元アルゼンチン代表DFマンマナがゼニト退団…古巣リーベル復帰へ

2022.01.07 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトは7日、元アルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(25)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

2017年にリヨンから5年契約で加入したマンマナは、ここまで公式戦41試合に出場。在籍期間に2度のリーグ優勝と、国内カップ戦制覇を経験した。しかし、ここ2シーズンは完全に構想外となっており、昨シーズンと今シーズンの前半はソチへレンタルに出されていた。

なお、アルゼンチン代表として3試合に出場した経験を持つ25歳DFは、古巣であるリーベル・プレートに復帰することが決定的となっている。


関連ニュース
thumb

37歳DFシュクルテルが今季限りで現役引退…リバプールやゼニトで活躍

かつてリバプールやゼニト、フェネルバフチェで活躍した元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(37)が現役引退を発表した。 昨夏、イスタンブール・バシャクシェヒルを退団し、母国のスパルタク・トルナヴァに加入したシュクルテル。今シーズンは公式戦20試合に出場し1ゴールの数字を残していた。 しかし、長年腰痛に悩まされてきた37歳DFは21日に行われるFCドゥナイスカー・ストレダ戦が、自身にとってキャリア最後の一戦となることを公式インスタグラムを通じて明かした。 「20年のキャリアを経て、FC DACドゥナイスカー・ストレダ)との試合が僕にとっての最後の試合となり、自分のキャリアが終わることをお伝えせざるを得ない」 「長年の腰痛のため、これ以上プレーを続けることは不可能であり、そのためこのような決断を下さなければならなくなった」 「これまでプレーしたすべての国のすべてのフットボールクラブ、コーチ、チームメイト、そしてファンの皆さんに感謝したい」 「同時に、すべての友人、とりわけ家族に感謝するよ。妻、息子、両親、親戚、この数年間、僕のそばにいて支えてくれた人たちに感謝する。これまで本当にありがとうございました」 母国のトレンチーンでプロキャリアをスタートしたシュクルテルは、2004年にゼニトへ完全移籍。2007シーズンのロシア・プレミアリーグ制覇に貢献した後、2008年1月にリバプールへステップアップを果たした。 2010-11シーズンからレギュラーセンターバックに定着すると、2011-12のEFLカップ制覇などにも貢献。リバプールでは在籍8年半で公式戦320試合18ゴールの数字を残したが、在籍ラストシーズンに就任したユルゲン・クロップ監督の下で構想外となり、2016年夏にフェネルバフチェへ新天地を求めた。その後、プレー機会が一度もなかったアタランタを経て、前述のイスタンブール・バシャクシェヒル、スパルタク・トルナヴァを渡り歩いた。 また、2004年7月にデビューを飾ったスロバキア代表ではユーロ2016、2010年南アフリカ・ワールドカップに出場するなど、同国歴代4位の104試合に出場。長らく頼れるディフェンスリーダーに君臨していた。 2022.05.17 23:47 Tue
twitterfacebook
thumb

緊張続くロシアでゼニトがリーグ4連覇達成! 8度目の王者に輝く《ロシア・プレミアリーグ》

ウクライナへの軍事侵攻が続いている中、ロシア・プレミアリーグのチャンピオンが決定した。 4月30日、ロシア・プレミアリーグ第27節が開催。首位に立つゼニトは、ホームにロコモティフ・モスクワを迎えた。 同日に行われた2位のディナモ・モスクワと降格圏の15位ウラルとの試合は、2-3でウラルが勝利。ゼニトは勝利すれば優勝が決まる試合だった。 試合は開始4分にバックパスの処理をGKがミハイル・ケルジャコフが誤ると、相手に奪われ先制を許してしまう。 しかし、27分には右サイドからのクロスをファーサイドでユーリ・アウベルトがヘディングで折り返すと、イバン・セルゲーフがヘディングで合わせて同点に追いつく。 さらに42分には、左CKからショートコーナーを仕掛けると、クラウジーニョからのパスを受けたマウコムがボックス内左からシュート。これがそのまま決まり、ゼニトが逆転に成功する。 試合をひっくり返したゼニとは77分にもゴール。セルゲーフのスルーパスに抜け出した、アンドレイ・モストヴォイがGKとの一対一をしっかりと決めて3点目。そのままタイムアップを迎え、ゼニトが見事に優勝を決めた。 ゼニトは4シーズン連続、8度目の優勝を果たした。 <span class="paragraph-title">【動画】ゼニトの選手たちがリーグ4連覇を喜ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkTWg0MDlxZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.01 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

全員がキッカー候補?! 敗退間際のカップ戦後半ATに奇怪なトリックFKがロシアで爆誕!!

斬新なFKがゴールを呼び込んだ。 トリックFKといえばどのチームを思い浮かべるだろうか。2014年のJ2では京都サンガF.C.が横浜FC相手に、複数人がボールを飛び越えてキッカーを断定させない手法を用いた。 FKではないが、第100回全国高校サッカー選手権では高川学園(山口)が「トルメンタ」と呼ばれる"ぐるぐるCK"で話題をさらった。 あの手この手が考案されるセットプレーだが、ロシアでも斬新な手法が生み出されたようだ。 20日に行われたロシア・カップ準々決勝では2部のFCアラニア・ウラジカフカスが1部首位のゼニトと対戦した。格上相手にも先制しながら逆転され、1-2とビハインドで迎えた後半のアディショナルタイム。アラニア・ウラジカフカスはゴール正面でFKを得ると、とっておきの秘策からネットを揺らした。 一見通常のFKだが、ホイッスル後に壁付近やこぼれを狙う選手など全員が相手ボックス内から引き上げ、守備側だけが残されるという練習のようなシュールな絵面に。そこから1人がまたぎ、2人目のニコライ・ジョルゴビアニが直接狙うと、見事な弾道がゴール右隅に突き刺さった。 守備側も決して大きく動揺していたようには見えないが、もしかするとさまざまな可能性が頭をよぎったか、タイミングがずれたか。とはいえ、普通に蹴っても入りそうな見事なFKだ。 劇的な同点弾をたたき込んだアラニア・ウラジカフカスはPK戦の末にゼニトに勝利。ジャイアント・キリングを達成し、ベスト4入りを決めている。 <span class="paragraph-title">【動画】ロシア・カップで誕生した斬新なトリックFK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Alania [2]-2 Zenit - Giorgiobiani WEIRD FREE KICK 92’ (Russian Cup) <a href="https://twitter.com/hashtag/Golazo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Golazo</a> <a href="https://t.co/HTw6yOzEL5">pic.twitter.com/HTw6yOzEL5</a></p>&mdash; SportzGlobal01 (@SportzGlobal01) <a href="https://twitter.com/SportzGlobal01/status/1516918463259942919?ref_src=twsrc%5Etfw">April 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.21 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアで働き侵攻に沈黙貫く元ウクライナ代表キャプテンに厳罰処分…指導者ライセンスやタイトル剥奪を発表

ウクライナサッカー協会(UAF)は、かつてのウクライナ代表キャプテンの行動が許せないようだ。 2月24日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナへの軍事侵攻を決断。市街地への攻撃も行われるなどし、多くのウクライナ国民が犠牲となっている。 ロシアの攻撃に対してはウクライナはもちろんのこと、世界各国が反対。制裁を下している状況となっており、サッカー界でもロシア代表やロシアのクラブへの制裁が行われている。 また、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は、今回の紛争によって影響を受けたウクライナとロシアでプレーする外国人選手に対し、一時的な契約解除を発表。他クラブへとフリー移籍することが可能な状態となった。 さまざまな救済措置も取られている状況の中、UAFは1人の人物に対する声明を発表。それが、元ウクライナ代表MFでキャプテンも務めたアナトリー・ティモシチュク氏だ。 現役時代はシャフタール・ドネツクやゼニト・サンクトペテルブルク、バイエルン、カイラトでプレーしたディモシチュク氏は、2017年2月に現役を引退すると、古巣のゼニトでアシスタントコーチに就任した。 ミルチェア・ルチェスク監督、ロベルト・マンチーニ監督、セルゲイ・セマク監督と3人の監督の下でアシスタントコーチを務めているが、現在もコーチのままでいる。 UAFは、ロシアから侵攻されているこの状況に対して、公の声明を出さなかった元キャプテンを非難。フェアプレーに反するとして、これまで獲得したタイトルを剥奪する処分を下すとした。 「ロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、ウクライナ代表の元キャプテンであるティモシチュクは、この点に関して公の声明を発表しなかっただけでなく、侵略者のクラブとの協力を止めなかった」 「彼の元クラブであるバイエルンは声明を発表し、ウクライナを支援すると行動をとっている時、ティモシチュクは沈黙を守っ、侵略者のクラブのために働き続けている」 「この意図した行動により、ティモシチュクはウクライナサッカーのイメージを傷つけ、条項1.4に違反します」 今回の処分に関しては、「UAFによって発行されたプロレベルのコーチングライセンスの剥奪」、「ティモシチュクが得た賞や名誉の称号を剥奪するように公的機関に申請」、「国内リーグ、カップ戦などの全てのタイトルを剥奪」、「ウクライナ代表の公式記録から除外」というもの。これまでの国内での功績を何ひとつなかったことにするという重い処分となった。 ティモシチュクは、シャフタール・ドネツク時代にリーグ戦を3度、カップ戦で4度、スーパーカップで1度優勝を経験。3度の年間最優秀選手賞も受賞している。 また、ウクライナ代表としては144試合に出場し4ゴールを記録。シャフタールでは公式戦291試合に出場し34ゴール10アシストを記録していた。 2022.03.10 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「戦争は怖い」ロシア代表キャプテンがついに見解、無差別に批判する人へ警告「戦争は終わるが、人間関係は残る。そして、取り戻すことはできない」

ゼニトに所属するロシア代表のキャプテンであるFWアルテム・ジューバが重い口を開いた。 2月24日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナへの軍事侵攻を決断。ウクライナの各地にロシア軍が入り、攻撃を仕掛けている。 多くのウクライナ市民が巻き込まれ、アパートなど建物を爆撃。子供や老人を含む、一般市民の多くが命を落としている。 両国の会談が開かれる中で、ロシアの侵攻は継続中。これに対し、世界の多くの国が制裁を与えている状況だ。 サッカー界でもロシアへの制裁は行われ、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)はロシア代表やロシアのクラブを大会から締め出すことを決定。現時点では、3月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフに参加できない状態となった。 またウクライナへのサポートも多くの選手やクラブ、リーグが発信しており、ファンも寄り添う形に。一方で、ロシア人選手たちはこの件について口を開かず、エバートンのウクライナ代表DFヴィタリー・ミコレンコは代表チームのキャプテンであるジューバが黙っていることに怒りを示していた。 そんな中、ジューバは自身のインスタグラムを更新。これまでこの件に触れてこなかった理由を説明しながら、持論を主張した。 「最近まで、僕はウクライナでの出来事について話したくなかった。恐れているからではなく、政治の専門家でもないので、そこに介入しないようにしていたし、そうするつもりもなかった」 「ただ、他のみんなと同じように、僕には自分の意見がある。僕はこのトピックにあらゆる面から触れてみたい」 「戦争は怖い。ただ、僕は人間の攻撃性と憎しみが、日々超越的な割合で増えていることにショックを受けている」 「僕は国籍による差別には反対だ。自分がロシア人であることを恥じてはいない。ロシア人であることを誇りに思っている。そして、なぜ今アスリートたちが苦しまなければいけないのか理解できない」 「僕はダブルスタンダードには反対だ。なぜ、人はなんでもできるのに、全ての卑劣な人たちが我々にぶら下がるのか。なぜみんな、政治以外のスポーツについていつも叫んでいるのに、ロシアとなるとこの原則は完全に忘れ去られてしまうのか」 「繰り返すが、戦争は怖い。ストレスの多い状況では、人々は本質を示し、時にはネガティブになる。今、立場や職業に関係なく、全てのロシア人にどれだけの怒り、汚れ、ツバが降りかかっているのか。侮辱や脅迫を書き込んでいる何千人もの人たちが並んでいる」 「ロシアが、彼らの人生にとても多くのものを与えた人々から、このようなことを聞くのは二重に不思議なことだ。このようなことは、より多くのネガティブな感情を生み出すだけだ」 「戦争は終わるが、人間関係は残る。そして、取り戻すことはできない。このことを忘れないで欲しい」 「P.S.イギリスの大邸宅で座って、厄介なことを言う同僚たちえ。我々を怒らせることはできないし、我々は全てを理解している。全ての人に、平和と善意を」 <span class="paragraph-title">【写真】ロシア代表キャプテンが自身の見解を綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CamuGMfN8l4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CamuGMfN8l4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CamuGMfN8l4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Artem Dzyuba(@artem.dzyuba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.03.03 18:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly