金沢のGK石井綾がカズの同僚に! 鈴鹿ポイントゲッターズへ期限付き移籍

2022.01.12 15:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ツエーゲン金沢は12日、GK石井綾(28)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへと期限付き移籍することを発表した。

期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、金沢との公式戦には出場できない。

愛知県出身の石井は、名古屋グランパスの下部組織で育ち、U-15、U-18と昇格。その後、中京大学へと進学し、2015年にはFC岐阜の特別指定選手に。2016年に水戸ホーリーホックに入団した。

1年目は出番がなく、2年目の2017年にアスルクラロ沼津へと期限付き移籍。J3で13試合、天皇杯で2試合に出場すると、2018年は福島ユナイテッドFCへと期限付き移籍し、J3で6試合に出場した。

2019年はFC琉球へと期限付き移籍し、J2で12試合、天皇杯で1試合に出場。水戸では出番がないまま、2020年に金沢へと完全移籍した。

金沢では2シーズン在籍し、J2通算6試合。2021シーズンは出番がなかった。

石井は両クラブを通じてコメントしている。

◆鈴鹿ポイントゲッターズ
「鈴鹿ポイントゲッターズに関わる全ての皆様、ツエーゲン金沢から加入することになりました石井綾です。自分を必要としてくれたクラブに感謝するとともに、プレーや普段の行動、そして結果で恩返しできたらと思います」

「今シーズン、クラブの目標を達成できるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします」

◆ツエーゲン金沢
「あけましておめでとうございます。JFLの鈴鹿ポイントゲッターズに移籍することにしました。良い時も悪い時も支えになってくれたファン、サポーターの方々や支援してくれたスポンサー、そしてパートナー企業の皆様には本当に感謝しています」

「特に昨年は悪い時の方が多く、叱咤激励の言葉が本当に自分の支えになりました。GKコーチのりょうじさんとの出会いは自分を成長させてくれましたし、プレーヤーとしての幅を広げることができました」

「また、怪我もしてメディカルスタッフの方々にも大変お世話になりました。この2年間で金沢の街が大好きになり、大好きな仲間やチームのために戦えたことは僕の誇りです。2年間本当にありがとうございました」

鈴鹿は11日に元日本代表で日本サッカー界のレジェンドであるFW三浦知良(54)を横浜FCから期限付き移籍で獲得。Jリーグ昇格を目指すこととなる。


関連ニュース
thumb

「父親のチームの試合を応援しに行ったところ…」“キング・カズ”息子が香川真司と肩組みショット「楽しい時間を過ごせました!」

“キング・カズ”こと三浦知良の息子である格闘家の三浦孝太がインスタグラムのストーリーズを更新。父の試合で思わぬ再会があったことを明かした。 出場機会を求め、今シーズンから兄の三浦泰年氏が監督兼GM(ゼネラルマネージャー)を務めるJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍で加入しているカズ。15日に行われたJFL第8節のHonda FC戦でも4試合連続の先発出場を果たした。 カズはハーフタイムでベンチへと下がり、鈴鹿は1-4と敗れたが、この日は三浦ファミリーも観戦に。妻のりさ子さんや長男で俳優の獠太、そして次男の孝太もスタンドに姿を見せていた。 ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)時代のカズのジャージ姿で現れたことで注目を集めていた孝太だったが、同じく観戦に訪れていた元日本代表MF香川真司(シント=トロイデン)とも顔を合わせたようで、インスタグラムにて「昨日父親のチームの試合を応援しに行ったところ久しぶりに香川真司選手にお会いする事ができ、楽しい時間を過ごせました!」と綴っている。 一方の香川もこの投稿を引用する形で「お互い頑張ろう」とエールを送っている。 <span class="paragraph-title">【写真】プロスケーター池元拓さんらと撮影した三浦孝太と香川真司の肩組みショット(5枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span>
 <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdqDRAPrBIA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdqDRAPrBIA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdqDRAPrBIA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">池元拓(@taku_ikemoto)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.18 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

カズ「6万人来てもらいたい(笑)」10月のJFLクリアソン新宿vs鈴鹿ポイントゲッターズが国立競技場で開催、14年半ぶり

日本フットボールリーグ(JFL)は16日、試合会場の変更を発表した。 対象となるのは、10月9日(日)に行われる第24節のクリアソン新宿vs鈴鹿ポイントゲッターズの一戦。AGFフィールド(味の素スタジアム西競技場)で行われる予定だった。 しかし、試合会場に関して、国立競技場で開催することに変更したとのこと。キックオフは13時となる。 チケットは7月上旬を予定しており、特設ページが設けられるとのことだ。 クリアソン新宿は今シーズンからJFLに参入した新規チーム。一方で鈴鹿ポイントゲッターズは、元日本代表FW三浦知良が今シーズンから加入し話題を呼んでいる。 なお、JFLの試合が国立競技場で行われるのは、2008年3月16日に行われた横河武蔵野FCvsアルテ高崎の一戦以来、14年半ぶりのこと。当時の試合は4101人が入り、横河武蔵野FCが2-1で勝利を収めていた。 また、JFLの観客動員数は、2008年11月30日におこなwらえた栃木SCvsFC刈谷の試合が最多で、1万3821人となり、キングカズ効果で過去最多の入場者数を記録する可能性もある。 JFLの理事長を務める桑原勝義氏の他、クリアソン新宿の丸山和大代表、成山一郎監督、キャプテンの須藤岳晟、鈴鹿ポイントゲッターずの三浦泰年監督、三浦知良がコメントしている。 ●JFL 桑原勝義理事長 まずは国立開催実現に向けご尽力頂きましたクリアソン新宿の皆さんは勿論のこと、新宿区及び新宿区サッカー協会の関係者の皆様、東京都サッカー協会、国立競技場関係者の皆様にも主催として厚く御礼申し上げます。 JFLとしては2008年以来2度目、そして改修後初の国立での開催となりますが今回は、今季のJFL新入会チームで、国立競技場がある東京都新宿区にある地元チームのクリアソン新宿がホームゲームとして開催します。 そしてその対戦相手が三浦知良選手の加入もあり今季のリーグ戦で多くの入場者が来場し、メディアにも多く取り上げられている鈴鹿ポイントゲッターズということでサッカーファンのみならず多くの方に注目されることでしょう。 開催までには多くの業務がありますが関係者の皆様方におかれましては体調に十分注意しこの試合の準備をお願いします。スポーツの秋最中の10月9日はこのスタジアムが多くのファン・サポーターで埋まり、従来のJFL入場者数の記録(13,821人)を更新することを願っております。 ●クリアソン新宿 ◆丸山和大代表 平素よりJFLおよびJFL関係者におかれまして、コロナ禍という難しい環境の中、安全安心にリーグ運営をしていただいていること、心より感謝申し上げます。この度、新宿区をホームタウンとするクリアソン新宿が、新宿区の国立競技場でホームゲームを開催できること、大変嬉しく思っておりま す。これもひとえに、国立競技場関係者の皆様、東京都サッカー協会、新宿区をはじめとする関係各位のご協力の賜物と存じます。 多様性の象徴である新宿で、新宿と、クリアソン新宿、そして今回の対戦相手である鈴鹿ポイントゲッターズに関わるステークホルダーの皆様が、サッカーをきっかけとして、ポジティブに協調・共創し、多様な価値観がつながり豊かさを感じられる、そんな歴史的な一日にしてまいります。 ◆成山一郎監督 開催にご尽力を賜りました関係者の皆様に心から御礼申し上げます。最初に国立競技場で試合ができると聞いた時はチームメンバー全員で大変興奮しました。サッカー人の憧れである国立競技場で試合をさせてもらえるだけでもこの上ない喜びですが、その試合が三浦選手の鈴鹿ポイントゲッターズとできるというのは本当に夢のような話です。 日本サッカー界を背負い牽引して来て下さっている三浦選手、そしてJFLの先輩である鈴鹿ポイントゲッターズの皆様に敬意を表し、サッカーを通じて感動を与えられる試合となるように全力で準備します。 ◆須藤岳晟(キャプテン) この度の国立競技場での試合開催にあたり、ご尽力頂いた関係者の皆様に心から感謝申し上げます。サッカー人にとって特別な場所である国立競技場でプレーできることなど想像もしておらず、大変興奮しております。与えていただいたこの素晴らしい機会に心から感謝し、この大舞台に恥じぬよう全力で臨みます。 当日は鈴鹿ポイントゲッターズの選手やスタッフの方々と熱く戦い、新宿からサッカーを通じて感動を生み出す一日にしたいと思っております。一人でも多くの方とその瞬間を味わえたら嬉しく思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ●鈴鹿ポイントゲッターズ ◆三浦泰年監督 サッカーの聖地と呼ばれた国立競技場が東京五輪・パラリンピック2020の開催を機に新しく生まれ変わりました。そのような名誉のあるスタジアムで、我々鈴鹿ポイントゲッターズがクリアソン新宿とリーグ戦で戦えることを非常に光栄に思っております。国立競技場は2021年の東京五輪・パラリンピック後、天皇杯決勝とJ1の一部の試合、高校選手権の準決勝・決勝しか行われていません。 そのような誰でも簡単に立つことのできないピッチでプレーできることを心より楽しみにしております。最後に、このような素晴らしい環境で試合を開催するため努力していただいたクリアソン新宿の関係者の皆様に心より感謝申し上げます。 ◆三浦知良 このような機会を与えてくださったJFL、そしてクリアソン新宿の関係者の方々に感謝を申し上げます。JFLに来た時に、あのピッチにはもうオールスターや何かの記念試合でないと立てないと思っていましたが、日本サッカーの聖地といわれる国立競技場で、まさかリーグ戦を戦えるとは思いませんでした。 日本代表の時もそうでしたが、ずっと戦ってきたスタジアムですし、またそのピッチに立てるチャンスを与えてくださった皆さんに感謝したいです。本当に楽しみにしています。ぜひ、6万人来てもらいたいですね(笑)。 2022.05.16 19:43 Mon
twitterfacebook
thumb

「プライベートなお時間なので写真は遠慮していたのですが…」地元のお寿司屋さんにキング・カズ自ら神対応!「カッコ良すぎる」

元日本代表FW三浦知良(55)が粋な行動を見せた。 出場機会を求め、今シーズンから兄の三浦泰年氏が監督兼GM(ゼネラルマネージャー)を務めるJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍で加入している三浦。今シーズンはここまでリーグ戦4試合に先発出場している。 その三浦だが、兄の泰年氏とともに静岡市葵区の「寿司割烹 船正」を訪れたようで、26日にお店がツイッターを更新。兄弟2人が大将たちと一緒に並んだ写真を投稿している。 投稿では、「あのサッカーで有名な三浦兄弟が来店してくださいました」という報告とともに、「プライベートなお時間なので、写真は遠慮していたのですが、 #キングカズ さんから『写真撮りましょう』と言ってもらえました!」と撮影の経緯を明かしている。 さすがカズという行動には、ファンも「さすが、キングカズさんですね!」、「キングカズ!カッコええ。やはりいつまでも憧れるスターです」、「カッコ良すぎる」、「神対応さすが」など三浦のスター性溢れる行動に驚きの言葉を寄せている。 「寿司割烹 船正」がある静岡市葵区は三浦の出身地でもあり、地元のスターの神対応は大きな反響を呼んでいる。 <span class="paragraph-title">【写真】黒スーツのカズが大将と肩を組む!「寿司割烹 船正」前での記念の1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">あのサッカーで有名な三浦兄弟が来店してくださいました。<br>プライベートなお時間なので、写真は遠慮していたのですが、 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キングカズ</a> さんから「写真撮りましょう」と言ってもらえました!<a href="https://twitter.com/hashtag/j%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jリーグ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%85%84%E5%BC%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三浦兄弟</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%88%B4%E9%B9%BF%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鈴鹿ポイントゲッターズ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー</a> <a href="https://twitter.com/ryu_99?ref_src=twsrc%5Etfw">@ryu_99</a> <a href="https://t.co/TMZQo4Vm7o">pic.twitter.com/TMZQo4Vm7o</a></p>&mdash; 寿司割烹船正 (@sushi_funamasa) <a href="https://twitter.com/sushi_funamasa/status/1518795328241434624?ref_src=twsrc%5Etfw">April 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.27 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

八百長未遂の鈴鹿ポイントゲッターズ、Jリーグは「6月に決議」…焦点は「ガバナンス体制の改善とステークホルダーの継続」

Jリーグは26日、第4回理事会を実施。理事会後にオンラインによる記者会見を行った。 様々な決議事項があった中、大きく注目を集めたのは鈴鹿ポイントゲッターズの百年構想クラブの資格停止問題だった。 今シーズンから元日本代表FW三浦知良が所属し、大きな注目を集めた鈴鹿だが、2020年11月に行われたソニー仙台との試合で「故意に敗戦しようとした」と元役員が告発。JFLの規律委員会が調査を進め、「八百長の企てとまでは言えない」として、最終的には関与した2名のけん責、1名への処分保留、クラブには50万円の罰金という処分を決めていた。 しかし、日本サッカー協会(JFA)の規律委員会はこの処分を認めず、新たな処分をクラブ、株式会社アンリミテッド代表取締役、鈴鹿ポイントゲッターズオーナー、株式会社アンリミテッド元執行役員に下すことを発表。八百長未遂だったことを重く見て処分を下していた。 一方で、Jリーグは2月の時点で「Jリーグ百年構想クラブ」の資格を解除条件付き資格停止とすると発表。クラブの元幹部とクラブ冠で金銭の授受が行われており、Jリーグは「適切ではないと考えられる金銭のやり取りが存在していたことなど、クラブのガバナンス体制に不備があると判断しうる複数の事情が認められた」とし、2022年6月のJ3ライセンス申請期限までに改善を要求していた。 今回の理事会では、鈴鹿から「改善に向けた検討を行っているということが理事会でも報告された」とし、Jリーグとしては「6月末が申請期限となっており、6月の理事会でガバナンス体制の改善、ステークホルダーの継続があるかどうかを決議する」と、来月に資格停止の解除なのか、継続なのかを決断するとした。 この件について野々村芳和チェアマンは「僕らが就任する前からある話だが、ガバナンスとステークホルダーの支援がどう改善されるかというところが一番大事なところ」とポイントを語り、「ガバナンスというところで、どんなものを表現してくるか。体制をどう作ってくるかが今回の件では一番重要になる」と、クラブとしての体制についてどう改善するつもりがあるかが焦点になるとした。 ただ、「ガバナンスというのも1カ月、2カ月で簡単にできることではないと思いますし、最終的には6月のところで判断したいです」と語り、元クラブの社長である経験からも、健全な管理体制の再構築が簡単ではないと考えているようだ。 また、Jリーグとしては管轄外で今回の八百長未遂が起きているとしながらも、「八百長はあり得ないということしか言いようがないです。起きないように選手たち、周りを教育していくかなく、どういうことを周知徹底していくかを常にやっていかなければいけないと思います」と、Jリーグでは発生しないようにどう取り組むかが重要だとコメントした。 なお、現時点で具体的な改善案等は鈴鹿からは提示されていないとのこと。将来のJリーグ参入を目指す中で、大きな問題をどう改善しようとするのかは注目となる。 2022.04.26 19:43 Tue
twitterfacebook
thumb

J2再試合と鈴鹿の八百長疑惑/六川亨の日本サッカー見聞録

今週の火曜、4月5日のこと。Jリーグは臨時の理事会を開催した。すでにご存じの方も多いと思うが、1件はJ2リーグの山形対岡山戦で審判団によるミスジャッジがあったこと。もう1件は昨年末から八百長疑惑がささやかれていたJFLの鈴鹿ポイントゲッターズの処分についてだった。 ミスジャッジとは、山形の選手がGKにバックパスしたところ、コースがそれてゴールに入りそうになり、GKが手で阻止したプレーである。主審は山形GKにレッドカードを出して退場処分とし、試合は90分にアウェーの岡山が決勝点を奪って1-0の勝利を収めた。 しかしJFA(日本サッカー協会)の審判委員会は「ルール(競技規則)の適用にミスがある」として、「主審の決定を最終であるとはできない」と判断した。ルール上、「味方選手からの意図的なバックパスをGKが手で処理した」場合は「決定機阻止」には該当せず、「間接FKでのプレー再開」で、なおかつGKに「罰則は与えない」のが本来のルールだった。 このため審議の結果、Jリーグ(JSLも含め)史上初の再試合という判断になった。そして最初から試合を始めるのか、GKが退場となった前半11分から再開するのか。スタメンは当時と同じに制限するのか、それとも制限しないのか。得点者や公式記録の扱い、遠征費用などの補填をどうするかは4月26日の理事会で決定することになっている。 この件に関して扇谷審判委員長は「あってはならないことだが、犯罪をおかしたわけではない。4名に研修プログラムを組んで、復帰のためのトレーニングをしないといけない。一ヶ月半か2ヶ月以上かかるかもしれないが、いい形で復帰できるようにサポートしたい」と気遣った。 すでにSNS上では主審に対する誹謗中傷が始まっていると聞いた。これまでも繰り返し言われてきたように、「サッカーはミスのスポーツ」である以上、判定のミスもつきものだ。そのためにVARも導入された。個人的にVARは試合の流れを削ぐし、「ミスジャッジも含めてサッカー」だと思うので反対だが、主審を責めたところで何も変わらないし、批判する人は自己満足に過ぎないだろう。誹謗中傷は慎むべきだし、むしろルールを再確認できて感謝したいくらいだ。 鈴鹿ポイントゲッターズの八百長疑惑の件については、すでに当サイトでも経緯は紹介されているので省略する。疑惑の中心人物である株式会社アンリミテッドの元執行役員はSNSなどで反論を試みていて、どのように収束するのか今後の推移を見守るしかない。 この一件で気がかりなのは、八百長を指示された当時のミラグロス・マルティネス・ドミンゲス監督(スペイン人の女性監督)や選手のメンタルだ。わざと負けるように指示されたのは、サッカー人生で初めてのことだっただろう。巨額の報酬も提示しないで負けるよう指示した人物の精神構造にも問題があるが、選手にとって八百長は道義的にも許されないし、選手生命を奪いかねないルール違反である。 八百長を指示されて、試合には参加せずに三重に戻った選手もいる。ミスジャッジをした審判団同様、鈴鹿の選手にもメンタルケアが必要ならJFAは手を差し伸べて欲しい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.04.07 21:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly