【2021-22 ラ・リーガ前半戦ベストイレブン】マドリード勢とアンダルシア勢が独占!

2022.01.05 18:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021-22シーズンのラ・リーガは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ラ・リーガ前半戦ベストイレブン
GK:クルトワ
DF:ミリトン、アラバ、アクーニャ
MF:オスカル・トレホ、フェルナンド、フェキル、クロース
FW:フアンミ、ベンゼマ、ヴィニシウス

GK ティボー・クルトワ(29歳/レアル・マドリー)
出場試合数:20(先発:20)/失点数:17
Getty Images

2シーズンぶりのサモラ賞(最優秀GK)獲得へ視界良好。今季を迎える上ではセルヒオ・ラモス、ヴァランが退団したバックラインを中心に守備面に不安を抱えていたが、ミリトンとアラバの新センターバックコンビと共に堅牢な守備を構築。7度のクリーンシートはセビージャGKブヌ(8度)にわずかに及ばずも、安定したゴールキーピングにほぼ毎試合披露するパラドンで多くのピンチを救っている。

DF エデル・ミリトン(23歳/レアル・マドリー)
出場試合数:19(先発:19)/得点数:0
Getty Images

エルブランコの新たなディフェンスリーダー。2019年のポルトから加入後、ナチョと共にヴァランとセルヒオ・ラモスのバックアップに甘んじてきたブラジル代表DFは、卓越した身体能力を武器に好プレーが印象的な一方、判断ミスや老獪な相手アタッカーとの駆け引きで苦戦する場面を取り上げられることが多かった。しかし、昨季後半からポジションを確保し、ブレイクのきっかけを掴むと、今季は偉大なる先達の退団を受け、新たなディフェンスリーダーとして完全覚醒。無類の強さを生かした対人戦、広範囲をカバーするカバーリング、課題の一つであるビルドアップの局面でも堅実さと、時おり見せる意外性のあるロングフィードと守備者として総合力の高さを見せつけている。

DF ダビド・アラバ(29歳/レアル・マドリー)
出場試合数:18(先発:18)/得点数:1
Getty Images

初のラ・リーガ挑戦も前評判通りの活躍。13年を過ごしたミュンヘンを離れ、昨夏マドリードに居を移したオーストリア代表はバイエルン時代に指導を受けたアンチェロッティ監督の下、レアル・マドリーではセンターバックを主戦場にプレー。相棒ミリトンと役割を分担しながら、早くも長年チームに在籍していたかのようなリーダーシップを発揮し、コーチングやラインコントロールで守備を締める。また、センターバックとして考えれば、世界屈指と言えるボールスキル、戦術眼を武器にエルブランコのビルドアップを更なる強みに変えた上、自身初のエル・クラシコで加入後初ゴールを挙げる圧巻の勝負強さを発揮するなど、新天地でも特大のインパクトを残している。

DF マルコス・アクーニャ(30歳/セビージャ)
出場試合数:16(先発:12)/得点数:1
Getty Images

前半戦最高のラテラル。センターバック、右サイドバックに目ぼしい人材がいなかったため、攻撃的な左サイドバックながらも3バックの左という形で選出。加入1年目と同様に今季も持ち味の攻撃性能を遺憾なく発揮し、セビージャの左サイドに君臨。ウイングさながらの突破力、高精度の左足のキックを武器に、1ゴール3アシストの数字以上の攻撃への貢献度を見せている。また、守備時は球際の強さとスピードを生かしたハードなプレーでリーグベストの堅守を支えている。

MF オスカル・トレホ(33歳/ラージョ・バジェカーノ)
出場試合数:17(先発:16)/得点数:3
Getty Images

躍進ラージョをけん引するベテラン司令塔。これまでマジョルカ、スポルティング・ヒホン、ラージョでプリメーラを経験してきたアルゼンチン人MFは、2シーズンぶりにプリメーラの舞台に帰還。ここまでPKによる3ゴールと共に、8アシストでアシストランキングトップに立つ鮮烈な活躍を見せている。イラオラ監督の下でボールを保持する能動的なスタイルを貫く中、1列下のMFコメサーニャらと共に的確な立ち位置、正確なパスでボールを散らしつつ、絶妙なラストパスやダイレクトプレーで決定機を創出。守備面においてもベテランらしい判断の良さでショートカウンターの起点となる場面も少なくない。

MF フェルナンド(34歳/セビージャ)
出場試合数:18(先発:16)/得点数:1
Getty Images

セビージャの中盤の底に君臨するオーガナイザー。ロペテギ監督から全幅の信頼を受けるピッチ内の賢者は、守備では的確なポジショニングで危険なスペースを埋め、年齢を感じさせないフィジカルコンタクトの強さでボールも刈り取り、中盤のフィルター役を完遂。攻撃時は相手に応じて最終ラインと中盤を行き来しながらスムーズなビルドアップに貢献。攻撃時のセットプレーでは要所でアタッカーとしての嗅覚を発揮し、チャンスに絡む八面六臂の活躍が印象的だ。

MF ナビル・フェキル(28歳/ベティス)
出場試合数:16(先発:16)/得点数:4
Getty Images

好調ベティスのキング。本来のポテンシャルを考えれば、常にチャンピオンズリーグでプレーするクラブの主力として活躍できるフェキルだが、ひょんなことから加入したベティスで3シーズン目を送る。卓越した左足の技術、馬力のある仕掛け、リーグ屈指の創造性を遺憾なく発揮し、好調ベティスの攻撃の全権を握る。4ゴール3アシストと数字上のインパクトは今一つだが、遅攻、速攻に関わらずチームの決定機のほとんどはベニート・ビジャマリンの王様の左足から演出されている。

MF トニ・クロース(31歳/レアル・マドリー)
出場試合数:13(先発:13)/得点数:1
Getty Images

代表引退でハイパフォーマンスを維持。これまでレアル・マドリー、ドイツ代表でフル稼働が続いたこともあり、昨シーズンは勤続疲労による離脱やパフォーマンス低下が見受けられた。しかし、ユーロ2020終了後の代表引退によってクラブチーム一本に絞り、全盛期のパフォーマンスを完全に取り戻した。共に久々の再会となったバイエルンの元同僚アラバ、アンチェロッティ監督の存在もあり、今季はビルドアップの起点を担うだけでなく、よりインテリオールに近いスタイルで攻撃に絡む回数が増えており、1ゴール3アシストを記録。昨季全体では10アシストを記録していたが、今季はセットプレーでのアシストが1つに留まっており、チーム、個人としてセットプレーの改善は図りたいところか。

FW フアンミ(28歳/ベティス)
出場試合数:17(先発:13)/得点数:11
Getty Images

キャリアハイ更新確実で初のサラ賞(スペイン人得点王)受賞を狙う。2019年の加入以降、度重なる負傷やパフォーマンスの問題で燻ぶっていたスペイン人FWだが、今季は前半戦だけで2016–17シーズンに前所属先のレアル・ソシエダで記録したキャリアハイの得点数に並んだ。左ウイングを主戦場に快足を生かしたオフ・ザ・ボールの動き出し、シュート精度に優れる172cmのアタッカーは、前半戦ラストマッチのセルタ戦で記録が途切れるも、5試合連続ゴールで7ゴールと荒稼ぎ。良好なコンディションに加え、フェキル、カナレスという良質なパサー、ソシエダで共闘し、今季再会したウィリアン・ジョゼという最前線でタメを作れる頼れるターゲットマンの存在により、後半戦も負傷さえなければ、キャリアハイ更新は確実だ。

FW カリム・ベンゼマ(34歳/レアル・マドリー)
出場試合数:19(先発:19)/得点数:15
Getty Images

前半戦のMVP。15ゴールでピチーチ(得点王)レースを快走し、アシストランキングでも7アシストで2位に付けており、2019-20シーズンにメッシが記録したダブル受賞も十分に狙えるはずだ。ラ・リーガだけでなく欧州主要リーグを通しても、前半戦最高のアタッカーの一人と言える活躍ぶりだった。

FW ヴィニシウス・ジュニオール(21歳/レアル・マドリー)
出場試合数:19(先発:17)/得点数:10
Getty Images

完全覚醒の怪物アタッカー。昨シーズンに戦術眼、アタッキングサードでのプレー判断に磨きをかけてリーグ屈指のチャンスメーカーに成長したブラジル代表FWは、今季決定力に磨きをかけてリーグ屈指のフィニッシャーに成長。ここまで10ゴール5アシストと、前半戦だけでレアル・マドリー加入後のキャリアハイに到達している。ベンゼマには及ばずも、前半戦の自身のハイライトとなったセビージャ戦のスーペルゴラッソを含め、その得点やアシストの多くがチームの勝ち点に繋がる重要なものが多く、現チームにおいてはベンゼマとの2大エースと評しても過言はない存在感を放っている。


関連ニュース
thumb

”ワンクラブマン”のトッティ、ムバッペのPSG残留を称賛「心からの選択」

元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を決めたフランス代表FWキリアン・ムバッペを称賛している。 PSGとの契約が切れる今夏のレアル・マドリー移籍が取り沙汰されながらも、最終的に残留を決断したムバッペ。すでに個人間合意に至っていたという情報が出回っていたため、まさに急転直下の展開に。 賛否両論ある中、トッティ氏はムバッペの選択を称賛。フランス『RMC Sport』のインタビューの中で、自身もかつてマドリーのオファーを断り、24年にわたるキャリアでローマ一筋を貫いた立場から持論を述べた。 「それは心で決めたことなのだろう。私は称賛するよ。レアル・マドリーからのオファーを断るのは簡単なことじゃない。私も20年前にローマに残るため同じ決断をした」 「ムバッペは若いにもかかわらず、正しい決断をしたと思う。ルーツが最も重要なのだ。彼は賢明にパリに留まるという選択をした。私はそれが正しいことだったと思うよ」 2022.05.26 16:13 Thu
twitterfacebook
thumb

CL決勝でマドリーへのリベンジ狙うサラー、4年前の負傷は「キャリアの中で最悪の瞬間」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、レアル・マドリーへのリベンジに向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝では難敵ビジャレアルに苦戦しながらも勝利し、優勝した2018-19シーズン以来となる決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、因縁の深いレアル・マドリーと対戦する予定になっている。 リバプールとマドリーは2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝でも対戦。いずれもマドリーが勝利を収めているが、特に4年前の決勝ではサラーが相手DFセルヒオ・ラモスともつれながら転倒したことで肩を負傷。前半での負傷交代を余儀なくされると、エースを失ったチームは相手に押し込まれる結果となり1-3で敗れた。 記者会見に出席したサラーは、今大会にかける意気込みについて語りつつ、4年前のCL決勝についても言及。負傷で早々にピッチを去ることになった悔しさを明かしている。 「今はとてもやる気がある。前回のマドリーとの対戦、そして日曜日のプレミアリーグを終えた後で、チームの誰もがCLを勝ち取るためにモチベーションを高めているんだ。僕がここに来てから、毎シーズンこのために戦ってきており、皆が楽しみにしているよ」 「(2017-18シーズンのCL決勝では)30分くらいで交代したのを覚えている。あれは僕のキャリアの中で最悪の瞬間だった。本当に、本当に落ち込んでいたよ。あの時は良いシーズンだったのに、CL決勝を30分で終えるなんて、どんなフットボーラーにとっても最悪の出来事だ。試合後、僕は病院にいて、結果はヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)から聞いて知った」 「そのとき、僕はこう思ったんだ。『こんな負け方はできない』とね。フットボールをやっていて、全員かほとんどの選手にとって初めてのCL決勝だった。だから、敗れたことにはとてもとても失望した。でも、その後の夏を経て僕らはチームに戻り、お互いに話をした。僕の記憶が正しければ、ドレッシングルームでヘンドとミリー(ジェームズ・ミルナー)が『もう一度、すべてをやり直そう』と言ったんだ。そして、その翌年に優勝することができた」 2022.05.26 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「もう一度あの感動を味わいたい」CL決勝を前に、リバプール主将ヘンダーソンが必勝誓う

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われるCL決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーと再び対戦する。 先週末に行われたプレミアリーグ最終節の結果、勝ち点差「1」でリーグタイトルを逃したリバプールだが、記者会見に出席したキャプテンのヘンダーソンはチームの雰囲気の良さを強調。今季すでにEFLカップ、FAカップを制しているチームは、最後に残ったビッグタイトルを勝ち取りたいと意気込んだ。 「正直なところ、チームの雰囲気は良いよ。今日のトレーニングもとても良く、週末に向けて若者たちの興奮が伝わってきた。もちろん、日曜日の結果には失望したよ。あと一歩のところで何が起きたのか、理解するのは大変だった。それでも、今季のチームをこれほど誇りに思うことはない。2つのトロフィーを獲得して、土曜日にもう1つ手にする大きなチャンスがあるのだからね。今季最後にもう一度全力を尽くして、CLのトロフィーを持ち帰れるよう頑張りたい」 「(CL決勝は)僕にとってラストチャンスのようなものだと思っている。チャンスはいつ来るかわからない以上、土曜日のこの試合はとても大きなものだ。だからこそ、チームとして、選手としてすべてを出し切りたい。フットボールの世界は何が起こるかわからず、物事はすぐ変わってしまう。それでも僕らは長い間、このチャンスを得るため働いてきた。そしてそれが、CLを制覇するのに十分なものであったと願っている」 「(2018-19シーズンの)マドリードでのCL優勝は、自分のキャリアのなかで最大の瞬間であり、もっとも特別なものだったと言えるね。前年にあと一歩のところで逃したCLをついに勝ち取ったことは、自分にとっても、仲間にとっても、関係者にとっても、本当に感動的な時間だった。だからできれば土曜日にもう一度あの感動を味わいたいし、祝いたい」 また、ヘンダーソンはメディアで頻繁に報じられるリバプールとマドリーの因縁についても言及。2017-18シーズンのCL決勝では前半に無念の負傷交代となったFWモハメド・サラーの気持ちに寄り添いつつ、マドリーに対して必要以上の感情は持っていないと語った。 「正直なところ、モー(モハメド・サラー)の立場なら理解できる。あの試合、あのような形で負傷して退場したことは、彼にとって大変だった。もちろん、僕ら全員にとっても大変だったよ。だから、それは理解できる。でも僕にとっては、CL決勝でプレーする以上のモチベーションは必要ない」 「僕たちの焦点はただそこに行き、パフォーマンスすることだ。それこそ僕らが子供の頃に夢見たことさ。マドリーとのCL決勝戦以上にビッグなものはないだろう。本当にタフな戦いになるだろうね。だから、勝つためには100%の力が必要なのはわかっている。フットボールでは常にそうであり、今回もそうなのは間違いない」 2022.05.26 11:59 Thu
twitterfacebook
thumb

「思っていたよりも良い感じ」懸念のチアゴの状態にクロップ監督が言及「明日にはトレーニング参加」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、負傷交代していたスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの状態を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝。リバプールはレアル・マドリーと対戦。2017-18シーズンの決勝の再現となる。 プレミアリーグはマンチェスター・シティの前に一歩及ばず2位に終わったリバプールだったが、EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップと国内の2つのカップ戦は共にチェルシーをPK戦で破って優勝を果たしている。 カップ戦3冠を目指すリバプールだったが、リーグ最終節ではチアゴが前半終盤にピッチを後にするアクシデント。負傷を抱えており、厳しい状態だとクロップ監督は試合後に明かしていた。 そんな中、25日にはCL決勝に向けたメディア対応が行われ、チアゴの状態についてクロップ監督が言及。予想よりも悪い状態ではなく、決勝に支障はないと語った。 「今朝、彼はいくつかのことを行った。選手とともに、このセッションを行うことは予定されていなかった。現時点では、明日のトレーニングには参加できそうだ。そうなれば、かなり助かるし、そこから頑張っていける」 「思っていたよりも良い感じだ。(日曜日の)試合後、私はあまりポジティブではなかった。ただ、その日の夜にはそんなに悪くなさそうだという知らせを受けたし、そこからはもう大丈夫だとなった。これからが楽しみだ」 「しかし、正しいことを正しいタイミングで行うことが大事だ。それが我々の試みだ」 2022.05.26 08:53 Thu
twitterfacebook
thumb

決勝で魔法のパスは繰り出されるか、ルカ・モドリッチ【CL注目選手②】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆ボールに魔法をかけるパスマスター</span> MFルカ・モドリッチ 生年月日:1985年9月9日(36) 所属:レアル・マドリー 国籍:クロアチア 今季成績 ラ・リーガ:28試合2ゴール9アシスト チャンピオンズリーグ:11試合4アシスト 2012年8月にトッテナムからマドリーに加入したモドリッチ。今シーズンが在籍10シーズン目となる。 この間、チームの中心選手として活躍を続け、2018年にはバロンドールを受賞するなど、世界屈指のプレーヤーとして活躍。36歳を迎えた今シーズンも、チームに欠かせない存在であり続け、ラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。 豊富な運動量は衰え知らず。攻守にわたってハイレベルのプレーを続けるモドリッチは、凄みさえ感じさせるほど。 特にパスの能力は無理そ磨きがかかったと言っても良いほどに。パス能力、ボールの精度だけでなく、モドリッチにしか見えていないコースへのパスを何本も見せてきた。 ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦での狭いコースを抜いてのアシストや、準々決勝のチェルシー戦での浮き球のパスでのアシストはその象徴とも言えるもの。決勝でどんなパスを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">◆自身5度目の戴冠へ</span> モドリッチはマドリーに加入後、すでに4度のCL優勝を経験。2015-16シーズンからの3連覇も中心選手として支えた。 前回のリバプールとの決勝にも当然出場しており、今回も再びリバプールを倒すことを目指してプレーすることは変わりない。 他の選手ではあまりないことではあるだろうが、今回優勝すれば、モドリッチはマドリーで一番多く獲得したタイトルがCLになる。これまで、クラブ・ワールドカップ、CLで4度ずつ優勝。ラ・リーガは今季が3度目だった。スーパーカップを除けば、5度目となり本人としても欲しいところだろう。 前回対戦と大きく変わったところと言えば、クリスティアーノ・ロナウドがいないというところだろう。ただ、同時いなかったヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスといった若きアタッカーが居る。 モドリッチが彼らを含めてどう操っていくのか。魅惑のパスでゴールを生み出し、チームにトロフィーをもたらせたい。 <span class="paragraph-title">【動画】魔法のパスを操るルカ・モドリッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FqDLaY1Rp8c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 22:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly