスのユースチームに入団したラファエウは、2009年にトップチームに昇格。サントスでは在籍4年間で公式戦126試合に出場し42試合のクリーンシートを達成。

その後、ナポリやサンプドリアでのプレーを経て、2019年の夏にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のレディングへ移籍。加入初年度から正守護神を務めると、在籍2年半で公式戦98試合に出場し30試合のクリーンシートを達成。

今季も開幕からゴールマウスを守っていたが、チャンピオンシップ第6節のQPR戦で負傷すると、アカデミー出身の北アイルランド代表GKルーク・サウスウッドにポジションを奪われ、直近のミドルズブラ戦ではベンチ外となっていた。

なお、レディングはラファエウのクルゼイロ加入の発表同日に契約解除を発表していた。


関連ニュース
thumb

「後ろにいるぞ!」相手選手に気づかず失点…GKの痛恨ミスにダメ出しの声「YouTubeで観たことある」

GKにとっては予想外、FWにとってはしてやったりのゴールが生まれた。 7日、チャンピオンシップ(イングランド2部)の最終節が行われ、ルートン・タウンvsレディングの試合も開催された。 試合は0-0のまま進んでいき、ゴールレスで折り返すと思われた前半アディショナルタイムに、思わぬ形からゴールが生まれる。 レディングのGKエルヤン・ニーランがボールをキャッチすると、フィールドプレーヤーたちを前線に押し上げ、準備を整える。 多数の選手が上がっていくのをみたニーランがボールを置くが、その背後には相手FWハリー・コーニック。意表を突いてボールを掻っ攫うと、そのまま無人のゴールへと流し込んだ。 これには軽率なミスを犯したニーランも呆然。ファンからも「DFも全然見ていない」、「YouTubeで観たことある」、「不注意すぎる」と驚きやダメ出しの声が上がっている。 一方、ゴールを決めたコーニックは狙っていたとクラブ公式サイトで明かしている。 「彼の後ろで待って、何が起こるか見てみようと思ったんだ。過去の試合でも何人かがそうしているのを見たし、自分もやってみようと思った。後ろのファンが『後ろにいるぞ!』と叫んでいて彼は聞こえていると思った。でも。彼がボールを転がしてくれたおかげで、僕へのプレゼントになった」 なお、試合はこの1点が決勝点となり、0-1でルートン・タウンが勝利。6位でレギュラーシーズンの戦いを終え、昇格プレーオフへの切符を掴んでいる。 <span class="paragraph-title">【動画】油断大敵…ボールを置いた次の瞬間!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8rc2K5u2RDc";var video_start = 50;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.09 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

WBA、レディング退団の元イングランド代表FWキャロルと今季終了までの短期契約

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するWBAは28日、元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 かつてはリバプールにも在籍したキャロルは、2012年夏に加入したウェストハムで公式戦134試合34ゴール26アシストと活躍したのち、2019年夏に古巣ニューカッスルに移籍。だが、昨季はプレミアリーグ18試合1ゴールと結果を残せず、昨夏に契約解除に至っていた。 その後はしばらくフリーの状態が続いたが、昨年11月半ばにチャンピオンシップのレディングに今年1月までの短期契約で加入。リーグ戦7試合に出場し1ゴール1アシストの記録していた。 WBAを率いるヴァレリアン・イスマエル監督はキャロルの加入について、「アンディは、すぐにでも私たちを助けてくれる選手だ。彼は近レディングでたくさんの試合に出場しているし、短期契約の間にゴールも決めている。彼が我々のためにゴールを決めてくれることを願っている」とコメントしている。 2022.01.29 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-1 ナポリ《セリエA》

セリエA第20節、ユベントスvsナポリが6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20220107_3_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 防げる枠内シュートは的確にセーブ DF 11 クアドラード 5.5 何度か突破されたが、インシーニェの対応に集中 4 デ・リフト 6.0 ボヌッチとキエッリーニ不在の中、ディフェンスを統率 24 ルガーニ 6.0 デ・リフトと共に集中した対応を見せて主力不在の穴を埋める 12 アレックス・サンドロ 5.0 失点場面ではポリターノに付ききれず (→デ・シリオ -) MF 14 マッケニー 6.0 前線への絡みで攻撃にアクセントを付ける。開始早々の決定機を決めたかった 27 ロカテッリ 6.0 正確なフィードでゲームを組み立てた 25 ラビオ 5.5 何度かゴール前まで絡む動きを見せるも回数は少なかった (→ベンタンクール 5.5) すんなりと試合に入った FW 20 ベルナルデスキ 5.5 仕掛ける姿勢は見せたが、打開するには至らず (→ディバラ 5.5) 負傷明け。相手の守備をこじ開けることはできず 9 モラタ 5.0 移籍が噂される中で先発。目立った働きはなかった 22 キエーザ 6.5 ゴールへ向かう姿勢が結果につながった (→クルゼフスキ -) 監督 アッレグリ 6.0 攻撃面での問題が多少改善されつつある様子。主力を欠いたナポリ相手とはいえ、試合をコントロールしていた ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20220107_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 オスピナ 6.0 シュチェスニー同様、防げる枠内シュートをしっかりとセーブ DF 22 ディ・ロレンツォ 5.5 守備重点。キエーザの対応に集中も何度か突破された 13 ラフマニ 6.0 ハードな対応でモラタを封殺 5 ファン・ジェズス 6.0 クリバリの穴を埋める。ここ数試合、良い働きができている 31 グラム 5.5 攻撃に出ていかず、守備を締めていた MF 21 ポリターノ 5.5 アシストを記録も全体的にはボールタッチが少なかった (→エルマス -) 68 ロボツカ 6.0 ボールをうまく散らしていた (→ザノーリ -) 20 ジエリンスキ 5.5 1本惜しいミドルシュートを放つも、全体的には仕事ができず 4 デンメ 6.0 ロボツカと良い関係性を保ち、中盤をコントロール 24 インシーニェ 6.0 さすがの打開力でアクセントを付けた。先制点にも関与 FW 14 メルテンス 6.0 好機は少なかったが、しっかりと決め切る決定力はさすが (→ペターニャ -) 監督代行 ドメンキーニ 6.0 主力不在の中、敵地でドローは悪くない結果 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! キエーザ(ユベントス) 負傷明け。シーズン前半戦は活躍できなかったが、後半戦初戦を良い形でスタートすることができた。 ユベントス 1-1 ナポリ 【ユベントス】 キエーザ(後9) 【ナポリ】 メルテンス(前23) 2022.01.07 06:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ネットに足が引っ掛かっても…元イングランド代表FWキャロルがライン上で執念のクリア

レディングの元イングランド代表FWアンディ・キャロル(32)が執念のクリアでチームを救った。 昨季ニューカッスルを退団しフリーとなっていたキャロルは、11月15日に2022年1月までの短期契約でチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングに加入した。 加入直後の第18節ノッティンガム・フォレスト戦で途中出場を果たすと、第20節スウォンジーでは先発出場して1得点。すでにキーマンとなっている。 11日に行われた第22節のWBAとのアウェイゲームでも3試合連続となる先発出場。この日は得点こそ奪えなかったが、あわやのピンチを救って見せた。 互いにゴールレスで迎えた38分、レディングは相手CKをキャロルがヘディングでクリア。しかし、このこぼれ球をボレーで狙われてしまう。シュートは味方にあたりゴールの中へ。しかし、これをラインギリギリでキャロルが再びヘディングクリアする。 しかし、そのキャロルの動きは尋常ではなかった。最初にヘディングでクリアした際に勢い余ってネットイン。足が引っかかるというオマケつきだったが、その状態でも飛んできたボールに対してヘッドでクリア。執念で頭を出してクリアし、チームを助けた。 魂のクリアにはファンも大騒ぎだ。「キャロル凄え」、「私のAC9」、「すぐにニューカッスルに戻ってきます」、「最後の砦になってて笑っちゃった」、「ナイスプレー!キャロル」など、称賛の声が相次いだ。 辛うじて危機を脱したレディングだったが、62分に先制点を献上。残念ながらキャロルの奮闘は実らず、0-1で敗れている。 <span class="paragraph-title">【動画】キャロルの執念のクリア</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Kvx6OXeGw78";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Andy Carroll, how have you managed that <a href="https://twitter.com/hashtag/ReadingFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ReadingFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WBA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WBA</a> <a href="https://t.co/WSk4KwMrOL">pic.twitter.com/WSk4KwMrOL</a></p>&mdash; 106 Chat (@106Chat) <a href="https://twitter.com/106Chat/status/1469694071442706435?ref_src=twsrc%5Etfw">December 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.12 20:16 Sun
twitterfacebook
thumb

英2部レディングが勝ち点6はく奪…大幅損失で財務規則違反

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するレディングが財務規則違反によってイングランド・フットボール・リーグ(EFL)から勝ち点6はく奪の処分を科された。イギリス『BBC』が報じている。 EFLによると、レディングは2017-18シーズンから2020-21シーズンの期間に、EFLが定める上限3900万ポンド(約60億1000万円)を、大きく上回る5780万ポンド(約89億1000万円)の損失を計上していたという。 これにより、今シーズンここまで7勝1分け9敗の勝ち点22で16位に位置したレディングは、6ポイントをはく奪されて勝ち点16の19位に転落している。 同クラブはさらに勝ち点6をはく奪される可能性があるものの、事業計画を遵守することを条件に、来シーズン末までの執行猶予が与えられている。 なお、レディングに関しては利益と持続可能性に関する規則に違反したため、今夏から移籍禁止処分を科されていた。 2021.11.18 05:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly