コロナ蔓延のスパーズ、9日のECLレンヌ戦の開催延期が決定

2021.12.09 07:52 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは8日、翌日にトッテナム・ホットスパースタジアムで開催予定だったヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループ最終節、スタッド・レンヌ戦の開催延期を発表した。

現在、トッテナムではクラブ内における新型コロナウイルスのクラスターが発生。アントニオ・コンテ監督は、レンヌ戦に向けた前日会見の場で選手8名、スタッフ5名の陽性反応を明らかにしていた。

欧州サッカー連盟(UEFA)は当初、出場可能な選手が13名以下、登録されているGKが一人も起用できないという状況ではない限り、開催延期は不可として、通常通りの開催の意向を表明していた。

しかし、最終的にトッテナムの中止要請を受け入れる形で9日の試合開催を断念。代替日程に関してはUEFAと対戦相手のレンヌと協議中となっており、改めてアナウンスされる予定だ。

また、トッテナムはイギリスの健康保護局(HNP)やDCMSアドバイザーとの協議の結果、選手およびスタッフの健康と安全を考慮して、トレーニングセンターのファーストチームエリア閉鎖を勧告されたことを明らかにしている。

今回の決定を受け、12日に開催予定のプレミアリーグ第16節ブライトン戦も開催延期となる見込みだ。


関連ニュース
thumb

今冬の補強目指すトッテナム、今季8GのヴェローナMFに関心か

トッテナムがエラス・ヴェローナのチェコ代表MFアントニン・バラク(27)の獲得に関心を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2020年夏にウディネーゼからヴェローナにレンタル加入したバラクは早々にアタッカーとしてのポジションを掴むと、セリエA34試合に出場して7ゴール3アシストを記録。昨夏から完全移籍に切り替わった。 迎えた今シーズンもここまでセリエAで19試合に出場して8ゴール4アシストの好成績。9位につけるチームで不動の主軸として活躍している。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、そんなバラクに対してはアントニオ・コンテ監督の下で戦力の刷新を図りたいトッテナムが関心を示しているようだ。 トッテナムはMFデレ・アリやMFタンギ・エンドンベレがコンテ監督の構想に入らず、新たな中盤の選手獲得に着手。一方で、候補としていたウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレやポルトのコロンビア代表MFルイス・ディアスの獲得は暗礁に乗り上げており、バラクに対しての動きを本格化させるかが注目されている。 2022.01.28 13:14 Fri
twitterfacebook
thumb

アダマ・トラオレ、バルサ移籍間近か…トッテナム行きから一転

バルセロナがウォルバーハンプトンからスペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)の獲得に迫っているようだ。 強靭な肉体をもってのドリブルで2018年8月から所属するウォルバーハンプトンでブレイクを遂げたトラオレ。今季はここまでプレミアリーグ20試合で1ゴールと数字面でやや燻っている印象だが、実力に申し分なしの人気株であるのに変わらない。 その流れは今冬も続き、熱視線を注ぐのがトッテナム。獲得に迫っているともいわれたが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バルセロナがここに来て活発的な動きを見せ始め、一転して獲得の様相を呈しているという。 今季いっぱいのレンタルでバルセロナ入りとなるようで、3000万ユーロ(約38億6000万円)+ボーナスの買取オプションも付帯。そのレンタル期間中の給与に関してはバルセロナ側の全額負担となり、28日にも契約が結ばれる見通しのようだ。 また、ロマーノ氏と同じくトラオレのバルセロナ行きを主張するデイビッド・オーンスタイン氏によれば、トッテナムもウォルバーハンプトンとの交渉こそポジティブなものだったが、本人が右ウィングバックでのプレーに難色を示した模様だ。 トラオレは元々、バルセロナのアカデミー出身で、2013年に17歳でトップチームデビュー。実際にバルセロナ入りとなれば、6年半ぶりの復帰となる。 2022.01.28 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、コロナ禍における試合延期条件を変更

プレミアリーグが、コロナ禍における試合延期のレギュレーションを変更した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 現行のレギュレーションでは、ケガや代表招集などで最低13人の利用可能なフィールドプレイヤーとGKが用意できない場合、クラブは試合延期を要請することができる。 ただ、コロナ感染拡大に伴い、この条件に当てはまるケースが増え、今季はすでに22試合が延期されている。その中でアーセナルは、陽性者は1人だったものの、負傷やアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを延期にしていた。 延期には一部で一方的な決定に対する不満の声もあがっており、トッテナムもアーセナル戦の延期に怒りの声明を発表。同様の理由でレスター・シティ戦の延期を要請したものの非承認だったことを引き合いにし、ルールの明確さと一貫性が欠如していると主張していた。 そんな中プレミアリーグは26日、クラブ会合を行い、コロナ禍における試合延期の条件を変更することを決定。最低4人の感染者が確認されなければ、延期は認めないものとした。 この新レギュレーションは第24節から適用されるとのこと。リーグCEOのリチャード・マスターズ氏によれば、ルール改正は18クラブからの支持を得たようだ。 2022.01.27 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ体制のトッテナムで居場所失うデレ・アリ…プレミア複数クラブが獲得に関心か

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に対して、プレミアリーグの複数クラブが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 デレ・アリは2015年夏にMKドンズからトッテナムへ加入。マウリシオ・ポチェッティーノ現パリ・サンジェルマン(PSG)指揮官の下で主力に定着すると、これまで公式戦通算269試合に出場して67ゴール61アシストの成績を残している。 しかし、2019年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ現ローマ指揮官の下では徐々に出場機会が減少。今シーズンはヌーノ・エスピリト・サント前監督の下でこそ開幕スタメンに起用されるなど、やや立場を回復させたが、昨年11月にアントニオ・コンテ監督が新たに就任すると、再び序列を落とす。 コンテ監督が就任してからプレミアリーグでわずか3試合の出場にとどまり、直近4試合で出場がない状況を受け、苦境に立たされるイングランド代表MFに対してはエバートン、ニューカッスル、ブライトンが関心。エバートン、ニューカッスルはプレミアリーグ残留のための起爆剤として、現在9位のブライトンはさらなる上位を目指し、デレ・アリを必要としているようだ。 また、これまでMFジェイドン・サンチョやMFジュード・ベリンガムなどイングランド人選手の獲得で成功してきたドルトムントも関心を持っているが、『デイリー・メール』によると、デレ・アリ本人にプレミアリーグを去るつもりはないという。 トッテナムはコンテ監督の下で戦力の刷新を進めており、今月中にデレ・アリの移籍先が決まる可能性は高まっている。 2022.01.26 12:07 Wed
twitterfacebook
thumb

戦力刷新図るトッテナム、フィオレンティーナのモロッコ代表MFに関心か

トッテナムがフィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(25)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 S・アムラバトは2019年夏にクラブ・ブルージュからエラス・ヴェローナへ加入すると、すぐさまイタリアサッカーにフィットして公式戦35試合に出場。この活躍が評価され、2020年1月には翌シーズンからのフィオレンティーナ加入が発表された。 昨シーズンは公式戦33試合に出場するなど順調なキャリアを歩んでいるかに見えたS・アムラバトだが、今季はここまで公式戦12試合の出場にとどまっており、セリエAではスタメン出場わずか1試合のみにとどまっている。 一方、トッテナムは11月に就任したコンテ監督の下で戦力刷新を図っており、中盤ではMFデレ・アリやMFタンギ・エンドンベレを売却候補としている。 コンテ監督は新しい中盤の主軸として、以前から高く評価しているS・アムラバトの獲得をクラブに求める可能性があり、その場合は1月の移籍市場が閉まる前に動くかもしれない。 2022.01.25 16:36 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly