レーティング:アーセナル 1-2 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

2022.01.02 00:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第21節、アーセナルvsマンチェスター・シティが1日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-2で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
32ラムズデール 5.5
悔しい枠内シュート2本で2失点。ただ、自身に落ち度はなし。安定したハイボール処理に加えて幾度かミドルレンジの好フィードを通した

DF
18 冨安健洋 6.5
コロナウイルスから回復しリーグ2戦ぶりの復帰戦。対面のスターリングをポケットに入れる。攻撃でも前半は要所で高い位置を取って後方支援

4 ホワイト 6.0
狙いを持った果敢な潰しで相手に易々と起点を作らせず。持ち味の安定した配球や持ち出しでマイボール時の貢献も大きかった

6 ガブリエウ 5.0
前半は的確なカバーリングでピンチを未然に防いだが、不用意な2枚のカードで退場。試合の流れを考えれば、戦犯と言わざるを得ない

3 ティアニー 6.5
対面のマフレズを危なげなく抑え込み、先制点をアシスト。試合を通して安定感が光った

MF
7 サカ 6.5
リーグ3試合連発となる見事な先制点を奪取。局面打開の数ではマルティネッリに劣るも、立ち位置、駆け引きの巧さでアケとのマッチアップで優位性を保った

(→エルネニー -)

5 トーマス 7.0
無難な捌きでリズムを作りつつ、守備の局面では的確なカバーリングやセカンドボールへの素早い反応で相手に自由を与えなかった

8 ウーデゴール 6.0
守備ではロドリを消しつつ、攻撃では味方のサポートを意識しながらパスの経由点として機能。味方の退場の煽りを受けて早い時間帯の交代に

(→ホールディング 5.5)
最終的に失点に絡んだが、難しい流れでの投入となった中で奮闘していた

34 ジャカ 5.5
前回対戦の愚行退場払しょくを狙った一戦だったが、軽率なファウルで流れを変えるPKを献上。前半はプレー強度を維持しながらも堅実な対応で中盤にフィルターをかける。マイボール時は的確にパスを散らした

35 マルティネッリ 6.5
3度の決定機のいずれかを決め切れれば、なお良かったが、再三の鋭い仕掛けで最も相手守備の脅威に。守備の局面でも切り替えを徹底

FW
9 ラカゼット 6.0
良い形でフィニッシュに絡む回数は少なかったが、献身的な守備と利他的なプレーで貢献

(→スミス・ロウ 5.5)
1人少ないチームを助けるためハードワークをこなした

監督代行
スタイフェンベルフ 5.5
過去にヘンクを率い、ファン・ハールやギグスのアシスタントを務めた51歳のオランダ人指揮官。コロナ陽性で不在のアルテタと連絡を取り合いながら良い戦いを見せたが、最後に力及ばず

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 5.5
失点は致し方なし。防げるシュートをきっちりと止め、停滞したビルドアップをサポートすべく積極的にボールに絡んだ

DF
27 カンセロ 5.5
2日前に自宅が強盗被害に遭い、自身も顔面に負傷も強行出場。そういった難しいメンタルもあったか、普段のプレー水準ではなかった

3 ルベン・ディアス 5.5
過密日程によるコンディションの問題か、全体的に判断や動きに重さが見受けられた

14 ラポルテ 5.5
決勝点に関与したが、あわやオウンゴールというバックパスなど、アジリティのある相手に対してバタつく場面が目立った

6 アケ 5.5
決死のゴールカバーでピンチを救う値千金のプレーはあったが、攻守両面でシティの左サイドバックとしては物足りない出来だった

MF
20 ベルナルド・シウバ 6.0
前半はらしくないミスも散見されたが、90分間走り切って貴重なPK奪取

16 ロドリ 6.5
試合を通してのパフォーマンスは負傷明けの影響もあり、ハイパフォーマンスとは言えなかった。それでも、値千金の逆転ゴールは見事だった

17 デ・ブライネ 5.5
決勝点の起点に。ただ、疲労の影響が大きくらしくないタッチミスやパスミスが散見

FW
26 マフレズ 6.0
プレッシャーがかかるPKをきっちり決め切る。後半にようやく良い仕掛けも出せたが、全体的に相手守備に封じ込まれた

9 ガブリエウ・ジェズス 5.5
同胞DFを退場に追い込む。チーム全体の問題もあってなかなかチャンスに絡めなかった

(→ギュンドアン 5.5)
数的優位での投入となったため、不可なくプレー。的確な判断で徐々にリズムを作った

7 スターリング 5.5
冨安とのマッチアップで大苦戦。ただ、献身的なプレスバックや球際での粘りなど、仕掛けやフィニッシュを除いた部分は評価したい

監督
グアルディオラ 5.5
過密日程の影響でここ最近では最も厳しいパフォーマンスだった。それでも、相手の自滅や判定を追い風に勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
トーマス(アーセナル)
勝敗を決定づけたという部分でロドリをMOMに選出すべきという考えもあるが、単純なパフォーマンスを評価してトーマスをMOMに選出。アトレティコでの全盛期に近いダイナミックなプレーを攻守に披露し、往年のヴィエラの姿をガナーズファンに想起させた。それだけに、AFCON出場での離脱は痛手となりそうだ。

アーセナル 1-2 マンチェスター・シティ
【アーセナル】
サカ(前31)
【マンチェスター・シティ】
マフレズ(後12[PK])
ロドリ(後48)

関連ニュース
thumb

「監督を100%信じている」アーセナル移籍のジェズス、決め手はアルテタ監督とレジェンドの存在「アンリを追いかけていた」

アーセナルに加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが、ミケル・アルテタ監督への信頼を語った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、予てから噂されていた中、アーセナルはマンチェスター・シティからジェズスを完全移籍で獲得したことを発表。長期契約を締結した。 シティで公式戦234試合で95ゴール46アシストを記録したジェズスは、プレミアリーグではゴールを決めた47試合で無敗という伝説も残した逸材。シティにとっても重要な戦力だったが、かつてアシスタントコーチを務めていたアルテタ監督の下へやってきた。 加入が決まったジェズスはファーストインタビューでアルテタ監督の存在について言及。大きな信頼を寄せていることを明かした。 「クラブ、選手、プロジェクト、そして将来について何度か話をした。僕はミケルを100%信じている」 「僕は以前彼ととても楽しい時間を過ごしていた。彼はとても良い人間であり、とても良い監督でもある」 「シティで僕を大いに助けてくれた。トレーニングの後はいつも一緒になり、仕上げを行っていた。彼はとても頭の良い男で、素晴らしい選手でもあった。彼が何か知っていることがあれば、僕や若い選手に教えてくれる」 また、アーセナル移籍を決めた理由の1つはレジェンドであるFWティエリ・アンリ氏の存在が大きいとコメント。ブラジルにいる頃に憧れていたことを明かした。 「僕は若い頃、アンリのおかげでアーセナルを追いかけていた。僕はあまり多くのヨーロッパのチームを追いかけていなかったけど、ここでプレーする選手を何人かを見て、『すごい、このクラブはビッグだ』と感じたんだ」 「アーセナルと対戦した時はエミレーツ・スタジアムだったけど、とても良いスタジアムで、ここでプレーできることに興奮している」 改めてシティと同じリーグのライバルに加入したジェズス。アーセナルでの活躍に意気込み、若手とともに一丸となって戦いたいとした。 「このビッグクラブとサインできてとても嬉しい。アーセナルに加入できることを知った日から、僕は幸せだった。スタッフも知っているし、何人かの選手、ブラジル人選手を知っている」 「トッププレーヤーがたくさんいることも知っている。彼らは若いし、僕もまだ若いから、ここで助けてくれるのはとても嬉しい。僕は助けにも来たし、学んで最善を尽くすために努力する」 「僕たちはみんなで一緒に取り組まなければいけない。何かを勝ち取る方法は、他にはない。ピッチの外で良い関係を築けば、中では自動的に機能する。それが僕の考えだ」 <span class="paragraph-title">【写真】アーセナルに集結したブラジル代表の“ガブリエウ”トリオ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="eu" dir="ltr"><a href="https://t.co/vvew1HTRPb">pic.twitter.com/vvew1HTRPb</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1543925323175268353?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.04 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェズスとの再会にアルテタ監督「私は本当に幸せだ」

アーセナルのミケル・アルテタ監督とスポーツ・ディレクター(SD)のエドゥ氏が、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス獲得を喜んだ。 アーセナルは4日、マンチェスター・シティからジェズスの獲得を発表。長期契約を結んだことが発表されている。 シティで公式戦234試合で95ゴール46アシストを記録したジェズスは、プレミアリーグでは159試合で58ゴール32アシストを記録。ゴールを決めた47試合では一度も負けたことがないという、不敗神話を持っている。 アルテタ監督はシティのアシスタントコーチ時代から知る選手であり、エドゥSDは同郷の選手ということもあり、2人ともに獲得を強く望んでいた中で、見事に獲得に漕ぎ着けることに成功した。 ジェズスの獲得についてエドゥ氏は喜びを露わにしている。 「ガブリエウの移籍をまとめられて嬉しく思う。サッカーをよく知っている人であれば誰でも、ガブリエウ・ジェズスのクオリティを知っているはずだ」 「ガブリエウは我々が長い間高く評価してきた選手だ。彼は25歳で、とても高いレベルの選手であることを一貫して示してきており、ブラジル代表としても確立されている」 「新たなシーズンに先駆けて、彼が新たなチームメイトと合流するのが楽しみだ。我々はみんな、ガブリエウのアーセナル入りを歓迎している」 また、アルテタ監督も喜びを露わに。クラブとして待ち望んだ選手だとした。 「とても興奮している。クラブがこのような偉大な選手を獲得できたということは、とても大変なことだ」 「私はガブリエウを個人的によく知っている。プレミアリーグで活躍し、本当に成功している彼のことは、みんなが知っている」 「我々のレーダーに長い間乗っていたポジションであり、全員が望んでいた選手をなんと獲得することができた。私は本当に幸せだ」 2022.07.04 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

CB陣刷新のユベントス、アーセナルのDFガブリエウ獲得に向けた動きを加速か

ユベントスがアーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)獲得の動きを加速させるようだ。 2021-22シーズンを11年ぶりの無冠で終え、セリエAでも4位と存在感を示せなかったユベントス。チームは過渡期を迎えており、長く守備を支えてきた元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニのほか、FWパウロ・ディバラやMFフェデリコ・ベルナルデスキが退団。オランダ代表DFマタイス・デ・リフトにもチェルシー移籍の可能性がある。 チームがセンターバックの刷新に迫られているなか、イタリア『カルチョメルカート』によると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はかねてより高く評価するアーセナルのガブリエウ獲得を望んでいるようだ。 2020年9月にリールからアーセナルへ加入したガブリエウはミケル・アルテタ監督からの信頼を掴むと、センターバックの主軸として2021-22シーズンはプレミアリーグ35試合に出場。チームこそ終盤の失速でトップ4フィニッシュを逃したが、ガブリエウ自身は安定したパフォーマンスを発揮し評価を高めた。 アーセナルは新シーズンもガブリエウを重要な選手と考えていることから、現時点で売却はまったく望んでおらず、最低でも5000万ユーロ(約70億5000万円)の移籍金を求める構えだという。 ユベントスにとって簡単な交渉ではないものの、アーセナルが現在交渉を進めているアヤックスのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)の獲得を成功させることで、態度を軟化させる可能性に期待している。 一方で、リサンドロ・マルティネスにはマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しており、ここでの交渉の行方がユベントスのガブリエウ獲得の成否に直結するかもしれない。 2022.07.04 17:51 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがシティFWガブリエウ・ジェズスの獲得を発表! 背番号は「9」

アーセナルは1日、マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は長期とだけ発表されている。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば2027年夏までの5年契約、移籍金は4500万ポンド(約73億円)となっている。背番号は「9」をつける。 パウメイラスの下部組織で育ったジェズスは、2017年1月にシティへと完全移籍。5年半在籍し、公式戦234試合で95ゴール46アシストを記録した。 プレミアリーグでは159試合で58ゴール32アシストを記録。ゴールを決めた47試合では一度も負けたことがないという、不敗神話を持っている。 シティではプレミアリーグで4度、EFLカップで4度、FAカップで1度の優勝を経験している。 ミケル・アルテタ監督とは、シティのアシスタントコーチ時代に共に仕事をして以来のサイタッグとなり、元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(バルセロナ)や元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)が去った中で、貴重なストライカーの補強となった。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルが特別ムービーでジェズスの獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlRkdXdUFaRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.07.04 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの今季はアーセナル?ベティス? 他クラブからの関心は低下か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)は、依然として新シーズンの去就が不透明のようだ。 16歳からアーセナルの下部組織で育ち、長らくファーストチームの一員としてプレーしてきたベジェリン。しかし、近年は退団希望が頻繁に伝えられており、昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍していた。 ベティスへの移籍には買い取りオプションが付帯していなかったため、ひとまずはロンドンへと帰還したベジェリン。だが、本人はベティス残留を望み、ベティス側も完全移籍を模索中と見られる中、現時点ではアーセナル残留が最も現実的なシナリオのようだ。 スペイン『アス』によると、アーセナルは2022-23シーズンへ向けたプレシーズン最初の親善試合でイプスウィッチ・タウンと対戦。ベジェリンはキャプテンマークを腕に巻いて前半45分間をプレーし、チームも5-1で勝利していた。 『アス』は、この事実をミケル・アルテタ監督によるメッセージであると指摘しており、ベジェリンの今夏売却を必ずしも前向きに捉えていない可能性が浮上しているという。 ベティスはベジェリン再獲得のための資金作りが困難と以前から報じられ、特に300万ユーロ(約4億2400万円)以上とみられる年俸は支払えない状況。それでも、定位置の被るスペイン人DFマルティン・モントーヤ(31)、DFユスフ・サバリ(29)を放出してでも、なんとかして連れ戻したい思惑があり、諦めることなく希望を持ち続けているようだ。 アトレティコ・マドリーやビジャレアル、ローマなどといった他クラブからの関心は徐々に薄れてきていることが伝えられており、ベジェリンの新シーズンの舞台がアーセナルとベティスのどちらかとなる可能性は非常に高いと考えられている。 2022.07.04 16:19 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly