「なんで7つ目のバロンドールなの?」トロフィーを巡るメッシと長男のやり取りが微笑ましいと話題

2021.12.09 21:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
受賞数の多さに息子のチアゴ君も混乱しているようだ。先日最多となる7度目のバロンドールを受賞したパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。取材のためだろうか、これまで獲得したバロンドールがテーブルの上に並べられた。

今年のトロフィーはまだ届いていないため、並べられたのは6つ。その脇で7度目の受賞について話をするメッシを、長男のチアゴ君は数が合わないと不思議に思ったのだろう。率直に父親に訪ねている。

「なんで7つ目のバロンドールなの? お父さん。6つじゃなくて?」

「今回で7つだよ」と答えるメッシに対し、食い下がるチアゴ君。

「今日もらったの? うちには6つしかないじゃん。いつもらえるの?」

「今日だよ」

「今日?!なんで?!」

このようなやり取りの最中に、無事に今年のバロンドールが届けられ、7つのトロフィーがそろうことに。チアゴ君もようやく納得したようで、満足げな笑みを浮かべることとなった。

1 2

関連ニュース
thumb

「最初の20分間は難しかった」PSGのガルティエ監督がドローに終わったベンフィカ戦で苦戦したことを認める

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が、ベンフィカ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でPSGはアウェイでベンフィカと対戦した。 ともにグループステージ3連勝を目指す中で迎えた一戦。試合はベンフィカの激しいプレスに遭いながらも徐々にPSGが主導権を握りだすと、22分にリオネル・メッシが先制ゴールを決める。 リーグ戦での直接FKに続いてのゴールとなったメッシ。しかし、前半のうちにオウンゴールで追いつかれてしまう。 後半はよりPSGがチャンスを作る機会が増えたもののゴールは遠く。そのまま1-1の引き分けに終わった。 試合後、ガルティエ監督はチームが見せたパフォーマンスは悪くなかったとし、失点が悔やまれるとした。 「我々は多くを捧げ、驚きはなかった。ただ、2つ、3つ、疑念を抱かせるようなボールを深い位置で奪われてしまった」 「ベンフィカからのプレッシャーの最初の幕を破るために非常に短い時間ででて、スペースを使ってプレーをしようとしていた」 「最初の20分間は難しかったが、その後は優れた技術で前半をうまく締め括ることができた。我々は良いゴールを決め、ベンフィカはプレスをかけるのがより難しくなったと思う」 「ベンフィカが前半にいくつかのチャンスを作り出し、深いボールがジージョ(ジャンルイジ・ドンナルンマ)にとても効果的だったとはいえ、不運なゴールを奪われてしまった」 「後半は高い位置でボールを奪うことが増え、より優勢になったように感じた。ボールを奪った時、前半は機動力と深さを取る動きが足りなかったかもしれないが、後半はその回数が増えていた」 「支配していたが、2つ目のゴールを決められなかった。我々は多くのチャンスを作り出したが、最終的にはチャンスの数だけのゴールに繋がることはなかった。かなりのリスクを負い、我々は多くの自己投影をしている」 「ボールを失うことに注意するのは我々次第だ。土曜日の試合に向けてしっかりと準備をし、しっかりと回復し、火曜日の試合に向けて全てを分析する。これは明らかに、とても重要なことだ」 <span class="paragraph-title">【動画】華麗なパス交換からメッシのコントロールショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="zqzwgXpgzFw";var video_start = 9;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.06 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「完全復活!」メッシの華麗な左足コントロールシュートに称賛「彼にとっては普通のゴール」

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが好調だ。 PSGは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でベンフィカとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分け。メッシはトップ下でプレーした。 ともにグループステージ2連勝同士の一戦はベンフィカが序盤からチャンスを作るも、22分にPSGが個人技から先制点を奪う。 自陣でボールを奪うと、右サイドで受けたメッシがバイタルエリア手前のFWキリアン・ムバッペにパスを供給。ターンからのパスをFWネイマールがダイレクトではたくと、ボックス手前右に走り込んでいたメッシがダイレクトでシュート。完璧にコントロールされたシュートが決まった。 綺麗な弧を描く華麗なシュートには称賛も続々。「完全復活!」、「今シーズンのメッシは止められない」、「メッシはやっぱりすごいな」、「メッシにとっては普通のゴールだろ?」とファンも反応している。 なお、メッシにとってはこれがCL通算127ゴール目。ベンフィカ戦でのゴールは初で通算40クラブからゴールを奪ったことになった。 また、81分に途中交代となったメッシだが、クリストフ・ガルティエ監督によると交代は疲れによるもので、重傷の心配はなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシらしい美しいコントロールカーブシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjWKudBsImn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjWKudBsImn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjWKudBsImn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.06 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ華麗弾で先制もPSG、ベンフィカに苦戦強いられドロー《CL》

パリ・サンジェルマンは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でベンフィカとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節マッカビ・ハイファ戦をメッシ、ムバッペ、ネイマールの揃い踏みで連勝スタートとしたPSGは、その3人が3トップを形成。3バックを採用し、[3-4-1-2]で臨んだ。 前節ユベントスに貫禄勝ちして2連勝スタートとしたベンフィカに対し、8分にピンチ。しかしゴンサロ・ラモスの決定機はGKドンナルンマが阻止した。 続く18分にもピンチが訪れ、ボックス右に抜け出したネレスにシュートを打たれたが、またもGKドンナルンマが好守で凌いだ。不安定な入りとなったPSGだったが、個人技で劣勢をねじ伏せる。 22分、バイタルエリアでムバッペ、ネイマールとつないで、最後はボックス手前右のメッシがダイレクトでシュート。完璧にコントロールされたシュートが決まった。 前線3人の閃きで試合を動かしたPSGは37分のピンチもGKドンナルンマが防いだが、42分に同点とされる。左サイドからクロスを入れられると、ダニーロに当たってボールはゴールに吸い込まれた。 1-1で迎えた後半、開始4分にPSGにビッグチャンス。ハキミのシュートがGKを強襲したルーズボールをネイマールが拾いバイシクルシュート。だが、ボールはバーに直撃した。 続く55分、ネイマールの直接FKで牽制したPSGは69分、ボックス手前左からムバッペのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKヴラチョディモスのファインセーブに阻まれた。 終盤の81分にはピンチを迎えるも、ラファ・シウバのドリブルシュートは、再三の好守を見せるGKドンナルンマがセーブ。終盤にかけても好機を作れなかったPSGは1-1でドロー。苦しい試合展開となった中、勝ち点1を持ち帰った。 2022.10.06 06:02 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGと契約最終年のメッシ、将来は現時点で決まり事なし

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)は自身の将来に関して、現時点で白紙の状態だという。 涙のバルセロナ退団から早1年が過ぎたメッシ。PSGでの2年目となる今季はパリの環境にすっかりと慣れ、ここまで出場した公式戦12試合で7得点8アシストの数字が物語るとおり、ピッチ上でらしい姿を振り撒いている。 だが、ピッチ外では2年契約の最終年となるPSGとの契約状況もあって、今季終了後の去就が注目の的に。バルセロナ復帰の報道がなされたりもしているが、選手サイドはまだ何も決めておらず、進んだものもないようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏はそう主張しており、メッシに近しい関係者から、将来を決めるのは今ではなく、2023年に入ってからとの見通しがなされているという。 なお、バルセロナはすでに内部でメッシの復帰を巡って議論中とのことだが、PSGも契約の延長を試みるとも。他方ではアメリカ行きの選択肢も取り沙汰されるメッシだが、将来やいかに。 2022.10.05 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、選手不在のチームバスがリスボンとパリを往復3600Km…環境汚染との指摘が…

先日に近距離でのプライベートジェット使用で批判を招いたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、今回のリスボン遠征で新たな批判を招く可能性が浮上しているようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。 PSGは先月3日に行われたリーグ・アン第6節ナントとのアウェイゲームに向かう際、パリから比較的距離が近いにもかかわらずプライベートジェットを使用。 気候変動に影響を与えるとされるプライベートジェット利用は、昨今大きな議論の的となる中、クリストフ・ガルティエ監督は公式会見の場で意見を求められると、「今朝、移動手段を手配する会社と相談し、砂上ヨットでの移動を検討していた」とジョークで返答。この環境問題軽視の返答は環境活動家などから大きな批判を招き、フランス人指揮官は後に謝罪に追い込まれていた。 そういった一件もあった中、今回新たな批判を招いているのは、往復3600Kmと言われるチームバスの長距離移動だ。 5日にチャンピオンズリーグ(CL)でベンフィカとのアウェイゲームを戦うPSGの選手やスタッフは、リスボンまでの移動を当然のことながらプライベートジェットで行う。しかし、そのチームの移動に先んじてクラブはチームバスを片道1800kmの行程で現地へ向かわせたという。 そして、このチームバスはリスボンの空港からホテル、ホテルからスタジアムへの近距離の移動の際に使用された後、選手やスタッフを乗せることなく再び1800kmの行程でパリへ戻ることになるという。 通常、長距離移動が伴う遠征では遠征先での近距離の移動に関しては、現地でチャーターしたバスを使用するケースが多いが、PSGは安全面を考慮してか、防弾などの装甲が施されているクラブ保有のチームバスの使用を決断した模様だ。 前述のプライベートジェット使用とは異なり、今回の一件は過剰な指摘とも取れるが、世界全体が環境問題に取り組む現状では細かな環境への配慮が求められる。 2022.10.04 22:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly