金沢の選手1名が新型コロナ陽性…クラブ内に濃厚接触者はなし

2022.01.12 12:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ツエーゲン金沢は12日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は11日に陽性判定を受けたとのこと。クラブ内には濃厚接触者はいないという。

なお、選手はチーム活動に参加しておらず、自宅静養中とのこと。この2週間以内にクラブハウスへは立ち入っていないとのことだ。

また、その他のトップチーム選手やスタッフはチーム活動前に抗原定性検査を実施。全員が陰性とのことだ。


関連ニュース
thumb

金沢が2選手の負傷離脱を報告…大谷駿斗は全治9カ月の重傷

ツエーゲン金沢は14日、MF松本大弥とFW大谷駿斗の戦線離脱を発表した。 両選手とも4日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ第14節のアルビレックス新潟戦で負傷。松本は左大腿二頭筋肉離れで全治4週間の見込みで、大谷は左ヒザ前十字じん帯および外側半月板断裂で全治9カ月の離脱見通しだという。 松本は今季のここまで先発が続き、13試合に出場して1ゴール。大谷に関しては途中出場が多かったが、13試合でプレーして1ゴールだった。 2022.05.14 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

ツエーゲン金沢は11日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は4月30日以降、濃厚接触疑い者となったためにチーム活動には参加せず、自宅隔離していたとのこと。濃厚接触者はクラブ内にはいないとのことだ。 また、7日に抗原定性検査を実施。当該選手以外は全員陰性だったとのことだ。 なお、4月30日に陽性と発表された選手とは、感染経路が異なるという。 2022.05.11 15:46 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟が東京Vとの打ち合い制して首位浮上! 各地で後半AT弾のドラマが続出【明治安田J2第15節】

明治安田生命J2リーグ第15節の10試合が8日に各地で行われた。 今節は劇的な展開となった試合が多数。デンカビッグスワンスタジアムで行われた新潟vs東京Vでは壮絶な打ち合いが繰り広げられた。 まずは27分に右サイドの松田からボックス中央でパスを受けた高木が反転からシュートを決めて新潟が先制。ホームチームはさらにここから30分、35分と松田と舞行龍ジェームズが連続ゴールを決めて、前半だけで3点のリードを得る。 まさかの事態に東京Vは、ハーフタイムで一気に4人交代に打って出る。すると立ち上がりの50分、ボックス左角から放った新井のシュートが相手DFに当たってゴールイン。ループ気味の軌道となり、GKの頭上を上手く突く形となった。 続く58分には、再び新井が同じような角度から今度はクロスを選択すると、後半から投入されたバスケス・バイロンがゴール前で合わせて追加点。さらにその7分後、馬場の敵陣中央からの鋭い縦パスをワントラップで収めたバスケス・バイロンが最終ラインを突破し3点目。東京Vは絶望的な状況から生還して見せた。 しかし、7戦負けなしの新潟が底力を見せた。88分、途中出場の矢村がボックス手前から左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールに突き刺さり、再び勝ち越し。合計7点の殴り合いを制した新潟は、横浜FCを抜いて首位に躍り出た。 NDソフトスタジアムでの山形vs大分も予想外の展開に。前半からチャンスを作ったのはホームの山形。20分に國分のFKが枠を捉えれば、42分にはデラトーレのミドルシュートが相手GKを強襲する。大分も後半に入って惜しいシーンを迎えるが、互いになかなか得点には結びつけないまま、試合は終盤を迎える。 アディショナルタイムに入り、ゴールレスのまま終わるかに思われた93分、山田のクロスを途中出場のチアゴ・アウベスが胸トラップで収めて、キックフェイントを入れつつ巧みにシュートを流し込んだ。 勝利を確信する山形。しかし、7分と長めにとられた追加タイムの中でドラマは二転する。98分、大分はGKのロングフィードから右サイドの高い位置を取ると、小林のクロスをペレイラが頭で合わせて同点に。後半アディショナルタイムでまさかの2点が生まれ、試合は劇的ドローとなった。 また、金沢vs山口、千葉vs岡山でも後半アディショナルタイムにゴールが生まれている。 金沢vs山口では、0-0で迎えた94分に相手のFKを跳ね返した金沢がカウンターを発動。杉浦がボックス右から放ったシュートはGKに止められたものの、こぼれ球を大石が押し込んで決勝点を挙げた。 もう一方の千葉vs岡山でも、ゴールレスで迎えた93分に歓喜が訪れた。千葉は途中投入の髙橋の縦パスから攻撃のスイッチが入ると、福満を経由して高木がボックス右の深いところからマイナスの折り返し。最後は高橋が飛び込み、劇的なゴールを決めた。 そのほかでは、長崎を下した仙台が、秋田に敗れた横浜FCを抜いて2位に浮上。最下位の琉球は熊本に勝利し、今季2勝目を挙げている。 なお、大宮vs岩手は、岩手で複数の新型コロナウイルス感染が報告されたため、中止となっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/8 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 横浜FC ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> モンテディオ山形 1-1 大分トリニータ 水戸ホーリーホック 0-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 4</span>-3 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 レノファ山口 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ファジアーノ岡山 栃木SC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ※中止 大宮アルディージャ vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.08 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】大宮戦終盤に一発退場の群馬DF城和隼颯らJ2で3選手が出場停止に

Jリーグは29日、最新の出場停止選手情報を更新した。 今回は明治安田生命J2リーグで3名が出場停止に。いわてグルージャ盛岡のDF小野田将人、ザスパクサツ群馬のDF城和隼颯、ツエーゲン金沢のDF毛利駿也が出場停止となる。 小野田は累積警告による出場停止、毛利は27日のFC琉球戦で2枚のイエローカードを受けて退場処分となっていた。 また、城和は大宮アルディージャとの試合で一発退場に。試合終盤、トラップが大きくなったところを富山貴光に奪われそうになるとスライディング。スパイクがスネに入ってしまっていた。 危険なタックルについてJリーグは「相手競技者の膝付近にスパイクの裏で、過剰な力を用いてタックルを行った行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする」と処分を決めた。 【明治安田生命J1リーグ】 MFディエゴ・ピトゥカ(鹿島アントラーズ) 第10節 vsセレッソ大阪(4/29) 今回の停止:4試合停止(4/4) 【YBCルヴァンカップ】 MFルーカス・フェルナンデス(北海道コンサドーレ札幌) 第6節 vsサガン鳥栖(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF上島拓巳(柏レイソル) 第6節 vs京都サンガF.C.(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF住吉ジェラニレショーン(サンフレッチェ広島) 第6節 vs清水エスパルス(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF森島司(サンフレッチェ広島) 第6節 vs清水エスパルス(5/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF羽田健人(大分トリニータ) 第6節 vsセレッソ大阪(5/18) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF小野田将人(いわてグルージャ盛岡) 第13節 vsロアッソ熊本(5/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF城和隼颯(ザスパクサツ群馬) 第13節 vs横浜FC(5/1) 今回の停止:1試合停止 DF毛利駿也(ツエーゲン金沢) 第13節 vs大宮アルディージャ(5/1) 今回の停止:1試合停止 2022.04.29 12:19 Fri
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表FW藤尾翔太がハット達成で徳島がホーム初勝利! 金沢はアウェイで大分を下す 【明治安田J2第11節】

20日、明治安田生命J2リーグ第11節の2試合が行われた。 徳島ヴォルティス(11pt/16位)vsいわてグルージャ盛岡(11pt/18位)が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、5-0で徳島が圧勝を収めた。 前節は水戸ホーリーホックと1-1のドローに終わった徳島と、現在3連敗中途苦しむ岩手の一戦。ポゼッションする徳島とハイプレスからのショートカウンターを狙う岩手の構図となった。 まずは6分、徳島は杉森が左サイドをドリブルで仕掛けてボックス内に侵入。ライン側でマイナスに戻すと、フリーの新井がシュートも、DFがブロックする。押し気味に進める徳島は15分、ボックス手前でパスを受けたムシャガ・バケンガがシュートも、枠を捉えられない。 それでも19分に徳島がスコアを動かす。安部が後方から左足でゴール前にクロス。これをボックス内で藤尾がヘッドで合わせると、これが決まり、徳島が先制する。 先制を許した岩手だったが26分、右サイドを仕掛けた和田がグラウンダーのクロス。ニアに入った中村充がヒールで合わせたが、GKホセ・アウレリオ・スアレスがセーブして凌ぐ。金沢はCKから空中戦でゴールを狙っていくが、なかなかゴールを奪えない。 すると45分、安部がボックス左から仕掛けると、加々美に倒され徳島がPKを獲得。これを藤尾が蹴ると、左隅に決めてリードを2点に広げる。 2点ビハインドの岩手は後半頭からブレンネル、オタボー、ビスマルクを投入。さらに57分にはモレラトを投入し、外国人4名を起用して流れを変えに行く。 それでも徳島がペースを握り続けると70分、ドリブルで持ち込んだ杉森がシュート。これがDFに当たって跳ね返ると、藤尾がダイレクトでシュート。これが決まり徳島が3点リード。藤尾はハットトリックを記録した。 さらに72分、GKスアレスのパントキックを受けた渡井がドリブルで持ち込むとボックス内からシュート。これがゴール左に決まり、リードを4点とする。さらに徳島は、76分には投入されて1分の西谷もゴール。岩手を寄せ付けず、今季最多5得点で2勝目、ホーム初勝利を挙げた。 また、大分トリニータ(15pt/7位)vsツエーゲン金沢(13pt/11位)が昭和電工ドーム大分で行われ、1-3で金沢が勝利した。 現在2連勝中の大分と前節6試合ぶりに敗れた金沢の一戦。キックオフ直前にゴールネットに穴が空いているというアクシデントがあり、キックオフが遅れる珍事もあった。 そんな中3分、大分の呉屋がドリブルで持ち込み、やや離れた位置から左足シュート。鋭いシュートが枠を捉えるがGK白井がキャッチ。大分は9分にも左サイドから人数をかけて仕掛けると、最後は野村がシュートも力なく、GK白井が僅かに触ってゴールを許さない。 大分は20分にもチャンス。右サイドから伊東がクロス。これがファーサイドの長沢に通るが、胸トラップからのシュートは浮いてしまいゴールとはならない。 なかなか攻撃がハマらない金沢は28分、大分のビルドアップのミスを拾った嶋田のパスを受けた林がボックス手前からシュート。しかし、これはGK高木がキャッチする。さらに34分にはカウンターからビッグチャンス。小野原のスルーパスに抜け出した藤村が右サイドからマイナスのクロス。これを嶋田がシュートも、枠を捉えられない。 すると44分に大分がチャンス。香川の左からのクロスに対してニアに飛び込んだ呉屋がヘッド。しかし、これは右ポストに嫌われてしまう。 攻めながらもゴールを決められなかった大分だが、53分に金沢がワンチャンスを生かす。ボックス内からのビルドアップから、松田が自陣からロングスルーパス。これに反応した杉浦が抜け出すと前に出たGK高木をかわして無人のゴールへ決め、金沢が先制する。 さらに59分、金沢は香川からボールを奪った小野原がアーリークロス。これを林が打点の高いヘッドで合わせると、ゴール右に決まり金沢がリードを2点に広げる。 2点を奪われた大分だったが68分に反撃。右サイドの伊東に展開すると、グラウンダーのクロスを野村がボックス中央でダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、大分が1点を返す。 この勢いで追いつきたい大分だったが、金沢が突き放す。78分、大谷が持ち上がり倒れ込みながら力安にスルーパス。グラウンダーのクロスを、走り込んだ平松がしっかり蹴り込み、リードを再び2点に広げる。 大分は同点を目指して攻め込んだが、手数を少なく効果的に金沢もゴールに迫り寄せ付けず。1-3で金沢が勝利を収め勝利。大分は3連勝はならなかった。 ◆第11節 ▽4/20(水) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 5</span>-0 いわてグルージャ盛岡 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> ▽4/22(金) 《19:00》 ロアッソ熊本 vs ファジアーノ岡山 ▽4/23(土) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs FC琉球 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 東京ヴェルディ vs ジェフユナイテッド千葉 ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs V・ファーレン長崎 《16:00》 水戸ホーリーホック vs レノファ山口FC 栃木SC vs 横浜FC ▽4/24(日) 《17:00》 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 2022.04.20 21:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly