千葉が36試合出場のDFチャン・ミンギュと契約更新「勝負の一年」

2022.01.04 18:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は4日、DFチャン・ミンギュ(22)との契約更新を発表した。

韓国の漢陽大学から2020年に千葉に加入したチャン・ミンギュは、2年目の2021シーズンの明治安田生命J2リーグで36試合に出場し1得点を記録していた。

このゴールは2021年8月21日の明治安田J2第26節のヴァンフォーレ甲府戦で決めたもので、Jリーグ初ゴールとなった。

新シーズンも千葉でプレーするチャン・ミンギュはクラブを通じてコメントしている。

「今年もジェフユナイテッド千葉で戦う覚悟を決めました。2021シーズンは、チームとしても個人としても、とても悔しいシーズンとなりました。2022シーズンは自分自身にとって、勝負の一年だと自覚しています」

「目に見える形でチームに貢献し、クラブの目標であるJ1昇格という結果をジェフユナイテッド千葉のファン・サポーターの皆様と共に掴み取れるように全力で闘います!熱い応援をよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

徳島でトップチーム関係者5名が新型コロナ陽性…いずれも体調不良訴え

徳島ヴォルティスは16日、トップチームの関係者5名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、1名は14日の朝に体調不良を訴え、14日と15日にクラブ独自の抗原定性検査を実施。どちらも陰性となっていたが、16日に検査機関にてPCR検査を受け、陽性疑いに。医療機関で陽性判定となった。 3名は15日の夜に体調不良を訴え、医療機関で抗原定性検査を実施。陽性判定を受けていた。 また、残りの1名は16日に実施したJリーグの定期検査(抗原定性検査)で陽性疑いとなり、医療機関にて再度抗原定性検査を実施。陽性判定となった。なお、倦怠感、頭痛があるという。 チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのこと。陽性者は療養中とのことだ。 2022.08.16 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月5戦6発の横浜FMストライカー、レオ・セアラが月間MVP! 「チーム全員で勝ち取った賞」

Jリーグは16日、7月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ。今季のここまで21試合出場で10得点を決め、7月はハットトリックで飾った同月2日の清水エスパルス戦を皮切りに計5試合で6ゴールをマークした。 首位をひた走るチームで得点源として引っ張る27歳のブラジル人ストライカーは喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「昨年に引き続きKONAMI月間MVPを受賞できたことを、とてもうれしく思います。この賞をいただけたのは、チームメイトみんなのおかげです。チームが好調なのはチーム全員が頑張っているからこそと同じように、今回僕が選ばれた理由は、みんなにあると思います。チーム全員で勝ち取った賞だと感じています」 また、J2リーグからはV・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオで、J3リーグは藤枝MYFCのMF久保藤次郎に。それぞれ喜びを語った。 ◆エジガル・ジュニオ 「質の多い選手がそろっている中で、KONAMI月間MVPに選出いただきとてもうれしく思います!選出してくださった皆さんとチームメイト、家族、ファン・サポーターの皆さんに感謝しています。FWとしてゴールの近くでプレーできていることがこの結果につながったと思います。これからもチームの勝利のために、そしてJ1昇格のために100%でプレーします!」 ◆久保藤次郎 「月間MVPに選んでいただき大変嬉しく思います。監督をはじめ、選手、サポーター、クラブ関係者の方々と一緒に掴み取ったクラブ初6連勝があったからこそ受賞することが出来ました。とても感謝しています。残りのシーズンもサッカーはエンターテイメントだという監督の考えのもと、日々の努力を怠らず戦い抜きます。今シーズン、藤枝MYFCのサッカーを観たことがない方には是非一度観ていただきたいと思います。そしてサポーターの皆様、引き続き応援よろしくお願いします!」 2022.08.16 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

山口のMF神垣陸が疲労骨折で12週間、FW大槻周平がじん帯損傷で8週間の離脱

レノファ山口FCは16日、MF神垣陸、FW大槻周平の負傷を発表した。 神垣は左第五中足骨疲労骨折と診断され、手術を実施。全治は12週間程度とのことだ。 また、大槻は右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、8週間程度の離脱となる。 神垣は今シーズンの明治安田生命J2リーグで26試合に出場。大槻は、ここまでJ2で19試合に出場し3得点を記録していた。 2022.08.16 15:52 Tue
twitterfacebook
thumb

熊本の選手1名が新型コロナ陽性…発熱の症状

ロアッソ熊本は16日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は発熱などの症状があり、15日に熊本県内の医療機関にてPCR検査を受けたとのこと。陽性判定を受けた。 なお、適切な対策のもと療養しているという。 また、クラブでは16日のトレーニング前に抗原定性検査を実施。陰性となった選手、スタッフのみでトレーニングを行うという。 2022.08.16 10:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly