長谷部&鎌田先発のフランクフルト、シャットアウト勝利で3連勝《ブンデスリーガ》

2021.12.19 01:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第17節でマインツをホームに迎え、1-0で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は85分までプレーし、DF長谷部誠はフル出場している。

前節ボルシアMG戦を鎌田の決勝ゴールで勝利した7位フランクフルト(勝ち点24)は、鎌田と長谷部が揃って先発となった。

6位マインツ(勝ち点24)に対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が2シャドーの一角で、長谷部が3バックの中央でスタートとなった。

そのフランクフルトがボールを握る立ち上がりとなった中、9分にCKの流れからエンディカが際どいヘディングシュートを浴びせると、13分にはチャンドラーがGK強襲のシュートを放っていく。

そして35分、フランクフルトが押し切る。ボレが独走し、GKを引き付けてラストパス。最後はリンドストロームが押し込んだ。

フランクフルトが1点をリードして迎えた後半も主導権を握って時間を進めていく。

すると67分には追加点のチャンス。リンドストロームのスルーパスに抜け出したボックス右のボレがシュート。だが、GKの守備範囲だった。

その後も危なげなく試合を運んだフランクフルトは90分のピンチをGKトラップが防いでシャットアウト勝利。リーグ戦3連勝として前半戦を終えている。



関連ニュース
thumb

トッテナムがEL制覇の鎌田大地に本気か? 加入となれば冨安健洋とのノースロンドン・ダービーも

フランクフルトの一員としてヨーロッパリーグ(EL)の優勝に貢献した日本代表MF鎌田大地(25)だが、トッテナムが今夏の補強候補にあげているようだ。 今シーズンはアントニオ・コンテ監督に率いられて戦っているトッテナム。プレミアリーグは残り1試合となった中、難しいと見られていたトップ4フィニッシュが現実のものとなりそうだ。 崖っぷちの状態で臨んだ4位アーセナルとのノースロンドン・ダービーを3-0で完勝すると、アーセナルがニューカッスルに敗れて自滅。この2試合で4位に浮上し、最終節は自力での4位フィニッシュが見えている状況だ。 ELを制したフランクフルトは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得。しかし、トッテナムもCL出場権を獲得できれば、その点で不利になることはなくなる。 コンテ監督と、マネージング・ディレクター(MD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、現金を支払れば鎌田を獲得候補に入れていると、ドイツ『Sport Bild』が報道。セビージャも獲得を目指しているといい、牽制しているようだ。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと加入した鎌田は、当初は出番をもらえず苦戦。2018年8月にシント=トロイデンへとレンタル移籍すると、公式戦36試合で16ゴール9アシストの活躍を見せて復帰した。 それ以降は攻撃の軸としてプレー。今シーズンもブンデスリーガで32試合4ゴール3アシスト、ELでも全13試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残して優勝に貢献。フランクフルト通算では132試合で24ゴール27アシストを記録している。 フランクフルトとの契約は2023年夏までとなっているが、契約延長の可能性がある一方で、今夏の退団も考えられる1人となっている。 イギリス『HITC』によれば、昨夏もトッテナムは興味を示したものの具体的な動きはなし。ただ、コンテ監督が採用している[4-3-3]のシステムにおいて、攻撃的なクリエイティブさを発揮できると見られており、[3-4-3]でも問題なくプレーできると見られている。 また、今季のELではバルセロナやウェストハムといった強豪クラブ相手にも存在感を示し、特にウェストハム戦のパフォーマンスに感銘を受けたのではないかと予想されている。 加えて、ライバルであったアーセナルが昨夏獲得したDF冨安健洋が高いパフォーマンスを示し、獲得を考慮していたトッテナムとしても、日本人選手の能力に疑いはないはず。得点王に近い韓国代表FWソン・フンミンとともに、アジア人コンビでトッテナムの攻撃を牽引するのだろうか。加入となれば、日本人同士の“ノースロンドン・ダービー”にも注目が集まる。 2022.05.19 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

EL決勝で唯一PK失敗のラムジーに同情の声も厳しい声も…識者のなかで見解割れる

レンジャーズに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジーのPK失敗を巡り、識者のなかでも意見が分かれているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 レンジャーズは18日にスペインのセビージャでヨーロッパリーグ決勝のフランクフルト戦に臨み、57分に先制したが、69分に失点。延長戦を経てのPK戦で力尽き、あと一歩のところで優勝を逃した。 そのPK戦で両軍の明暗を分けたのがともに全員が成功して迎えた先行レンジャーズの4人目。ラムジーの右足キックはゴールの真正面を突いたが、ドイツ代表GKケビン・トラップの左足に弾かれた。 コースの甘さも否めないものだったが、イギリス『BT Sport』に出演したアリー・マコイスト氏とケニー・ミラー氏のレンジャーズOB勢は「いつだって罪をかぶる者がいるもの」、「ミスをする者は必ずいる」などと同情した。 だが、現役時代にチェルシーなどでプレーした元スコットランド代表のパット・ネビン氏はイギリス『BBC Radio 5 Live』で「拷問だ。カップ戦の決勝で負けるのは常に拷問だよ」とラムジーに厳しい意見を飛ばしている。 「彼らは試合が進むにつれ、調子を上げていき、(優勝を)本当に信じていた。ラムジーを除けば、PKの水準は驚くほど高かった。彼はこのことを一生背負って生きていかなければならない。チャンスだった。彼らは悔やむだろう」 PK戦も想定して118分から出場したものの、キッカーのなかで唯一失敗のラムジー。レンジャーズにはユベントスからのローンで今冬から所属しているが、ここでもケガなどに苦しみ、思うような活躍ができていない。 2022.05.19 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「世界最高のGKの1人」EL優勝の立役者、GKトラップをドイツ代表OBが絶賛「ビッグクラブで活躍できる」

ドイツ代表のレジェンドでもあるローター・マテウス氏が、フランクフルトの2選手を絶賛した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝のフランクフルトvsウェストハムが行われた。 試合は互いに点を取り合い、1-1で迎えた中、延長戦でも決着がつかずPK戦へ。そのPK戦では、GKケビン・トラップがアーロン・ラムジーのシュートをセーブ。そのまま5-4でフランクフルトが優勝した。 前身のUEFAカップ時代以来、2度目の優勝を果たしたフランクフルトだが、試合中も守護神のトラップはビッグセーブを連発。これまでの試合も含め、優勝に向けて大きな働きを見せてきた。 マテウス氏は、トラップを称賛。また、フィリップ・コスティッチにも賛辞を送り、ビッグクラブに移籍する準備ができていると語った。 「チームは非常に特別なメンタリティを身につけており、特にノックアウトマッチでは何度も発揮してきた」 「だからこそ、アイントラハトでかつて目立っていた選手たちは、そこで頭角を表し、次のステップへ踏み出した。ただ、新しいクラブで苦労している」 「とはいえ、ケビン・トラップとフィリップ・コスティッチは、さらに国際的なビッグクラブで活躍できる特別な選手だと私は見ている」 「コスティッチは非常に自信に満ちており、サイドバックとしても優れた才能を持っている」 「ケビン・トラップは、私にとっては世界最高のGKの1人だ。彼は再び向上し、今のフォームであれば、テア・シュテーゲンやノイアーに劣ることはない」 <span class="paragraph-title">【動画】敗退の大ピンチを右足一本で救ったGKケビン・トラップ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Save of the match? Trapp denies Kent via an outstretched leg<a href="https://twitter.com/eintracht_eng?ref_src=twsrc%5Etfw">@eintracht_eng</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UELfinal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UELfinal</a> <a href="https://t.co/CkYo1WCIub">pic.twitter.com/CkYo1WCIub</a></p>&mdash; #UELfinal (@EuropaLeague) <a href="https://twitter.com/EuropaLeague/status/1527092396944678912?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 15:18 Thu
twitterfacebook
thumb

「ミッキーのスタジアム」「レゴで作ったもの?」ELを制したフランクフルト会長、UEFAへの怒りがスタジアム批判となり話題に

見事にヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルト。しかし、試合前にクラブの会長が発していたコメントが話題となっている。 18日、EL決勝のフランクフルトvsレンジャーズが行われ、1-1で120分間を終了。PK戦の末、5-4でフランクフルトが勝利を収めていた。 前身UEFAカップ時代の1979-80シーズン以来、2度目の大会制覇を果たしたフランクフルトだったが、試合前にペーター・フィッシャー会長が欧州サッカー連盟(UEFA)の対応に苦言を呈していた。 フィッシャー会長が問題視したのはファンへのチケットの分配。レンジャーズとともに、それぞれ 1万枚しかチケットが用意されなかったというのだ。 また、その件の要因ともなる決勝のスタジアム選定についても言及。セビージャの本拠地であるサンチェス・ピスファンを舞台にしたことについて、試合開始前にもドイツ『RTL』で批判していたようだ。 「見た時はショックだった。これは、選手が決勝に期待するものではないと思った」 サンチェス・ピスファンは4万4000人が収容できるスタジアム。小さいとは言えないが、決勝と考えると、ややキャパシティが少ないと言える。 フィッシャー会長の怒りはおさまらず、スタジアム批判に発展。セビージャファンの怒りを買うこととなった。 「これはミッキーマウスのスタジアムだ。レゴで作ったものじゃないか?」 フランクフルトの本拠地であるコメルツバンク・アレーナには、パブリックビューイングで5万人が集まるとされており、それよりもスタジアムは小さいこととなる。 チケットの少なさがスタジアム批判にも発展してしまったフィッシャー会長。ただ、試合前には決勝の相手でもあるレンジャーズに敬意を示しつつ、トロフィー獲得に期待を寄せた。 「レンジャーズのことを忘れてはならない」 「彼らは10万人以上のファンがいる素晴らしい伝統あるクラブだ。私の誕生日会に来てくれるのと同じ人数かな(笑)」 「彼らにとっても、我々にとっても、1万枚のチケットは、我々が考えるサッカーではない」 「今夜はあのカップで、酒を飲みたいものだ」 準々決勝のアウェイ・バルセロナ戦では大量の観客が押し寄せて物凄い雰囲気を作っていたフランクフルト。見事に優勝を果たした会長は、カップでお酒を飲む許可をもらえたのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】「ミッキーマウスのスタジアム」「レゴで作った」と言われたスタジアム</span> <span data-other-div="photo"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220519_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220519_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220519_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20220519_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span class="paragraph-title">【動画】フランクフルトが見事な優勝! EL決勝ハイライト(1分間)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1WWpG4qABmA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.19 12:37 Thu
twitterfacebook
thumb

「こんな傷どうでもいい!」頭部裂傷もプレー続行のフランクフルト主将がEL優勝に歓喜「最も素晴らしい日だ」

フランクフルトのMFセバスティアン・ローデがヨーロッパリーグ(EL)優勝にご満悦だ。 18日にレンジャーズとのEL決勝に臨んだフランクフルト。前身UEFAカップ時代の1979–80シーズン以来2度目の大会制覇を目指す中、主将のローデも先発で出場したが、開始早々の5分にアクシデントが起こる。 相手選手のスパイク裏がローデの頭部に入ってしまい、額に裂傷を負うことになった。それでも数分間の治療の後に復帰すると、ローデは後半アディショナルタイムに交代するまで主将としてチームを鼓舞するプレーを継続。高い位置での潰しで相手の攻撃を止めてみせた。 PK戦の末にフランクフルトが勝利し、迎えた優勝セレモニーではチームメイトの前でトロフィーを掲げたローデだが、試合後にインスタグラムを更新。裂傷を縫合した痛々しい傷跡の写真を添えながら「メインはあれ(トロフィー)を手に入れること!それ以外のことはどうでもいい!」と強いメッセージを送っている。 また、ローデは別の投稿でも「このチームのキャプテンであること、心から誇りに思う。私たちのキャリアで最も素晴らしい日だ。素晴らしいファンの皆と一緒にやり遂げた」と優勝を誇った。 <span class="paragraph-title">【閲覧注意】ローデの額に残った痛々しい傷跡</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CduATqXKARp/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CduATqXKARp/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CduATqXKARp/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sebastian Rode(@rodesebastian)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.19 12:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly