岡崎先発カルタヘナは善戦も土壇場被弾で敗退…久保欠場のマジョルカが16強進出《コパ・デル・レイ》

2022.01.06 02:13 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ(国王杯)3回戦、カルタヘナvsバレンシアが5日に行われ、1-2で勝利したバレンシアがラウンド16進出を決めた。なお、カルタヘナのFW岡崎慎司は先発し58分までプレーした。

セグンダAで8位に位置するカルタヘナが、プリメーラで9位のバレンシアをホームで迎え撃った一戦。この試合で岡崎はセカンドトップの位置でスタメン出場を飾った。

ソレールやヴァス、ギジャモン、ウーゴ・ドゥロと主力クラスを起用したバレンシアに対して、序盤は球際でも互角の戦いを見せたカルタヘナ。岡崎とオルトゥーニョの縦関係の2トップの機動力を生かしたカウンターを軸に幾度か相手ゴールに迫る場面を作り出すが、決定機まであと一歩という場面が目立つ。

すると、前半半ばを過ぎて徐々に押し込まれる時間が続くと、35分にはボックス手前右で与えたFKの場面でキッカーのソレールに見事な右足のシュートをゴール右隅に突き刺され、先手を奪われる。その後、前半終了間際にはセットプレーの流れからPK獲得か、という際どいシーンを作り出すが、ここは先に前半終了のホイッスルが鳴っていたとの微妙な判定で認められず。

0-1で試合を折り返したカルタヘナは、後半開始直後に大ピンチ。自陣での不用意なバックパスのミスからボックス内でエウデル・コスタに決定的なシュートを浴びるが、これはGKのビッグセーブで事なきを得た。

その後、58分に岡崎らを下げて2枚替えを敢行したカルタヘナは、2失点目を防ぎつつカウンターを起点に同点を目指す。すると、75分には相手DFのハンドで得たPKをキッカーのオルトゥーニョが冷静に決めて追いつく。これで勢いづくホームチームは、直後にもオルトゥーニョがボックス付近で際どいシュートを放つなど、幾度も逆転に迫る。

その後、試合は1-1のイーブンのまま後半アディショナルタイムに突入するが、カルタヘナは最後の最後に力尽きる。92分、自陣ボックス付近で与えたFKの場面でキッカーのヴァスにブレ球のシュートを枠に飛ばされると、GKが前に弾いたところをチェリシェフに押し込まれ、勝ち越しゴールを奪われた。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、バレンシア相手に善戦を見せたカルタヘナだったが、ラウンド32で敗退となった。

MF久保建英が所属するマジョルカはエイバル(2部)と対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。なお、久保は直近のバルセロナ戦に続きメンバー外となった。

1点ビハインドで試合を折り返したマジョルカだったが、69分にセットプレーの二次攻撃からガヤが技ありのダイレクトシュートで同点ゴールを奪うと、82分にはジャブレスの正確な左クロスをアンヘルがダイビングヘッドで合わせて逆転に成功。その後、ホームチームのパワープレーをきっちり凌ぎ切った。

また、MF柴崎岳の所属するレガネス(2部)はレアル・ソシエダと対戦し、2-3で敗戦した。なお、柴崎はメンバー外だった。

前半に2点を先行されたレガネスは後半にフアン・ムニョスの2ゴールで一時同点に追いついたが、74分にオヤルサバルにドブレーテ達成となるPKを決められて勝ち越しを許し、無念のラウンド32敗退となった。

◆コパ・デル・レイ3回戦

▽1/5(水)
エイバル(2) 1-2 マジョルカ
レガネス(2) 2-3 レアル・ソシエダ
カルタヘナ(2) 1-2 バレンシア
リナレス(3) 1-2 バルセロナ
アトレチコ・バレアレス(3) 2-1 セルタ
ミランデス(2) 0-1 ラージョ・バジェカーノ
バジャドリー(2) 0-3 ベティス
アルコヤーノ(3) 1-3 レアル・マドリー

▽1/6(木)
フエンラブラダ(2) vs カディス
ジローナ(2) vs オサスナ
スポルティング・ヒホン(2) vs ビジャレアル
サラゴサ(2) vs セビージャ
マンチャ・レアル(4) vs アスレティック・ビルバオ
アルメリア(2) vs エルチェ
ラージョ・マハダオンダ(3) vs アトレティコ・マドリー

▽1/4(火)
ポンフェッラディーナ(2) 1-1(PK:1-3) エスパニョール

※数字は所属カテゴリー

関連ニュース
thumb

「神に感謝する」17年前の優勝を知る伝説のMFホアキンが涙「最近溜め込んでいた感情から…」

レアル・ベティスのMFホアキン・サンチェスが、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。 11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。 互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込むと、互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。 この試合でベンチスタートとなったホアキンは、86分から途中出場。PK戦でも2人目のキッカーを務めて成功させ、見事に優勝に貢献した。 ホアキンは、17年前の優勝を知るレジェンド。さらに、対戦相手のバレンシアでもコパ・デル・レイのタイトルを獲得しており、様々な感情が渦巻く一戦となった。 試合後に涙したことについてホアキンは「涙は最近溜め込んでいた感情から来ている。それが内面化するのだから、涙が出るのは当たり前だ。こんなにも美しいカップをもう一度勝ちたいと、みんなが思っていた」と、多くの想いを持って臨んだ試合だったと振り返った。 チームの成功については「今年だけでなく。数年前から徐々に目標を達成し、チームを改善してきたことが、今シーズンに繋がっていると思う。携わった人たちは、みんな値する」と、ここ数年積み上げてきた成果だとコメント。一方で古巣に対しても「バレンシアのみんなにもおめでとうと言いたい。結局。PK戦は僕たちにとっては宝くじみたいなものであり、僕たちもそれに値した」と、最後は運が分けたと語った。 多くのファンが集まった一戦。17年ぶりにタイトルをもたらせたことについては「また、家にいるようなものだから、とても幸せだ。セビージャの全ての人々に贈ることができたこと、神に感謝する」と語り、幸せを噛み締めた。 <span class="paragraph-title">【貴重動画】17年ぶりの優勝を遂げが歓喜の瞬間をピッチサイドから!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBS1ZlVDk1NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.04.24 11:37 Sun
twitterfacebook
thumb

17年ぶりにカップ制覇のベティス、ペジェグリーニ監督も歓喜「観客を見て負けられないと…」

レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。 11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。 互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込んだ。 運命のPK戦では互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。 試合後、ペジェグリーニ監督はコパ・デル・レイ制覇に喜びを露わにし、ファンのおかげだとした。 「みなさんのサポートとチームのクオリティを両立させることが重要だった。観客を見た時、この試合に負けることはとても難しいだろうと思った」 「チームは常に冷静で、我々が決して失うことのなかったプレーを続けた。我々は優勝に値する」 過去にはマンチェスター・シティでプレミアリーグとリーグカップを制するなど、タイトルを獲得してきたペジェグリーニ監督だが、この日も特別な1日であると語った。 「比較するのは好きではない。とても幸せな日だ。他のチームでも良いシーズンを過ごしたことはある。ただ、今日は確かに、私にとってとても特別な日になる」 ラ・リーガでは現在5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴める可能性もあるなか、残りのシーズンに向けても意気込みを語った。 「チャンピオンズリーグを戦いたい。すでに、実績として1つのタイトルがあるが、チームはリーグの残りの戦いに集中している。トップに追いつけるように努める」 また、17年ぶりの優勝については改めてコメント。喜びを噛み締めた。 「勝てないまま17年が経ったんだから、さらにその喜びを味わうべきだ。久々に二重の喜びだ。これだけの人気クラブが、こんなに長く勝てないはずはないんだ」 <span class="paragraph-title">【貴重動画】17年ぶりの優勝を遂げが歓喜の瞬間をピッチサイドから!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBS1ZlVDk1NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.04.24 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスが伝説ホアキンの有終の美飾る17年ぶり3度目の優勝! PK戦の末にバレンシアを撃破《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ決勝、レアル・ベティスvsバレンシアが23日にエスタディオ・オリンピコ・セビージャで行われ、1-1のスコアで120分間の戦いが終了。PK戦を5-4で制したベティスが17年ぶり3度目の優勝を果たした。 2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスは、宿敵セビージャやレアル・ソシエダ、ラージョを破って決勝進出。直近のラ・リーガでは2試合未勝利とやや失速傾向にある中、今回の大一番ではフェキルやフアンミ、カナレス、ギド・ロドリゲスらベストメンバーをスタメンに並べた。 一方、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアはやや組み合わせにも恵まれ、カディス、アスレティック・ビルバオといったプリメーラ勢を退けてファイナル進出を決めた。現在、ラ・リーガでは4戦未勝利の10位と自力でのUEFAコンペティション出場は絶望的な状況となっており、今大会を制して来季ヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にしたいところ。ボルダラス監督は直近のビジャレアル戦で温存したガヤやギジャモン、ゴンサロ・ゲデスら主力を復帰させた。 先に失点したくないこともあり、互いに試合の入りは慎重となったが、ベティスが早い時間帯にゴールをこじ開ける。後方からのビルドアップで右サイドにボールを展開すると、ハーフスペースを持ち上がったフェキルからタッチライン際を疾走するベジェリンにスルーパスが繋がる。ここでベジェリンが鋭いクロスを供給すると、ゴール前でDF2枚の間に入り込んだボルハ・イグレシアスが強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。 早々にスコアが動いたことで、試合はここから球際でバチバチとやり合う肉弾戦に。主審がコンタクトプレーに対して比較的流し気味のレフェリングを見せたことで、バレンシアがアフター気味にガツガツと行くと、ベティスもフェキルやGKブラーボらが応戦。試合は荒れ模様の展開となった。 そういった中、30分にはバレンシアがワンチャンスを生かして追いつく。自陣でのディアカビのボール奪取からカウンターに転じると、中央を持ち上がったイライクスがオフサイドラインぎりぎりで背後を狙うウーゴ・ドゥロの動き出しを見て相手DF2枚の間を抜く絶妙なスルーパスを通す。そのままボックス内に侵入したウーゴ・ドゥロはGKブラーボの寸前で絶妙なチップキックを流し込んだ。 1-1のタイに戻った試合はベティスが70%近いボール支配率でゲームをコントロールしつつ、バレンシアも2トップを起点に鋭いカウンターで応戦。互いに決定機まであと一歩という際どい攻防を繰り広げる。43分にはボックス右でボールを持ったカナレスが左足を振り抜くと、相手DFにディフレクトしたボールがゴール右隅に向かうが、これは惜しくもポストを叩いた。 1-1で折り返した後半は球際の勝負で優位に立つバレンシアがペースを握るが、ベティスも最後のところでやらせず。前半のように早い時間帯にスコアは動かない。 その後、ベティスが再び盛り返し始めると、65分過ぎにはボックス内でフアンミ、カナレスと続けて決定機が訪れるが、GKママルダシュヴィリの好守などに阻まれる。さらに、78分にはボックス左で仕掛けたフアンミに2度目のチャンスも、右足のシュートは左ポストを叩いた。 後半終盤にかけては完全にベティスが押し込む時間が続く中、バレンシアは疲労や2枚目のカードのリスクがある選手を下げてラチッチやブライアン・ヒルを投入。押し切りたいベティスもフアンミを下げて、これが現役最後のコパとなる切り札ホアキンをピッチに送り出す。後半アディショナルタイムにはイグレシアス、ソレールと互いにビッグチャンスが訪れたが、ママルダシュヴィリ、ブラーボと両守護神が圧巻のビッグセーブをみせ、決勝点を許さず。トロフィーの行方は延長戦に委ねられることに。 消耗戦色濃くなった延長戦ではいずれも途中出場のホアキン、ブライアン・ヒルと地元アンダルシア産の新旧ドリブラーが、個の力で局面の打開を図るが最後のところで相手の集中した守備を崩し切れない。結局、この延長戦では互いに決定機まで持ち込めないまま、120分間の激闘を終えることになった。 運命のPK戦では互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。一方、後攻のベティスはテージョが成功。その後、5人目ではバレンシアの主将ガヤが成功させてサドンデスの可能性を残したが、ベティスの5人目となったミランダが優勝を手繰り寄せるPKをきっちり決め切った。 そして、バレンシアとの激闘を制したベティスが今シーズン限りで現役引退となるレジェンド、ホアキンの有終の美を飾るコパ制覇を成し遂げた。 2022.04.24 08:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルハ・イグレシアスの劇的弾でドローに持ち込んだベティスが17季ぶりの決勝進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのベティスvsラージョ・バジェカーノが3日に行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計スコアを3-2としたベティスが17年ぶりの決勝進出を決めた。 先週アウェイで行われた1stレグを2-1で勝利したベティスが、ラージョをホームに迎えた第2戦。試合は立ち上がりからベティスが押し込む展開で進むが、ラージョの堅い守りを崩しきれず、なかなか決定機まで至らない状況が続く。 36分にはボックス左深くまで切り込んだアレックス・モレノの折り返しが相手DFに当たり、ゴールに向かったが、これは好反応を見せた相手GKに防がれた。 0-0で迎えた後半も一進一退の攻防が続く中、ベティスは70分に左クロスの流れたボールをボックス右で拾ったウィリアン・ジョゼがマイナスに折り返すと、中央で収めたカナレスの落としからボックス外のW・カルバーリョがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠に上に外れた。 さらに73分には、ウィリアン・ジョゼのパスからボックス右に侵入したフェキルにチャンスが訪れたが、シュートは相手GKに正面でキャッチされた。 対するラージョは積極的な選手交代で流れを変えにかかる。すると80分、バイタルエリア中央手前で獲得したFKを直前に投入されたべべが直接狙うと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 2戦合計スコアをタイに戻されたベティスは、82分にファンミを下げてホアキンを、86分にウィリアン・ジョゼを下げてボルハ・イグレシアスを投入。 このまま延長戦に突入かと思われたが後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。97分、ホアキンのスルーパスでボックス左に抜け出したカナレスが右足アウトサイドでラストパスを送ると、相手DFに当たってゴール前に流れたボールを最後はボルハ・イグレシアスが押し込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。2戦合計スコアでラージョを下したベティスがバレンシアの待つ決勝へ駒を進めた。 2022.03.04 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ゲデスのスーペルゴラッソでアスレティック退け3季ぶりの決勝進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、バレンシアvsアスレティック・ビルバオが2日にメスタージャで行われ、ホームのバレンシアが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-1としたバレンシアの決勝進出が決定した。 先月10日に行われた1stレグはホームのアスレティックがラウール・ガルシアのゴールで先制も、マキシ・ゴメスの退場という逆境を撥ね退けたバレンシアがウーゴ・ドゥロのゴールで追いつき1-1のドローに終わった。 優勝した2018-19シーズン以来の決勝進出を目指すバレンシアは、先週末に行われたマジョルカ戦を1-0で競り勝ち、ラ・リーガ8試合ぶりの白星を奪取。良い形で今回のホームゲームを迎えた。 一方、3シーズン連続のファイナル進出を目指すアスレティックは、先週末のバルセロナ戦で0-4の完敗。ただ、ムニアインやベレンゲルら多くの主力を温存しており、フレッシュな状態で敵地に乗り込んだ。 試合前のチームバス入場の段階から情熱溢れるメスタージャで幕を開けたファイナル進出を懸けた運命の2ndレグは、立ち上がりから球際でバチバチとやり合う激しい展開に。 しかし、拮抗した1stレグを踏襲するように互いに攻撃の局面ではあまりリスクを背負わず、ロングボールやカウンター主体の攻防が続く。 中盤での潰し合いが目立つ中、前半半ば過ぎにはバレンシアにアクシデント発生。負傷したガヤがプレー続行不可能となり、ラトがスクランブル投入された。 頼れるカピタンの負傷交代によってやや動揺が見受けられるホームチームに対して、アスレティックがこの試合最初のビッグチャンスを迎える。41分、ムニアインからの絶妙なスルーパスに反応したイニャキ・ウィリアムズがボックス内に抜け出す。だが、ややボールコントロールにもたついてDF2枚に囲まれかけた中、何とか左足に持ち替えて放ったシュートはGKママルダシュビリの勇敢な飛び出しに阻まれた。 すると、ピンチの後にチャンスあり。この直後に今度はバレンシアに決定機が訪れる。43分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でソレールがゴール前に入れたボールが撥ね返されると、ペナルティアーク手前でクリアボールを回収したゴンサロ・ゲデスが右に短く持ち出して右足を強振。この鋭いミドルシュートがゴール右隅を射抜き、ポルトガル代表FWのスーペル・ゴラッソでホームチームが均衡を破った。 さらに、畳みかけるホームチームは前半終了間際にも、得意のロングカウンターから左サイドを突破したブライアン・ヒルからのクロスをボックス右で拾ったソレールが強烈なシュート。だが、相手DFにディフレクトしたボールはGKアギレサバラのファインセーブに阻まれた。 バレンシアが2戦合計スコアで優位に立った中、運命の2ndレグは後半に突入。ビハインドを追うアウェイチームが積極的な入りを見せるが、バレンシアの[5-4-1]のコンパクトな守備ブロックを崩し切れない。 何とか早い時間帯に追いつきたいアスレティックは切り札のサンセト、ニコ・ウィリアムズをピッチに送り出して、より前がかる。70分にはボックス内でムニアインに絶好機が訪れるが、ボックス左でフリーで放った右足のシュートは枠を捉え切れず。 試合終盤にかけても白熱の攻防が続くが、互いに相手の強度の高い守備を前になかなか決定機まで持ち込むことができない。バレンシアのカウンターを水際で防ぎ何とか同点のチャンスを窺うアスレティックは、後半アディショナルタイムのセットプレーでこぼれ球に反応したユーリに最後のチャンスが訪れたが、左足のシュートは枠の左に外れ万事休す。 そして、難敵アスレティックの3シーズン連続のファイナル進出を阻んだバレンシアが、3シーズンぶりの決勝進出。決勝では翌日に試合を行うベティスvsラージョの勝者と対戦することになる。 2022.03.03 07:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly