神戸FW田中順也がモデル妻の誕生日&結婚記念日に祝福と感謝のメッセージ「今後もお互い支え合って過ごしましょう!!」

2021.12.23 19:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】8回目の結婚記念日を迎えた田中順也宇井愛美さんのツーショット





1 2

関連ニュース
thumb

福岡CB奈良竜樹が契約更新 来季で移籍3年目に

アビスパ福岡は1日、DF奈良竜樹(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 奈良はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)のアカデミー出身で、トップチームに昇格。FC東京、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズを渡り歩き、2021年から福岡に加入した。 移籍1年目から主力センターバックになると、シーズン終了後の完全移籍移行が決定。そうして迎えた今季は明治安田生命J1リーグ22試合のほか、ルヴァンカップでも2試合に出場した。 2022.12.01 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、柏のDF北爪健吾を完全移籍で獲得!「自分の持っている全てを懸けたい」

清水エスパルスは1日、柏レイソルからDF北爪健吾(30)の完全移籍加入を発表した。 群馬県出身の北爪は、専修大学から2015年に加入したジェフユナイテッド千葉でプロデビュー。その後、横浜FCを経て2020年に柏へ加入すると、初年度から主力の一人として定着し、明治安田生命J1リーグで23試合に出場した。 しかし、昨シーズンは公式戦13試合の出場にとどまるなど序列が低下。巻き返しを図り臨んだ今シーズンもリーグ戦わずか8試合の出場に終わった。 3年間を過ごした柏を離れ、清水で新たなチャレンジに挑む決断を下した北爪。両クラブを通じてファンへの感謝や新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆清水エスパルス 「はじめまして北爪健吾です。学生の時に続き、2回目のオファーをいただいたことは選手としてこれ以上ない喜びです。同時にこのチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました。チームのJ2優勝、J1昇格をエスパルスに関わる皆様と達成することがとても楽しみです。これからよろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「3年間ありがとうございました。レイソルサポーターのみなさんにはコロナ禍の中でも改めてサッカー選手である喜びを感じさせてもらい、たくさん後押しをしていただき感謝しています」 「日立台で決めたJ1初ゴールは一生忘れません。もう一緒に戦うことができないと思うととても寂しいですが、結果がすべての世界です。清水エスパルスで更に成長し、対戦相手として日立台に戻ってきます。忘れられない3年間を本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:48 Thu
twitterfacebook
thumb

J1王者の横浜FMが大分の“ハマっ子”井上健太を獲得! 「『あいつは大分が育てた!』と誇ってもらえるように」

横浜F・マリノスは1日、大分トリニータからMF井上健太(24)の完全移籍加入を発表した。 井上は神奈川県生まれで、福岡大学を経由して2021年に大分でプロ入り。大学在学中の2020年から特別指定選手として大分でプレーするスピードが持ち味のアタッカーで、今季は明治安田生命J2リーグで34試合出場1得点の数字を収めたほか、ルヴァンカップでも6試合でプレーした。 来季から地元クラブで、しかもJ1王者でプレーする井上。クラブを通じて意気込みを語っている。 「大分トリニータから加入しました井上健太です。横浜市出身のハマっ子です。小学生の頃、よく母親と日産スタジアムに足を運んでいました。ファン・サポーターの大きな声援やピッチで躍動する選手の姿を見て、自分もプロサッカー選手になりたいと夢を持ちました。憧れのクラブ、横浜という街に自分らしく全力で貢献したいと思います。マリノスファミリーの皆さまよろしくお願いします」 一方、大分を通じては「大分トリニータに関わる全ての皆様へ」と題して、別れの挨拶をした。 「この度、横浜F・マリノスへ移籍することになりました。日の目も見なかった大学生の自分にこの世界に手を差し伸べてくれた西山GM、上本スカウト、本当にありがとうございました。トリニータでは、悔しいこと、嬉しいこと、仲間と勝利を分かち合えたこと、沢山の経験をさせてもらいました。全ての経験が幸せだったと感じています」 「J2に降格し、1年でのJ1復帰を成し遂げられなかったことは、大変申し訳ないと思っており僕の唯一の心残りです。共に戦う仲間達(サポーター)には、いつも迫力ある応援をしてもらい、『ここまで歯を食いしばってサッカーをしてきてよかった』と、心の底から毎試合思うことができました。本当にありがとうございました」 「そんな皆様に『あいつは大分が育てた!』と誇ってもらえるように自分の決断を信じて突き進んでいきたいと思います! 別れは悲しいですが、大分県民の温かさ、温泉、美味しいご飯、大分トリニータ、全てが大好きです!」 2022.12.01 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京、岡山の守備支えたDF徳元悠平を完全移籍で獲得「念願のJ1リーグ優勝のために全力を尽くします」

FC東京は1日、ファジアーノ岡山のDF徳元悠平(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 沖縄県出身の徳元は、那覇西高校から城西国際大学へと進学。2018年にFC琉球に入団した。 J3からスタートしたプロキャリアは、1年目からリーグ戦31試合に出場し2得点を記録。チームのJ3優勝&J2昇格に貢献すると、2年目はJ2で35試合に出場。2020年に岡山へ完全移籍した。 岡山でも主軸を張り、3シーズン連続でリーグ戦30試合以上出場。今季も31試合に出場し1得点を記録し、チームの3位フィニッシュに貢献していた。岡山での通算成績はJ2で106試合3得点、天皇杯で2試合出場だった。 ついにJ1の舞台にステップアップした徳元は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「このたび、ファジアーノ岡山から加入することになりました徳元悠平です。念願のJ1リーグ優勝のために全力を尽くします」 「ファン・サポーターのみなさんとお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、FC東京に移籍することになりました。3シーズン、どんな時もともに戦ってくださったファジアーノ岡山に関わる全ての方々に感謝します」 「岡山で培ったことを存分に発揮し、FC東京で頑張ります!!本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:08 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南、立正大DF吉田新の来季加入内定を発表! 「湘南を代表するような選手に」

湘南ベルマーレは1日、立正大学からDF吉田新(22)の来季加入内定を発表した。 千葉県出身の吉田はジュニアユース時代から柏レイソルの下部組織に所属。トップチームに昇格せず、2019年に立正大学へ進学した。 クラブは選手の特徴として「左足から繰り出される高い精度のキックが武器。また運動量が豊富で攻守においてタフに戦える選手」と紹介している。 来季からプロキャリアをスタートさせることになった吉田はクラブを通じて関係者への感謝を語りつつ、夢の実現を喜んだ。 「この度、2023年シーズンから湘南ベルマーレに加入することになりました吉田新です。プロサッカー選手は幼い頃からの夢であり、湘南ベルマーレという歴史と伝統のある素晴らしいクラブでプロのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「いつも支えて下さった指導者の方々、また両親、仲間には感謝の気持ちでいっぱいです。特に祖父には小さい頃からサッカーの練習の送迎をしてもらい、いつも励ましてもらっていました。今も87歳でゴルフをしている姿には勇気づけられています。その祖父に、湘南のピッチに立つ姿を見せ笑顔を届けるためにも、精一杯努力し、湘南を代表するような選手になれるよう頑張ります」 「自分は左足のキックを武器としているのでその技術を活かしてベルマーレの力となり、サポーターの皆さまと勝利のダンスを踊りたいです。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」 2022.12.01 11:42 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly