湘南が入団即スイス行きのFW若月大和の復帰を発表「多くのことを学びました」

2021.12.28 10:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
湘南ベルマーレは28日、スイス・スーパーリーグのシオンに期限付き移籍していたFW若月大和(19)の復帰を発表した。

若月は桐生第一高校から2020年に湘南ベルマーレに入団が内定。しかし、そのまま湘南に所属せず、シオンへと期限付き移籍を果たしていた。

シオンでは公式戦20試合で1得点を記録。今シーズンはスイス・スーパーリーグでの出番はなく、U-21チームとして14試合に出場し2得点を記録していた。

若月はクラブを通じてコメントしている。

「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました若月大和です。2020年1月に湘南ベルマーレからの期限付き移籍でFCSionに行き、2年間プレーしました。スイスでの2年間でたくさんの挑戦をし経験をして、多くのことを学びました。それは自分のサッカー選手としての成長、そして精神面の成長にも繋がったと思います」

「そして来季から湘南ベルマーレでプレーをできることに感謝し、湘南ベルマーレと共に上を目指して頑張りたいと思います。湘南ベルマーレに携わる方々、応援してくれるサポーターの皆さまと共にこれから全力で戦いと思います。よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

札幌が5ゴール圧勝で6試合ぶり白星!! 異なる5人が得点し同勝ち点の湘南を粉砕【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌が7日にレモンガススタジアム平塚で行われ、5-1でアウェイの札幌が大勝を収めた。 同勝ち点「25」で並ぶ両チーム。守備は安定も得点力不足のために3試合勝利から遠ざかっている湘南は、夏に名古屋グランパスから期限付き移籍で加わった阿部が2トップの一角で加入後初先発を飾り、スタメンに名を連ねた杉岡と瀬川がJ1通算100試合出場を達成。今節もウクライナ支援となる黄色ベースの「ひまわりユニフォーム」を着用して臨んだ。 一方の札幌も5試合勝利がない中で、光明は悩ましかった攻撃面で前節に複数得点を挙げたことか。出場停止の菅に代わって左ウイングバックには青木が入り、ケガから戻ってきた小柏が湘南との前回対戦以来、14試合ぶりの出場となった。 取るか落とすかで浮沈に大きく影響するであろう一戦は、9分に札幌が先手を取る。右の高い位置で高橋のパスをルーカス・フェルナンデスがブロックし、こぼれたボールを拾った小柏が縦に持ち運んでからクロス。中央で興梠が守備陣を引き付けて生まれたスペースに駒井が走り込んで右足を振り抜くと、強烈な一撃が左隅に突き刺さった。 バイタルエリアと裏へパスを使い分けて躍動感を見せる札幌の攻撃陣は14分にも追加点を奪取。左サイドから青木が入れた斜めのパスを大野がクリアミスし、高橋のヘディングも小さくなると、競り合いを制した小柏が流れたボールを拾ってボックス右からクロス。GK谷、大野と触れて跳ね返ったボールが興梠のももに当たってラインを割り、屈指のストライカーはJ1通算160得点目を記録した。 劣勢の湘南にはさらなるアクシデント。町野が高嶺とコンタクトしながらボールをコントロールしようとした際、着地時に右足首を痛めて倒れ込むと、飲水タイムを明けても立ち上がれず、担架に乗せられてピッチを後に。大橋との交代を余儀なくされた。 その大橋は40分に右クロスからダイレクトボレーを見せたものの、1分後にネットを揺らしたのはまたしても札幌。左サイドからの斜めのパスをペナルティアーク内で興梠が収めて落とし、走り込んできた宮澤が右足のボレー。杉岡にディフレクションしても勢いは衰えず、GK谷の手も弾いてゴールへ吸い込まれた。 折り返した後半も立ち上がりかエンジン全開の札幌は復帰戦の小柏がボックス右からフィニッシュ。ハーフタイムに2枚替えを行った湘南も中野がアクセントとなり、チャンスを作るも、やはりアウェイチームがスコアを動かす。 69分、投入直後の福森の左CKから舘のマークを振り切った田中が頭で合わせて追加点を奪取すると、その3分後には、Jデビュー戦となったスパチョークが青木のパスに反応して右サイドのスペースを突いて折り返し、青木が蹴り込んで5点差とした。 今季最多となる5失点を喫した湘南も79分に一矢を報いる。中野がDF2枚の間をグラウンダーで通し、阿部がボックス内でワントラップから右足を振り抜いて加入後初ゴールをマーク。以降も大橋や畑が決定機を迎えたものの、次のゴールを生まれず試合終了。異なる5人で5点を奪った札幌が、大勝で6試合ぶりの白星をつかんでいる。 湘南ベルマーレ 1-5 北海道コンサドーレ札幌 【湘南】 阿部浩之(後34) 【札幌】 駒井善成(前9) 興梠慎三(前14) 宮澤裕樹(前41) 田中駿汰(後24) 青木亮太(後27) 2022.08.07 21:04 Sun
twitterfacebook
thumb

今季5度目の対戦は磐田が辛勝!湘南下して暫定ながらも最下位脱出【明治安田J1第23節】

明治安田生命J1リーグ第23節、ジュビロ磐田vs湘南ベルマーレが30日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、1-0でホームの磐田が勝利を収めた。 4連敗で最下位に沈む磐田は、大津とリカルド・グラッサを出場停止で欠く中、中断前のFC東京戦からスタメンを7人変更。GK梶川が古巣相手に加入後リーグ戦初先発を飾り、欧州から復帰した松原はベンチからスタートとなった。 対する湘南は、6戦無敗を継続中。日本代表としてEAFF E-1サッカー選手権を制したGK谷、杉岡、町野がスタメン入りし、茨田が3試合ぶりの先発に。負傷で長期離脱していた岡本も、ベンチ入りを果たした。 YBCルヴァンカップ、天皇杯を合わせて今季5度目の顔合わせとなる両チームの対戦は、磐田から見て1勝1分け2敗。リーグ戦ではゴールレスドローに終わっているが、この日は3バックでスタートした磐田が序盤から攻勢を強める。 開始早々2分に金子のスルーパスからジャーメインが決定機を迎えると、9分にはCKこぼれから松本がミドルを放ち、直後には最終ラインからの1本のパスで黒川にビッグチャンスが到来した。 湘南はこれをGK谷のファインセーブでしのぐと、右からの崩しで低いクロスからファーで茨田。さらに、ボックス手前右で得たFKを町野が直接狙う。 ウイングバックを食いつかせてシンプルにスリーセンターとのスペースを狙う磐田に対し、湘南も飲水タイム明けから右サイドを中心に攻め込む回数を増やすと、敵陣中央右で獲得したFKから杉岡のキックに遠いサイドで町野がヘディングを放った。 41分には町野が反転から鋭い右足フィニッシュを見せたが、磐田のGK梶川も見事な反応を見せると、攻撃陣も奮起。上原が杉岡から高い位置でボールを奪い、金子がボックス右からの好機を迎えた。 ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから両チームともにチャンスを創出。湘南は裏を取った瀬川がボックス左へ持ち運んでニア上を狙い、磐田は上原の右CKから森岡が高い打点のヘッドを放つが、いずれも枠を捉えられず。さらに湘南は強烈ミドルを防いだGK谷から速攻を仕掛け、タリクがファウルをもらって右のハイサイドでFKを獲得すると、杉岡の低空クロスがファーまで流れてタリクが飛び込むが合わせ切れない。 両ベンチも動きを見せる中で、磐田は75分に松原がサックスブルーを着てのデビューを果たし、同時に杉本も投入されると、その杉本が先制点の起点となる。 大森が相手の最終ラインにギャップを生み出し、杉本が右のスペースへ抜け出すと、大野をかわし、さらにはGKを釣り出してボックス右から折り返す。金子がダイレクトで合わせ、一度は舘にカバーされるも、自ら詰めて77分に均衡を破った。 5試合ぶりのゴールで試合を動かした磐田は、終盤の湘南の猛攻もしのぎ切って8試合ぶりのクリーンシートも達成。6試合ぶりの白星で暫定ながらも最下位を抜け出した。 ジュビロ磐田 1-0 湘南ベルマーレ 【磐田】 金子翔太(後32) 2022.07.30 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:磐田vs湘南】代表で躍動の町野は何を見せる!? 最下位・磐田は4連敗ストップへ

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2022年7月30日(土) 18:30キックオフ ジュビロ磐田(18位/19pt) vs 湘南ベルマーレ(12位/25pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆4連続無得点をストップせよ【ジュビロ磐田】 磐田がかなり苦しんでいる。順位は最下位、中断前のリーグ戦は4連敗。さらにその間に行われた天皇杯のラウンド16はJ2の東京ヴェルディに延長の末に敗戦。苦しすぎる状況だ。 特にリーグ戦4試合は無得点での4連敗。アグレッシブで攻撃的なサッカーを見せたかったチームとしては、より苦しさが増している。 この4連敗中は、失点したことでトーンダウン。その後に盛り返すことができないという負のスパイラルに入っており、選手のメンタリティも問題だった。 それを中断期間でどこまで取り戻せたのかは不明だが、そこが戻ってこなければ苦しい戦いは続くだろう。前線の駒不足もある中で、どうゴールを奪うか。ポイントはそこ以外ない。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:森岡陸、大井健太郎、大井健太郎 MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、上原力也、小川大貴 MF:金子翔太、大森晃太郎 FW:ジャーメイン良 監督:伊藤彰 ◆上昇気流はまだ続くのか【湘南ベルマーレ】 苦しいシーズンを戦っていた湘南だったが、後半戦は5戦無敗。前半戦ラストゲームから6試合負けていない。 その間の失点はわずかに「1」。3勝3分けと勝ちきれていない試合もあるが、チームが上向いていることは間違いない。 その中でさらに上位に食い込むには、この中断明けの戦いが重要に。違いを見せていきたいところだ。 初の日本代表で3ゴールを記録した町野修斗は何をもたらすか。リーグ戦から代表と調子を落としていないだけに、やはりカギを握ることは間違いないだろう。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大野一成、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、中野嘉大 MF:池田昌生、阿部浩之 FW:大橋祐紀、町野修斗 監督:山口智 2022.07.30 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.110】欧州関係者が「E-1最大の収穫」と認めた大型FW。近未来の代表1トップへ飛躍を!/町野修斗(湘南ベルマーレ/FW)

「この(EAFF)E-1選手権は集まった時からチームとして優勝を目指していたので、まず目標を達成できたこと、そして、個人としての3ゴールとしての目標を達成したことを嬉しく思っています」 27日に豊田で行われた韓国との優勝決定戦。この大一番でダメ押しとなる3点目をゲットし、3-0の勝利とタイトル獲得の原動力となった町野修斗(湘南)は安堵感を吐露した。 後半27分のゴールシーンは藤田譲瑠チマ、西村拓真、小池龍太という横浜F・マリノス勢の連携から右サイドを攻略する形から生まれたもの。最前線に飛び込んだ町野は押し込むだけでよかったが、「『中で待っているからね』とリュウ君と話をしていたので、狙い通りのゴールだった」と意思疎通を重ねた成果だったことを明かした。 年代別代表経験ゼロのストライカーが短期間でここまでの適応力を発揮するとは、森保一監督も驚いたに違いない。今季開幕時点では全くの無印だった男が、4カ月後に迫った2022年カタールワールドカップ(W杯)への挑戦権を得たのは確かだろう。 新星FWの経歴を改めて振り返ってみると、99年生まれの町野は三重県伊賀市出身。中学生までは地元のクラブチームに所属し、大阪・履正社高校へ。林大地(シント=トロイデン)や田中駿汰(札幌)は2つ上の先輩に当たる。そういう環境の中で1年から試合に出場。横浜のスカウトの目に留まり、2018年にはマリノス入りを果たした。 しかしながら、ウーゴ・ヴィエイラらがひしめく名門で18歳の大型FWが出番を得られるほど甘くない。案の定、リーグ戦出場ゼロに終わり、2019年にはJ3のギラヴァンツ北九州へレンタルに赴く。そこで町野を鍛えたのが、小林伸二監督(現SD)だ。 「J3へ移籍した時には『見返してやる』っていう気持ちでした。基本的な走るところだったり、戦うところ、攻守の切り替えをかなり積み上げることができた」と本人も言うように、原点回帰を図れたのが大きかった。 1年目はJ3で8ゴールを挙げてJ2昇格に貢献し、2年目の2020年はJ2で7ゴールと着実に実績を残すことに成功。その活躍に目を付けた湘南ベルマーレが獲得オファーを出す。かつて自身も点取屋だった坂本紘司強化部長も壮大なスケールとポテンシャルを感じ取ったからこそ、補強に踏み切ったのだろう。 2021年から完全移籍でJ1参戦を果たした町野。しかしながら、湘南での1年目は4ゴールと突出した結果は残せなかった。チーム内でもウェリントン、大橋祐紀らと横一線の状況で、スタメンに定着できたとは言い難かった。 その序列は今季開幕前も同じ。「今季J1・5位」という大目標を掲げた湘南にしてみれば、誰が得点源になるのかは最重要テーマに他ならなかった。山口智監督も当初は新戦力の瀬川祐輔やウェリントン、大橋らを使い回しながら打開策を探っていたが、町野は開幕2戦目のサガン鳥栖戦、4節目の京都サンガ戦でゴール。一歩リードし始めた。 流れに拍車がかかったのが、5月21日のヴィッセル神戸戦だ。アンドレス・イニエスタが最後の最後に直接FKを決めながら認められず、主審に詰め寄った乱戦で、町野は2ゴールをゲット。勝利請負人として大仕事を果たす。続く5月25日の川崎フロンターレ戦でも2発を叩き出し、一気に勢いに乗った。その後、FC東京や京都からもゴールし、6月末時点では8ゴール。E-1選出が有力視されるところまで急浮上した。 ところが、7月2日の名古屋グランパス戦の終了間際に右足首負傷。松葉杖をついて帰る羽目になり、代表入りに黄信号が灯った。森保監督も「1トップの選考が難しくなった」とコメントするなど、動向が懸念された。が、ケガは軽傷で済み、すぐに公式戦に復帰。今回のE-1でのブレイクにつなげた。 このように町野は要所要素で運にも恵まれ、「ポスト大迫勇也(神戸)最右翼」というポジションを勝ち得るところまで来たのである。 「E-1は東アジアの大会。世界基準で見るとどうしてもレベル的には落ちるが、その中で今後への大きな可能性を示したのは町野だ。185センチの長身でスピードと技術があり、いろんな仕事をこなせるし、今後が楽しみ」と欧州在住の日本人関係者も高く評価。2022年シーズン終了後の海外移籍の可能性も出てきたと言っていい。 ただ、その前にカタールW杯があることを忘れてはいけない。森保監督も「9月の欧州遠征にE-1組の何人かを連れていきたい」という意向を示しており、MVPの相馬勇紀(名古屋)や町野は有力候補ということになる。 22歳の大型FWが限られた枠に本当に食い込もうと思うなら、7月30日のジュビロ磐田戦から再開されるJ1でさらなる結果を残すことが肝要だ。もちろん大迫のコンディション次第という部分もあるが、彼がコンスタントにゴールを奪い、名実ともにJリーグトップの地位を勝ち得れば、大舞台への道が開けてこないとも限らないのだ。 「優勝はもう過去の話。Jリーグで自分が持ち味を出してチームを勝利に導くことが、W杯や代表招集につながってくる」と本人もギラギラした野心を押し出している。そういう部分は非常に頼もしい。ここから劇的な成長曲線を描くことを大いに期待したい。<hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.07.30 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

有言実行の3ゴール! 町野修斗は前を見続ける「明日の練習から全力でW杯にアピール」

日本代表のFW町野修斗(湘南ベルマーレ)が、EAFF E-1サッカー選手権の優勝を喜んだ。 27日、E-1サッカー選手権の最終戦で日本は韓国代表と対戦。ここまで1勝1分けの日本は、2連勝の韓国に勝利しなければ優勝はない状況。大会4連覇を目指す相手には、初戦の香港代表戦のメンバーを中心に送り出した。 先発した町野は1分も経たずにあわやという強烈なオープニングシュートを放ったが、これは相手GKがセーブ。試合後に町野は「立ち上がりのシュートは決めたかった」と、この一髪を決めたかったとした。 惜しいシュートから入った日本。その後も押し込み、ゴールに迫るシーンはあったが得点は奪えない。第2戦の中国代表戦ではそのまま90分を終えてしまっただけに、焦りも見えそうな中、韓国にカウンターで攻められる部分でもしっかりと対処。前半をゴールレスで終えたが、後半に3ゴールを記録。3-0で勝利を収め、逆転で優勝を達成。韓国の4連覇を阻み、4大会ぶりの優勝を成し遂げた。 町野はこの試合で3点目を記録。横浜FMの選手が繋いだボールを最後押し込んだ。得点シーンについては「試合前から右サイドはマリノスの選手が多くて、ニアゾーンというか、龍くん(小池龍太)が受けた位置を取るのが特徴だと話していて、中で待っているという話も試合前にしていました」と、打ち合わせしていた形でもあると語り、「思い通り、狙い通りのゴールだったと思っています」と、狙った形からのゴールになったとした。 その町野は大会前に「3点取りたい」と目標を掲げていた。初戦の香港戦で2ゴールを記録していた中、この試合で1ゴールを記録し有言実行。宣言通りの結果に「有言実行することができて嬉しかったです」と喜んだ。 チームとしての連係も上がっていた中、この韓国戦については「足元に強く来るというのが韓国の分析であって、背後に抜け出そうというのが前日からトライしていたところで、そこを要求できていました」と語り、「チームとしてのクオリティはかなり上げられたと思います」と、分析した結果をピッチでも出せたとコメント。ただ、負ければバッシングを受けるというプレッシャーのある中での試合だったが、「勝たなければいけない状況だったので、気持ちの面も体の面もキックオフに向けて高まっていくような感じでした」と語り、しっかりと準備ができた状態で臨めていたと丹下。 香港戦よりも余裕のあるプレーが見えた町野。「自信はかなり持ってやれましたし、僕が決めて勝つというイメージがかなりできていたので、それが自信になったと思います」と、ポストプレーや繋ぎのところ、背後への動きと、自信があったという。 優勝した点については「このE1選手権は集まった当初から目標は優勝だったので、まずは優勝できたこと、個人の目標も3ゴールで、目標を達成できたことは嬉しく思っています」と2つの目標達成を喜ぶ結果に。かつてはJ3でのプレーも経験した中で、日本代表で3ゴールを記録するまでに成長したが、「基本的な走るところ、戦うところ、攻守の切り替えであったりは北九州の時に積み上げてきたものですし、それをもう一段階レベルアップしたのが湘南という感じです」と、これまで在籍したクラブで積み上げた成果だとした。 この先に目指すのはカタール・ワールドカップ(W杯)となるが「優勝は過去というか、次のJリーグで自分の持ち味を出して勝利に導くことが、ワールドカップであったり、代表の招集につながると思うので、明日の練習から全力でワールドカップへのアピールに向けて頑張っていきたいですし、やらなければいけないこともたくさんE-1で見つかったので、トライしていきたいと思います」と、すでに気持ちを切り替え、前を見て進んでいく町野。日本の前線に新たな風を吹かせてくれそうな予感もある。 <span class="paragraph-title">【動画】横浜FMのホットライン開通で最後は湘南・町野修斗!忍者ポーズも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/RJIKqTjpym">https://t.co/RJIKqTjpym</a> <a href="https://t.co/iTKR872t1Q">pic.twitter.com/iTKR872t1Q</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1552261248469053442?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.28 00:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly