クロース&アセンシオのゴラッソ2発でマドリーが首位通過! バレッラ愚行退場のインテルは公式戦12戦ぶりの敗戦…《CL》

2021.12.08 07:08 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループD最終節、レアル・マドリーvsインテルが7日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。前節終了時点で共に決勝トーナメント進出を決めた首位のマドリー(勝ち点12)と、2位のインテル(勝ち点10)による首位通過を懸けた一戦。

公式戦8連勝と絶好調のマドリーは直近のラ・リーガではアスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダというバスク勢相手に2試合連続クリーンシートで首位キープに成功。今週末にアトレティコ・マドリーとのダービーを控える中、今回の首位攻防戦ではソシエダ戦から先発1人を変更。左ハムストリングを痛めたベンゼマに代えてヨビッチを代役に据えた以外、同じメンバーを継続した。

一方、前節に10シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めたインテルは、昨シーズンのグループステージから3連敗中の相手へのリベンジと共に首位通過を狙った。

5連勝を含む公式戦11戦無敗と好調を維持するチームは、直近のリーグ戦でローマを相手に3-0の完勝を収めた上、早い時間帯に主力をベンチへ下げることができ、今回のアウェイゲームに盤石の状態を整えてきた。そのローマ戦からは負傷したホアキン・コレアに代わってラウタロ・マルティネスが復帰した以外、こちらも同じメンバーを継続した。

試合は開始直後の2分にボックス内へ持ち込んだヴィニシウスが、いきなりフィニッシュまで持ち込んだが、以降はインテルが押し返す展開に。

7分には波状攻撃からペナルティアーク付近で味方の落としに反応したブロゾビッチが、自身この試合2本目のシュートを放つが、これはわずかにクロスバーの上を越える。さらに、12分にも右からの折り返しに反応したペリシッチがボックス内でボレーシュートを試みるが、これは相手DFのブロックに遭う。

粘りの守備で序盤のピンチを凌いだマドリーは、好調のドイツ人MFが圧巻のシュートでゴールをこじ開ける。17分、右サイドでボールを持ったロドリゴが横パスを送ると、中央のカゼミロが冷静にスルー。ボックス手前左のクロースに繋がると、一瞬フリーとなったクロースが左足を一閃。低弾道の鋭いシュートがゴール右下隅に決まった。

先手を奪われたインテルだが、序盤からの良いリズムを失うことなく同点ゴールを目指していく。右サイドで攻撃を作りながら、ラウタロやペリシッチがボックス内で幾度かフィニッシュの場面を作り出すが、ことごとく相手のブロックに遭う。

一方、クロースのCL2試合連続ゴールによって余裕を持った戦いが可能となったマドリーは、カウンターを軸に2点目を目指す。36分には相手CKを撥ね返した流れから高い位置を取っていたカルバハルのスルーパスに抜け出したヨビッチがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、これは惜しくもサイドネットを叩く。さらに、前半終了間際の45分には波状攻撃からボックス中央でクロースの横パスを受けたロドリゴがバランスを崩しながらも右足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

何とか1点ビハインドで試合を折り返したインテルはダンフリースに代えてディマルコをハーフタイム明けに投入。この交代でダンブロージオを右ウイングバック、ディマルコを3バックの左に配置した。

すると、立ち上がりの48分にはインテルに決定機。カウンターから中央でボールを持ったチャルハノールに対して、ラウタロが右から中央への斜めのランニングでDFを引っ張り、空いたボックス右のスペースに抜け出したバレッラに絶好機。だが、右足のシュートをふかしてしまった。

立ち上がりのピンチを凌いで徐々に試合を落ち着かせたマドリーは、55分を過ぎた辺りから反撃を開始。58分にはヴィニシウスのスルーパスに抜け出したヨビッチが前半の決定機と似たような形から左足の強烈なシュートを放つが、これはGKハンダノビッチの好守に遭う。さらに、セットプレーの流れからカゼミロがミドルシュートを枠に飛ばした。

徐々に流れが停滞したインテルは60分、今後のリーグ戦も意識してか、ジェコとチャルハノール、ブロゾビッチを下げてベシーノ、サンチェス、ビダルを投入。フレッシュな選手の投入で攻撃の活性化を図るが、この直後にアクシデントが発生。

64分、タッチライン際の競り合いでミリトンからハードなチャージを受けてピッチ横の看板に激突したバレッラが激高し、ミリトンの足にパンチを見舞う。これをキッカケに両軍入り乱れる小競り合いに発展した中、ミリトンにイエローカード、暴力行為のバレッラにはレッドカードが掲示された。これにより、バレッラはラウンド16初戦だけでなく追加処分での数試合の出場停止を科される可能性も。

この退場によって1点リードと数的優位を手にしたマドリーは、週末のダービーを睨んでカゼミロ、クロース、ロドリゴと主力を下げてカマヴィンガ、バルベルデ、アセンシオとフレッシュな選手を投入。

すると、この交代が追加点をもたらす。79分、相手を押し込んでボックス手前右でカルバハルから足元にパスを受けたアセンシオが得意の角度から左足を振り抜くと、美しい弧を描いたシュートが左ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。

これで勝利を確信したアンチェロッティ監督はヴィニシウスを下げてアザールまで投入する余裕の采配を見せたなか、このままインテルの反撃を危なげなく凌いで2-0の勝利。公式戦9連勝で首位通過を決定し、週末のダービーに大きな弾みを付けた。

一方、公式戦12試合ぶりの敗戦で対マドリー4連敗のインテルは、バレッラの愚行退場が大きく響く厳しい2位通過となった。

関連ニュース
thumb

劇的ドローのレアル・マドリー、 アンチェロッティ監督は「負けなかったことは非常に良い兆候」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、チームの姿勢を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは23日に行われたラ・リーガ第22節でエルチェと対戦した。立ち上がりからチャンスを作ったものの、FWカリム・ベンゼマがPKを失敗するなど、なかなか点を奪えずにいると、逆に先制点を許す展開に。ベンゼマが負傷交代となり、76分には追加点を許すなどでピンチを迎えたチームだが、そこからMFルカ・モドリッチがPKを決めて1点差とすると、後半アディショナルタイムにDFエデル・ミリトンが同点弾を記録し、2-2で試合を終えた。 この結果、2位セビージャとの勝ち点差「4」をキープしたチームについて、試合後のインタビューに応じたアンチェロッティ監督は諦めない姿勢を称賛。一方で、2失点を許したことについては修正が必要だとも語った。 「敗北するかもしれないと思った、前半は少し混乱していたと思う。我々はPKを外したが、それでも多くのチャンスを作っており、落ち着いていれば得点できたはずだ。しかし、先制点を許して2点目も奪われた」 「そこからの反応はとても良く、諦めなかった。試合に負けなかったことはチームにとって非常に良い兆候だ。もっと積極的にデュエルに参加できたと思うが、2失点してしまった。より堅実になることで、試合を難しくしないようにしなければならない」 「もちろん、順位についてはこれ以上満足することはできず、考慮すべきことはたくさんある。もっと積極的に攻めれば、勝てたかもしれないしね。今は良いポジションにいるが、これからが一番大事な時期であり、タイトルを獲得するときだ」 また、アンチェロッティ監督は同点弾のミリトンに言及。かつてチームに所属していたDFセルヒオ・ラモスのようになれると今後に期待を寄せている。 「ラモスはこれまでたくさんのゴールを決めてきた。全部を覚えているわけではないが、彼はヘディングが得意であり、冗談で偉大なストライカーになるとよく言っていたよ。ミリトンはまだ学ぶ必要があり、上達もしている。彼はかつてのラモスと同じくらいの精度で、ヘディングができるのだからね」 <span class="paragraph-title">【動画】ミリトンが起死回生の劇的同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="E-uoqkYqXuU";var video_start = 322;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.24 12:31 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがミリトンの劇的弾でドローに持ち込む! エルチェはベルナベウ初勝利ならず…《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは23日、ラ・リーガ第22節でエルチェとホームで対戦し2-2の引き分けに終わった。 同一カードとなった直近のコパ・デル・レイ4回戦を延長戦の末に勝利したマドリーは、その試合から先発を大幅7人変更。ヨビッチやロドリゴ、カマヴィンガ、GKルニンらに替えてベンゼマ、アザール、モドリッチ、GKクルトワら主力が先発に名を連ねた。 新型コロナウイルスの影響でフランシスコ監督を欠くエルチェに対し、アザール、ベンゼマ、ヴィニシウスの3トップで試合に臨んだマドリーは11分に最初の決定機を創出する。ボックス左深くでボールキープしたベンゼマの落としを受けたヴィニシウスがゴールエリア左まで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKの好守に阻まれた。 主導権を握るマドリーは27分にも、ロングフィードを絶妙なトラップで収めたベンゼマがボックス内からシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに防がれた。 さらにマドリーは、32分に敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左から侵入したヴィニシウスがパラシオスに倒されPKを獲得。しかし、ベンゼマのPKは枠の右上に外れた。 ハーフタイムにかけても攻勢を続けるマドリーだったが、一瞬の隙を突かれて失点する。42分、モヒカのスルーパスで左サイドを抜け出したフィデルがダイレクトクロスを供給すると、ゴール前に走りこんだボジェがヘディングシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したマドリーだが、すぐに反撃。44分、アラバが最前線のベンゼマへグラウンダーの縦パスを入れると、ベンゼマのヒールパスに反応したメンディがボックス左から左足を振り抜いたが、シュートはゴール右に外れた。 1点のビハインドで後半を迎えたマドリーは、開始早々の51分にボックス左から仕掛けたアザールがパラシオスに倒される。主審はPKを宣告したが、オンフィールドレビューの結果、ノーファウル判定となりPKは取り消された。 反撃したいマドリーだったが、57分にアクシデントに見舞われる。左モモ裏に違和感を訴えたベンゼマを下げてヨビッチが緊急投入。さらに64分には、クロースを下げてロドリゴをピッチに送り出した。 その後もマドリーが押し込む展開が続いたが、再びスコアを動かしたのはエルチェだった。76分、バイタルエリアでボールを受けたボジェが巧みなタッチで相手DF2人をかわしラストパスを供給。このパスでボックス右から侵入したペレ・ミジャがゴール左隅へシュートを流し込んだ。 ホームで2失点を喫したマドリーは、79分にアザールとルーカス・バスケスを下げてイスコとバルベルデを投入。すると81分、左CKからアラバがニアでフリックしたボールがペレ・ミジャに右手に当たるとオンフィールドレビューの結果、PKを獲得。このPKをモドリッチが冷静にゴール右隅へ沈めた。 最終盤に差し掛かり、ミリトンを前線に上げたパワープレーを敢行するマドリーは92分、イスコのパスをライン際ギリギリで残したヴィニシウスが左クロスを上げると、ミリトンがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。劇的弾で2度のビハインドを追いついたマドリーがホームで勝ち点1をもぎ取った。 2022.01.24 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

国王杯で一発退場のマルセロ、3試合の出場停止処分

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロに、3試合の出場停止処分が下った。 マルセロは20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦のエルチェ戦で一発退場となった。互いにゴールレスで迎えた延長戦で、相手を背後から倒す形で決定機阻止。これがレッドカードの対象となった。 スペイン『マルカ』によれば、マルセロは3試合の出場停止処分に。チームは延長後半の2ゴールで駒を進めたが、準々決勝のアスレティック・ビルバオ戦に出場できなくなった。また、今大会は準決勝のみホーム&アウェイ方式となるが、チームが準決勝へ進出した場合は、その両方に出場できない。 なお、今回のマルセロの出場停止は4試合未満のため、出場停止がリーグ戦に適用されることはない。 2022.01.22 14:03 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】久保が古巣ビジャレアル戦! 上位陣は格下と対戦

コパ・デル・レイやスーペル・コパ開催の影響により変則開催となった第21節では、コパでのダービーで死闘を演じたセビージャの両雄に関して、ベティスが4-0の快勝を飾った一方、セビージャがバレンシア相手にドローと、明暗分かれる形となった。 インターナショナルマッチウィークの関係で1月最後の節となる第22節では、MF久保建英にとって古巣対戦となる16位のマジョルカ(勝ち点20)と、8位のビジャレアル(勝ち点29)の一戦に注目したい。 新型コロナウイルス感染者の影響もあり、直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続くマジョルカだが、直近のコパ・デル・レイ4回戦では久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発でエスパニョールを破り、準々決勝進出を果たした。そのコパ勝利の勢いを生かしたい今回の一戦では、直近公式戦3試合未勝利も、中盤戦にかけて復調傾向にある難敵ビジャレアルと対戦する。この試合でもスタメン起用が見込まれる久保は、かつて苦難を味わったエスタディオ・デ・セラミカで躍動する姿を見せてほしいところだ。 スーペル・コパでバルセロナ、アスレティック・ビルバオを撃破してアンチェロッティ新体制で初タイトルを手にしたリーグ首位のレアル・マドリー(勝ち点49)は、トロフィーを引っ提げて初のホームゲームを戦う。その対戦相手は奇しくも直近のコパで対戦した15位のエルチェ(勝ち点22)。 守護神クルトワを始め、エースFWベンゼマらに完全休養を与えた上、一部主力を温存して臨んだ3日前の対戦では、0-0で延長戦まで持ち込まれた末、DFマルセロの退場にビハインドを背負う逆境に立たされるも、MFイスコ、FWアザールという伏兵2人のゴールで劇的逆転勝利に持ち込んだ。リーグ戦でのリターンマッチもタフな戦いが予想される中、休養明けのエースの爆発に期待だ。 スーペル・コパではその優勝チームとの接戦を落としたリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)は、トップ4圏内浮上に向けて降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦する。 スーペル・コパでは宿敵に屈辱の敗戦を喫し、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオを相手に再び延長戦の末に2-3で敗れたチャビ率いるチーム。さらに、同試合では復帰したばかりのFWアンス・ファティ、MFペドリがいずれも負傷交代を強いられた点も気がかり。さらに、契約延長問題を抱えるFWデンベレとの関係が泥沼化するなど、チーム状況は決して良好とは言えない。そういった中、前回対戦でドローに終わった格下相手にきっちり勝ち切り、公式戦連敗の負の流れをストップできるか。 そのバルセロナと同様にスーペル・コパ準決勝で敗退となったリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)は、バウンスバックを図ったコパでもレアル・ソシエダに0-2と完敗し、公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続く。公式戦4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦する。ソシエダ戦では攻撃の手詰まりに加え、守備の緩さを露呈する今季を象徴とする拙い試合運びを見せてしまっただけに、準備期間は短いが、闘将の下で攻守両面の立て直しが急務だ。 首位レアル・マドリーを追う2位のセビージャ(勝ち点45)と、3位のベティス(勝ち点37)は、それぞれ12位のセルタ(勝ち点26)と、11位のエスパニョール(勝ち点27)という中位の相手との対戦となる。 連勝がストップしたセビージャは守備のソリッドさは健在も、フィニッシュの精度に加え、ビルドアップの局面で苦戦が目立っており、今回のセルタ戦では攻撃面の修正が重要となる。 一方、コパのセビージャ戦での勝利を追い風に直近のアラベス戦も4-0の快勝を飾って勢いに乗るベティスは、プレー強度が高いエスパニョールに臆することなく球際できっちり戦いたい。 《ラ・リーガ第22節》 ▽1/21(金) 《29:00》 エスパニョール vs ベティス ▽1/22(土) 《22:00》 レバンテ vs カディス 《24:15》 ビジャレアル vs マジョルカ 《26:30》 セビージャ vs セルタ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/23(日) 《22:00》 グラナダ vs オサスナ 《24:15》 レアル・マドリー vs エルチェ 《26:30》 ラージョ vs アスレティック・ビルバオ レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《29:00》 アラベス vs バルセロナ 2022.01.21 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元セレソンのロビーニョ、禁固9年確定…2013年に集団強姦

元ブラジル代表FWロビーニョ(37)の有罪判決が確定した。イギリス『BBC』が報じている。 ロビーニョはミランに在籍した2013年にミラノ市街のナイトクラブで22歳のアルバニア人女性を集団で強姦した疑いがかけられ、2017年に有罪判決。9年間の禁固刑が言い渡された。 だが、この判決に不服のロビーニョ側は上告。そこから2020年12月の控訴審での敗訴もあったが、ローマの最高裁判所は19日にロビーニョ側の訴えを棄却して、当初の判決を支持した。 そんなロビーニョだが、現在はブラジルに滞在中。同国の法律では国民の引き渡しが禁じられており、収監される可能性が低いようだが、イタリアも刑に服すよう要請できるという。 かつてレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、広州恒大(現・広州FC)などでも活躍したロビーニョはトルコでのプレーを経て、2020年10月からサントスに復帰。しかし、事件発覚で契約も1週間ほどで白紙となり、プレーから遠ざかっている。 2022.01.21 11:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly