元仙台の関口訓充、関東1部の南葛SC加入が決定! 「『キャプテン翼』のチームでサッカーできることが夢のよう」

2022.01.16 13:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
関東サッカーリーグ1部の南葛SCは16日、元日本代表MF関口訓充(36)の加入決定を発表した。

関口は帝京高校卒業の2004年に仙台でプロ入りすると、2009年にチームのJ2優勝によるJ1昇格に貢献して、翌年に初のA代表選出。2012年から浦和レッズに移り、2015年からセレッソ大阪に加入した。

そして、2018年からは6年ぶりに仙台復帰して、昨季も明治安田生命J1リーグ28試合の出場で1得点をマーク。だが、19位で終戦のチームは13シーズンぶりのJ2降格が決まり、関口も契約満了で退団した。

移籍先が決まった関口は新天地の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。

「初めまして! ベガルタ仙台から加入することになりました関口訓充(せきぐち くにみつ)です!」

「小さい頃から、マンガの『キャプテン翼』を読んで、アニメの『キャプテン翼』を観て、サッカーをしてきた自分が、『キャプテン翼』のチームでサッカーできることが夢のようです!」

「南葛SCを昇格させ、少しでも早く夢の舞台行けるように、全力で取り組みたいと思います! 応援よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

元代表選手を次々獲得の南葛SC、伊野波雅彦も加入決定! 「JFL、そしてJリーグへと導く」

関東サッカーリーグ1部の南葛SCは1日、元日本代表DF伊野波雅彦(36)の加入決定を発表した。 伊野波は2006年にFC東京でプロデビュー後、鹿島アントラーズ、ハイドゥク・スプリト(クロアチア)、ヴィッセル神戸、ジュビロ磐田でプレー。2019年2月に横浜FC入りした。 移籍初年度から一定数の出番を掴み、昨季も明治安田生命J1リーグ19試合に出場。だが、同シーズン限りでの契約満了に伴って、退団が決まり、それから無所属の状態だった。 MF稲本潤一、MF今野泰幸、MF関口訓充といった元日本代表選手の加入が続くチームに活躍の場を求めた伊野波は加入に際して、クラブ公式サイトで喜びつつ、移籍の経緯と決意を語った。 「南葛SCに加入が決まりました伊野波雅彦です。まずは、このタイミングで契約を締結していただいたクラブに感謝を申し上げます」 「僕にとって、Jリーグ加盟を目指すクラブでプレーすることは新たな挑戦になります。葛飾という伝統ある街と協働し、クラブを作り上げていく、進めていく道筋に携われることに魅力を感じ、サッカー選手としてだけでなく、人間としての成長につながるのではないかと思い、契約書にサインしました」 「僕のような年代のサッカー選手では珍しいのかもしれませんが、クラブのオーナーである高橋陽一先生の名作漫画『キャプテン翼』シリーズを実は読んだことがありません。ただ、周囲から漫画のストーリーなどを聞き、主人公の大空翼が中学卒業と同時にブラジルに渡ったことに、とても共感を得ました」 「僕も中学時代に2度、短期のサッカー留学ではありますが渡伯したことが、プロを目指す大きなきっかけになったからです。まさか、このタイミングで接点を持つことになろうとは、少し不思議な感覚に陥ります」 「僕は過去を振り返るようなプロ生活を送りたくはありません。南葛SCに加入が決まった3月1日が未来への第一歩だと捉えています。契約したプロサッカー選手として責任を持ち、南葛SCをJFL、そしてJリーグへと導くべく、精進していこうと思います」 「ファン・サポーターの皆さん、スポンサー企業の皆さん、そして葛飾区の皆さん、ともに進んでいきましょう。よろしくお願いします!」 2022.03.01 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

大型補強の南葛SC、元日本代表トリオ集結に驚きの声「すげぇや」「社会人リーグのチームだよな?!」

南葛SCに加入した新戦力たちに注目が集まっている。 2021年の関東サッカーリーグ2部を2位で終え、2021年12月に行われた入れ替え戦に勝利し1部に昇格した南葛SCだが、JFL昇格を目指すなかで大型補強を進めた。 1月16日にベガルタ仙台でプレーしていたMF関口訓充の加入を発表すると、18日にはMF稲本潤一、そして25日にはMF今野泰幸の獲得を発表。大物選手の続々加入は大きな話題を呼んだ。 月が変わった1日、関口らはチームの練習に初参加。関口自身も2人と一緒にプレーすることへの驚きを改めて実感したようで、自身のツイッターに3人の写真を添えながら感想を綴っている。 「今日南葛SCでの初練習が終わりました!イナさんに今ちゃん。すっげぇー選手…俺代表キャップ3…2002年W杯はイナさんの得点は帝京高校でみんなで見たな。今ちゃんは代表行った時に優しくしてくれたな。そんな人達とここで一緒にやれるって幸せなことだな。 まだまだ成長できる!」 豪華スリーショットには、ファンも驚き。「社会人リーグのチームだよな?!」、「すげぇや」、「すごい3ショット!」「今シーズンの南葛がとても楽しみです!」といったコメントを寄せている。 関東リーグで2年連続の昇格を決めた南葛SCだが、2022シーズンに向けてさらに期待が高まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】稲本、今野、関口、豪華すぎる元日本代表戦士のスリーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今日南葛SCでの初練習が終わりました!<br>イナさんに今ちゃん。<br>すっげぇー選手…<br>俺代表キャップ3…<br>2002年W杯はイナさんの得点は帝京高校でみんなで見たな。<br>今ちゃんは代表行った時に優しくしてくれたな。<br>そんな人達とここで一緒にやれるって幸せなことだな。<br>まだまだ成長できる! <a href="https://t.co/YJZZ650EK9">pic.twitter.com/YJZZ650EK9</a></p>&mdash; 関口訓充 (@kuni32kun) <a href="https://twitter.com/kuni32kun/status/1488509378718478339?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.02.02 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

南葛SCが大型補強! 稲本潤一に続いて、元日本代表MF今野泰幸をバースデーに獲得「夢のようです」

関東サッカーリーグ1部の南葛SCは25日、ジュビロ磐田を退団した元日本代表MF今野泰幸(39)の加入を発表した。 宮城県出身の今野は、東北高校から2001年にコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプロ入り。3シーズンを過ごすと、2004年にFC東京へと完全移籍し飛躍。日本代表にも選出されるようになる。 2012年にはガンバ大阪へと完全移籍し、J1やリーグカップ、天皇杯など数々のタイトル獲得を経験。2019年7月から出場機会を求め、磐田へと移籍した。 磐田では2年半でJ2で29試合に出場。2021年も23試合に出場し、J1昇格にも貢献していたが退団していた。なお、日本代表通算93試合に出場し、2度のワールドカップを経験している。 39歳の誕生日に新天地が決まった今野はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンより、南葛SCでプレーすることになりました!子どもの頃から大好きだった『キャプテン翼』のチームでプレーできるなんて夢のようです」 「子どもから大人まで、幅広い世代の人が大好きな『キャプテン翼』のチームを、より多くの人に応援してもらえるように、勝利に貢献していきたいと思います。サッカーを楽しんで、日々全力で頑張って、南葛SCの目標に向かってやっていきたいと思います!」 南葛SCは、元日本代表MF稲本潤一を獲得したほか、ベガルタ仙台を退団したMF関口訓充も獲得。そのほかにも多くの元Jリーガーが在籍しており、JFL昇格を目指す。 2022.01.25 12:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「42歳です。よろしくお願いします!」W杯で2ゴールの稲本潤一が南葛SCで新人ばりの元気な挨拶を披露

関東サッカーリーグ1部の南葛SCへの入団が発表された元日本代表MF稲本潤一(42)が早速見せた。 18日、SC相模原を退団した稲本の入団が発表されたことが大きな話題に。ガンバ大阪の下部組織出身で、当時の最年少でプロデビューした逸材は、アーセナルやフルアム、WBA、カーディフ、ガラタサライ、フランクフルト、スタッド・レンヌなどでプレー。その後日本へ戻り、川崎フロンターレ、北海道コンサドーレ札幌でもプレーした。 多くの元Jリーガーも加入し、今オフもベガルタ仙台を退団した元日本代表MFMF関口訓充(36)が加入した南葛SC。人気サッカーマンガ『キャプテン翼』の作者である高橋陽一氏が代表を務めることでも知られている。 その稲本だが、早速チームのトレーニングに参加。その自己紹介で、大物ぶりを見せた。 稲本は新たなチームメイトに対して「こんばんは!」と元気に挨拶。「相模原から来た稲本潤一です。42歳です。よろしくお願いします!」と一礼した。 2002年の日間ワールドカップでは2つのゴールを決めるなど、その名が知れ渡っている稲本のまるでルーキーかのような元気な挨拶。心機一転、日本の5部リーグに当たるところからのJリーグ入りを目指す南葛SCの力になれるか。その活躍からは目が離せなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】まるで新人のよう! W杯でもゴールを決めた稲本潤一が元気に挨拶</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">新加入の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A8%B2%E6%9C%AC%E6%BD%A4%E4%B8%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#稲本潤一</a> 選手が昨日行われたシーズン最初のトレーニングで気合の入った自己紹介をしてくれました。熱い!<br><br>南葛SCのLINE公式では、このような非公開のトレーニング風景や、葛飾のタウン情報などを定期的にお伝えします。おともだち募集中<br><br>登録はこちら↓<a href="https://t.co/m3kaQHEGt8">https://t.co/m3kaQHEGt8</a> <a href="https://t.co/wxIrL06zFX">pic.twitter.com/wxIrL06zFX</a></p>&mdash; 南葛SC|Nankatsu SC (@nankatsu_staff) <a href="https://twitter.com/nankatsu_staff/status/1483632293562695680?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.19 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF稲本潤一、関東1部の南葛SCに加入 「非常に光栄に思ってます」

関東サッカーリーグ1部の南葛SCは18日、元日本代表MF稲本潤一(42)の加入決定を発表した。 稲本は下部組織から過ごすガンバ大阪でプロデビュー後、アーセナルやガラタサライ、フランクフルト、スタッド・レンヌなどで欧州挑戦。2010年の川崎フロンターレ入りを機に帰国すると、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)を経て、2019年からSC相模原に活躍の場を移したが、昨季限りで契約満了となり、退団した。 人気サッカーマンガ『キャプテン翼』の作者である高橋陽一氏が代表を務めることでも知られ、先日に昨季限りでベガルタ仙台を退団した元日本代表MFMF関口訓充(36)も獲得した南葛SC。稲本はクラブを通じて意気込みを語っている。 「このたび、南葛SCでプレーすることになりました! 子どもの頃に夢中で読んでいた『キャプテン翼』から誕生したチームでサッカーができることを非常に光栄に思ってます!!」 「チームの今シーズンの目標であるJFL昇格に少しでも貢献できるよう、自分のすべてを出し、チームのためにプレーしたいと思います! 南葛SCの稲本潤一をよろしくお願いします!!」 2022.01.18 12:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly