奥川雅也の今季6点目は強烈ミドル! 自身も振り返る「何度も練習した」

2022.01.09 21:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルミニア・ビーレフェルトのMF奥川雅也が、自身の3試合連続ゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ビーレフェルトは8日、ブンデスリーガ第18節のフライブルク戦に先発フル出場を果たした。

2022年の初戦となったこの試合。フライブルクが6分と46分にゴールを決め、ビーレフェルトは2点ビハインドとなる。

それでも60分、2戦連発中の奥側がまたしても魅せる。味方のスローインを繋ぎ左サイドで形を作ると、ボックス左手前でヤンニ・セッラが受けて落とすと、奥川がボックス外から右足一閃。ゴール右に鋭いシュートが突き刺さり1点を返す。

ビーレフェルトは、87分に途中出場のブライアン・ラズミもゴールを決め、2-2のドローに終わった。

奥川は強烈なシュートで3試合連続、シーズン6ゴール目を記録したが、練習通りだったという。

「前半はシュートを打とうとしたときに、同じようなシーンがありました。このシーンはトレーニングで何度も練習していて、その位置からとにかく打とうと思いました」

「上手くいったことはとても嬉しいです」

一方で、2点ビハインドになった試合展開については、「立ち上がり、そして実際には前半全体を通して、僕たちは思い通りプレーできなかったです」と振り返り、「フライブルクにやられすぎました。ただ、2-0を2-2に変えたという事実は見てもらいたいです」と追い付けたことは評価した。

「(追いついたことは)もちろん嬉しいですが、先ほど言ったようにとてもタフな試合で、試合に入るのに時間がかかりました」

「僕たちは試合を少し反化させ、ボールを手に入れるために注意深くプレスし、そこからチャンスをつくりました。その変化は、僕たちが復活するキーになったと思います」

チームは現在17位。奥川の活躍とは裏腹に降格圏に位置している。残留圏との勝ち点差は近いだけに、脱することができるか注目だ。



1 2

関連ニュース
thumb

1部復帰のブレーメンが降格ビーレフェルトの主力CBピーペルを獲得!

ブレーメンは18日、アルミニア・ビーレフェルトからドイツ人DFアモス・ピーペル(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ドルトムントの下部組織出身のピーペルは、ドルトムントⅡでのプレーを経て2019年にビーレフェルトに完全移籍。加入2年目となった2019-20シーズンにセンターバックの主力に定着し、ブンデスリーガ昇格に貢献を果たすと、以降は2シーズンに渡って1部リーグでも主力としてプレー。 今シーズンのブンデスリーガでは27試合に出場し、チームが17位での降格の憂き目に遭った中でも個人としてはハイパフォーマンスを披露していた。 U-24ドイツ代表として昨年に行われた東京オリンピックにも出場していた192cmの長身DFは、地対空の対人戦の強さに加え、足元の技術にも優れており、今季限りでビーレフェルトとの契約が終了を迎える中で多くの国内クラブの関心を集めていた。 そういった中、1年でのブンデスリーガ復帰を決めたブレーメンを新天地に選択した。 2022.05.18 22:58 Wed
twitterfacebook
thumb

2部降格の奥川ビーレフェルト、デミチェリスを招へいか

MF奥川雅也の所属するビーレフェルトが、バイエルンのセカンドチームでアシスタントコーチを務めるマルティン・デミチェリス氏(41)の招へいに動いているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 最終節で無念の2部降格となったビーレフェルト。4月にフランク・クラマー前監督の解任を受けてGKコーチを務めていたマルコ・コストマン氏はシーズン終了までの契約で監督を務めていた。 現役時代、バイエルンやアルゼンチン代表でセンターバックとして活躍したデミチェリス氏は2017年に引退後、バイエルンのアンバサダーを務めた後、2019年よりバイエルンのU-19チーム監督に就任。 そして2021年4月よりバイエルンのセカンドチームでアシスタントコーチを務めている。 2022.05.17 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場で先制弾演出もビーレフェルト無念の降格、ライプツィヒは4季連続CL出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ビーレフェルトvsライプツィヒが14日に行われ、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節ボーフムに競り負け、16位シュツットガルトとの得失点差から実質降格の決まった17位ビーレフェルト(勝ち点27)は奥川が[4-3-3]の右インサイドMFの位置で先発となった。 一方、アウグスブルクに4発快勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位返り咲きとしたライプツィヒ(勝ち点57)。5位フライブルクとの勝ち点差を2とし、得失点差の関係から引き分けでCL出場権獲得となる中、[3-4-3]で臨み3トップにシック、エンクンク、フォルスベリを並べた。 互角の攻防で立ち上がった中、ライプツィヒは13分に絶好機。フォルスベリのスルーパスでボックス左に侵入したエンクンクがGKをかわして放ったシュートが左ポストに直撃した。 ここから攻勢を強めたライプツィヒは34分にも決定機。アンドレ・シウバのラストパスを受けたボックス左のエンクンクがシュート。しかしGKオルテガにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もライプツィヒが押し込む流れが続いたが、70分にビーレフェルトが先制する。ボックス右の奥川がヒールパスを送ると、これを受けたハックのシュートはGKグラーチにセーブされるもルーズボールをセッラが押し込んだ。 続く72分、奥川に追加点のチャンス。ディフェンスライン裏に抜け出してボックス中央まで侵入。シュートに持ち込んだが、わずかに枠の右に外れた。 終盤にかけて攻勢に出るライプツィヒは83分、アンドレ・シウバ、エンクンクが立て続けに決定的なシュートを放つも前者はGKオルテガに、後者はニルソンの好ブロックに阻まれた。 それでも追加タイム3分、ライプツィヒが追いつく。ショボスライのFKからオルバンのヘディングシュートが決まった。このまま1-1でタイムアップを迎え、ライプツィヒが4位を死守し4季連続のCL出場としている。 一方、敗れたビーレフェルトは2年で2部降格となった。 2022.05.15 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトからの退団を明言していたFWクロス、頭部負傷も影響し1年間の契約延長で合意

アルミニア・ビーレフェルトは13日、FWファビアン・クロス(34)との契約延長を発表した。新契約は1年間となる。 クロスは2011年7月にヴォルフスブルクのセカンドチームからビーレフェルトに完全移籍で加入。ここまで、公式戦389試合に出場し162ゴール71アシストを記録している。 今シーズンも残留を争うチームにおいて、ブンデスリーガで25試合に出場し3ゴール2アシストを記録。しかし、4月2日に行われたシュツットガルト戦で、味方と激突。頭部を負傷し、重傷を負っていた。 今年2月に今シーズン限りでチームを去ることとを発表していたクロスだが、ケガからの回復期間を含めてこのままの退団を互いに望まず、1年間の契約延長で合意したとのことだ。 クロスはクラブを通じてコメントしている。 「人生とサッカーは、いくつかのことは限られた範囲でしか計画できないことをもう一度示している」 「僕にとって既に特別な存在であるアルミニアの話はさらに特別で、クラブの信頼に感謝している」 「僕のストーリーとクラブとのストーリーに別の章が追加され、できるだけ早くピッチに戻るために、できる限りのことをする」 「チームとともに、僕たちのスタジアムでの勝利を祝う。それは次の数週間の僕の原動力だ。一緒にやっていこう」 2022.05.14 15:46 Sat
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトの奥川雅也、チーム降格でリリース条項が有効に

アルミニア・ビーレフェルトに所属する日本人MF奥川雅也(26)に、ある条件下で有効となる契約解除条項があるようだ。ドイツ『Sport Bild』が伝えている。 2021年1月にザルツブルクから買い取りオプション付きのレンタル移籍でビーレフェルトに加入した奥川。半シーズンで結果を残し、半年後に完全移籍で2024年までの契約を結んだ。 今季はリーグ戦32試合で8ゴール1アシストと活躍中。第16節から第19節にかけては4試合連続ゴールで話題をさらった。 ところがチームは現在、自動降格となる17位に位置。先日には、昨シーズンの残留に導いたフランク・クラマー監督の解任に踏み切り、マルコ・コストマン暫定監督の下で再起を図ったが、リーグ戦ではここ10試合で2分け8敗と、未勝利が続いた開幕10試合を下回る戦績を収めてしまっている。 残すはライプツィヒとの最終節のみで、3ポイント差で16位に位置するシュツットガルトとは得失点差が「7」もあるため、ほぼ順位を入れ替えることは不可能。残念ながら3シーズンぶりの降格が決定的な状況となっている。 そうなると奥川の去就が注目されるが、『Sport Bild』によれば、ビーレフェルトが降格した場合、500万ユーロ(約6億8500万円)のリリース条項が有効となるようだ。 両ウイングやトップ下などポリバレントな活躍を披露する奥川に、上位のクラブが関心を持っていてもおかしくはない。クラブも資金捻出のために売却する可能性も報じられており、今夏に新天地を求めることになるかもしれない。 2022.05.11 18:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly