「小嶺先生の分まで…」国見以来の4大会連続決勝進出の青森山田、黒田剛監督は急逝した小嶺忠敏氏への想い「素晴らしい我々の師匠」

2022.01.09 09:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
青森山田高校の黒田剛監督が、偉大なる先人への想いを語った。

8日、第100回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が行われ、高川学園(山口県)vs青森山田(青森県)の試合は0-6で青森山田が勝利した。

ここまでの3試合はらしさをあまり発揮できていなかった青森山田。黒田監督は「相手をリスペクトすることももちろんですが、あまりにも研究したものが頭に入りすぎて、自分たちのサッカーを見失っていた」と振り返り、「3試合の中でも大きな反省点でもあった」としていた。

この試合では立ち上がりからアグレッシブにプレーすると、3分にFKから先制。前半のうちにCKからも得点を奪いリードを2点とすると、後半もアグレッシブなプレーが続き、キャプテンのMF松木玖生などがゴールを重ねて圧勝した。

これで4大会連続での決勝。昨年は準優勝に終わっているだけに、なんとしても優勝、そして3冠達成といきたいところだ。

しかし、試合前日の7日に島原商業高校、国見高校、そして長崎創価大学附属高校を率い、高校サッカーを牽引し続けてきた小嶺忠敏監督が急逝。この試合前には黙祷が捧げられていた。

黒田監督は常々、小嶺監督の背中を追うとしてきた中、その小嶺監督が率いた国見高校以来(2000〜2003)の4大会連続の決勝進出を果たすことになった。

黒田監督は「自分的にはまだまだ小嶺先生と肩を並べたなんていうのは、到底思ってもいませんが、教育者として、サッカーの指導者としてブレることなく、約50年ですか。素晴らしい我々の師匠、見本となる方でした」と小嶺監督への想いを語った。

また自身の指導者としてのキャリアにも影響があったと語り「それを見習って、指導者になったのは小嶺先生のような指導者になりたいというのがスタートでした」と、憧れの存在であることも口にした。

選手たちが入れ替わっていく中で、黄金期を作ることは非常に難しいなか、同じ4大会連続決勝進出を果たした青森山田。黒田監督は、小嶺監督の想いを背負い、時代を築きたいと語った。

「凄く残念な部分と、小嶺先生の分まで、国見の全盛期の時代を、また青森山田がその時代を担うというぐらいの責任を持って、今後の101回大会以降も続けていきたいと思います」

「それが小嶺先生への感謝になると思いますし、それを示していければと思います」


関連ニュース
thumb

高校サッカー選抜は選手権王者の青森山田から両翼の2名、準優勝の大津から4名が選出

日本サッカー協会(JFA)は2日、「FUJIFILM SUPER CUP 2022 NEXT GENERATION MATCH」に出場する日本高校サッカー選抜のメンバーを発表した。 12日、日産スタジアムで2021シーズンの明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレと天皇杯王者の浦和レッズが対戦する「FUJIFILM SUPER CUP」の前に行われる。 川崎フロンターレU-18と対戦する日本高校選抜。尚志高校の仲村浩二監督が率いるチームには、前日本高校サッカー選手権を制した青森山田高校からは両サイドを担ったMF藤森颯太、MF田澤夢積の2名のみが選出された。 また、準優勝となった大津高校からはGK佐藤瑠星、DF川副泰樹、MF薬師田澪、MF川口敦史の4名が選ばれている。 そのほか、日本代表のトレーニングキャンプにトレーニングパートナーとして招集されたDFチェイス・アンリ(尚志高校)も招集された。 ◆日本高校サッカー選抜メンバー GK 鮎澤太陽(尚志高校/2年) 吉田優翔(桐光学園高校/3年) 佐藤瑠星(大津高校/3年) DF チェイス・アンリ(尚志高校/3年) 柳生将太(前橋育英高校/3年) 大川佳風(流通経済大学付属柏高校/2年) 田口空我(流通経済大学付属柏高校/3年) 馬場拓己(桐光学園高校/3年) 佐々木奈琉(帝京長岡高校/3年) 海老沼慶士(米子北高校/3年) 川副泰樹(大津高校/3年) MF 藤森颯太(青森山田高校/3年) 田澤夢積(青森山田高校/3年) 根津元輝(前橋育英高校/2年) 山市秀翔(桐光学園高校/3年) 小泉龍之介(静岡学園高校/3年) 阪田澪哉(東山高校/2年) 薬師田澪(大津高校/3年) 川口敦史(大津高校/3年) FW 守屋練太郎(前橋育英高校/3年) 松永颯汰(静岡学園高校/3年) 福田師王(神村学園/2年) 大迫塁(神村学園/2年) 2022.02.03 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

青森山田の強さ3原則とは?/六川亨の日本サッカーの歩み

記念すべき第100回全国高校サッカー選手権は、青森山田の3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。初戦の大社(島根)を6-0の大差で圧倒すると、準々決勝の東山(京都)こそ2-1の接戦となったが、準決勝の高川学園(山口)、決勝の大津(熊本)を6-0、4-0と一方的な試合内容で撃破して、インターハイ、プレミアリーグ・イーストに続く3つ目のタイトルを獲得した。 青森山田の強さは、技術的にも戦術的にも優れた選手を中高一貫指導などで育てながら、屈強なフィジカルと無尽蔵とも思えるスタミナで対戦相手を凌駕したことだ。彼らの試合を今大会で初めて見たベテランの記者は「期待していたけど、こんなつまらないサッカーなの?」と疑問を呈した。 しかし、それも彼らの“強さ"の一端である。 今大会では前回優勝の山梨学院(山梨)が初戦で佐賀東(佐賀)に、プレミアリーグ・イーストの流通経大柏(千葉)が近大和歌山(和歌山)に1回戦で敗退した。さらに前評判の高かった静岡学園(静岡)もPK戦で関東第一(東京)に敗れた。 一発勝負のトーナメントでは何が起こるかわからない怖さがある。青森山田はそれを承知の上で、極力リスクを排したサッカーで結果を求めた。東山や高川学園が5BKで守備を固めてきたら、ロングスローやCK、FKといった“飛び道具"でゴールをこじ開けた。足でのシュートは身体を投げ出してブロックできるが、ヘディングシュートは防ぎようがないからだ。 青森山田のCB丸山大和は決勝戦でニアに飛び込みGKの鼻先でヘディングから先制点を奪ったが、マーカーを振り切った時点で勝負ありだった。 そしてこのセットプレーからの空中戦は、今大会中に亡くなられた小嶺忠敏監督が国見時代に得意とした戦法であり、永井秀樹氏や大久保嘉人氏らテクニシャンを擁していても、フィジカルとスタミナ、空中戦の強さで相手をねじ伏せた。 たぶん当時の国見も今の青森山田も、ポゼッションスタイルのサッカーをやろうと思えばできただろう。しかし、あえて封印し、「球際、切替え、運動量」の3原則を徹底的に鍛えて実践した。それが最も効果的だったのが、高川学園との試合の後半だった。 前半で2点を失った高川学園は、後半になると反撃のため4BKに戻し、パスをつないで攻め込もうとした。それは逆に青森山田が最も得意とするスタイルだ。ミドルサードでのこぼれ球や、相手が抜きにかかっても、屈強なフィジカルからマイボールにする球際の強さを発揮。そしてボールを奪うやいなや、すかさず反撃に転じてショートカウンターを仕掛ける。この切替えの速さ、戦術眼の高さは特筆ものだった。 ボランチのMF宇野禅斗は視野が広いため、サイドでフリーの選手にワンタッチでミドルパスを付けることができる。すると両サイドハーフに加えてサイドバックも攻撃参加するため、例え一度は相手ボールになっても高い位置でプレスをかけてボールを奪い返し、ゴールに結びつけていた。 一昨年は静岡学園に逆転負けを喫し、昨年は山梨学院にPK戦で涙を飲んだ。このため、よりリアリストになってのリベンジが今大会の青森山田だったのではないか。そう感じさせるほど、彼らの強さは際立っていた。 とはいえ、小嶺監督の国見がそうだったように、絶対的な存在にはなれないのも歴史が物語っている。青森山田のサッカーに対し、来年はどこの高校がどんなスタイルで挑むのか。これもまた高校選手権の楽しみである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「差は縮まらないと痛感」シュート“ゼロ”での完敗も大津・山城朋大監督は選手を称える「準優勝を誇りに思う」

大津高校の山城朋大監督が、初の決勝戦を振り返った。 10日、第100回全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われ、青森山田(青森県)が4-0で大津(熊本県)を下し、3大会ぶりの全国制覇を達成した。 3年ぶりの出場となった大津高校にとっては過去最高のベスト8の壁を乗り越え、初のベスト4に進出。しかし、準決勝は対戦相手の関東第一(東京B)の選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受け、準決勝を辞退。不戦勝で初の決勝に駒を進めた。 ここまで堅守を誇ってきた大津としては、青森山田の攻撃をどう抑えるかがポイントに。しかし、準決勝の高川学園(山口県)戦と同様に激しいプレッシングサッカーを立ち上がりから見せてきた青森山田に押し込まれてしまう。 なんとかゴールを許さないでいたが、37分にCKから、丸山大和にヘディングで決められ失点。41分には左サイドからのクロスを名須川真光に押し込まれ、前半で2点ビハインドとなる。 後半に入っても押し込まれると55分には松木玖生にゴールを許し3失点目。その後、徐々にペースを掴みに行くものの、78分には渡邊星来にもゴールを許してしまう。 最後まで青森山田に苦しめられた大津は、終わってみればシュートを1本も打てずに完敗。大きな力の差を見せつけられてしまったが、史上最高の準優勝という成績を残した。 山城監督は決勝戦について「まずは初めての国立競技場で、多くの観衆の中で試合ができたことを嬉しく思いますし、結果は敗れてしまいましたが、最後まで走り抜いて準優勝を勝ち取ってくれた選手たちを誇りに思います」と、敗れはしたものの戦った選手たちを評価した。 また「試合内容としてはどうにかもう少し押し返して、相手のCKやロングスローの回数を減らしてと思っていましたが、押し込まれる展開が続いて、今日は完全に相手のゲームだったかなと思っています」と完敗を認めた。 ゲームプランについては「なるべくラインをコンパクトにして、うちのCBは背も高くないので2トップとの競り合いは分が悪いなと思っていました。良い形でボールを蹴らせないようにしたいなというのと、競り合う位置をゴールからなるべく遠ざけて押し返したいなと。少し落ち着いてくると薬師田(澪)と森田(大智)を中心に、攻撃を組み立てていければと思って試合に臨みました」と青森山田の特徴を出させないように、リスクを減らした展開にしたかったと語った。 しかし、青森山田の圧に屈することに。「相手の圧力に本当になかなか先手を取れず、逆に後手を踏んでセットプレーが増えたことが敗因だと思います」と、押し込まれ続けたことが、結果として出てしまったと語った。 青森山田との差を感じる決勝となった大津。しかし、この1年間での選手たちの成長は目覚ましく、元日本代表FW巻誠一郎や日本代表DF植田直通が居た世代でも成し遂げられなかった準優勝という成績を残した。 山城監督は1年間を振り返り「最初に比べると1人1人が逞しくなって、これまでにないぐらい成長してくれた3年生でした。とにかく真面目にひたむきに、自分たちの力が足りないということと向かって来た成果が、こうやって準優勝という大津高校がこれまで越えられなかったところまで来たのは自信にして欲しいです」と労いのコメントを残した。 一方で、まだまだ経験が足りないとコメント。「この場で力を発揮できなかったのは、相手は4年連続決勝まで来ていて、我々は3年ぶりの出場というところで、場慣れではないですが、差があったと思います。来年に向けては、毎年出場して、毎年国立の舞台で戦うということを繰り返さないと、青森山田さんとの差は縮まらないと痛感しています」と語り、今回の結果を自信にして、来年以降も同様の結果を残し続けたいと意気込んだ。 今大会は九州勢との対戦も多かった大津。決勝のゴール裏には「九州は1つ」という横断幕も掲げられていた。 また準決勝前には、滞在費を工面するために募金を募り、1000万円を超える金額が集まっていた大津。多くの人に支えられ、特に九州で切磋琢磨する高校との繋がりを感じられたと語った。 「九州でやっているチームとは日頃から練習試合をしたり、色々な形で切磋琢磨しながら1年間通して成長してこれました」 「決勝に臨むに当たっても、色々な先生方から連絡をいただいたり、九州は1つというのは改めて実感する機会となりました」 「横断幕を作るに至った経緯としては、そういった思い、感謝の思いを含めて、平岡総監督に書いていただきました」 公立高校としても大きな注目を集めた大津。熊本県を代表する強豪校として、新たなスタートを切る決勝となりそうだ。 2022.01.11 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

インターハイに続き選手権でも決勝ゴールの青森山田5番DF丸山大和、「奇跡」の3冠達成に貢献「優勝して終わらないと悔いが残る」

青森山田高校のDF丸山大和が、優勝を振り返った。 10日、第100回全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われ、青森山田(青森県)が4-0で大津(熊本県)を下し、3大会ぶりの全国制覇を達成した。 準決勝で高川学園(山口県)を0-6で下し、4大会連続で決勝へと駒を進めた青森山田。堅守を誇る大津との一戦は立ち上がりから攻め込むも、なかなかゴールを割らせてもらえない。 それでも37分、松木玖生が自陣から独走したドリブル突破で得たCKから、丸山がヘディングで合わせて先制すると、41分には左サイドからのクロスを名須川真光が押し込み、前半で2点を奪う。 後半に入っても青森山田が押し込むと、55分には松木がヘディングでクロスに合わせて3点目。78分には渡邊星来もニアサイドに飛び込み頭で合わせてゴールを決め、0-4で勝利を収めた。 見事に優勝を果たした丸山は試合を振り返り「2年間選手権では決勝で負けて、自分はスタンドから見ていました。悔しい気持ちがこの大会にはあったので、この悔しい気持ちはこの大会でしか返せないというか、優勝して終わらないと悔いが残るということで、何がなんでも3年間の集大成としてやり切れて、チーム全員で戦った結果が勝利に繋がったと思います」とコメント。自分の代での優勝を喜んだ。 丸山は今大会4ゴールの活躍。インターハイの決勝でも2得点を記録し、選手権の決勝でも決勝ゴールと持っているところを見せている。 ゴールについては「質の良いボールがまず入ってきて、信じて飛び込めるということです。全国という舞台で結果を残して決め続けることが自分の得意なところ。その結果が、今日の得点に繋がったと思います」と、自信を持ってやれていたと振り返った。 セットプレーでは色々と試した中で、自身の要求がハマったとし、「セットプレーでは自分がターゲットとしてやってきたので、責任を感じながら、自信を持って今日の試合も臨みました。自分のためにみんながスペースを空けてくれて、(藤森)颯太も良いボールを蹴ってくれた結果がゴールに繋がったと思います」と振り返った。 堅守の大津のゴールをこじ開けた丸山だが、本職の守備面でもしっかりと封じ込めることに成功。守備面については「まずはFWの9番の選手(小林俊瑛)をどうやって抑えるかを(三輪)椋平と常にコミュニケーションをとっていました」と語り、「身長差だと12、3cmあるんですが、この先サッカーをやって行く上で、身長の高いFWが出てきた時に身長のせいにしたらそこまでだと感じていたので、何がなんでも191cmのFWとどう抑えるかを意識していました。何本か負けたシーンはありますが、シュートは打たれた回数も少なかったので良かったです」と、狙い通りの対応がしっかりとできたと手応えを語った。 青森山田はケガなども含めて守備陣を一新してこの1年を戦ってきた。自身の成長についても「春先に守備が総入れ替えとなって、前と後ろのバランスがとても悪く、監督からもチームメイトからも守備は怒られっぱなしでした。それが守備の選手として悔しく、GKの沼田(晃季)を含めて、シュートを打たせない気持ちだったり、言われ続けたことが悔しさに変わって、強みになったと思います」と語り、周りからの指摘が成長に繋がったとした。 また、CBでコンビを組み続けた三輪椋平についても言及。昨年の決勝では終了間際に交代出場し、PK戦で失敗して優勝を逃していた。 「椋平は去年PKを外してから、近くで見てきましたが、あの時のシーンというか、あの時の感情を抱えながらずっとやって来ていたのを感じていました」 「自分は相方なので、一緒に責任を感じて、自分のためにも椋平のためにもと、お互いに助け合いながら日本一になれて良かったです」 また、3冠という偉業達成を成し遂げたが、丸山は不安もあったという。 「正直、3冠という目標は奇跡というか、滅多に成し遂げられないことだと思います。1試合1試合、100%、120%を出し切って勝ち切れるかを大切にしていました」 「チームが1試合1試合乗り越えた結果が、決勝まで来て、最後みんなで戦おうとなりました」 「相手もプレミア・ウェストの全国レベルだったので、攻められることも覚悟しながら失点もするかなという不安もりましたが、そこは気持ちの面で負けない、勝つ気持ちが強い方が勝つと思っていたので、気持ちで負けないようにしていました」 2022.01.10 22:49 Mon
twitterfacebook
thumb

「パーフェクトなゲーム」3度目の選手権制覇の青森山田、黒田剛監督は松木&宇野のボランチを評価「世界に誇れるダブルボランチ」

青森山田高校の黒田剛監督が、優勝を振り返った。 10日、第100回全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われ、青森山田(青森県)が4-0で大津(熊本県)を下し、3大会ぶりの全国制覇を達成した。 準決勝で高川学園(山口県)を0-6で下し、4大会連続で決勝へと駒を進めた青森山田。堅守を誇る大津との一戦は立ち上がりから攻め込むも、なかなかゴールを割らせてもらえない。 それでも37分、松木玖生が自陣から独走したドリブル突破で得たCKから、丸山大和がヘディングで合わせて先制すると、41分には左サイドからのクロスを名須川真光が押し込み、前半で2点を奪う。 後半に入っても青森山田が押し込むと、55分には松木がヘディングでクロスに合わせて3点目。78分には渡邊星来もニアサイドに飛び込み頭で合わせてゴールを決め、0-4で勝利を収めた。 3度目の選手権優勝を果たした黒田監督は試合を振り返り「恐らく中1日でやった我々のファイナル、中5日でやった大津のファイナルということで、多少コンディションに差があるという見方もありましたが、国立で1試合やったというアドバンテージをポジティブに捉えながら、前半から青森山田が1年間志向してきたプレッシングサッカーをとことんやっていこうという話で選手たちにスタートさせたということもありました」と試合に臨む姿勢についてコメント。「最初はちょっと押し合いのゲームもありましたが、リスタート、クロスから素晴らしい形で2得点取れたことで、我々が目指してきた、望んでいた形で前半を終えられました」と2点のリードで前半を終えたことが良かったとした。 また「後半は松木のダメ押しゴールで試合がやりやすくなったと感じました。我々はシュートを打たせないということ、リスタートをやらせない。速攻、ポゼッション、リスタートとなんでもできるサッカーを志向してきた形が、今回の決勝戦で見せたサッカーになったと思います。パーフェクトなゲームを見せてくれました」と、選手たちの決勝でのパフォーマンスを称えた。 4大会連続の決勝ながら、過去2大会は準優勝と悔しい思いをしていた青森山田。悔しい思いをしてきた黒田監督だが「昨年、一昨年の失敗を学習して、今年はそれが絶対ないようにということは念を押しました」と選手たちに最後に勝つことを意識づけたという。 また、3冠達成に向けても「むしろ3冠に向けて、2.9まで来たと。3.0にするために、やるべきこと、青森山田が1年間志向してきたことだけを信じて、みんなで頑張ろうと。その一言だけでした」と、残りの0.1を掴み取ろうと送り出したと明かした。 3冠達成に向けて多くのプレッシャーにさらされてきた青森山田。「打倒青森山田という声が全国各地から聞こえてきて、山田をどこが倒すんだということが聞こえてきた中で、選手たちの耳にも入ったと思いますし、かなりの重圧、プレッシャーが彼らの肩にのしかかってきていたのは、我々も見て取れていました」と、黒田監督は選手たちにかかるプレッシャーは感じていたという。 それでも選手たちを信じられた理由については「その何倍ものパワーを感じましたし、そんなものは簡単に跳ね除けるという彼らの勝ちたい意欲を1年間通して見れたので、3冠なんていうのは今のこの時代そんな甘いものではないと思っていましたが、本当に達成したということを今考えてみると、力強い、強いチームだったなと実感できます」と、選手たちの意志の強さが見られたと振り返った。 その中心となっていたのはやはりキャプテンで10番を背負ったMF松木玖生だろう。1年時から選手権に出場し、2度の準優勝と悔しい思いをしてきた松木だが「今年1年に関しては、キャプテンとして本当に団結力とか、チームプレーとか、注目される中でもしっかりと徹して、決して自分自分にならないようにコントロールしてきたと思います。そんなキャプテンの姿を見て、みんなが必死について行ったという状況でもあります」と、献身性を見せ、周りの選手もそれについていこうとしていたという。 また「本当に自分の我を殺しながら、走り、飛び、そして決めるということまでしっかりと結果として示してくれた最高のキャプテンだと思います」と、惜しみない言葉を送った。 さらに松木と共に、チームを支えてきたMF宇野禅斗についても言及。「監督、コーチのように様々な局面で選手たちに厳しい言葉で接しながら、そこにストレスが生じようと、嫌われようと、チームが勝つために犠牲の心を持ってくれたということも素晴らしかったと思います」と2人を評価。「彼らだけでなく、他の選手もしっかりと発言できるし、聞き入れることができるし、勝つためにどんなことでも取り組んできたチームだったと思います」とチームとして素晴らしかったと語った。 2人のボランチについては、長い青森山田の歴史でもトップクラスの評価がされているが「フィジカル的にも強く、ヘディングでも負けない、足元でも負けない。体の当たりでも負けない。なおかつ、点も取れてゲームをコントロールできるということで、本当に素晴らしいボランチだったと思います。日本だけでなく、世界に誇れるダブルボランチだったと思います」と称賛した。 また、ケガ人などを含め、大幅な入れ替えを余儀なくされていた守備陣。それでも3冠を達成するチーム力と層の厚さを見せた。 黒田監督は選手たちの成長についても触れ「本当にDF4枚が総入れ替えする中、またシーズン途中に両サイドバックが大ケガをする中で、代わって入った選手やスタートからこの重圧を背負い込んでやってくれたDF陣の成長は目覚ましいものがありました」とコメント。「プレミアの16試合では失点が9、シュートを打たせない、失点しないという試合をこの決勝でしてくれたのは、チームが1年間掲げてきたものを彼らが取り組んでくれた成果だと思うので、それは素直に素晴らしいと思いますし、著しい成長が彼らを大きくしてくれたと思いますし、これからの益々の活躍を大いに期待したいです」と、更なる飛躍を期待した。 最後に優勝が決まった瞬間の思いについて黒田監督が回想。7日に急逝され、自身が背中を追い続けた小嶺忠敏氏への思いも含め、色々なものが巡ったとした。 「今年の大会というのは、100年の歴史を刻んできた締めくくりの大きな大会でもありました。まだまだコロナが収束しない中で、色々な方のご尽力によって開催された大会でもあります」 「チーム、選手、スタッフ、保護者を含め、色々な方達が支えてくれてこのタイトルがあると思いますし、またはご逝去された小嶺(忠敏)先生のご尽力というのも含め、色々なことが走馬灯のように頭をよぎる、そんな一瞬でした」 2022.01.10 22:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly