神様のイタズラか!? ホームなのにピッチ状態の悪さがOGを誘発、ミスのGKも芝に悪態をつく

2021.12.08 22:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー2部で珍妙なオウンゴールが生まれてしまった。5日、首位に立つウェステルローは下位に沈むムスクロンをホームに迎えた。だが、使い慣れたはずのホームスタジアムの芝は、GKにいたずらを仕掛けたようだ。

立ち上がりの10分、ウェステルローは左サイドバックのDFクヤ・マベアがバックパス。ゴールの枠を外し、自陣のボックス左でこれを処理しようとしたGKデイビッド・イェンセンだったが、まさかのキックミスをしてしまう。
不規則に跳ねていたために当て損ね、ボールはゴール方向へ。それでも角度が浅かったために、辛うじて枠を外れていたように思えたが、回転も相まってか、最後のバウンド後にキュっと枠内へと向かいネットを揺らした。

想定外の失点にショックを隠せず、うつ伏せとなるGK。立ち上がった後にもピッチに向けて何か悪態をついていうようにも見える。

これで動揺したのかホームチームはさらに失点を喫し、前半を0-2で終えることに。ただ、後半に攻撃陣が奮起し、最終的には4-3で逆転勝ちを収めている。

1 2

関連ニュース
thumb

エデン・アザールがベルギー代表を引退…2008年から126試合33ゴール36アシスト

レアル・マドリーのFWエデン・アザール(31)が、ベルギー代表からの引退を発表した。7日にインスタグラムを通じて伝えている。 「今日はページをめくる日だ。みんなの愛情に感謝しているよ」 「比類ないサポートをありがとう。2008年から積み上げてきた全ての楽しい思い出をありがとう」 「今日、僕は代表としてのキャリアに終止符を打つことに決めた。次の世代が控えているからね。とても寂しくなるよ」 2008年11月19日のルクセンブルク戦で、17歳の若さでベルギー代表デビューを果たしたアザール。ワールドカップは2014年から3大会連続、ユーロは2016年と前回大会に出場した。 通算成績は126試合33ゴール36アシスト。そのうち56試合でキャプテンマークを巻いた。 今回のカタールW杯もグループステージ3試合に出場し、主将としてカナダ戦とモロッコ戦で先発したが、チームは1勝1分け1敗という成績で突破ならず。アザール自身も本調子が出せないまま、大会を後にすることになった。 2022.12.07 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「誰もが行えることではない」元日本代表監督のハリルホジッチ氏が日本を称賛、クロアチア戦は「本命は存在しない」と予測不能とコメント

元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、今大会の日本代表について言及した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で世界に驚きを与えた日本。ドイツ代表、スペイン代表と過去の優勝国であり、今大会でも優勝候補に挙げられた強豪国をどちらも下し、グループ首位でラウンド16に進んだ。 その日本だが、悲願のベスト8に向けて対戦するのがクロアチア。2018年のロシアW杯では準優勝の成績を残していた。 グループステージでは1勝2分けという結果に終わり2位で通過したが、実力があることは間違いない。日本にとっても、難しい相手になるだろう。 ハリルホジッチ氏はモロッコ代表をW杯に導いていたが、大会前に解任の憂き目に。本来であれば、クロアチアとも対戦する予定だった。そんな中、クロアチア『sportske novosti』のインタビューに応じたハリルホジッチ氏が、今大会の日本について言及した。 「日本はとても組織的で良いチームだ。試合で彼らのパターンを見ると素晴らしいことがわかる。これは幾何学的なものであり、規律ある方法で動きのラインを守り、人とスペースをカバーすることにとても厳格さを見せる」 「多くのチームにはそのような守備の規律はない。そして彼らは反撃の瞬間を待ち、反撃に出れば縦に走り、全速力で相手にダメージを与える」 「ドイツ、スペインはそれを肌で感じ、日本人は一瞬で深いところに入り、3、4人の選手で素早い『カウンター』を終わらせた。誰もが行えることではない」 かつて自身が指揮したチームを知る選手も複数名いる状況。4年間での日本の進化を感じているようだ。 また、今大会については多くのサプライズがあり、日本を含め驚かせた国があると語り、敗退したドイツ代表やベルギー代表には問題があり、近年は大きな差はなくなりつつあると見解を示した。 「予想通り、驚きがたくさんあった。W杯をプレーするのに奇妙な時期であること、さらに一部の強豪国は『簡単にできる』と考え、半分程度の力でいくつかの試合を行った。もちろん、それで打撃を受けた」 「弱いチームは存在しない。チームが肉体的にも精神的にも完全に準備されていない場合、奇妙で驚くべき結果が起こることが、改めて確認された」 「ドイツとベルギーの敗退は、確かに最大のサプライズだが、どちらもこれ以上に値するものではなかった」 「彼らのプレーのやり方、彼らの姿勢によって、これほどまでに早く家に帰ることとなった」 「一方でいくつかのチームは本当に良い試合を見せた。日本、モロッコ、そしてフランスを破ったチュニジアだ。クオリティの差はますます小さくなっている」 「今日のサッカーは、例えば10年前よりもはるかに不確実性が高まっている。細かい部分で決まり、結果を出すには運が重要な役割を果たすことになる」 日本とクロアチアによるラウンド16。クロアチアが本命かという質問にハリルホジッチ氏は、「今は何も予測できない」と語り、「私はノックアウトステージには、本命は存在しないと考えている」と見解を示した。 「客観的に見て、弱いチームは、有利に見られるチームが突破するのがとても難しい守備のブロックを戦術的に配置する。そのようなチームは引き分けでも問題がなく、その後延長戦に進む」 「改めて言うが、ノックアウトステージには本命はない。だから、クロアチアが日本戦に勝利する本命というわけでもない」 2022.12.05 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーGKクルトワ、早期敗退に落胆 「僕たちは黄金世代ではない」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが早期敗退に肩を落とした。 ユース世代の育成改革が実を結び、近年はヨーロッパトップレベルの強豪国として地位を確立していたベルギー。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けてはメンバーの高齢化や、エースのFWエデン・アザールのコンディション不良など不安材料も多かったが、前回大会の3位を越える成績が期待されていた。 初戦のカナダ代表戦では1-0で白星スタートを飾ったが、続くモロッコ代表戦は0-2の敗戦。第3節のクロアチア代表戦ではゴールレスドローに終わり、まさかのグループステージ敗退という結果となった。 早すぎる敗退を受け、守護神クルトワはスペイン『アス』のインタビューで落胆した様子を見せた。 「今回のW杯でも、ユーロでも、自分たちらしくない少し恥ずかしいパフォーマンスとなってしまった。誰がチームに残って、誰が去るのかはわからないよ。3月にはすでにユーロの予選がある。フットボールにおける時の流れは早いね」 「何も勝ち取っていない現状では、黄金世代を名乗るのは難しい。僕たちは黄金世代ではない。ヨーロッパ中から才能ある、素晴らしい選手が集まっている世代ではあると思うけどね」 一方で、2026年に開催される次回大会に向けては「それが僕の目標だよ。僕らの世代はまだ大丈夫だと思うし、これから出てくる選手もいる。僕が代表を引退するのは、今回ではなく、もっと良いタイミングであってほしいと願っているよ」ともコメント。出場へ意欲を示した。 2022.12.05 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

失意のルカク… サネッティ副会長に続いて伝説のOBも励まし「運が悪かっただけ」

インテルの伝説的OBジュゼッペ・ベルゴミ氏が、失意に沈むベルギー代表FWロメル・ルカクを励ました。 ルカクはケガを押してカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末に。自身も最終節のクロアチア代表戦で再三にわたって決定機を逃し、今大会を無得点で終えた。 早々にカタールを去ることとなり、失意に沈むルカク。インテルのハビエル・サネッティ副会長から慰めの手紙を貰ったことも話題となったが、ベルゴミ氏もイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで励ましの言葉を並べている。 「明らかに彼(ルカク)の実力に見合った結果ではない。運が悪かっただけだよ。長い間プレーができなかったなかでも、ベルギーは(クロアチア戦で)彼が出てきて少しチャンスが増えただろう?」 「インテルへと戻ってくる頃には、フィジカル面ももう少し改善されているだろう。わずかでもW杯でピッチに立ったことが、インテルに還元されてくれると嬉しいよ。シモーネ・インザーギ(監督)だって彼を必要としている」 ここ最近は何かとマイナスの印象が強いルカクだが、インテルがスクデットを奪還するためにこの男の活躍は不可欠。中断期間明けの爆発に期待したい。 2022.12.04 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

慰めの手紙…インテル副会長のサネッティ、W杯で失意に沈むルカクをケア

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、ベルギー代表のカタール・ワールドカップ敗退後に、ロメル・ルカクへ手紙を送っていたことを明かした。『ESPN』が伝えている。 今大会は優勝候補と目されながらも、グループステージ敗退となったベルギー代表。とりわけ、エースとして期待されたルカクはケガの影響もあり、出場したのは2試合でわずか54分間のみ。勝利必須のクロアチア戦では、何度か決定機を外し、非難の対象となってしまった。 そんなルカクのメンタルを心配してか、手紙を書いたというサネッティ副会長。クロアチア戦の決定機逸については同情を示している。 「あの試合の後、彼に手紙を書いた。本当に悲しいよ。彼は懸命に努力してあの舞台に立ったわけだからね」 「長いケガから復帰し、ベルギーも彼を求め、最終的に45分間プレーさせた。あのような試合はストライカーにはつきものだ。ラウタロ・マルティネスにもサウジアラビア戦の後に同じようなことを言ったよ。ゴールを決めれば心のモヤが全て晴れるとね」 「ルカクは足と頭で決められるチャンスを逃し、W杯から敗退することになった。不運にも枠にも嫌われてしまったね」 「最後のチャンスに関しては、彼は予想していなかったし、前にいたディフェンダーが彼の視界を遮っていた」 2022.12.04 15:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly