前日に続き浦和の選手1名が新型コロナ陽性、17日から沖縄キャンプ

2022.01.17 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは17日、トップチーム選手の新型コロナウイルス(COVID-19)陽性判定を発表した。

クラブの発表によると、当該選手は16日にPCR検査を実施。17日に陽性判定を受けたとのことだ。

選手本人はノドの痛みの症状を訴えているとのこと。現在は適切な対策の下、療養いるという。

なお、浦和は16日に選手1名が陽性反応を示していた。

浦和は17日から沖縄キャンプを実施。検査を行いながら、陰性者のみで実施するとのことだ。


関連ニュース
thumb

フェイエノールトFWリンセンの浦和移籍が最終段階へ…契約まとめるため日本へスタッフ派遣と現地報道

フェイエノールトに所属するオランダ人FWブライアン・リンセン(31)が、浦和レッズへの移籍に近づいているようだ。 予てから浦和への移籍が噂されていたリンセン。しかし、「僕はとあるクラブと話し合っているけど、正直にそこに行くかはわからない」と本人がコメントしたこともあり、移籍については下火になっていると思われた。 しかし、フェイエノールトがアヤックスのブラジル人FWダニーロ(23)を完全移籍で獲得。リンセンの移籍に影響を与えるものとして噂されていたものが実現していた。 フェイエノールトの情報をあつかうオランダ『1908.nl』によれば、リンセンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の決勝にも途中出場を果たしたが、これがフェイエノールトでの最後の試合になったとのことだ。 また、今週中にも取引をまとめるために日本に向けてスタッフを派遣したとのこと。移籍金は100万ユーロ以上(約1億3600万円)になるとしている。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ECLで12試合3ゴールを記録している。エールディビジでは341試合で108ゴール47アシストを記録している。 9番タイプの補強を常に掲げてきている浦和。現在は勝ち点14で15位とギリギリ残留圏にいる苦しい状況。前線の補強で巻き返しを図れるだろうか。 2022.05.27 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGが7月に来日!アンバサダーのキングカズが一緒にプレーしたいのは「ネイマール」、レジェンド・エムボマ氏は「20kgも太りすぎた(笑)」

26日、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)が7月にジャパンツアーを行うことが発表された。 コロナ禍により海外クラブの来日がなくなった中、久々のビッグクラブの来日が決定。川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪とJリーグの3クラブと対戦する。 26日には発表記者会見が行われ、PSGのアジア太平洋地域代表のセバスチャン・ヴァゼル氏、PSGのレジェンドであり、Jリーグでもプレーした元カメルーン代表FWパトリック・エムボマ氏が登場。また、ジャパンツアーのアンバサダーに就任した鈴鹿ポイントゲッターズの三浦知良氏がリモートで登場した。 記者会見ではトークセッションも行われた中、先日電撃的にクラブとの契約を延長したフランス代表FWキリアン・ムバッペの話題に。 契約を延長した理由についてヴァゼル氏は「PSGというクラブの色々なプロジェクトが世界でも一番素晴らしいということでムバッペが決めてくれたんだと思う」とコメント。「今や世界のベストプレーヤーとも言えるが、我々の志が彼が目指しているものと合致した。クラブに残ってくれることで、我々に長く夢を与えてくれる」と、更なる成功をクラブで収めてほしいと語った。 契約が満了を迎えることについては「全然心配していなかった」と語るヴァゼル氏。それでも、「我々は何て嬉しいんだと思った。彼の決定を待っていたので、大満足だった」と実際にクラブに留まることが決まったことは嬉しかったとした。 さらに「ムバッペはPSGにとっての子供だ。パリで生まれ、パリで育って、パリを象徴するのがムバッペだ」と語り、「世界でも最高峰の選手になったのに長期契約を結んでくれてよかった」と、パリを象徴する選手が残ってくれることを喜んだ。 また、エムボマ氏は今回のジャパンツアーでの注目選手については「ムバッペだ」とコメント。「PSGに残ると決めて、PSGで大きな挑戦を続けていくことを決めた。PSGでは彼を置いてはいないという素晴らしい選手になった」と語り、チームでもNo.1の選手だと語った。 一方で、三浦は「全員超人ですので1人は難しいですが、ネイマール、ムバッペ、メッシは注目したいです」とコメント。「個人的にはマルキーニョスも好きで、期待しています」と語り、豪華なメンバーが揃うチームの中ではなかなか1人に絞るのは難しいとした。 また、この豪華なメンバーを揃えるPSGについて三浦は「同じチームでプレーできたら楽しいでしょうね。想像もつかないです」とコメント。また、「対戦相手としてもやってみたいと思います」と、チームメイトとしても対戦相手としても試合をしたいと語った。 実際に対戦する3チームに対しては、「Jリーグの3チームが対戦するのは楽しみですし、選手としては羨ましいなと思います。良い試合をやってもらいたいと思います。Jリーグの3チームが偉大なクラブにどういう試合をするのかというのはみてみたいです」と、どのような試合になるのか期待を口にした。 また、三浦は30年前のJリーグ開幕を知理ながら現役でもプレー。海外のビッグクラブが来日して試合を行うことの意味についても言及した。 「Jリーグも今年30周年を迎えて新たなステージに入っていかなければいけない中で、コロナ禍もあってクラブの親善試合や海外のビッグクラブを呼ぶこことはなかなかできなかったですが、今回呼べました」 「3チームが世界のチームと戦う。次のJリーグのステージ、これからの30年のための1発目として、みんなに世界のレベルのクラブと日本のクラブが戦う意味が大きくなると思います」 「胸を借りるじゃないですが、チャレンジャーとしてやっていくことで、これを見る子供たちが夢を持てると思います」 「久しぶりにJリーグのチームがゴールデンタイムで、地上波でTBSでやることも意味があります。新たなJリーグのファン層を掴んで欲しいなと思います」 なお、気になる来日メンバーについてはヴァゼル氏は「今年はワールドカップがこの時期にないということ。ヨーロッパの大会、コパ・アメリカもないのでチーム全員が来る」とコメント。「東京、埼玉、大阪でファンの皆さんと良い時間を過ごしたいと思う。競争力がある試合を繰り広げたいと思う」と、ベストメンバーで来日することを明言した。 エムボマ氏は実際にPSGでもプレーしていたが、現在のメンバーで一緒にプレーしたい選手について聞かれると、「何が悔しいかって、20歳も年を取りすぎているし、20kgも太りすぎたと後悔している」と冗談を交えてコメント。「メッシやキリアン(・ムバッペ)、ネイマールとチームメイトとしてプレーできれば、プラスアルファでプレーできるかなと思う」と語り、「中盤、ディフェンスの全ての選手とプレーしたいと思う。ただ、歳を取りすぎたかな」と、若ければ良いプレーを一緒にできたと悔しがった。 同じ質問に三浦は「全員とやりたいですけど、1人選ぶとしたらネイマールとやりたいですね」とコメント。「ネイマールが育ったサントスで僕もやっていましたし、サントスでつけていた背番号も同じなので、ネイマールがデビューした時から彼のファンでもあるので、一緒にやってみたいと思います」と、自身がJリーグでプレーする前に所属したサントスの後輩を指名した。 また、「大きなスタジアムではなくても、サントスのビーチでやるサッカーでもいいので一緒にやりたいです。サントスの海岸でサッカーできれば、それで良いです」と語り、いつかネイマールとボールを一緒に蹴りたいとした。 2022.05.26 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが7月にジャパンツアーを実施! 川崎F、浦和、G大阪と対戦!

パリ・サンジェルマン(PSG)は26日、7月にジャパンツアーを行うことを発表した。 今シーズンは10度目のリーグ・アン優勝を果たしたPSG。先日にはフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約延長を果たすなど、スター選手たちが揃っている。 その他、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマール、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルキーニョスなど、各国の代表選手が揃うチームが、Jリーグのクラブと対戦する。 今回は3試合を開催。7月20日の川崎フロンターレ(国立競技場)戦を皮切りに、23日に浦和レッズ(埼玉スタジアム2002)、25日にガンバ大阪(パナソニック スタジアム 吹田)と対戦する。 また、試合はTBS系列で全国放送されるほか、『Paravi』で独占放送される。 さらに、今回のツアー中は公開トレーニングセッションやファンとの交流、日本文化と触れ合う機会なども用意されている。 なお、今回のジャパンツアーのアンバサダーには、鈴鹿ポイントゲッターズの元日本代表FW三浦知良が就任。「とても光栄で、幸せに思います。日本にこれだけのビッグクラブが久しぶりに来日するので、このイベントにこういう形で参加できることを幸せに思いますし、光栄に思います」とコメントしている。 ◆ツアー日程 ▽7/20(水) 《19:30》 パリ・サンジェルマン vs 川崎フロンターレ [国立競技場] ▽7/23(土) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽7/25(月) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs ガンバ大阪 [パナソニック スタジアム 吹田] 2022.05.26 16:21 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪が2発快勝で今季初の連勝!! 浦和は7戦ドローから8試合ぶり黒星に…【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、セレッソ大阪vs浦和レッズが25日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、2-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 大阪ダービーでガンバ大阪に快勝を収めたC大阪。今季初の連勝を目指す今節は、中3日の連戦の中でもスタメンの変更は鳥海から西尾の1枚にとどめた。 対照的に鹿島アントラーズと引き分け、J1最長タイとなる7試合連続ドローになった浦和は、明本、柴戸、伊藤、江坂に代わって大畑、小泉、平野、アレックス・シャルクを先発で起用。前節の3バックから4バックへ戻してゲームに臨んだ。 元大分トリニータの両キャプテン、清武と西川が抱擁を交わしてスタートした一戦は、C大阪が9分に毎熊のクロスからパトリッキがフィニッシュ。10分台には4つのCKを獲得するなど、攻勢を強める。 たが、決定的なシーンを作れずにいると、20分台は守勢の時間帯をしのいだ浦和が反撃を試みる。24分にはキム・ジンヒョンのパスが近くの小泉に当たると、こぼれ球をキャスパー・ユンカーがリターンし、小泉が無人のゴールへ流し込む。ただ、この場面はこぼれに反応したユンカーがオフサイドポジションと判断された。 浦和は2分後にもカウンターから決定機を迎え、右からのクロスをファーで受けたシャルクが逆サイドを狙ったが、右のポストに嫌われる。以降も両チームともフィニッシュシーンを作るものの、精度を欠いてゴールレスのまま前半を終えた。 ハーフタイムにはこの冬にC大阪からベルギーのKVオーステンデへ巣立った坂元達裕が凱旋の挨拶。これがホームチームへ勢いをもたらしたか、C大阪が先制点を挙げる。 62分、山中のクロスはブロックされてCKとなるも、オン・フィールド・レビューの結果、関根の手に当たっていたとしてC大阪にPKが与えられる。これを清武がGK西川の逆を突いて左隅に沈め、67分に試合を動かした。 追い掛ける展開となった浦和はすぐさま3枚替えで攻勢を強める。平野、関根、シャルクを下げ、柴戸、大久保、松尾を投入したが、ゴール前にボールを運びながらも、GKキム・ジンヒョンを脅かすには至らない。 焦りの見える浦和を後目に、C大阪は89分に追加点を奪取。西尾のロングフィードを北野が競ると、落ちたボールに加藤がショルツよりも一瞬早く反応する。持ち運んでスルーパスを送ると、ボックス右から毎熊が左隅に流し込んで勝負を決めた。 試合はこのままタイムアップを迎え、C大阪がホームで快勝。今季初の連勝を飾った。一方の浦和は7戦連続ドローから8試合ぶりの黒星を喫している。 セレッソ大阪 2-0 浦和レッズ 【C大阪】 清武弘嗣(後22) 毎熊晟矢(後44) 2022.05.25 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

日本人の躍動で成功したセルティック、今夏に獲得を目指すJリーガー5名! 補強ポイントは左SBと中盤か

欧州サッカーも続々とリーグ戦が終了。各リーグでの優勝クラブが決まり、選手たちもオフに入っている。 残す大きな試合は25日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のローマvsフェイエノールト、そして28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプールvsレアル・マドリーの2試合となった。 そんな中、日本でも話題を呼んだのがスコティッシュ・プレミアシップのセルティックだ。 今シーズンから横浜F・マリノスを率いて明治安田生命J1リーグの優勝も経験していたアンジェ・ポステコグルー監督が就任し、日本代表FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が躍動。また、今年1月には日本代表FW前田大然(横浜FM)、MF旗手怜央(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)と日本人が合計4名も在籍。それぞれが活躍し、52度目のリーグ制覇を達成していた。 スコットランドでも話題を呼んでいるセルティックだが、イギリス『デイリー・レコード』はこの成功を経て、再び日本人を獲得する動きを見せると報道。その候補選手を5名挙げている。 ◆屈指のチャンスメーカー MF森島司 所属:サンフレッチェ広島 生年月日:1997年4月25日(25) 今季Jリーグ成績:13試合4ゴール1アシスト 2016年2月に四日市中央工業高校から広島に入団した森島。プロ7年目を迎え、ここまで公式戦151試合に出場し16ゴール24アシストを記録している。 広島では10番を背負い、主にシャドーの位置でチャンスメイクを行う森島。世代別の日本代表も経験する中で、そのクリエイティブ能力は大きな評価を得ている。 日本代表としても2キャップを記録。持ち味である正確なキックではセットプレーも任されており、今シーズンはキャリアハイの数字を残す期待もかけられている。 <span class="paragraph-title">◆中盤を支えるコンダクター</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> MF伊藤敦樹 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年8月11日(23) 今季Jリーグ成績:11試合出場 浦和レッズの下部組織で育った伊藤は流通経済大学を経て2021年2月に古巣である浦和へと復帰した。 浦和ではリカルド・ロドリゲス監督の下、ボランチのレギュラーとしてプロ1年目からプレーするとリーグ戦36試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今シーズンもリーグ戦で11試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では4試合に出場し1アシストを記録していた。 セルティックはオーストラリア代表MFトーマス・ロギッチ(29)、イスラエル代表MFニル・ビトン(30)が退団。中盤の選手が手薄となっており、チームとしては補強ポイントとなっている。 創造性という点では足りない部分はあるものの、ゲームメイクという点、ポジショニングという点では長けているものもあり、年齢を考えても貴重な戦力になると見られている。 <span class="paragraph-title">◆超ユーティリティプレーヤー</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF明本考浩 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年1月31日(24) 今季Jリーグ成績:13試合2アシスト セルティックの補強ポイントでもある左サイドバック。ポステコグルー監督は常にそのポイントを挙げてきていた。 冬には旗手を獲得したが、インサイドハーフでの起用となり、左サイドバックでプレーすることはない。そんな中で旗手同様にユーティリティ性に長けているのが明本だ。 栃木SCから2021年1月に浦和に加入した明本は、サイドバック、サイドハーフ、さらにはトップやシャドーでもプレーしている。 超ユーティリティな明本だが、セルティックとしては左サイドバックのバックアップとしても考えられる点で興味を持っているようだ。 また、豊富な運動量と攻撃性能の高さはポステコグルー監督のスタイルにもあっており、補強のポイントに合致している。 <span class="paragraph-title">◆システムに縛られない左サイドバック</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF黒川圭介 所属:ガンバ大阪 生年月日:1997年4月13日(25) 今季Jリーグ成績:13試合1ゴール 左サイドバックの候補として上がるのはG大阪の黒川だ。2020年2月に関西大学から入団し、ここまで公式戦53試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。 右でもプレーできる黒川だが、左サイドバックだけでなく、ウイングバックでもプレー。4バック、3バックとシステムを選ばないプレースタイルは注目を集めている。 まだまだ発展途上の選手ではあるが、両サイドができることも魅力の1つ。原石ではあるが、ポステコグルー監督が磨き上げる可能性もある。 <span class="paragraph-title">◆日本代表クラスの左サイドバック</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF小川諒也 所属:FC東京 生年月日:1996年11月24日(25) 今季Jリーグ成績:11試合出場 2015年2月に流通経済大学柏高校からFC東京に入団した小川。攻撃力を持つ左サイドバックとして大きな期待が寄せられていた。 ここまで公式戦で170試合に出場し4ゴール14アシストを記録。左足のキックは精度が高く、セットプレーのキッカーも務めている。 日本代表にも選ばれている小川は、中盤や左サイドバック、センターバックでもプレーが可能。182cmの上背があるが、サイドバックとして考えられていると見られている。 2022.05.24 12:48 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly