12年ぶりJ1昇格の京都、ロゴ入りの特別仕様のスマホを発売! ステンレスボトルも

2021.12.20 20:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は20日、J1昇格記念として、クラブ仕様のスマートフォン発売を発表した。

京都は、曺貴裁監督の下、今シーズンの明治安田生命J2リーグで常に上位を争うと、シーズン終盤までジュビロ磐田との優勝争いを繰り広げ、最終的には2位でフィニッシュ。12年ぶりのJ1昇格を決めた。

新シーズンは2011年以来のJ1で戦う京都だが、クラブオフィシャルスポンサーである京セラ株式会社が、オリジナル商品『京セラ製オリジナルスマートフォン「DIGNO® SANGA edition」』および『CERAMUG ボトル』の発売を決定した。

京都サンガF.C.J1昇格記念オリジナルモデル「DIGNO® SANGA edition」はSIMフリーかつ、5G対応端末。端末のデザインには京都サンガF.C.のイメージカラーであるパープルを採用し、それぞれのロゴをあしらった計3種類が用意されている。

さらに、オリジナルパッケージや、壁紙、起動アニメーション、アプリをプリインストールしており、京都サンガF.C.のコンテンツを楽しむことができる。価格は6万500円(税込)。

また、『CERAMUG ボトル』は、「いつでもどこでも“おいしい”一杯」がコンセプト。その中でもポーチやポケットに入るコ ンパクトサイズ(180ml)に、京都サンガ F.C.のエンブレムと昇格スローガン「WE HAVE DONE」、J1昇格を決めた日付(2021.11.28)を印字したオリジナルデザインのマグボトルとなっている。

ステンレスボトルの内面に施したセラミック塗膜加工により、スポーツ飲料にも安心してご使用いただけます。また、真空二重構造で冷たい飲み物も温かい飲み物も長時間、おいしい温度を保ちます。今回の京都サンガF.C.のJ1オリジナルデザインでは、ホワイト、ブラックの2色展開となっている。



1 2

関連ニュース
thumb

PO進出の8チームが決定! 前回王者の名古屋も突破、京都と対戦《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。 Aグループでは、第5節終了時点で鹿島とC大阪の突破が決定していた。最終節の注目は首位と2位の行方に絞られていたが、鹿島がG大阪に3発快勝を収めた一方、C大阪は大分と点の取り合いとなり、追いつかれる形で3-3のドロー決着。首位通過は鹿島となった。 ◆Aグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 Bグループは第5節までに4勝を挙げた広島が一抜けした状況で最終節を迎えた。勝てば自力での突破が決まる名古屋は、アウェイで徳島と対戦。立ち上がりの10分に吉田温紀のヘディングシュートで先制すると、前半のアディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から阿部にゴールが生まれ追加点。 このまま逃げ切った名古屋の2位通過が決定。3位で突破の可能性を残していた清水は無念にも敗退が決まったが、ホームで広島相手に2-1で勝利を収め、日本平に今季初白星を飾った。 ◆Bグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島 12pt/+8 2:名古屋グランパス 10pt/+2 3:清水エスパルス 8pt/-2 4:徳島ヴォルティス 4pt/-8 全チームに突破の可能性が残されていたCグループは、京都と札幌がそれぞれ首位と2位で通過した。第5節終了時点で3位につけていた京都は、アウェイで柏と対戦。互いに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えたこともあり、前半は見どころの少ない内容となったが、京都は後半から積極的に選手を入れ替える作戦に出る。 すると73分に荒木のアシストから大前のゴールが決まり、京都が先制。後半の途中投入された2人が活躍する見事な采配ぶりを見せたチョウ・キジェ監督の京都が、首位通過となった。また、札幌はホームで鳥栖と引き分けたものの、2位をキープする形でプレーオフへ進むこととなった。 ◆Cグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C. 10pt/-3 2:北海道コンサドーレ札幌 8pt/+2 3:柏レイソル 8pt/+1 4:サガン鳥栖 6pt/0 Dグループでは、引き分け以上で突破が決まる湘南がホームに磐田を迎え、池田のゴールで1-0の勝利。一方、首位で最終節を迎えた福岡が、敗退が決定済みのFC東京とゴールレスドローに終わったため、湘南が首位、福岡が2位という最終順位となった。 ◆Dグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 そして、準々決勝進出をかけたプレーオフの組み合わせは以下の通りに。ホーム&アウェー方式で6月4日と11日に行われる。 ★プレーオフステージ 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 京都サンガF.C. vs 名古屋グランパス 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪 2022.05.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

指揮官の采配光った京都が柏を下して首位突破! 札幌も逆転でPOへ【ルヴァンカップ・グループC最終節】

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループCでは、京都と札幌が突破を決めている。 互いに勝てば突破が決まる首位の柏と2位の京都が三協フロンテア柏スタジアムで激突。両チームともに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えた中、なかなか精度が上がらずゴール前に侵入する場面は訪れない。 その中で30分、アウェイの京都は中野がボックス手前でパスを受け、相手をかわしてフィニッシュに持ち込む。両チーム通じて前半でこれが最もゴールに近づいたプレーだったが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 前半の戦いを見て、互いにハーフタイムで策を講じることに。柏は加藤と落合の2人の大卒ルーキーを下げて椎橋と森を投入。京都は山﨑に代えてイスマイラをピッチに送った。 京都はさらに、57分に中野を下げて福岡、67分には3人交代に打って出る大胆な作戦を実行。早くも交代枠を全て使い切ったが、これが奏功する。 73分、途中出場の荒木が左サイドでボールを持ち、そのままドリブルで前進。ボックス手前まで運んだところで中央へ横パスを送ると、同じく途中出場の大前がボックス手前から右足のシュートを流し込んだ。 その後は互いに決定機なく試合は推移。結局、大前のゴールが決勝点となって京都が勝利。首位でのグループ突破を決めた。 一方の札幌vs鳥栖は、終盤に札幌は中村のJリーグ初ゴール、鳥栖は移籍後初出場となった西川のゴールで痛み分けに。この結果、札幌は勝ち点8で柏と並ぶことになったが、当該成績で上回り、2位で突破することになった。 ◆順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C.(10pt/-3) 2:北海道コンサドーレ札幌(8pt/+2) 3:柏レイソル(8pt/+1) 4:サガン鳥栖(6pt/0) 2022.05.18 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

「年齢というのはただの数字」 J1リーグの4月MVPに京都FWピーター・ウタカが輝く

Jリーグは17日、4月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは京都サンガF.C.のFWピーター・ウタカが選ばれ、4月の5試合で4ゴールをマーク。ここまで鹿島アントラーズのFW上田綺世と並ぶ8ゴールを決め、得点ランキングのトップに立つ。 38歳という年齢を感じさせない活躍で久々のJ1リーグとなるチームを牽引する2016年のJ1得点王は自身初の月間MVP受賞にあたり、喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「今回、このような賞を受賞できたことを本当に光栄に思います。この賞は自分だけでは受賞できなかったものでした。コーチングスタッフやチームメイト、ファン・サポーターの皆さま、そして一番は奥さんに感謝したいです」 「皆さんがいたからこそ、受賞できたと思いますので、本当に皆さんのことを誇りに思います。自分にリミットはないということ、年齢というのはただの数字で、自分が何ができるかということを魅せていきたいと思いますので、これからも熱いサポートをよろしくお願いします」 なお、J2リーグからは4月に3ゴールを記録したベガルタ仙台のMF氣田亮真が初受賞。J3リーグからは4ゴールをマークした松本山雅FCのFW横山歩夢がこちらも初受賞を果たしている。 2022.05.17 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

両守護神の活躍で京都vs清水はゴールレスの引き分けに【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、京都サンガF.C.vs清水エスパルスが14日にサンガスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 10位の京都(勝ち点16)と14位の清水(勝ち点12)の一戦。京都は4月の5試合は3勝1分け1敗の好成績を残したものの、同月最後のリーグ戦となったアビスパ福岡戦からここ3試合は1分け2敗。前節は未だホーム無敗を誇る札幌の本拠地で1-0の惜敗を喫した。 対するは、前々節の湘南ベルマーレ戦で今季2勝目を挙げた清水。その日は6分間で3得点と攻撃陣が爆発したが、前節の川崎フロンターレ戦はホームで0-2の完敗。再びリスタートを強いられることになった。 試合は序盤から互いに次々と決定機を作り出す白熱の展開となる。まずは2分、清水は敵陣でボールをロストしたところを素早く奪い返し、宮本が鈴木唯人とのワンツーでボックス手前からミドルシュートを放つ。 これはGK上福元の正面に飛んで事なきを得た京都は8分、敵陣での宮吉のパスカットからウタカがボックス右に侵攻。シュートを打てればという場面だったが、ここはホナウドの対応に遭う。それでも11分には、左サイドからのクロスを武富が頭で合わせて決定機を演出する。 一進一退の攻防はまだ続く。19分、今度は清水の鈴木唯人が左サイドを突破しクロスを上げると、相手に当たってこぼれたところを白崎が素早くシュート。これはDFにブロックされ、そのセカンドボールを今季初先発のカルリーニョス・ジュニオが拾いゴールを狙うも、ここもDFに跳ね返された。 あと一歩まで迫りながらも、肝心のゴールには至らない両チーム。京都は26分のウタカのシュートはGKの正面に。38分には高い位置でボールを奪ったウタカが持ち上がり、最後は武富がボックス右からシュートを放ったが、これもGK権田の正面に飛ばしてしまった。 後半はよりタイトな内容となり、互いに前半ほどゴールに近づくことはできなくなる。それでも清水は55分過ぎにチアゴ・サンタナが立て続けにシュートシーンを迎えるなど、少ないながらもチャンスを迎えていく。 一方の京都は、75分にウタカがシュートを放つも大きく枠を外れる。後半アディショナルタイムには、自陣でのボール奪取から前線のウタカが起点となり、山田にビッグチャンス。だが、ウタカの横パスを受けてボックス右に侵入するも、丁寧にコースを狙ったシュートはGK権田の守備範囲だった。 清水もラストプレーで途中出場の神谷がミドルシュートを狙ったが、京都もGK上福元がしっかりセーブ。この両守護神の活躍もあり、試合は最後までゴールが生まれず0-0の引き分けに終わった。 京都サンガF.C. 0-0 清水エスパルス 2022.05.14 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌が高嶺のヘディング弾で京都下す、今季ホーム無敗を継続【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、北海道コンサドーレ札幌vs京都サンガF.C.が7日に札幌ドームで行われ、1-0で札幌が勝利した。 前節はガンバ大阪を相手にゴールレスドローに終わるも、直近4試合無敗となった札幌。ペドロヴィッチ監督にとってJ1通算500試合目のメモリアルマッチとなる今節は、3バックの一角として岡村が第5節のセレッソ大阪戦以来、今季2度目の先発となった。 対する京都は、前節の名古屋グランパス戦でウタカのリーグトップとなる今季8ゴール目が生まれるも、1-1のドロー。3試合ぶりの勝利を目指す一戦に向けては、第6節のヴィッセル神戸戦で負傷していた宮吉がスタメンで復帰した。 試合は序盤から両チームがアグレッシブな展開を見せる中、最初にチャンスを作ったのはホームの札幌。3分に福森の縦パスをボックス手前中央で受けた金子がドリブルでゴール前に持ち込み、切り返しから左足でシュートを放つも、相手DFにブロックに遭う。 一方の京都は7分、右サイド浅い位置でボールを持った白井が切り返しで相手をかわして左足でクロスを上げる。これに中央で待っていた松田が頭で合わせたが、ループ気味の軌道となったヘディングシュートはクロスバーに弾かれた。 アウェイチームは17分にもシュートシーン。敵陣でのパス交換から最後は宮吉とのワンツーで抜け出したウタカがボックス中央からシュートを放つも、相手GKにキャッチされる。 前半アディショナルタイムには札幌がボックス手前左の位置でFKを獲得。名手の福森がキッカーを務めたが、ゴール左上隅を狙ったシュートはわずかに左に逸れた。 試合を折り返して、札幌は後半立ち上がりに決定機を迎える。48分、岡村の縦パスをハーフウェーライン付近で金子がワンタッチで落とすと、DFラインの裏に抜け出したのは青木。ドリブルでボックス内に持ち込み、相手GKとの1対1の局面を迎えたが、右足で放ったシュートは枠の左に飛ぶ。 そして52分、札幌は右CKの場面から試合を動かす。キッカーの福森が左足で鋭いクロスを供給し、ニアサイドに飛び込んだ高嶺がヘディングシュート。叩きつけられたボールは見事にゴール右に決まり、札幌が先制点を奪った。 先制を許した京都は63分、右サイドに開いてボールを受けた白井がボックス手前中央へパスを供給。後半から途中出場の山田がこれを受け、前を向いて左足を振り抜くも、わずかに枠の左上に外れる。 是が非でも追いつきたい京都は、終盤に支配率を高めて攻勢を強める。しかし、札幌も集中した守りを見せ、決定機を相手に作らせない。 結局、試合は1-0でタイムアップを迎え、最後まで先制点を守り抜いた札幌が完封勝利。上位進出への足掛かりとなる3ポイント獲得に加えて、今季のホームでの無敗を継続させた。 北海道コンサドーレ札幌 1-0 京都サンガF.C. 【札幌】 高嶺朋樹(後7) 2022.05.07 18:19 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly