J2昇格の熊本が新ユニフォームを発表! J1昇格の京都と同じカモフラージュ柄に

2022.01.17 12:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は16日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。

2021シーズンは、明治安田生命J3リーグの最終節を3位で迎えながら逆転優勝を果たし、J2へ復帰した熊本。4シーズンぶりにJ2で戦うこととなる。

その新ユニフォームは、引き続きプーマがデザイン。2022年2月より登場する「PUMA TRIBES」の新デザインを採用し、ストリート感があるカモフラージュ柄と、スポーティーで伝統的なボーダー柄を合わせ、ピッチ上での選手の新たな見え方を追求し、PUMAの革新的試みを表現したデザインとなっている。

同系色で構成されるカモフラージュ柄は、ピッチ上の選手達の変幻自在なプレイをイメージしており、J2の舞台で躍動する選手達を華やかに彩る。

これは、同じくプーマがサプライヤーを務める京都サンガF.C,と同じデザインが採用。ユニフォームカラーは、フィールドプレイヤーの1stが赤基調で黒のボーダー。2ndが白基調になっている。

一方、GKユニフォームの1stはネイビーが基調に。2ndは黄色がベースになっている。



1 2

関連ニュース
thumb

新生大宮、相馬監督の初陣はハイプレス決行で東京Vとドロー…熊本vs甲府も勝ち点1を分け合う【明治安田J2第19節】

28日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が各地で行われた。 26日に霜田正浩監督を解任し、相馬直樹新監督を迎えた大宮アルディージャは味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦した。 新生大宮は高い位置から積極的なプレッシングを決行し、東京Vのビルドアップに制限をかける。19分にはペナルティアーク左手前でFKを与えてしまうが、石浦のキックは壁に当たり、難を逃れた。 一方、J2ワーストタイとなる32失点の守備にテコを入れようと、12試合ぶりにGK長沢を先発起用した東京V。27分には4試合ぶりのスタメンとなったベテランのインターセプトが若手のJ初ゴールをお膳立てする。 三門から小島への縦パスを加藤弘堅が高い位置でカットして石浦へつなぐと、20歳のアタッカーはボックス右から左足のフィニッシュ。カバーに入った西村に当たってコースが代わり、ゴール左隅に吸い込まれた。 被弾した大宮だったが、ファイティングポーズを崩さずハイプレスを継続。32分には右サイド高い位置でボールを奪取した柴山が中央へ持ち運び、ボックス手前から左足で狙う。 ビハインドで迎えた後半も立ち上がりから大宮が仕掛ける。54分には敵陣での西村のチェックから河田、2分後にもハイプレスでのボール奪取から再び河田が見せ場を作った。 大宮の攻撃が結実したのは58分。オフサイドラインギリギリで抜け出した河田が自陣からの縦パスに反応して右サイドでフリーとなると、揃っていない最終ラインを見てダイレクトで中へ送る。奥抜がボックス内で収め、ドカ・ボニフェイスをかわして右足で右隅に流し込んだ。 なおも攻勢を強める大宮は62分に茂木が際どいミドルを放ち、77分には小島が泉澤を使って左のハイサイドを攻略。マイナスの折り返しをボックス左で受けて縦に突破し、角度のない位置から狙ったが、クロスバーに阻まれた。 守勢に回った東京Vだが、新井の突破を中心に終盤に盛り返す。後半のアディショナルタイムにはハーフウェーライン付近からFKを左サイドで新井が受けてボックス左まで侵入。折り返しに小池が頭で合わせたが、クロスバーを越えたところでタイムアップの笛が響いた。 大宮は相馬監督の初陣を変革の可能性を感じるドローで終え、東京Vは5試合連続で勝利から遠ざかることとなった。 3戦負けなしで6位まで浮上してきたロアッソ熊本は、えがお健康スタジアムに8位・ヴァンフォーレ甲府を迎えた。 先手を取ったのはアウェイの甲府。左CKを獲得すると、松本のインスイングのクロスにウィリアン・リラがゴール前で合わせる。処理に出てきたGK佐藤の前で高い打点のヘディングを放ち、13分に試合を動かした。 ポゼッションに勝る熊本だが、甲府のプレッシングに苦しみ、効果的なボール回しをすることができない。かいくぐってゴール前に運んだ場面でもタイトな守備に遭って決定機を作れずに時間が進んだ。 先手を取った甲府は焦らずに機をうかがうと、37分にもセットプレーから熊本ゴールを脅かす。右のCK時にフラッグの近くに小林と松本の2人が立つと、松本の右足クロスから宮崎がドンピシャのヘディングを放つ。ただ、これはGK佐藤のファインセーブに阻まれた。 熊本は浮き球の縦パスから土信田が裏を取るがGK河田に阻まれ、ビハインドで前半を終えた。流れを変えるべくハーフタイムに一挙3枚の交代カードを切ると、これが功を奏する。 54分、最終ラインでのビルドアップから右へ展開すると、ゲームキャプテンの黒木が阿部とのワンツーでサイドを打開。最終ラインとGKの間に絶妙なグラウンダーのクロスを送ると、途中投入された竹本がファーで流し込み、試合を振り出しに戻した。 直後にも右サイドを崩し、こちらも途中出場・杉山のクロスから三島が合わせるが、枠を外れた。甲府も直後にウィリアン・リラが決定機を迎えるも、ボックス右でのトーキックはGK佐藤が、セカンドボールを拾っての2本目はDFがブロックし、ゴールに鍵をかける。 終盤には両チームが決定機を創出。80分の甲府は左クロスから三平のヘディングがクロスバーを叩き、後半のアディショナルタイムには熊本が怒涛の攻撃を見せる。ラインブレイクした坂本が一対一を迎え、右クロスからは粟飯原が渾身のヘディングを見せるも、GK河田の前に逆転ゴールを奪えずタイムアップ。勝ち点「1」を分け合い、熊本は暫定ながらも順位を1つ挙げ、甲府は5試合連続の引き分けとなった。 ◆第19節 ▽5月28日(土) ロアッソ熊本 1-1 ヴァンフォーレ甲府 東京ヴェルディ 1-1 大宮アルディージャ ▽5月29日(日) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 栃木SC FC町田ゼルビア vs ブラウブリッツ秋田 横浜FC vs レノファ山口FC アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 vs ファジアーノ岡山 《15:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs 水戸ホーリーホック 《18:00》 ザスパクサツ群馬 vs 大分トリニータ 《18:30》 FC琉球 vs 徳島ヴォルティス 《19:00》 ツエーゲン金沢 vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.28 20:07 Sat
twitterfacebook
thumb

J2熊本がアウェイでのサポーターの声出し行為を謝罪…アウェイでの勝利のチャント「カモンロッソ」も実施せず

ロアッソ熊本は27日、サポーターの行為について謝罪した。 クラブの発表によると、4日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC戦において、観客の声出しがあったことが確認されたとのことだ。 Jリーグは、声出し応援に関しては新型コロナウイルス(COVID~-19)のガイドラインによって禁止している状況。今後、段階的な緩和を進めるとしている状況だ。 しかし、熊本のサポーターがアウェイゲームで声出し行為をしていた上、クラブは指摘を受けて知ったとのこと。「この件につきまして、当クラブの管理および注意喚起が不十分であったこと、そして声出し行為の把握が遅くなりましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。 また、「関東を中心に応援いただいている東京応援団の皆様にも改めて注意喚起を促し、今後は試合前にも運営担当より、ロアッソを応援していただく全ての皆さまに声出しに関する注意喚起を行ってまいります」としている。 さらに、熊本の勝利後には定着している勝利のチャント「カモンロッソ」に関してもアウェイでは行わないことを明記。「アウェイクラブならびにアウェイクラブサポーターへのリスペクトの意を込め、アウェイゲームにおきましては選手による「カモンロッソ」のパフォーマンスは実施いたしませんので、アウェイゲームをご観戦のファン、サポーターの皆様にはぜひともご理解を賜りますようよろしくお願いいたします」と、勝利しても行わないことを周知した。 サポーターによる声出しは、アウェイゲームのみならず、ホームでも確認されているとのこと。「先日のホームゲームにおきましても一部から声出し行為が見られたため、本日、当該者との面談を設け、今後の対応も含め厳重に注意をいたしました」と注意を促したとした。 声明の最後には、「声出し応援」についてのクラブのスタンスを表明。積極的に取り組む考えがあるため、解禁まではルールを守るように呼びかけた。 「Jリーグでは「声出し応援」に向けて段階的導入を検討しております。当クラブにおきましてもJリーグとともにチームを後押しする「声出し応援」の再開に向けて積極的に取り組む所存でおります」 「ファン、サポーターの皆さまにおかれましては、「声出し応援」が解禁となるまで今しばらく、Jリーグならびに当クラブによるルールに則ったご観戦をいただきますとともに、引き続きチームの後押しへのご協力をよろしくお願い申し上げます」 2022.05.27 22:53 Fri
twitterfacebook
thumb

熊本の選手1名が新型コロナウイルス陽性…濃厚接触者なし

ロアッソ熊本は11日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は11日に行われたJリーグの定期抗原定性検査で陽性判定となったとのことだ。 その後、熊本県内の医療機関にてPCR検査を実施。陽性判定となった。 なお、当該選手以外は全員が陰性に。濃厚接触者もいないとのことだ。 2022.05.11 19:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「まじうますぎ」、「惚れてまうやろ」後半ATの劇的弾を生んだ熊本の華麗すぎるダイレクトプレーが話題沸騰「芸術点が付くべきゴール」

1年でのJ1復帰を目指す横浜FC。13試合を終えて8勝5分けと無敗をキープして首位を走っていたが、土をつけたのは昇格組のロアッソ熊本だった。 4日、明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FCvsロアッソ熊本がニッパツ三ツ沢球技場で行われた。 熊本は昨シーズンの明治安田生命J3リーグを制し、J2に昇格。ここまで4勝5分け4敗と着実に結果を残してきていた。 この試合でも首位チームを相手に物おじせずにプレー。横浜FCペースで試合が進む中、熊本もカウンターで応戦するという展開ながら、ゴールレスで試合が進む。 互いに譲らず、試合もアディショナルタイムを終えようとしていたが、最後の最後にドラマが。中盤でボールを奪った熊本は、ボックス手前で横パスを受けた河原創が縦パス。ダイレクトで送られたボールを藤田一途がこれまたダイレクトで落とすと、大外を回ってオーバーラップしていた伊東俊がダイレクトシュート。これがネットを揺らし、熊本が劇的な先制ゴールを奪い、横浜FCに土をつけた。 ダイレクトパスの連続からダイレクトシュートで決める華麗な流れで奪った劇的ゴールには「これまじうますぎ」、「縦パスやばいわ」、「美しすぎ」、「またもや、芸術点が付くべきゴール」、「これはえぐい」、「惚れてまうやろ」と一連の流れの美しさに称賛の声が集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATに華麗なるダイレクトパス交換から美し過ぎるゴール誕生!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【5/4横浜FC戦】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%BD%E7%86%8A%E6%9C%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ロアッソ熊本</a> 連戦4試合目は中2日でのアウェイ連戦<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%97%98%E3%81%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#闘え</a>!2022 <a href="https://t.co/oZrAkoe5r3">pic.twitter.com/oZrAkoe5r3</a></p>&mdash; ロアッソ熊本(official) (@roassoofficial) <a href="https://twitter.com/roassoofficial/status/1521775443518496768?ref_src=twsrc%5Etfw">May 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.04 21:37 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本のルーキーMF谷山湧人が右第5中足骨骨折で手術…全治3カ月

ロアッソ熊本は26日、MF谷山湧人の負傷を発表した。 クラブの発表によると、谷山は10日のトレーニングマッチで負傷。右第5中足骨骨折と診断され、22日に熊本市内の医療機関で手術を受けたとのことだ。 谷山の全治は約3カ月とのことだ。 谷山は熊本の下部組織から今シーズン昇格。ここまで出番はなかった。 2022.04.26 15:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly