FC東京の筆頭株主がIT大手のミクシィに/六川亨の日本サッカー見聞録

2021.12.12 12:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
かねてから噂のあったIT大手の株式会社ミクシィがFC東京の経営権を取得した。12月10日、午前10時から開催された第20回臨時株主総会で、議決権を所有できる24000株(51・3パーセント)の取得が承認されたため、同社は14時からJFA(日本サッカー協会)ハウスで会見を開き、子会社化したことを発表した。

FC東京のファン・サポーターにとってミクシィは聞き慣れない会社かもしれないが、ゲーム会社の「XFLAG」と聞けば、ユニホームの胸スポンサーとすぐにわかるだろう。同社がFC東京のスポンサーになったのは2018年のこと。東京ガス、三菱商事、清水建設、きらぼし銀行、TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビ)、MITSUI&CO(三井物産)の6社とともに中核企業としてチームを支えてきた。

しかしコロナ禍によりFC東京は2期連続しての赤字見込み(20年1月期の純利益4900万円が21年1月期は3億2500万円の赤字に転落)に加え、来期も経営の見通しが立たない。このため12月8日には、来年5月をもってVリーグのバレーボールチームが活動を休止することが発表されていた。

その理由を会見に出席した大金直樹社長は「バレーボールの事業環境が厳しく、中長期的な展望が開けない。ミクシィさんの承諾を得て決めた」と話し、ミクシィの木村弘毅代表取締役も「FCさんの決断を尊重した」と理解を示した。

コロナ禍で経営が苦しいのはFC東京だけではない。にもかかわらず今回の“譲渡”に至った背景には親会社の事情が絡んでいる。

Jリーグの親会社として東京ガスと大宮のNTTドコモは公共性の高い会社と言える。このため一般企業のように「利益を追求する」必要はそれほどない。ミクシィへの第三者割当による23000の新株発行も、創設時の1株5万円、計11億5000万円で売却した(これによりミクシィの保有株は1000株、4・2パーセントから24000株、51・3パーセントと過半スピードを獲得)。東京ガスとしては一般企業のように株価を上げるよりも、チームの強化を優先して株主の理解を得てきた。

しかしながら、公共性の高い会社だからこそ、FC東京が赤字を出した際はチームを保有することに対して批判も出やすい。そこで、年度末の決算では「10円とか100円のプラス収支が理想的」(FC東京関係者)ということになる。

大宮に至っては、クラブ経営が赤字でも親会社の補填により毎年収支は±0という理想的な決算になっている(しかしNTTドコモがスポンサーから撤退するという噂もあるようだ)。

さらにNTTドコモらBtoC(ビジネス・トゥ・コンシューマ。企業から消費者)といったように、出資金を広告宣伝費として使える利点がある。一方の東京ガスはBtoB(ビジネス・トゥ・ビジネス。企業から企業)といったように、業務形態そのものが消費者にはわかりにくいハンデがある。

サッカーファンにとってわかりやすい例を上げるなら、かつて“丸の内御三家”と言われた三菱(現・浦和)、日立(現・柏)、古河(現・千葉)はJSL(日本サッカーリーグ)の主要チームだった。日立なら家電メーカーとして消費者に馴染みがあるだろう。三菱なら家電、自動車など多くの商品で消費者とつながっている。

Jリーグ創設当初、浦和のスポンサーは外資系企業が多かった。その理由を当時は広報部長だった藤口光紀氏に聞いたところ、「三菱はグループとして国内の同業社をほぼカバーしているため、スポンサー・バッティングが起きる。だから外資しか選択肢はなかった」と話していた。

ところが古河は、電線やケーブルを企業相手に売っている会社のため、サッカーファン以外は会社の存在をほとんど知られていない企業でもあった。そこでJリーグ創設の際はJR東日本と組まざるを得なかった裏事情があった。

FC東京に話を戻すと、やはりコロナ禍のダメージが大きかったのだろう。それでも、鹿島(メルカリ)や町田(サイバーエージェント)の例を出すまでもなく、日本経済同様Jリーグも変革の時代を迎えているようだ。

そしてベンチャー企業の役員はおしなべて若い。このためサッカーに対する理解もあり(プロ野球世代とは明らかに違う)、サッカーに対するリスペクト、憧憬も感じさせる。これはこれで歓迎すべき事柄だろう。来年で30周年を迎えるJリーグ。蒔いた種は決して無駄ではなかったかもしれない。

【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた



関連ニュース
thumb

大宮の監督交代に思うこと/六川亨の日本サッカー見聞録

J2リーグの大宮が、霜田正浩監督の解任を26日に発表した。後任には町田や川崎F、鹿島などで指揮を執った相馬直樹氏が監督に就任。今週末のアウェー東京V戦から現場に復帰する。 元JFA(日本サッカー協会)の技術委員長で、J2山口で指揮を執った霜田氏が大宮の監督に就任したのは昨シーズン6月のこと。2勝5分け11敗と出遅れた岩瀬健監督の後を引き継ぎ、第18節の栃木戦からチームを率い、勝ちきれない試合が続いたもののガマン強くポゼッションスタイルのサッカーへと転換を図った。 夏の移籍期間中には徳島からFW河田篤秀を獲得すると、すぐさまエースストライカーとして活躍。19試合で7ゴールを決め、河田がゴールを決めた試合は4勝3分けの無敗でJ2残留に貢献した。 シーズンが深まるにつれ、右SBにはイケメン馬渡和彰が、左SBには翁長聖が定着。右MF黒川敦史、左MF奥抜侃志ら主力選手もほぼ固まり、最終戦の勝利(群馬に3-1)により16位でフィニッシュしてJ2残留を果たした。 捲土重来を期すはずの今シーズンだったが、イバやハスキッチら外国人選手に加え、前述した馬渡(浦和)、翁長(町田)の両SBとCBの河面旺成(名古屋)、黒川(磐田)ら主力選手、とりわけDF陣のレギュラー3人が移籍したのは大打撃だった。 彼らが移籍するのは霜田監督も了解していた節がある。さらに、外国人選手を補強する資金がないことも、新シーズンの獲得選手を見れば明らかだ。こうした「ないない尽くし」でスタートした今シーズンを象徴するのが横浜FCとの開幕戦だった。 アウェーで優勝候補と対戦した大宮は0-2のビハインドから新加入した茂木力也と矢島慎也のゴールでタイスコアに持ち込む。その後も猛攻を仕掛けたものの、決定的なシュートはポストを叩いたりGKの正面を突いたりするなど大宮サポーターのため息を誘う。そしてアディショナルタイムに新加入DF新里亮がPKを与えて2-3で敗退した。 その後も勝ち試合をドローで終えるなど低迷が続き、初勝利は4月16日の第10節・千葉戦(2-1)と大きく出遅れた(この勝利で最下位から21位に浮上)。5月25日の第18節を終えてクリーンシートは第16節の長崎戦(0-0)と18節の琉球戦(1-0)の2試合のみ。いかに守備が崩壊していたかがわかるだろう。 その間には第6節の岡山戦で負傷したGK南雄太の代わりに出場した上田智輝がロングキックを蹴った際に右膝を負傷し、急きょDFがGKを務める緊急事態もあった。GK上田は全治6~8ヶ月の重傷。そして正GKのベテラン南も5月18日のいわて戦で右足アキレス腱の断裂と、相次ぐ不運に遭っている。 シーズン途中には原博実・元JFA技術委員長を強化の責任者に招聘したものの、その効果があったのかどうかは不明だ。これは余談だが、原氏と相馬監督は、年齢は離れているが同じ早稲田大学サッカー部の先輩と後輩である。同じ早稲田ラインなら、元日本代表監督の西野朗氏は原氏の先輩であり、元五輪代表監督の関塚隆氏は後輩であることだけ付け加えておこう。 話を大宮に戻すと、現チームを相馬監督がどう立て直すのか楽しみだ。恐らく現実路線で守備の立て直しからスタートするだろう。そんな相馬監督の要求に応えられる選手がどれだけいるか。 最後に、霜田元監督は、コロナ禍でも練習をメディアに公開し(取材に来るメディアは数少なかった)、会見もリモートではなく対面で実施した。そして、当事者の誰もコロナに感染することはなかった。こうした監督の姿勢とチームの努力による結果は高く評価したい。その積み重ね、エビデンスが近い将来、大宮のファン・サポーターに対して練習公開とファン・サービスにつながることを期待したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

CB伊藤は冨安の代役となれるか。久保は正念場か/六川亨の日本サッカー見聞録

6月のキリンチャレンジカップ(6月2日パラグアイ戦、同6日ブラジル戦)と、続くキリンカップサッカー(6月10日ガーナ戦、同14日チリかチュニジ戦)に臨む日本代表28人が5月20日に発表された。 手術をした酒井宏樹(浦和)と、「コンディション的に100パーセントではないと聞いている」(森保一監督)という大迫勇也(神戸)のベテラン2人が外れた一方、初招集はCB伊藤洋輝(シュツットガルト)の1人だけ。他のメンバーはほぼ予想通りの顔ぶれとなった。 もともとCB冨安健洋(アーセナル)は、今シーズンはケガがちだし、コンビを組むCB吉田麻也(サンプドリア)もケガで代表チームを離れたことがあった。彼らのバックアッパーとして板倉滉(シャルケ)と谷口彰悟(川崎フロンターレ)がいるものの、谷口はスピードとフィードの正確性に欠ける。その点、23歳の伊藤は冨安とともに次代の日本代表を支えるCBとして、期待を込めての招集だろう。 左足での正確なフィードや攻撃参加も得意としているだけに、6月のキリン・シリーズでは是非とも彼のプレーを見たいものだ。 その一方で、不安なのが両SBである。今回のメンバーでは右SBが山根視来(川崎F)、左SBは長友佑都(FC東京)がスタメンだろう。そして彼らのバックアッパーが右は菅原由勢(AZアルクマール)、左が中山雄太(ズヴォレ)ということになるのだろうが、中山は代表歴13回を数えるものの守備に不安を感じてしまう。簡単に飛び込んで抜かれるイメージが強いのだ。 かといって国内にも海外にも酒井と長友を攻守で凌駕する選手がいないのも事実。伊藤が左CBに定着できれば、冨安を右SBに回したいくらいだ。 森保監督は7月のEAFF E-1サッカー選手権を国内組で戦うと明言した。恐らくここが国内組の最終テストの場となるだけに、DF陣からサプライズ選出があるのかどうか。 攻撃陣に目を向けると、ポスト大迫の候補として古橋亨梧(セルティック)と上田綺世(鹿島)の、タイプの違う2人のストライカーに注目したい。右の伊東純也(KRCヘンク)と左の南野拓実(リバプール)は鉄板だろうが、南野に関しては「ゼロトップ」での起用も悪くない。 三笘薫(ユニオン・サン=ジロワーズ)はジョーカーとして、南野を中央で起用すれば、4-3-3の左に鎌田大地(フランクフルト)を起用することができる。鎌田はご存じのように、02年の小野伸二(フェイエノールト)以来となるEL(ヨーロッパリーグ)優勝を果たした(小野の時代はUEFAカップ)。そんな鎌田をどのポジションで、どんな起用法で使うのかも今大会のハイライトだ。 カタールW杯アジア最終予選では、[4-2-3-1]のトップ下で起用されたものの、チームとして守備の強度を高めるため[4-3-3]にシステムチェンジ。そこで守備のインテンシティに欠ける鎌田は出場機会を失った。 彼とボランチの柴崎岳(レガネス)は、ワンプレーで局面や試合の流れを変えられる“ファンタジスタ"であるものの、2人の同時起用はリスクが高すぎる。かといって、ブンデスリーガで実績を残した鎌田をベンチに置くのかという批判も出てくるだろう。とりわけ初戦のドイツ戦では彼の起用を強く望む声があってもおかしくない(ついで言えば長谷部誠もベンチ入りさせてもいいと思っている)。 微妙なのは伊東の控えが予想される、堂安律(PSVアイントホーフェン)と久保建英(マジョルカ)の起用法だ。今シーズンはゴールという結果を残した堂安に比べ、なかなか結果を残せない久保を森保監督はどう使うのか。久保にとっては代表での生き残りを懸けた、正念場となるキリン・シリーズかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.20 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アディダスvsプーマ。創業者は兄弟だと知っていた?/六川亨の日本サッカー見聞録

サッカーファンはもちろんのこと、一般ユーザーも「アディダス」と「プーマ」と聞けば、シューズメーカーだということは知っているだろう。近年はアメリカの「ナイキ」に売上高1位の座を譲っているが、ドイツ(西ドイツ)が生んだ一大ブランドだ。 そんな2大メーカーの創業者が兄弟だったということを、知らないサッカーファンも増えてきているのではないだろうか。 映画「アディダスvsプーマ-運命を分けた兄弟-(2015年製作)」は2人のサクセスストーリーであると同時に、兄弟の確執を描いた映画でもある(ヨコハマ・フットボール映画際で上映。6月5日は15時30分/かなっくホール・音楽ルーム。6月9日は19時/シネマ・ジャック&ベティ)。 時はいまから約100年前の1920年、ニュルンベルク近郊で、靴職人のアドルフ・ダスラー(弟)を、口は達者だが会社を首になったルドルフ・ダスラー(兄)が営業を担当することで靴の製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立した。 まずは工場の設備を整えるため銀行に融資を頼みに行くが、銀行マンはアドルフのサッカーシューズは革が柔らかくてすぐに壊れると指摘。「つま先は硬く、足首までカバーするのがサッカーシューズ」と融資を断った。そこで2人は陸上のスパイク作りに方針を転換。軽くてグリップ力のある陸上シューズは売れ行きも好調で、ドイツ代表の陸上部の監督のお墨付きを獲得することにも成功した。 しかし時代はナチスの台頭によりアドフル・ヒトラーが首相に指名されるなど、激動の時代を迎えつつある。職人であるアディは1936年のベルリン五輪に出場するアメリカ代表のジェシー・オーエンスの才能に着目し、自身の作ったシューズを提供。するとオーエンスは100メートル、200メートルに走り幅跳びなど4個の金メダルを獲得した。 ところが黒人に負けたことで陸上部の監督は首になり、兄弟は後ろ盾を失ってしまう。そしてナチス・ドイツはポーランドが侵攻したと口実を作って攻め込むことで第二次世界大戦が勃発した。職人であるアディは徴兵を免れたものの、兄ルディは戦地へと送られる。さらにシューズ工場ではバズーカ砲を製作するよう命じられた。 第二次世界大戦が終わり、ルディは無事戦地から帰国したが、自分だけ戦地に送られたことに不満を持ち、進駐軍のMPに「弟はナチスの協力者だ」と密告する。バズーカ砲などの物的証拠があるためアディは窮地に立たされるが、それを救ったのが妻の機転で、オーエンスと一緒に撮った写真だった。 もう兄弟の仲は修復不可能。お互いにシューズ工場を作ることになり、社員にもそのことを伝えると、アディの元には靴職人が多く残り、ルディには営業担当が着いていった。ルディの作った「プーマ社」は、当時は現在のような流線型のラインではなく、プーマには「道楽者」というあだ名もあったと映画では紹介されている。そしてアディは自身の名前を短縮して「アディダス」という社名に変更した。 当時の西ドイツにまだプロのチームはなく、多くのチームがプーマ社のシューズを履いていたそうだ。そこはやはり兄の営業力がモノをいったのかもしれない。プーマ社の幅広の白いラインのシューズを見ていたアディは、白色のペンキを塗っている最中だったゴールポストに人差し指と中指と薬指の3本で触り、それを自分の作ったシューズの内側と外側になぞるようにして3本の白ラインを入れた。 アディダスの「スリーストライプ」が誕生した瞬間だった。 第二次世界大戦が終わり、ワールドカップは1934年フランス大会以来12年ぶりに再開されることになった。1950年ブラジル大会である。本来ならドイツで開催されるはずだったが、戦争責任を問われて資格停止だったためブラジルで開催されることが決定。東西両ドイツとも出場資格はなかった。 そして1954年スイスW杯である。売れ行きが好調なルディの「プーマ」は、西ドイツ代表監督のゼップ・ヘルベルガーから、選手へのサッカーシューズの無償提供と、月1000マルク(現在の日本円で約7万円だが、当時との物価差は現在と比較できないだろう)の資金援助を申し込まれたが、これを拒否。仕方なくヘルベルガー監督はアディに頼んだところ快諾されたことで西ドイツ代表は3本線のシューズでW杯を戦うことになった。これはいまも変わらない伝統である。 ルディがヘルベルガー監督の申し出を断ったのは、金銭的な負担よりも西ドイツが勝つ見込みは少ないという判断を優先したからだろう。1938年のフランス大会も1回戦でスイスに負けているし、50年ブラジル大会は出場できていない。このため54年スイス大会でも上位進出は難しいと判断してもやむを得なかった。 こうして迎えたスイス大会、西ドイツは1次リーグで当時無敵を誇った「マジック・マジャール」ことハンガリーにリザーブ選手を起用して3-8と大敗する。決勝トーナメントで前回優勝のウルグアイや準優勝のブラジルを避けるためだとも言われた。 そしてハンガリーとの決勝戦、試合開始直前に降り出した雨に、用具係を担当していたアディは急きょシューズの取り替え式ポイントを雨用の長いスタッドに変更する。スタンドには兄ルディの姿もあった。 そして試合後、ロッカールームに戻ると試合のチケットが置かれていて、そこには一言、ルディからアディへのメッセージが残されていた。 正直、サッカーシーンはほとんどない映画である。なので、それを期待したら失望するかもしれない。それでも2人の兄弟愛と、サッカー界はもちろんのこと、スポーツ界にも多大な影響を残したダスラー兄弟の葛藤と兄弟愛を感じられる映画だった。 彼らの息子、特にアディの息子ホルストは父の仕事を引き継ぎ、FIFA(国際サッカー連盟)やIOC(国際オリンピック委員会)などで絶対的な影響力を発揮し、“蜜月時代"の礎を築いた。彼らの映画も、いつかは作られるかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.13 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

大混戦のJ2リーグ。GK南が記録更新/六川亨の日本サッカー見聞録

連休初日の4月29日、Jリーグ初の国立競技場でのナイター開催となったFC東京対G大阪は、吹き込む雨と格闘しながらの取材。手元の温度計は10・9℃と3月初旬に戻ったような肌寒さだった。 ところが5月4日のJ2リーグ、東京V対仙台は23・8℃と初夏を思わせる陽気。記者席の前の通路では、アルバイトと思われる女性が生ビールを売っていた。こんなシーンを見るのは3年ぶりかもしれない。 そして試合は東京Vが新井瑞希の2アシストなどで3-1と快勝し、昇格プレーオフ圏内の6位に再浮上した。新型コロナウイルスから復帰した堀孝史監督はU―21日本代表候補のCB馬場晴也をスタメンで起用したのは当然として、2-1と再びリードしてからはインサイドハーフの梶川諒太に代えて18歳のドリブラー阿野真拓を、さらに3-1になるとFW新井に代えて17歳のスピードスター橋本陸斗をピッチに送り込んだ。 橋本は昨シーズンの2月にJ2史上最年少となる15歳10ヶ月26日でデビューを飾り、5試合に出場して実戦経験を積んだ。こうしてアンダー世代の選手が次々と出てくるのも東京Vの伝統であり、強みでもあるだろう。 この日は他会場でも首位の横浜FCが熊本に0-1で敗れて今シーズン初黒星を喫した。2位の仙台も敗れ、代って金沢に1-0の勝利を収めた新潟が2位に浮上。仙台は3位に後退した。この結果、2位の新潟から12位の熊本まで勝点6差に11チームがひしめく大混戦だ。 そして前述した東京Vは8日に敵地で新潟と対戦する。過去の対戦成績は東京Vが5勝7分け2敗とリードしているものの、昨シーズンはホーム、アウェーとも新潟が7-0、3-1と圧倒した。さらに新潟は、ここ7試合は負けなしで、ホームでは6連勝中と波に乗っている。両チームの対戦は、第15節で屈指の好カードと言えるし、21日の第17節に新潟は横浜FC戦を控えているだけに、ホームでの連勝記録を伸ばしたいところ。 東京Vの若手選手に触れた以上、2連勝で最下位を脱出した大宮のベテランGK南雄太にも触れないわけにはいかないだろう。4日の大分戦(1-1)でJリーグ通算661試合に出場という新記録を達成した。過去は横浜Fや名古屋で活躍し、日本代表の守護神でもあった楢崎正剛の660試合だった。 98年に静岡学園高校を卒業後、西野朗監督率いる柏に入団。翌99年にはU―20日本代表の正GKとしてナイジェリアで開催されたワールドユース(現FIFA U-20W杯)に出場し、準優勝の立役者となった。南にとっては97年にマレーシアで開催されたワールドユース(17歳で出場)に次ぐ2度目の大会だっただけに、チームを牽引する立場だった(FW永井雄一郎も2大会に出場)。 柏では通算291試合に出場し、その後は熊本で155試合、横浜FCで183試合、そして昨シーズン途中で移籍した大宮で32試合に出場し、661試合という大記録を打ち立てた。まだシーズンは序盤のため、今後もさらに記録を伸ばすことは間違いない。 ちなみに99年のワールドユース組で現役を続行しているのは南の他に小野伸二(札幌)、遠藤保仁(磐田)、稲本潤一(南葛FC)とフィールドプレーヤー3人がいる。いずれも“無事之名馬"を実践していると言っていいだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.06 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

キリン杯が6年ぶりに復活。森保監督が現役当時を振り返る/六川亨の日本サッカー見聞録

6月のIMD(インターナショナル・マッチデー)の詳細が4月28日に発表された。まず6月2日に札幌で、キリンチャレンジカップとしてパラグアイと対戦。その後は6日の月曜に国立競技場で同じくキリンチャレンジカップでブラジルと対戦する。 そして10日(神戸)と14日(吹田)はキリンカップとして、10日はガーナと、14日はチリ対チュニジアの勝者と対戦する(4カ国によるトーナメント形式)。会見に出席した田嶋幸三JFA(日本サッカー協会)会長は、「キリンカップは2016年以来6年ぶりの開催」と紹介したが、もうそんなに開催していないのかと意外に感じられた。 ご存じのように、キリンチャレンジカップは日本が招待チームと対戦する大会だ。そしてキリンカップ(1978年にスタートし、かつてはジャパンカップと呼ばれた)は複数の招待チームにより優勝を争う大会である。 2016年はボスニア・ヘルツェゴビナ、デンマーク、ブルガリアを招待し、ボスニア・ヘルツェゴビナが優勝した。日本はブルガリアに7-2と大勝したものの、ボスニア・ヘルツェゴビナに1-2で敗れて優勝を逃した。当時のメンバーで今も残っているのはGK川島永嗣、DF吉田麻也、長友佑都、MF原口元気、FW浅野拓磨くらいだ。 そして田嶋会長は、1980年のジャパンカップでプレーしていたことを思い出していた。筑波大学を卒業し、古河電工に入ったばかりの頃だ。5月25日に国立競技場で開催されたアルヘンチノス・ジュニアーズ戦に後半70分、風間八宏氏(現C大阪スポーツクラブ技術委員長)と交代で出場した。その後も広州国際大会にも出場しているが、スタメン出場すると同じ古河電工の岡田武史氏(現JFA副会長)と交代することが多かった。 続いて口を開いた反町康治JFA技術委員長も、キリンカップでは1991年に「山形でのタイ戦に出場した」ことを紹介。この時の日本は横山謙三氏が監督を務め、反町技術委員長は後半82分に北澤豪氏(現JFA理事)と交代でピッチに立っている。 山形県天童市で初めて開催されたキリンカップだったが、この試合は当時の部下だった金子達仁くんの愛車インテグラで日帰り取材したので記憶に残っている。なぜわざわざ天童まで、それもタイ戦を取材に行ったかというと、この時のキリンカップには当時は大学生で将来を嘱望されていたMF礒貝洋光(東海大)と、FW森山泰行(順天堂大)の2人が招集されていたからだった。 残念なことに2人は天童での試合では出番がなかったものの、日本はタイに1-0で勝つと、続くバスコ・ダ・ガマ(ベベートやビスマルクがいた)にも2-1。そしてリネカー率いるトッテナム・ホットスパーにも4-0で勝ってキリンカップ初優勝を遂げた。 ただ、この時のスパーズはオフのご褒美旅行の一環で日本を訪れたため真剣度はゼロ。神戸でのバスコ・ダ・ガマ戦のあとはホテル近くのパブに繰り出し、お店のビールをすべて飲み干すという“快挙"を達成していた。 そしてこの大会を最後に、キリンカップは招待チームを代表に限定し、FIFA公認の国際Aマッチの大会となって現在に至っている。 会見に話を戻すと、田嶋会長、反町技術委員長が同大会にまつわるエピソードを紹介したため、森保一監督も「私自身も、選手にとって大きなターニングポイントになる大会で、初キャップがキリンカップで、アルゼンチンと対戦しました」と当時を振り返った。 JFAは92年に日本代表の監督に初めて外国人を招いた。ハンス・オフトだった。オフトは初采配となるキリンカップのアルゼンチン戦に、スタメンで森保を、三浦知良と交代で高木琢也(現相模原監督)をデビューさせた。 試合はガブリエル・バティストゥータのゴールでアルゼンチンが1-0で勝利したが、このときのアルゼンチンの監督はアルフィオ・バシーレ、選手はバティストゥータの他にもアルベルト・アコスタ、クラウディオ・カニーヒア、レオナルド・アストラーダ、オスカー・ルジェリ、ファビアン・バスアルドと錚錚たるメンバーが揃っていた。 このため森保監督も「世界のトップトップと戦って自信になりました。世界を見させてもらったおかげで、世界を目ざすようになりました」と刺激を受けたことを明かしていた。 6月のキリンカップにヨーロッパ勢は呼べないものの、ガーナとチュニジアはカタールW杯に出場するだけに、主力クラスの来日を期待したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.04.29 12:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly